Hatena::ブログ(Diary)

ことば:こころ RSSフィード

2006-08-15

ゲド戦記

公開間もない八月一日に映画館でみた直後その場でこれはいかんだろうとミクシィに書いた。

「見てきました

ストーリーはとっても良かった、今の世に必要な物語だと思う。

しかし、絵がひどい

色調も悪いしジブリらしい丁寧さがない」

宮崎駿氏が原作者に映画化の打診をし期間を置いて了承したものを宮崎駿氏の息子が監督をする事になった経緯が頭にあった上にあの出来なのでとても気になっていた。

最近その件がWebでも話題になっているらしい。

404 Not Found

何とも残念で切ない事になっている。

願わくば宮崎駿氏自身がオリジナルの他の章に挑戦して欲しい。

靖国神社

ケチをつけ外交カードに持ち出した中国さえもちょっと引くほど日本国内で話題になっている。

ほとんどのニュースがトップで扱っている。乗せられすぎと少々うんざりだが、おかげで外見だけではわからない靖国神社の背景がかなり見えて来た。

ともあれ外交カードに使いたい中韓に乗せられることなくブレる事なく、あの戦争をきちんと見直し、対症療法ではない答えを出して行ってほしい。