Hatena::ブログ(Diary)

なくそう原発、不払いしよう電気代! 〜電気代不払いプロジェクト〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

初めての方は、こちらをお読みください。→「電気代不払い宣言」
よくある質問集(FAQ)もどうぞ。不払いビラもあります(配布自由)。

2013-02-15

東電社員のみなさんへ

(この手紙をプリントアウトして東電社員に渡して下さい。ご自分でアレンジされてもかまいません。このワード文書をどうぞ。20130215toden_tegami.doc 直

f:id:toudenfubarai:20130215222243j:image

 東京電力で働くみなさん。業務委託や派遣で働くみなさん。

 私たちは電気代一時不払いプロジェクトです。電気代の支払いを一時留保したり、逆に、過払いによってデモンストレーションをし、原発の再稼働に反対している個人の集まりです。

 みなさんは、どこにお住まいですか。ほとんどの方は、ご家族と一緒に、東日本に住んでいると思います。

 福島第一原子力発電所の大規模な事故以来、この東日本の広い地域が、放射能に汚染されてしまいました。私たちは毎日のように、何を食べれば安全なのか、どうすれば放射能を避けることができるのか、とても心配な気持ちでいます。

 事故現場からは今日も、空へ、海へと放射性物質が放出されています。それは目で見ることも、匂いをかいで気づくこともできません。事故が収束したとしても、数十万年先の未来まで、原発の使用済核燃料の処理と保管は続きます。これが、この手紙を書き、読んでいる私たち全員をとりまく状況です。

 ところで、東京電力は、「総合特別事業計画」の中で、柏崎刈羽原発の再稼働の方針を明記しています。

 この2年間、日本の多くの人たちが「脱原発」を選び、デモや集会に参加し、署名をし、「原発の再稼働をしないでください」と、抗議を続けて来ました。それでも、再稼働をめぐる東京電力の方針は変わらないようでした。ですから私たちは、東京電力の「顧客」の立場から、電気代の支払いをかけて、抗議をしてきたというわけです。

 抗議の矢面に立ち、悲しい思いをされた人もいるかもしれません。そのことに、この手紙でお詫びをしたいと思います。

 私たちと、あなたがたを隔てているのは、東京電力の関係者であるか、ないかだけです。東日本の住民であり、日々、放射能に被曝しているという点では、変わりはありません。

 あなた方のすぐ隣りに、私たちは暮らしています。あなた方と、私たちの子どもは、同じように保育園や学校に通い、隔たりなく学び、遊んでいてほしい。そんな隣人の一人として、この手紙をしたためます。

 私たちは、対等の、一人一人の人間として、誠実に対話することで、この息苦しい日々を変えていけるのではないでしょうか。

 あなたが東京電力や、その関連会社に勤めているからといって、心から原発に賛成しているわけではないでしょう。仕事上、自分の思いとは正反対のことを言わなければならない場面も、あることでしょう。

 この手紙を読んで、思いの重なるところがあったなら、お願いがあります。

●社内に「脱原発」の声を広める
 まず、私たちからの意見や抗議が、東京電力の社内で、できるだけ広く、効果的に伝わるように努力をしてください。世論調査でも、脱原発を求めている人は7割を越えます。もはや「一部の人の意見」ではありません。

●あなたの意見を表明する
 そして、あなたの意見を、匿名でも構いません。私たちにメールしてください( toudenfubarai@gmail.com )。東京電力の内部にも多様な意見があることを、私たちに教えてください。

●労働組合に働きかける
 労働組合に加入している人は、ぜひ、組合が脱原発に向けて動き出すよう、働きかけてください。そもそも労働組合は、社会の多くの人々と連帯しつつ幸福を追求する機関であり、ただ自分たちの利益を守るだけのものではないはずです。(参考までに:東電労組綱領

●原発の危険性についての情報を社会に広める
 原子力発電に関する情報──とりわけ、その危険性について、確かな情報に接している方は、それを新聞や雑誌に知らせてください。プロの記者や編集者は、あなたの個人情報を決して第三者に漏らしません。原発に対して、批判的な報道をしているメディアをおすすめします。


 この他にも、あなたの立場でできる、原発再稼働をやめさせるための活動を考え、取り組んでみてください。

 これらは、これからの社会や、子どもたちの未来を守るための行動です。また、個人としては憂慮しつつも、会社の方針との苦しい板ばさみにある、あなたの人格や尊厳を守ることでもあるでしょう。

 こうしたことは、一見、会社に不利益を与えるように見えます。しかし、そうではないと思います。より広い視野に立つなら、働く人一人ひとりが勇気を持って今の状態を正すために動くことが、失墜した東京電力の信頼回復につながると考えるからです。

 無謀な原発再稼働をやめ、原発事故の被災者に誠実に向き合い、被曝しながら事故現場で働く多くの労働者の待遇を改善することが、これからの社会を、子どもたちを救う道です。

 その道の中にしか、東京電力の未来はありません。企業は、人々を幸せにすることで利潤を確保できるのであって、その逆ではありません。働く人々が自分を偽り、人々の幸福に背を向けてしまったなら、そんな企業に未来はないはずです。

 私たちは対等の人間として、あなた方を信じています。最後まで読んでくれて、ありがとう。

2013年2月15日 電気代一時不払いプロジェクト

2012-11-16

声明「電気代なんかもう払いたくない! 原発をなくそう!」

f:id:toudenfubarai:20121117204222p:image
 電気代を支払っているすべてのみなさんへ

 電気代不払いプロジェクト 有志

 私たちは、原発の存在に反対し、電気代の値上げに抵抗している個人のネットワークです。

 11月8日、東京電力株式会社は、政府に対して数兆円規模の追加支援を要求しました。東京電力福島第一原発事故の賠償と除染に、当初の見積りよりも多くの資金が必要になったという理由です。すでに政府は東電に1兆3700億円の支援をしており、それ以外に10兆円前後の除染費用を立て替えています。

 このままでは政府が増税するか、あるいは東電が電気代をさらに値上げする形で、すべての費用を消費者/市民が負担することになります。その一方で、東電に4兆円以上の融資をしている銀行や、株主たちは完全に保護されています。

 まず、事実上債務超過の状態にある東電を法的処理し、発電/送電網の売却を行い、金融機関に債権を放棄させ、その上で国民負担を議論するのが、正しい順序ではないでしょうか。

 私たちは福島原発事故以来、「電気代一円不払い」などの抗議手段を通じて、各電力会社に、原発の即時廃棄を訴えてきました。

 これは、自分たちが金銭的に得をするためではなく、福島原発で過酷事故を起こしたにも関わらず、何の反省もなく危険な原発を再稼働しようとする、各電力会社への抗議であり、彼らが再稼働を正式に断念し、原発を全廃するまで、活動は続きます。正式な集計はありませんが、アンケートから判断すれば、全国で 4〜 500人ほどが参加しており、今後も増え続けるでしょう。


 電力会社は何の努力もせずにお金儲けができる会社です。総括原価方式によって守られ、送電の原価をすべて料金に上乗せできます。その上、独占にあぐらをかいているので、工夫して低コストで物を作ったり、人々が本当に求めるサービスを提供してお金を得ることを知りません。

 それなのに、お金でしか物事を考えられない人々でもあります。原発の危険性や、放射能が、自然や社会に、そして私たちの子孫にどのような悪影響を与えるかを、根本的に見つめることをせず、経営が厳しいとなれば、すぐに原発再稼働を要求します。ひとことに言って、多くの電力会社の社員や関係者は、人間の心を失っています。

 電力会社が、お金のことしか考えないなら、私たちはそのお金を使って、彼らにゆさぶりをかけましょう。たった1円でも、1か月間でも払わないことで、私たちの意志を伝えることができます。電力会社の利益の9割は、私たち一般家庭の電気代からなっていることを、忘れてはなりません。

 原発に抗議をしているすべての人に呼びかけます。

 まず、電気代の自動引き落としをやめましょう。これは、電力会社に原発再稼働への白紙委任状を届けているのと同じことだからです。全国の人々が自動引き落としをやめるだけでも、電力会社には大きな影響を与えることができるはずです。

 今日、衆議院が解散しました。今後の選挙で、私たちは原発の即時廃棄を行なう候補を支援したいと思います。

2012年11月16日

2012-02-17

原発で作った電気はいらない。口座引き落としをやめよう!(電気代不払い宣言)


 東京電力・福島第一原子力発電所の破局的な事故で、私たちは目が覚めた。もう『原子力は安全です』というデマは信じない。東電は誠実に被害者に向き合い、十分な賠償をすべきだし、政府は子どもたちを安全な場所に避難させるべきだ。そして何より、原子力発電をやめてほしい。福島第二、柏崎刈羽はじめ、すべての原発の即時廃止は、地震列島日本に暮らす大多数の人々の願いでしょう。


 ところがデモで原発反対をいくら叫んでも、閉鎖された電力館(原発の巨大PR施設)の扉の前では虚しく響くばかり。東電や政府や、当事者がデモの現場にやってきて、私たちの意見に耳を傾けるなんてことはない。


 デモはデモだ。道行く人々のために、また、私たち自身のためにこれからもやろう。ただ、それだけでは充分でないので、私たちは各電力会社に対して電気料金を「不払い」することにした。金持ちも貧乏人も、電気を使っていれば電力会社の「顧客」。私たち一般の消費者は、独占企業である電力会社以外から電気を買うことはできず、電気がなければ、憲法が言う「健康で文化的な最低限度の生活」さえ営めない。


 電力会社は、独占企業として、私たちの意見に耳を傾ける義務があるはずだ。しかし彼らは、そんな声をひとつとして聞き入れようとしない。それどころか『節電しないと計画停電する』とか、『原発を再稼働させないなら電気代を上げる』とか。私たちを脅迫してくるばかり。利益の9割を家庭への課金から得ているのに、経団連、メガバンクのいいなりで原発再稼働をしようとしている。


 私たちは、原発で作った電気はいらない。


 その意思表示のために、電気代を不払いしよう。もしあなたが、口座引き落としで払っているのなら、それは原発再稼働に白紙委任状を出しているのと同じ。すぐにやめよう。

,泙左座引き落としをやめ「振込用紙払い」にする!

 電気の領収証に書いてある番号に電話し、「振込用紙での支払いに変えてください」と言えば、すぐに変更できます。※口座振替割引の53円がなくなります。この機会に契約アンペア数を下げて基本料金を下げる手もあります。

△い弔任皀リギリ払い!

 変更すると、専用の振込用紙が毎月届きます。電気を止められる期限ギリギリにコンビニで振り込むようにしましょう。⇒ 集金の不安定化、売掛金の増大によって圧力をかける。

この振込用紙で抗議の1円不払い!(手数料は電力会社負担!)

 不払いすると「支払いのお願い」が来ます。そこで、この郵便振込用紙を使って、「原発反対」「値上げ反対」など、あなたの意見をめいっぱい書き込んで、請求から1円を引いた金額を、郵便局の窓口で払いましょう!⇒ 赤い郵便振替用紙を使えば、振込手数料は東電負担に!
 赤い郵便振替用紙は、無料でお送りしています。つぎのメールアドレスまでご連絡ください。toudenfubarai@gmail.com

 口座引き落としをやめるだけでも、意義は大きいです。このささやかな試みに、ぜひ、あなたも続いてください。

 ビラを作りました。ぜひご活用下さい。 http://chechennews.org/sharedoc/fubarai/fubarai_bira.pdf (PDFファイルをダウンロードします)

電気代不払いプロジェクト
toudenfubarai@gmail.com

ご近所の営業所の電話番号は、次の中から探すこともできます。

電力会社郵便振替口座番号問い合わせ先URL
東京電力株式会社00150-9-167http://www.tepco.co.jp/info/custom/center/index-j.html
関西電力株式会社00140-9-900136http://www1.kepco.co.jp/office/
九州電力株式会社01720-2-12http://www.kyuden.co.jp/rate_reception_phone
中部電力株式会社00100-5-900116http://www.chuden.co.jp/ryokin/tetsuduki/contact/index.html
中国電力株式会社00150-5-900071http://www.energia.co.jp/office/index.html
東北電力株式会社02290-9-950001http://www.tohoku-epco.co.jp/dbranch/index.html
北海道電力株式会社00130-8-900061http://www.hepco.co.jp/cgi-bin/branch/adrs_list.cgi
北陸電力株式会社調査中電話 0120-776453 (24時間受付)
四国電力株式会社01680-5-2000http://www.yonden.co.jp/corporate/b_esta/index.html

(わかる人は、教えてください。 toudenfubarai@gmail.com )

自動引き落とし 自動引落