時よ止まれ! 僕たちはすることが一杯ある!!

2005-05-28 「芽ばえ」   ジャクリーヌ・ササール

tougyou2005-05-28

[] 『芽ばえ』

ジャクリーヌ・ササールが初々しく美しい映画です。

「芽ばえ」の原案を書いたヴァレリオ・ズルリーニは、それから3年後には脚本監督としてスタートします。 寡作イタリアの名監督の一人で、「高校教師」(1972) アラン・ドロンの主演のこの作品は、1993年にTBSで「高校教師」として真田広之桜井幸子が主演して爆発的ヒットし、 藤木直人上戸彩で再度ドラマ化された野島伸司脚本の禁断の教師と女生徒との恋の先取りとして思い出され、 「国境燃えている」(1965)のマリー・ラフォレは「太陽がいっぱい」のヒロインの役よりも魅惑的と思われ、 名作 「 家族日誌」は製作年の1962のベネヴェネチア国際映画祭 でサン・マルコ金獅子賞を受賞してマルチェロ・マストロヤンニとジャク・ペランの屈折した兄弟愛の演技が素晴らしく、、「鞄を持った女」(1961)はCCことクラウディア・カルディナーレがもっとも清純で美しさに満ちていた時期でその彼女を想うジャックペランも好演し、 「激しい季節」(1959) には「芽生え」ジャクリーヌ・ササールが「男と女」「暗殺の森」で大スターになったジャン=ルイ・トランティニャンと共に出ていますのが、「芽ばえ」の時のジャクリーヌ・ササールをヴァレリオ・ズルリーニが相当気に入ったからだと思われます


ところで、私の頭の中では、マッシモ・ラニエリ、オッタヴィア・ピッコロ主演の傑作 「わが青春のフロレンス」 (1970)や、 美男子だった頃のマルチェロ・マストロヤンニと 麗しいクラウディア・カルディナーレ主演の「汚れなき抱擁」 (1960)を撮った 名匠 マウロ・ボロニーニ とヴァレリオ・ズルリーニ監督とが時々ごちゃ混ぜになってしまうのですが、それは作風がなんとなく似ていると思うからかもしれません。 

はてなの「マルチェロ・マストロヤンニ」のキーワードには 『やがて演技に興味を持ちセミ・プロとして劇団に参加。活動を続け、彼の噂を聞いたルキノ・ヴィスコンティ監督に認められローマ舞台に立つ。』 となっていますが、きっとこれはこの頃のマルチェロ・マストロヤンニの ”美しさに” にルキノ・ヴィスコンティが興味を示したからだと思います。 二人はそれから一緒にドストエフスキーの名作「白夜」(1957)を マリアシェルジャン・コクトーが愛したジャン・マレーと共演で作り、 アルベール・カミュ原作問題作異邦人」(1968)をアンナ・カリーナ共演で撮りますが、マルチェロ・マストロヤンニはやはりフェリーニヴィットリオ・デ・シーカとの作品に本当の名作は多く見られます



懐かし映画劇場 芽ばえ GUENDALINA 1956年・イタリア/フランス合作 5月29日(日)前0:40〜2:20(28日深夜)   
  
  思春期の淡い恋心を繊細なタッチで描いた青春映画。イタリアの避暑地で一夏を過ごすグエンダリーナ。両親の不仲に心を痛める彼女は、現地の青年オーベルダンに対してわがまま放題に振る舞うことで、つらい気持を紛らわそうとするのだった。やがて打ち解け合った2人は、恋の喜びを知る…。新人ジャクリーヌ・ササールが抜てきされてヒロインを好演し、爆発的な人気を呼んだ。 (原題:GUENDALINA)
〔製作〕カルロ・ポンティ
〔監督〕アルベルト・ラトゥアーダ
〔原案〕ヴァレリオ・ズルリーニ
〔脚本〕レオ・ベンベヌーチ、ピエロ・デ・ベルナルディ、アルベルト・ラトゥアーダ、ジャン・ブロンデル
〔撮影〕オテロ・マルテッリ
〔音楽〕ピエロ・モルガン
〔出演〕ジャクリーヌ・ササール、ラッファエーレ・マッティオーリ、シルバ・コシナ ほか(1956年・イタリア/フランス合作)〔イタリア語/字幕スーパー/白黒

AFI オールタイム ベスト100 名セリフ

Odeon はリスト作成するために、イギリスでの映画館の所有者約100人から意見を聞いた。


トップ・テン

1.ターミネーターのアーノルド・シュワルツェネッガー、:

「'I'll be back」 −

ターミネーター(1984)


2.レッド・バトラーのクラークゲイブル:

「Frankly, my dear, I don't give adamn」−

風と共に去りぬ(1939)


3.レッドモーガン・フリーマン

Get busy living, or get busy dying」−

ショーシャンクの空に (1994)


4.ターミネーターのアーノルド・シュワルツェネッガー:

「Hasta la vista, baby」−

ターミネーター 2(1991)


5.ジョー・オズグッド・フィールディング3世のEブラウン

「Well, nobody's perfect!」−

お熱いのがお好き(1959)


6.コンピューターのハルの声、ダグラスレイン

「Dave, this conversationcan serve no purpose anymore.Goodbye.」−

2001年宇宙の旅(1968)


7. ゴールド・フインガーのゲルト・フレーベ:

「Goodbye Mr Bond」−

007ゴールド・フインガー(1964)


8.ロイ・バッテイのルトガー・ハウアー

「'I've seen things you wouldn'tbelieve.

 Attack ships on fire off the shoulder of Orion.

 I watched C-beams glitter in the dark near the

 Tannhauser gate. All those moments will be lost

 in time, like tears in the rain ... Time to die.'

ブレード・ランナー(1982)


9.コビイ・ジャレットのジェームスギャグニー:

「Made it, Ma! Top of the world!」−

白熱 (1949)


10.ジョセフ・D・ピストン、またの名を

ドニー・ブラスコのジョニー・デップ

「Forget about it!」−

エイク(1997)

健康] シソ ロズマリン


私たちが摂った食事は、消化の過程

炭水化物

脂肪

タンパク質

の3つのエネルギー源に分かれます

このうち、炭水化物は小腸で酵素の働き、麦芽糖 ブドウ糖へと分解され、体内吸収。

米が主食日本人は、炭水化物の摂り過ぎ傾向。

血中にブドウ糖が溢れ、使われないもの中性脂肪へと変化し、糖尿病などの生活習慣病や、肥満を招く。

ロズマリン酸は、麦芽糖を分解する酵素マルターゼを阻止、ブドウ糖に分解させない働き。

ブドウ糖に変化しない麦芽糖は、身体に貯えられる事なく、そのまま排泄。

シソを食べると血中に過剰な糖が溢れず、血糖値の上昇が抑えられる。

同時に食べた炭水化物に働く、速効性があります

長期に渡って摂取すれば、食事制限をしなくても、低炭水化物ダイエットと同じ効果が得られる可能性があると言う事なのです。