Hatena::ブログ(Diary)

雲行きが怪しい このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-03

ほんまもんで晩ごはん

映画の後、妻が「行ってみたい焼肉屋があんねん」というので、行ってみることにした。

焼き肉といえば、横浜に住んでいた頃は「壱語屋」、広島では「南大門」と「ごろう」でほぼ決まっているので、どうせなら間違いない店で食べればいいのにと思ったりもしたが、たまには新規開拓してもよいかな。

お店に入ってみると、サイン色紙がずらり。どうやらプロ野球関係の来店が多いようだ。カープよりもむしろ巨人の選手の来店が目立つような気がした。

舌の肥えているであろう紳士球団のみなさんが来られるということは、美味しいのかな。

食べてみたところ、美味しかった。

こりゃ、ええお肉や!

ほんまもん

ただ、だいたい僕ら夫婦が焼き肉を食べるとお会計8,000円前後ということが多いのだが、ここでは10,000円超えた。調子に乗り過ぎた。

ほんまもん - 銀山町/焼肉 [食べログ]

「聖の青春」(2016年115本目)

監督:森義隆

出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太

製作:2016年 日本

八丁座にて鑑賞。

好んで見たいと思うような映画じゃないけど、主人公の棋士・村山聖が広島出身で、松山ケンイチとウエンツ瑛士が広島市内をぶらぶらするテレビ番組を見て妻が興味を持ったらしく、付き合いで見た。

まず、松山ケンイチの太りっぷりがすごい。ウエンツと出てた番組ではもうもとに戻っていたのもすごいなあ。身体に悪そう。

難病を患いながらも、将棋に賭ける村山聖の凄み、が主軸だけど、村山聖と羽生善治(東出くん)が二人で何てことない食堂で飲んでるシーンが沁みた。共通の話題も特になく初めは会話もすれ違いだけど、棋士らしく将棋の話になると勝負師の顔が見えた。

そして東出昌大くん、「桐島、部活やめるってよ」は良かったけど、その後NHKの朝ドラかな?たまに見かけたらすごくヘタッぴで心配したけど、すごく成長していて安心して見れるようになっていた。

最後に、村山くんは「シュークリームはミニヨン、牛丼は吉野家、お好み焼きはみっちゃん、かつ丼は徳川」と食べ物の好みについて言ってたそうだが、お好み焼きはみっちゃん?え〜!?という感想を持ったことは否めない。

★★★☆☆(星3つ)

2016-12-01

2016年11月に読んだ本

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4343ページ
ナイス数:12ナイス

北斗の拳 (10) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (10) (集英社文庫―コミック版)
読了日:11月27日 著者:武論尊,原哲夫
バガボンド(7)(モーニングKC)バガボンド(7)(モーニングKC)感想
図書館で借りました。武蔵の成長ぶりがすごい。
読了日:11月27日 著者:井上雄彦
ドラゴンボール (巻5) (ジャンプ・コミックス)ドラゴンボール (巻5) (ジャンプ・コミックス)感想
図書館で借りました。
読了日:11月27日 著者:鳥山明
じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (10) (アクション・コミックス)じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (10) (アクション・コミックス)感想
図書館で借りました。
読了日:11月26日 著者:はるき悦巳
北斗の拳 (9) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (9) (集英社文庫―コミック版)感想
図書館で借りました。あーあ、ラオウがついに…。ラオウロスを嘆く間もなく物語は続いて行く。ファルコとか出てきたけどこの先どうなるんだったっけな?
読了日:11月22日 著者:武論尊,原哲夫
ドラゴンボール (巻4) (ジャンプ・コミックス)ドラゴンボール (巻4) (ジャンプ・コミックス)感想
図書館で借りました。
読了日:11月21日 著者:鳥山明
聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
読了日:11月21日 著者:中村光
じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (9) (アクション・コミックス)じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (9) (アクション・コミックス)感想
図書館で借りました。
読了日:11月20日 著者:はるき悦巳
バガボンド(6)(モーニングKC)バガボンド(6)(モーニングKC)感想
図書館で借りました。 武蔵、胤舜にコテンパンにされ、山での己との対峙そして大胤栄の稽古を経て、次巻で胤舜と再戦。楽しみ。
読了日:11月20日 著者:井上雄彦
ロックの英詞を読む──世界を変える歌ロックの英詞を読む──世界を変える歌感想
いやぁおもしろかった。 私は洋楽を聴いても、あまり歌詞を気にしては来ませんでしたが、こうしてきちんと歌詞を読んでみるとおもしろいもんですね。これからは好きな曲の歌詞はしっかり味わおうと思いました。
読了日:11月20日 著者:ピーター・バラカン
聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)
読了日:11月18日 著者:中村光
バガボンド(5)(モーニングKC)バガボンド(5)(モーニングKC)感想
図書館で借りました。胤舜は相当変人だな。
読了日:11月15日 著者:井上雄彦
出ない順 試験に出ない英単語 文庫版出ない順 試験に出ない英単語 文庫版
読了日:11月15日 著者:中山
北斗の拳 (8) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (8) (集英社文庫―コミック版)感想
図書館で借りました。このあたりからのケンシロウの凄みには恐れ入ります。フドウの活躍を経て、いよいよケンシロウとラオウの一騎討ち!どうなんのどうなんの!?(知ってるけど)
読了日:11月14日 著者:武論尊,原哲夫
NHKテレビ しごとの基礎英語 2016年 10 月号 [雑誌]NHKテレビ しごとの基礎英語 2016年 10 月号 [雑誌]
読了日:11月13日 著者:
じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (8) (アクション・コミックス)じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (8) (アクション・コミックス)感想
図書館で借りました。 テツとヨシ江はんの秘密のデートがおもしろかったです。
読了日:11月13日 著者:はるき悦巳
ドラゴンボール (巻3) (ジャンプ・コミックス)ドラゴンボール (巻3) (ジャンプ・コミックス)感想
図書館で借りました。
読了日:11月13日 著者:鳥山明
じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (7) (アクション・コミックス)じゃりン子チエ―チエちゃん奮戦記 (7) (アクション・コミックス)感想
図書館で借りました。
読了日:11月6日 著者:はるき悦巳
北斗の拳 (7) (集英社文庫―コミック版)北斗の拳 (7) (集英社文庫―コミック版)感想
図書館で借りました。ラオウとトキの運命の一戦終わり、南斗最後の将が動き始める。どうなんの、どうなんの?(知ってるけど)
読了日:11月5日 著者:武論尊,原哲夫
バガボンド(4)(モーニングKC)バガボンド(4)(モーニングKC)感想
図書館で借りました。祇園藤次のふてぶてしい感じ、胤舜の無邪気な感じ、おつうのことでもやもやする武蔵、面白い。
読了日:11月5日 著者:井上雄彦

読書メーター

2016-11-30

オメガスピードマスター、時計修理の千年堂で修理した

8月にオメガスピードマスターが止まって動かなくなってしまった。定期メンテナンス代も高いしましてや修理なんていくらかかるか知れたもんじゃない、もうこのまま放っておこうとも思ったし、でもせっかく父に買ってもらったものだから修理してちゃんと使おうという思いもあり、迷っていたのだけど、時計修理の千年堂という時計修理サービス会社を知り、正規ルートよりは安いのでそこにお願いすることにした。

見積もりを依頼して、時計送付用の箱一式が送られて来て、修理対象の時計を入れて送って、修理費用の見積もりがメールで来て、それでお願いしますとメール返信して、修理されたものがついに戻って来た。

見積もりに10日、修理に1ヶ月かかった。

修理代は

オーバーホール 36,500円

ゼンマイ交換(切れ) 4,000円

税込合計 43,740円

正確な金額は覚えていないけど、今までのオーバーホール代よりずいぶん安い。

ちなみに今までのブログでは、父に買ってもらったほうのオメガを「シーマスター」と書いていたが、「スピードマスター」だった。

DSC_0438

2016-11-27

母の様子を見に、福山へ。

手術から一週間。母の様子を見に福山の病院に行きました。

途中、福山SAで昼ごはん。

僕は鯛の天丼みたいなのを食べました。

1480306831883

さて、母。

どんな様子かとこっちのほうがドキドキして病室に行きましたが、元気そうでした。

個室だし、さして気を遣うこともなく、快適に過ごしているようで安心しました。

また、看護師さんがすごくよくしてくれると機嫌よく言ってましたので、ありがたく思いました。

この日は、気を効かせて爪切りを持って行ってあげたのですが、素直に切っていました。

また、妻は「入院したら絶対必要になんねん」とハサミを持って行きましたが、母曰く「・・・別に使わんなあ」、なおかつ看護師さんによるとハサミを始めとする刃物は持ち込み禁止でした。

コーヒー好きな母が飲みたがっているだろうと、病院併設のコンビニで買って来てあげるなど、僕の気の利きぶりばかりが露わになりました。

2016-11-26

ひろしまドリミネーション見物

映画見た後、ひろしまドリミネーションを見ながらのんびり歩いて帰宅しました。

ドリミネーション

カープ優勝おめでとう!、にテンションがあがります。

ドリミネーション

ピース。

ドリミネーション

過去記事追加

2016.08.22の日記(2017.02.25に追加)

大歩危峡観光遊覧船でひと涼み 〜 2016夏休み 徳島の峡谷やら吊り橋やら海ガメやら(7) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2016.08.22の日記(2017.02.07に追加)

二日目、まずは宿で朝ごはん 〜 2016夏休み 徳島の峡谷やら吊り橋やら海ガメやら(6) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2016.08.21の日記(2016.10.10に追加)

大歩危峡まんなかに到着してリラックスの夕べ 〜 2016夏休み 徳島の峡谷やら吊り橋やら海ガメやら(5) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2016.08.21の日記(2016.09.25に追加)

秘境祖谷の蔓橋、琵琶の滝 〜 2016夏休み 徳島の峡谷やら吊り橋やら海ガメやら(4) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2016.08.21の日記(2016.09.19に追加)

祖谷はもうイヤ!酷道過ぎて運転嫌いになりそうな夏の午後 〜 2016夏休み 徳島の峡谷やら吊り橋やら海ガメやら(3) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2016.08.21の日記(2016.09.17に追加)

5年ぶりの中村うどんで昼ごはん 〜 2016夏休み 徳島の峡谷やら吊り橋やら海ガメやら(2) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2015.12.28の日記(2016.05.05に追加)

マイクロレディコーヒースタンドで食後のコーヒー 〜 年末お城めぐり(5) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2015.12.28の日記(2016.02.28に追加)

彦根駅前「彦一」で近江グルメを堪能 〜 年末お城めぐり(4) 〜 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2014.12.31の日記(2016.01.24に追加)

2014年映画わたしのベスト10 - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

2015.09.13の日記(2016.01.10に追加)

「キングスマン」(2015年63本目) - 雲行きが怪しい 〜タヲルマンの日記〜

「この世界の片隅に」(2016年114本目)

監督:片淵須直

声の出演:のん

原作:こうの史代

製作:2016年 日本

八丁座にて鑑賞。

評判がいいのは、なんとなく知っていましたが、戦争もの・アニメと僕の苦手要素が二つもあり、なかなか見る気にもなれなかったのですが、ついに見ることになりました。

映画が始まって、のんさんの最初のセリフを聞いた途端「この映画は大丈夫だ」との確信を持ち、映画の世界にすーっと入ることができました。

昔の広島の暮らしぶりや地理(原爆ドームが産業奨励館だったころ)が真に迫っていたし、主人公すずを始めとする人々も魅力的で楽しかった前半。

のんさんの広島弁は自然で、広島弁特有の時折跳ね上がるようなアクセントもきちんと表現できていたし、素晴らしかった。今後の活躍も楽しみです。

戦争が深刻になって来ると、文字通り私たちの頭上に爆弾が降って来たり、大切な命が失われたり、そしてあの日がやって来て広島の街が壊滅したり、つらいことが続きますが、生き残った人々はそこからまた生き直さなくてはなりません。

僕は戦争映画、ヒロシマ・ナガサキ映画はどうも苦手なのも、見終わってから、ただただいたたまれなくなってしまうからなのですが、「この世界の片隅に」では、私たち市井の人間は優しい、そして強いという希望を見せてもらいました。

見終わって、映画館内にいたすずさん世代、よりは若いかな、それでもあの時代を生きたであろうお客さんもちらほらいらっしゃいましたが、頭が上がらない思いがしました。

★★★★★(星5つ)

餃子の王将で昼ごはん& ユナイテッド・アローズでセーター購入

餃子の王将で昼ごはんを食べました。

餃子2人前+酢豚+チャーハン

を頼んで二人で分けて食べました。このところこういう食べ方が多いです。

食事の後(餃子のにおいをまき散らしながら)、

パルコに向かい、僕のこの冬の衣装を見に行きました。

結果、ユナイテッド・アローズで見かけた、コロチキ ナダルさんばりのとっくりセーターを購入しました。

これでこの冬あったかく過ごせます。

病院はしご(レントゲンにニュウボウの線、結膜炎)

先週、母宅に泊まった時に喉を痛めてから、咳がだんだんひどくなって来ました。僕の風邪はいつも喉から。こうなると市販の薬を服用してもなかなか治りません。

いつもの病院、梶山内科に行きました。

診察の際、僕が咳き込む様子を見た先生、いつもよりひどいと感じたのか念のためレントゲンで肺をチェックしてくれました。

その結果を見ながら、この線はなんだろう?などと不思議がっているので、僕としても「なに?線?」とギョッとしましたが、どうやら太ったことにより「ニュウボウ」の線が映ったのでしょうとのことでした。ニュウボウ?乳房か?

線の正体のわかった安心感よりも、そんなに太ったかという失望に打ちのめされました。

続いて土橋眼科に行きました。

昨日から目が充血して、目やにが出ています。大昔にもこんなことになって、出社した時他の人が近づいて来なかった苦い思い出があります。結膜炎だろう、と思って行ったら、やっぱり結膜炎でした。

2016-11-22

5時出社の帰り道

都合により朝5時出社したので、早めに退社しました。

帰り道になんだかきれいだなと思った落ち葉のじゅうたん。

写真のセンスや「落ち葉のじゅうたん」という平凡な表現はともかく、こういうところに感じるところが48歳中年男性にしてはいいところです。

DSC_0344

2016-11-20

「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」(2016年113本目)

仕事がくそ忙しい上、母の手術付き添いの心労もあって、大変疲れました。

大好きなミッション・インポッシブルを見たりしてリラックスしました。

2016-11-19

母手術の翌日

私は長年マンション住まいなので冬に母宅に来ると寒さがこたえます。

朝ごはんを食べ、家の中を妻と手分けして片付けてから母のいる病院に向かいました。

売店で入院中に必要なグッズ(マジックハンドや、お風呂で使うブラシなど)を買い、恐る恐る母の病室に行きました。

昨日の手術直後の様子とはずいぶん違って、元気そうでした。

以前はじっと座っているだけで時折痛そうな表情をしていましたが、今はそんなこともなさそうです。足の痛みはどうかと聞いてみると、「ない」とのこと。もうそれだけでも手術を受けてよかったと思いました。あとはリハビリして、どれだけ歩けるようになるか。

お昼どきになり、母にも「ましなものを食べなさい」と促され、病院の近くのステーキ屋さんに行きました。

DSC_0342

ビストロクレール

食べログビストロクレール

かなりカープの応援に力を入れているお店のようで、店の中はカープグッズがいっぱいありました。

お肉はというと・・・リーズナブルなお値段なりのものでした。

昼ごはんの後、また病室に戻りましたが、正直あまりできることもありません。

洗濯や、冷蔵庫に飲み物を補充したりなどすると、もう特にやることもなくテレビを見たりするだけになります。

もう病室に居てもしょうがない、と自分でも認めざるをえなくなり、母にも「もう帰りんさい」と言われ、午後早くに広島に戻ることにしました。母想いの一人息子としてはいろいろ気になることがありますが、あとは本人のがんばりや病院の方々にお任せするしかありません。また再々様子を見に行こうと思います。

2016-11-18

母手術

母の手術に立ち会うため、朝4:30起きして福山に向かいました。

母は前日から入院して、手術に備えていました。

8時頃に病院に到着し、母のいる病室に。個室を希望していたそうなのですが、当面空きがなく、4人部屋にいました。

母はもう何年も「足が痛い」と言い続けており、ようやく今年股関節が悪いことが原因だとわかりました。そして今回人工股関節を着ける手術をすることになったのですが、前日の手術説明において人工股関節は動きに注意しないと外れやすいだの、何か月かに一度は検査や注射のために通院しなくてはならないと言われたとかで、そんな話を前日にするなんて、と結構怒っていました。案外元気そうで安心しました。

そうこうしている内に、看護師さんが時折やって来て、手術準備が始まりました。

そして9時、母は手術室に向かいました。

もうあとは僕たちは待つだけです。さすがにこういう時に小難しい小説を読む集中力は発揮できないので、持って来ておいた気軽な雑誌に目を通して過ごしました。

10年くらい前にも母は狭心症か何かで手術を受けており、その時にもこうして病院で待った、と妻は回想していましたが僕はよく覚えていません。

そうこうしているうちに、僕のいとこR子さんもやって来ました。普段ひとり暮らしをしている母のいろんな面倒を見てくれているR子さんには僕らは頭が上がりません。遅ればせながら今年からお歳暮を贈らせてもらうことにしたのですが、遅きに失した感は否めません。直接「いつもありがとう」を精一杯伝えました。

途中、個室が空いた、とのことで、母の荷物を移動したりしました。4人部屋も個室も明るくて清潔で安心しました。

お昼前、母が戻って来ました。

当たり前ですが、ぐったりしていて、まだ麻酔が効いて寝ているのかなという状態でした。

その後はいろんな人がやって来て、動いてはいけないので状態によっては拘束する同意にサインしたりだとか、退院後にリハビリ病院に転院する可能性についての検討がどうのこうのだとか、麻酔により譫妄状態になるため一晩付き添いが必要になるかも、だとかあれやこれやと言われました。

1479697246298_

母はというと、だんだんと覚めて来たようですが、麻酔の影響か吐き気がすると言って苦しそうでした。看護師さんもたびたびやって来てくれて、母に気分はどうかとたずねたり、手術痕をチェックしたり、足の曲げ伸ばしをさせたりして、ほんとに頼もしく思いました。

午後になると、母の意識もだんだんとはっきりして来て、どうやらこれなら付き添いは必要ないと言われ、夜間も看護師が見回りますから、と担当の頼もしい看護師さんにも言われ、母自身にも泊まらんでいいと言われ、沼隈の母宅に行くことにしました。

あまり食欲もありませんでしたが、松永のガストに寄って晩ごはんを食べました。

DSC_0340

また、入院中に必要なグッズ(マジックハンドや、お風呂で使うブラシなど)を買うように言われていたので、ザグザグにも寄ってみたのですが、どんなのがいいのかよくわからなかったので、少々高いのでしょうが明日病院の売店で買うことにしました。

2016-11-13

ウォーキングデッド鑑賞、壱でお好み焼き

家でDISCASから届いていたBlu-ray「ウォーキングデッド」vol.2,3を見て過ごしました。

おもしろいです。ハマるまでは行かないけど。

晩ごはんは、お気に入りのお好み焼き屋「壱」に食べに行きました。

壱 - 舟入町/お好み焼き [食べログ]

いつもの「肉・玉・そば・イカ天」にトッピングで大葉。

サンフレッチェ広島・佐藤寿人選手の移籍報道を中国新聞で読んでもやもやしていたので、残って欲しいという思いと、一方で出て行ったらもう一度活躍してほしいという思いを込めて、マヨネーズ文字をしたためました。

DSC_0335