Hatena::ブログ(Diary)

雲行きが怪しい このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-21

「サイド・エフェクト」(2017年9本目)

原題:Side Effects

監督:スティーヴン・ソダーバーグ

出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

製作:2013年 アメリカ

DISCASにてレンタルしたDVDを鑑賞。

良質なサスペンス。ドキドキしながら集中して見れた。キャスティングが魅力的よね。

ジュード・ロウに肩入れしつつ見てたけど、ルーニー・マーラさんの活躍もお見事でした。

★★★★☆(星4つ)

サイド・エフェクト [DVD]

サイド・エフェクト [DVD]

「沈黙 サイレンス」(2017年8本目)

原題:Silence

監督:マーティン・スコセッシ

出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、イッセー尾形、浅野忠信、窪塚洋介

製作:2016年 アメリカ

サロンシネマにて鑑賞。

わたくし、文学部国文学科だったもので、遠藤周作「沈黙」は課題図書として読んだことがある。30年くらい前のことなので、もちろん詳細な内容を覚えているわけはないのだが、ひどく内省的な小説だったような記憶がある(そして10代の僕にとっては退屈この上ない小説でもあった)。

その「沈黙」を「あの」(タクシードライバー、グッドフェローズ、ミーン・ストリートの)マーティン・スコセッシが監督???不思議な取り合わせだな。

幕府からの弾圧を受け命を懸けるほどの信仰、それほどまでに信じるものがなくてはならない暮らし、なかなか理解するのは難しく、いとも簡単に踏み絵を踏んで生き延びるキチジロー(窪塚洋介)に一番共感してしまう。

しかし、スパイダーマンとカイロ・レンとクワイ=ガン・ジンでも敵わないんだな。江戸幕府強い。

★★★★☆(星4つ)

DSC_0406_1

2017-01-15

「ゼロ・ダーク・サーティ」(2017年7本目)

原題:ZERO DARK THIRTY

監督:キャスリン・ビグロー(ハート・ロッカー)

出演:ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク

製作:2012年 アメリカ

DISCASでレンタルしたBlu-rayで鑑賞。

劇場公開当時、高評価にも関わらず「長い」「シリアス」を理由にいまひとつ見ようという気になれなかった衝撃作をようやく鑑賞した。

厳しいテロとの戦い、成果の出ない仕事ぶりに見ているこちらまでジリジリしたり、絶望感に苛まれたりしながらも、ついにはあのラスト。達成感じゃなく、長くかかった仕事で一定の成果を得てようやく一息つけたという感じ。

傑作ならではなのだろうが、長さは感じなかった。

ジェシカ・チャスティンさん、やっぱり好きだな、と再認識した。

★★★★☆(星4つ)

2017-01-14

「ヒッチコック/トリュフォー」(2017年6本目)

原題:Hitchcock/Truffaut

監督:ケント・ジョーンズ

出演:アルフレッド・ヒッチコック、フランソワ・トリュフォー、マーティン・スコセッシ

製作:2015年 フランス、アメリカ

サロンシネマにて鑑賞。

おもしろかった。ヒッチコック、トリュフォーそれぞれの監督作品は、見たことがある、という程度で取り立ててファンというわけではない。けど、ひとかどの映画監督が映画について語るというのはやはり刺激的なものだ。

こういう良質なドキュメンタリーを見てしまうと、映画沼にずぶずぶとはまってしまう危険にさらされてしまう。

★★★★★(星5つ)

Hitchcock/Truffaut

3treeでランチ

(妻が)気に入っている3treeにランチしに行った。

僕はハワイアンガーリックシュリンプのセットにした。

DSC_0402_1

3TREE

食べログ3TREE

2017-01-12

職場の飲み会

今の職場に入って一年。ひとり派遣の人が退場することになったので、送別会があった。

自分の会社の人たちだけで飲みに行ったことあったけど、職場全体の飲み会は初めて。

僕は端っこのほうで自分の会社の人たちとのんびり飲んでいたんだけど、ちょうど東京から来ていたお偉いさんに挨拶しといてください、みたいなこと言われていやいやながらビールを注ぎに行った。堅苦しい会社だな。

紙屋町個室居酒屋 月の都 紙屋町店

食べログ紙屋町個室居酒屋 月の都 紙屋町店

2017-01-09

「ゾンビ・トランスフュージョン」(2017年4本目)

監督:スティーヴン・C・ミラー

出演:ギャレット・ジョーンズ、ウィリアム・ハワード・ボウマン

製作:

DISCASで借りたDVDで鑑賞。

早々にゾンビが大量に発生して、高校生3人組が必死で逃げる、戦う、というお話だが、テンポがいいしがんばってるなーという感じはした。

ゾンビ発生の謎に迫りつつあるなか、まさかの「続く」には驚いた。

★★☆☆☆(星2つ)

「ゾンビ・ナース」(2017年3本目)

監督:マイケル・ハースト

出演:クリスティーン・テイラー、クロエ・グレース・モレッツ

製作:2006年 アメリカ

DISCASで借りたDVDにて鑑賞。

チープなタイトルのせいでつまらなさそうと予感してたが、それほどひどくなかった。というか、まあまあ面白かった。でも、IMDbなどで見ると評価低いな、やっぱり。

★★★☆☆(星3つ)

ゾンビ・ナース [DVD]

ゾンビ・ナース [DVD]

2017-01-08

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2回目)(2017年2本目)

TOHOシネマズ緑井にて鑑賞。1回目は妻の希望で吹替版を見たが、今回は僕の好みで字幕版。

字幕版のほうが面白かった。

2017-01-07

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2017年1本目)

監督:中野量太

出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー

製作:2016年 日本

八丁座にて鑑賞。

新進気鋭の監督が自分のこだわりにこだわり抜いた、というような、気合いのこもった作品だし、杉咲花さんのフレッシュな演技には感心した。

けど、僕にはちょっと合わなかった。

宮沢りえがちょっと苦手。

杉咲花さんが意を決して教室で下着姿になったりするシーンも「なんじゃそりゃ?」としか思わなかったし、松坂桃李の存在にいたっては意味不明だった。

オダギリジョーがいちばんまともに見えた。

ラストには確かに驚いた。

なんというか、こう、こだわりの強さゆえに粗いというかいびつというかそんな感触の作品だった。

上映後、音楽を担当した渡邊崇という人の舞台挨拶もあったのだけど、泣ける場面に泣かせる音楽は使わない、というようなありきたりな話だった。

★★☆☆☆(星2つ)

f:id:towelman:20170107155559j:image

県立図書館

「洋書を読むひとの会@広島」で、

洋書を読むひとの会@広島開催しました!

県立図書館にペンギンリーダーズなどの洋書が置いてある、という情報を得てからそのうち行こうと思っていた広島県立図書館に行った。

歩いても自転車で行っても大した距離じゃないけど、市立図書館で受け取り返却できるようにすればより便利。

英語多読をすすめる。

2017-01-02

天満屋で買い物

珍しく福山の街まで出てみた。

時間もあったので、紳士もののフロアをうろうろ。

ポール・スミスを眺めていた時に見かけたネクタイにひとめぼれ。買っちゃった。特に値段も見ずにもう好きな柄じゃけ買うという感じだったのだが、お値段15,000円。5,000円の3本か、7,500円の2本のほうがええんじゃないんか、という気もしたが、まあいいや。

若い頃はネクタイやらワイシャツやらたまに買い物するのが楽しみだったが、最近ほんとに買わなくなった。おかげで持っているネクタイどれもこれも何だか古臭くてかっこわるい。たまには買わんとね。

2017-01-01

新年

今年のおせちはこんなの。

2017おせち

母が作ってくれるお雑煮を食べておせちをつつく。こんな幸せがまだ続くといいな。

一人暮らしの母を何かと助けてくれている僕のいとこR子さんが来た。長女Mもいっしょ。Mも何かと母に世話を焼いてくれている。そして…誰このおっさん?

それは30何年ぶりに会ったR子さんの長男Nだった。いとこと言っても僕とはだいぶ年が離れていて、僕が子供のころはむしろMやNと遊んだものだった。かわいい少年だったNがこんな小汚いおっさんに…。時の流れというのはえぐいものだ。

R子さん母子は車2台で来たので、便をもらってお墓参りに行った。

午後には歩いて初参りに行ったけど、何だか様子がおかしい。

毎年(ではないかな)参っている神社が閑散としている。いや、毎年大した人出じゃないのだが、今年はだ〜れもいない。

どうやら営業終了したらしい。

神社@横島

お賽銭箱もなかったのだが、とにかく昨年一年のお礼を申し上げておいた。

初参り@横島

それにしても、スーパーもコンビニもないこの島は初参りに行く神社まで失ってしまったのか。どうせい言うんじゃ。

夕方、ちょっと本土に買い物に行った帰り、内海大橋から見えた夕日がとてもきれいだった。

DSC_0393_1