toxandoriaの日記、アートと社会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

toxandoriaの日記購読
toxandoriaの日記解除
toxandoriaの日記についてのブログを表示する.
track feed

2015-07-01 海外メディアが暴くメディアタブー日本会議の正体/JPNナチズムの

toxandoria2015-07-01

海外メディアが暴くメディアタブー日本会議の正体/JPNナチズムの血が騒ぐ安倍政権「カルトフェイク政治」で「このみいくさ」の取戻しを謀るクーデタ集団


f:id:toxandoria:20150724151545p:image:w550

安全保障関連法案に反対する学者の会(市民の賛同も大歓迎!)

賛同者署名ページはコチラ ⇒ http://anti-security-related-bill.jp/signature.html 賛同者数 13,721人(市民 29,684人)9月3日9時00分現在


日本のハートランド東アジア文化圏の終着駅?)/遠つ飛鳥(明日香村)〜近つ飛鳥(百舌鳥(堺市))あたりの風景、アラカルト20150516〜17


f:id:toxandoria:20150701040936j:image:w780

・・・このパノラマ画像「甘樫の丘から見た大和盆地」は、ブログ春花秋月さん(http://goo.gl/VObLRS )より転載・・・


f:id:toxandoria:20150701041901j:image:w440  f:id:toxandoria:20150701041902j:image:w440


f:id:toxandoria:20150701041903j:image:w440  f:id:toxandoria:20150701041904j:image:w440

・・・「甘樫の丘」の風景(畝傍山の遠望、丘の展望台、丘の東側に見える飛鳥寺、高松塚古墳


f:id:toxandoria:20150701041905p:image:w400

・・・この画像「仁徳天皇陵古墳(大仙(山)古墳)」は、堺観光ガイドhttp://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=126 より転載・・・


f:id:toxandoria:20150701041906j:image:w550



シャルル・デュモン作曲、シャンソン“水に流して”et al.


D


D


D


プロローグ)「日本会議」カルトの調教に隷従するサルと化した記者クラブメディア


ピーテル・ブリューゲル『鎖につながれた二匹の猿』、ベルリン絵画館 

f:id:toxandoria:20150701043403j:image:w700

・・・Pieter d. A. Brueghel Elder(ca1528-1569)「Two Chained Monkeys.1562」20x23 cm Oil on oak Gemaedegalerie Berlin 、Germany


・・・中野孝次著『ブリューゲルへの旅』(河出文庫版、p95)より部分引用・・・『暗褐色に統一された頑丈な石壁の世界に二匹の猿は繋がれている。彼らは絶望にうちひしがれている。・・・途中、省略・・・彼らの肉体の逞しさと鈍さと絶望感のつくる形、交差する二本の尾の太い強い線と天上の鈍重な放物線のつくりなす面白い諧調。絶望した猿は、あるがままの姿として見れば、絶望しているためにおかしげなのだった。画家は、そういった外観を一つも見逃さず、そのうえそれを強調するためのように、穴の外に夕映えの美しい都市(*1)の遠望を描いた。これが、現実にある絶望した猿の姿であった。フモール(独Humor/*2)とイロニー(独Ironie/*3)が、絶望を静謐な悲しみにまで昇華している。そして、悲しみは、繋がれた二匹の猿の生存について、見る者に限りない連想をうみ続けさせるのである。』

*1:おそらくアントワープの風景

*2:ユーモアのこと。そもそも「液体、体液、気質」を意味するラテン語humorに由来。

*3:原義は表面的な立ち居振る舞いで本質を隠す「仮面的表現」の意味。ここではそれを積極的に演ずる「思考停止」の意味でのイロニーと考えられる。


(仮面的表現を積極的に演ずる、NHKニュースのイロニー報道の事例)


◆【NHKニュースの露骨な政権よりの姿勢が浮き彫り!(事例1)】政権の言い分が翁長知事の主張の倍以上…NHKの沖縄米軍基地報道の偏向をOBらが検証告発!2015.06.24.本と雑誌の知を再発見/リテラ、http://goo.gl/dMlc7n


◆【NHKニュースの露骨な政権よりの姿勢が浮き彫り!(事例2)】「NHKよ、なぜ安倍首相への帰れコールを隠す!?」 海外メディアの記者が疑問視/沖縄・慰霊の日20150624The Huffington Post、http://goo.gl/jCoE0l  

・・・623日・慰霊の日、沖縄全戦没者追悼式に登壇の安倍晋三首相が「帰れ!」など多くのヤジを受けたとAFPほか海外メディアが大きく報じたが、NHKは「首相 引き続き沖縄の基地負担軽減に全力」と報じ激しいヤジにつき報じた様子はない。


・・・


f:id:toxandoria:20150701043404p:image:w400f:id:toxandoria:20150701043405j:image:w400

■安倍首相の首相再登板以降、年1回以上のペースで開かれている「オフレコ懇談会」。昨年10月10日、東京・赤坂の高級中国料理店「赤坂飯店」の個室には内閣記者会(記者クラブ)に加盟する新聞・テレビ各社の官邸キャップが一堂に会した。…こいつらに「ジャーナリズム」は望むべくもない。笹田 惣介 @show_you_all via tweet 20150618 只野オッサンがリツイートhttps://goo.gl/g7jmOk (以下は、toxandoriaの所見)

・・・酷いのは日本の主要メディアの劣化ぶりだ。ウイルスの委細は承知してないので感覚的表現だが、日本会議(ヤマト民族派極右・日本青年協議会が中核)でも、産軍複合体でも、この種の“カルト観念”は、喩えれば「人や動物の細胞(日本会議マターで言えば、日本国民の個々の脳内表象)の中でしか生存できない原始ウイルス(Ex. MERSコロナウイルス)」のようなものだ。

・・・そもそも、民主主義立憲主義)といえども、薄皮一枚のように脆弱なものなので、国民一人ひとりの自覚(意志力)でそれを支え続けなければ容易く崩壊するという、民主主義のアキレス腱に関わる気づきを一人でも多くの国民がシッカリ持つことが先決なのだ。

・・・つまり、その傲慢ならぬ「謙虚さ」こそが「擬装保守」(悪徳カルトの正体を隠蔽する極右)とは全く異質で寛容な「正統保守の条件」の一つと考えられる。然るに、そのような理解を一切放棄して、次々と出現するカルト権力に只管“媚びる”ばかリの主要マスメディアの卑屈な態度は、実は保身にすら役立たず、それは愚かな自殺行為に過ぎない。


(参考情報)


f:id:toxandoria:20150701044451p:image:w600

週刊ポスト20150619号がメディアと首相の会食リストを2013年に遡ってリスト化した。ペガサス・ブログ版、http://goo.gl/RYYQq1 ←コチラへ当画像の拡大版あり!

・・・Cf.1 日本の報道の自由度ランクは更に下がり、産経記者起訴の韓国より低い/日本独自の「記者クラブ」の閉鎖性などが問題視。又、2013年制定の特定秘密保護法で報道の自由が奪われたと指摘。/既に「日本会議」へ白旗を掲げた?大新聞とテレビは大政翼賛スクラムを組む!安倍・日本会議カルト政権をヨイショして恥じぬ記者クラブメディアは“毒を食らわば皿まで”のココロか?w(補足、oxandoria)2015.06.13news-postseven、http://goo.gl/ILclK0  

・・・Cf.2 しかし、NHK(政治&報道部)ニュースは、その「多数派世論は安保法案に反対が過半超!」という「現実」に大抵抗!RT@leonardo1498: 孫崎=安倍を追詰める、世論反対が現実 http://goo.gl/aBeVN4

・・・Cf.3 相変わらず安倍内閣支持は47%と高く、原発再稼働賛成が微増!このアンバランスは権力による強力なメディア支配効果?⇒ 安保法・今国会成立に反対57%(安保法=憲法違反56%:6.21共同世調)、賛成25% 安保法案への理解深まらず、「政府の説明不十分」8割2015/6/28日経世調(固定電話RDD)、http://goo.gl/QkWzQ1


f:id:toxandoria:20150701044452p:image:w600

◆【安倍政権、主要メディア、国民の三者が仲良く“イカ”れまくる“おぞまし”い姿は、いまや戦前・戦中期そのまま!】 ⇒ 昨夜(6.23)、3万人が国会を包囲する頃、メディア関係者が銀座の料亭で安倍首相と会食。安倍政権誕生いらい頻繁に行われるが日本ではネットで非難の声が上がるのみ。@浅井久仁臣via tweet 20150624只のオッサンがリツイート、https://goo.gl/e3KLrS 


歴史認識の根本である、開放系の「暗黙知」(深層知)を恐れる「追憶のカルト」(結果ありき(超偏見的な)で閉鎖系内を堂々巡りする思考、反知性主義の極み)


1−1 絶対知仮説と暗黙知仮説


人工的に「コンピュータ上で人間と同様の知能」を実現する試みである「人工知能の基本」となる「人間の知能」についての考え方(人間と機械は完璧に意思疎通が可能か?の議論)には次のとおり二つの異なる立場がある。


(1)絶対知仮説

・・・この根本にあるのは、「我われ人間を含めた生物と環境世界は一体不可分だという関係論的」な考え方。この仮説に従うと、人間の「知能」は論理操作能力と記憶力の組み合わせということになる。つまり、大宇宙には「絶対的な真理の大陸」、言い換えれば「絶対知から成る神の領域」があるとする立場。そして、我われ人間は、そのほんの一部を分有しているに過ぎぬこととなり、その「知」は、「神の領域」(狭義の暗黙知1/*1)、「人間の自由意志」及び「人間が操る抽象論理/狭義の暗黙知2/*2」の三要素で構成されるということになる。

*1、2:「狭義」の意味は、それすら人間(だけ)が考えたものだという条件が付くこと。


(2)相対知仮説(暗黙知仮説*3/広義の暗黙知)

・・・「知能は人間という生物種に特有なもの、つまり、それは相対的な存在」だという考え方。この立場によると、我われは「人間という生物種に特有の知覚器官と脳神経系を媒介に周辺の環境世界に対処している」ことになる。我われ人間の知は生物進化の結果として偶然に得られたもので、それが絶対に正しいという根拠は存在しないこことになる。つまり、この場合における我われ人間の知能は、我われ人間にとってのみ役に立つ存在に過ぎないことになる。別に言えば、人間は、人間だけのための「相対知」を超えた「暗黙知」(異なる生物種の立場からすれば、多くの相対知が存在し得ることになり、またメタ次元の暗黙知も想定できる)にも支配されていることになる。

*3:広義の意味は、人間以外でも個々の認識手段で周辺環境に対処している可能性があること。


・・・


そこで、この「二つの知」(絶対知、相対知)に関する認識論的に異なった立場を代表する典型的な視座を歴史の中で探すと、前者(絶対知)が13世紀スコットランドの神学者(その緻密な論証態度から精妙博士と称された)ヨハネス・ドウンス・スコトウス(Johanes Duns Scotus/ca.1265-1308)の「人間意志の神学」に、後者(相対知)が20世紀前半における米国の認知心理学者ジェームズ・ギブソン(James J. Gibson/1904-79)の「アフォーダンス理論」の(ギブソンがafford(供給する)から派生させた造語/生物が周辺環境に働きかけることで環境から情報を与えられ、刻々とリアリティが創造されるという)考え方にそれぞれ対応することがわかる。


(参考情報)


◆【安倍晋三・首相に取って代わる極右キ印ブランドの人工知能が出現するかも?しかし、「暗黙知」まではムリでないか?(苦w)】新聞の記事書きや法律事務所での資料整理まで!米、驚異の人工知能 雇用喪失懸念も20150620毎日、http://goo.gl/iAkrm7 

・・・将来は弁護士、記者らの数が減るかも?英天文学者のホーキング博士は「人工知能に取って代わられ、それは人類の終わりを意味するかもしれない」と警告。


・・・


1−2 “民主主義(基本的人権)”の理解に必須の「哲学・思想・歴史・言語論理・法理・法制史” 等『暗黙知』への弾圧・支配」も、そして歴史の改竄すら可能とする傲慢さが日本会議カルト(安倍政権/追憶のカルト)の正体!


人間社会は、「情念・理性・利益」の三つ巴の構成要素から成る。そして、その「情念」が、邪悪たれと人間を絶えず突き動かしているにもかかわらず、実は邪悪ならざる謙虚で中庸で公正(倫理的)な理性(フランス革命が実現した国民主権ナショナリズムを評価する正統保守的スタンス/↓*補足)の方が、宿命的に多様な不条理に包囲された人間の利益にかなうという現実こそ、人間にとって幸福なこと(唯一の救い)なのだ。―モンテスキュー『法の精神』より― ・・・そして、この“人間にとって唯一の救い”を徹底無視するのが、日本会議、安倍晋三・首相らが代表する、根本的に愚鈍ながら異常に傲慢な『超然カルト権力』派である(補足、toxandoria)


<補足>*正統保守のスタンスについて

・・・『全知全能ならぬ人間の「理念」であるからこそ、「情念」統制理念と「論理」構成理念の二つは、共に、再現不能な一回性の歴史経験(遡行が不可能な時間の流れである因果律に支配された一期一会的で貴重な自然・社会的経験、つまり日常的に我々自身を取り巻く広義の現実の積み重ねである歴史経験)から積極的に学び取ることによってのみ、そのあるべき方向性は絶えず微調整され、持続的な安定と調和が確保される』と考える意味での保守的な立場のことを指す。そこでこそ国民主権と立憲主義(憲法の授権規範性)の意義が深く理解できる。日本会議の如き偽装保守(現実無視で結果ありきの異常観念に囚われる狂信、追憶のカルトの正体を隠蔽する只の極右)とは全く異なる!


・・・


かつて、カントが「情念統制理念」と「論理構成理念」という考え方を提唱している。「絶対知(人間の自由意思と抽象論理)の活用、つまり普通の意味での知識・科学技術などを駆使した社会活動」と関わる後者は分かり易いと思うので前者の「情念統制理念」について少し説明を加えておく。


それは「決して100%は実現できないかも知れぬが、目標として徐々にそれに近づこうと努力・行動するための指針として一定の理念を掲げることが先ず大切なのだが、実際には邪悪たれと人間を突き動かす情念の方が多い(モンテスキュー)」ので、我われは、絶えず歴史に学ぶとともに「暗黙知」のフィールドまで深く目配りし「常に民主的で広い共感を呼ぶ、より良い情念的理念を発見できるよう努めるべきだ!」ということになる。


そして、ここで留意すべきは、この場合の「暗黙知」が特に人文・社会科学系の学問分野(哲学・思想・歴(法制)史・言語論理・法理等)との繋がりが深いことである。たまたま、このことを示唆する非常に由々しき出来事が「安倍“日本会議”政権」の下で起こっているので下に関連情報(■1、2)を掲載しておく。


f:id:toxandoria:20150701052439p:image:w800

■1【文系だけの問題に非ず!日本会議カルト権力(安倍内閣)の異端審問の風圧に曝されるアカデミズムの危機!】

・・・そもそも『東日本大震災&フクシマ3.11原発過酷事故は愛国心を失った日本国民への神のお告げ!』(下村文科相)という御託宣は何のつもりか?!“少子化&財政難”を口実に、<『愛国徴兵&国民皆兵』教育システム構築>の邪魔になる<対“戦前・戦中期型カルト「万世一系皇国史観、このみいくさ(カミカゼ自爆テロ戦争)、ヤマト民族派」”に対抗する”アカデミズム批判パワー(特に深層知(暗黙知))の殲滅が狙い>であるのはバレバレ! ⇔ 国立大文系が消滅?文科省、組織改編促す/20150619毎日・特集ワイド、https://goo.gl/j9fF0m

・・・Cf. 安倍政権の哲学(法哲学・法理)、倫理、美学、歴史(法制史・思想史)、考古学、比較文献学、国語・言語・言語論理等の<対“戦前・戦中期型カルト「万世一系皇国史観、ヤマト民族派」に対する”批判パワー=深層知(暗黙知)>の殲滅が狙いか?只のオッサン(脱原発への急転向者) via tweet 20150609 https://goo.gl/pbT50B 


(関連情報)


f:id:toxandoria:20150701044454p:image:w400f:id:toxandoria:20150701044455p:image:w400

◆『安部政権の正当な歴史認識の欠落』は現代史のみに非ず、古代史で二つの欠落が窺われる。それは、(1)そもそも重層的な『東アジア文化受容の歴史』こそが『寛容で世界に誇るべき日本伝統文化』の水源であった、(2)桓武天皇の脱“百済風日本”の意思を継ぐ嵯峨天皇の慧眼」が真性独立国家・日本(正統保守の心髄/オリジナル国風文化)創造の端緒であった、の二点(委細はコチラ⇒2015-01-07toxandoriaの日記、

http://goo.gl/t7BkGG )。この仮説の検証と共同研究は相互理解の可能性を拓く。

・・・Cf1. 安倍政権は「強制徴用」をどう具体的に反映させるかは未定ながら、文化ルーツ面での相互理解(共同研究は一歩前進)の可を拓く!⇒ 日韓関係改善へ努力 世界遺産、両国登録で協力:20150622日経、https://goo.gl/aiXvVU

・・・Cf2.「百済歴史遺跡地区」(扶余ほか)と合わせ登録協力は「日韓同祖ルーツ」の確認に繋がるので注視!日本会議(ヤマト民族派)カルト暴走の抑止に活かすべし!⇒世界遺産で相互協力 会談で一致/20150622毎日、https://goo.gl/46cAvt

・・・Cf3 桓武天皇・生母、高野新笠(↓注記★)への関心も(1)百済歴史遺跡地区(扶余/韓国)および(2)百舌鳥・古市古墳群地域(堺市(仁徳天皇陵周辺)〜羽曳野市藤井寺市)の土師氏 、あるいは (3)山城(京都)の秦氏の歴史と併せて重要!⇒日韓いにしえの交流に学ぶ 国交正常化50年:20150622朝日、https://goo.gl/CLFH2A

・・・なお、(2)と(3)のいずれが、日本列島の歴史の上において時代的に先行するか?が、考古学の世界では議論となりつつある。

★注記:前渡り(奈良・平安初期頃から見て、より古い渡来系)の土師氏(はじし/おそらく5〜6世紀頃?に、百舌鳥〜河内あたりで定着?して土器・登り窯などの製作に携わっていた高度な技術者集団)が、高野(現在の奈良市あたり)へ移住して高野氏(桓武天皇の生母である新笠が属していた一族)に改姓。土師氏は、後に桓武天皇からカバネを与えられ、大江氏・菅原氏・秋篠氏などに分かれた。


・・・


■2【安倍“日本会議”内閣が目指すのは「改憲」など生ぬるいコトではなく、国家体制(Constitution)を根こそぎ転覆させる「クーデタ」である!】安保法制合憲論者の巣窟! 櫻井よしこ率いる「民間憲法臨調」の“人権否定”憲法観が恐ろしすぎ!/2015.06.20.リテラ、http://goo.gl/AtlyBb 

・・・安倍政権が進める安保法制を合憲とする2人の学者、西修駒澤大学名誉教授と百地章日本大学教授は共に「民間憲法臨調」(櫻井よしこ氏・会長/↓*)のメンバーなので、この過激発言は当然。この「組織」は日本会議や神社本庁から全面支援を受けるウルトラタカ派の憲法改正団体で、その目的は9条の改正のみならず根本的な体制変革を迫っている。

* 民間憲法臨調は、“神道政治連盟・日本会議”両カルトの外郭組織!

Cf.1神政連Webニュース、http://goo.gl/SeG9oO  

Cf.2「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(民間憲法臨調)/Harvard Library

http://goo.gl/znolKN   

・・・「自民党改憲草案」の下地を提供した当組織は「立憲主義」否定だけでなく、現代民主主義の根本である基本的人権(近代人権思想、天賦人権説)を否定し、大日本帝国憲法への回帰で再び全ての日本国民が国家へ命を捧げることが可能となる体制の取り戻しを謀っている。


・・・


一方、「論理」構成理念の役割は「情念の大きな構成要素である欲望(悪徳へ傾斜しがちな情念)を合理的・客観的に抑制・制御して、それを政治的に実現可能でモデラート(中庸)な理念(理性の論理構成的使用)」へ変容させることだ。例えば、<脱原発か、縮原発か、あるいは秘密保護法に関わる“秘密指定の内容(指標)”をどう具体化し、第三者チェックをどう担保するか>などの方向性ないしは関連制度設計の具体的選択などがその典型。


しかし、全知全能ならぬ人間の「理念」であるからこそ、それは「情念」統制理念と「論理」構成理念の二つは、共に再現不能な一回性の歴史経験、いわば遡行不能な時間の流れである因果律に支配された一期一会という意味で貴重な「自然との関わりや多様な社会経験」の中でこそ磨き上げられる。つまり、日常的に我々自身を取り巻く広義の歴史経験などから積極的に学び取ることによってのみ、その本来あるべき方向性は常に微調整され得ることになる。また、これこそが『正統保守の定義』でもある。


従って、時間遡行が不可能な過去の歴史の完全な取戻しは可能(歴史と時間は完全修正が可能)であるとする、非常に傲慢で異常なイデオロギーの持ち主たち(例えば、日本会議、神社本庁、創生日本、国家基本問題研究所神道政治連盟国会議員懇談会みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会ほかの安倍晋三のお友達一派ら)が「美しい戦争(このみいくさ/国民玉砕カミカゼ自爆テロ戦争)ができる戦前レジーム(軍神国家神道・靖国顕幽論・明治憲法による国家支配体制)の取戻し」に絶対的に囚われているとするなら、彼らは正統保守ならず恐るべき「追憶のカルト」観念の奴隷だということになる。


1−3 『アベ・ツベコベ病』が事実上のクーデタ!であることの傍証事例


f:id:toxandoria:20150701090929p:image:w950

■【新聞・TV等の主要メディアは、太平洋戦争期と同じ轍で国民よりも、事実上の『日本会議によるクーデタ』後の身の保全を最優先させている?】

・・・日本会議マター(アベ・ツベコベ病の病原体)は憲法(Constitution=国家体制)の転覆・破壊を非合法(超然権力or暴力)で謀るクーデタ!だからこそ、主要メディアは心底から怯えて、その主犯「日本青年協議会(日本会議と安倍自民党の“おんぶ”お化け)を頑なに報じない?! https://goo.gl/m079fp 


(不気味に共鳴する“◆1〜3”の三つの事件/事実上の『日本会議によるクーデタ』の背景)


◆1 メディアタブーの日本会議マター

◆2 太平洋戦争終結直前における東大七教授の首相宛の6項目の献言(特に注目すべきは5番目“陸軍の徹底抗戦派(敗戦否定派)を抑えるべき”の指摘)

◆3 昭和天皇による玉音放送(終戦・敗戦宣言)直前に起きた宮城事件(玉音盤クーデタ未遂事件)


◆1 海外メディアはともかく、日本メディアは「日本会議マター」に一切触れず。しかし、長谷部恭男氏(早大法学学術院教授)と小林節氏(慶應大名誉教授)が20150615「外国特派員協会記者会見で安倍政権を支配する「日本会議」に言及した!/2015.06.16真実を探すブログ、http://goo.gl/As1fff  

・・・英誌エコノミストの記者が『安全保障法制を「合憲」とする3人の学者は皆「日本会議」に属すが、その意味や「日本会議」の影響力をどう見るか』と質問。

・・・小林氏は『沢山の知り合いがいる日本会議の人々に共通の思いは第二次大戦の敗戦は受け入れ難いので敗戦前の日本に戻すことだ』と述べ、日本会議の目的は戦前回帰だと強調。

・・・また、『彼らの憲法改正案は明治憲法と同じで、日本が明治憲法下で軍事五大国だった時と同じく米国と共に世界に進軍したい!との思いを共有する人々が集まっており、その思いは今の自民党にも根を張っている。それに、良く観察すると彼らは明治憲法下のエスタブリッシュメント層の子孫が多い』と、日本会議の正体を明かした。

・・・小林氏は<日本会議には大企業の関係者や知名度が高い有識者も所属しており、彼らが日本政治を影で動かしている>とも語った。日本のメディアは、この小林氏の「外国特派員協会」記者会見での会見を報じないばかりか、未だに日本会議をメディアタブ―扱いしている。

・・・なお、日本会議は、安倍晋三首相を始め安倍政権の閣僚が8割以上も所属している一大組織で、それは憲法改正と国家神道を強く掲げ、自民党だけでなく野党系議員も多く所属する。しかも、日本会議に属する国会議員は神政連を加えると全国会議員の約6割を占めるのが現状だ!


◆2 太平洋戦争「終結」直前における東大七教授の首相宛献言、http://goo.gl/ChrSLf

・・・東大総長・南原繁を中心に法学部の教授七名が「未曾有の国家滅亡の危機に際し学問として研究し正しいと思われる戦争終結の形を伝える義務がある」と鈴木貫太郎総理(の官房長官)宛に「陸軍の徹底抗戦派(敗戦否定派)を抑えるべき」など6項目を献言したが、政治と無関係な学問上の問題だとして一蹴された。


◆3 昭和天皇による玉音放送(終戦・敗戦宣言)直前に起きた宮城事件(玉音盤クーデタ未遂事件(その本流は「日本会議」指南で安倍“追憶のカルト”内閣に流れ込む「成長の家、日青協」ら過激ヤマト民族派極右?!/以下は、“2015-05-01toxandoriaの日記、http://goo.gl/RCTSH4 ”より部分転載)


( 安部政権の強力な後ろ盾『日本会議』は、事実上、百戦錬磨の過激民族派極右『日本青年協議会・日本協議会』(太平洋戦争敗戦否定&純血ヤマト民族派)に乗っ取られている/日本会議の中で濃縮される、戦前を取り戻す追憶のカルトこと『日本固有民族・文化原理主義』の狂気 )


・・・日本会議の草創期(日本を守る国民会議)に関わった石田和外・裁判官(故人)は、帝人事件(1934/昭和9年/倒閣目的のでっち上げ疑獄事件)で容疑者10人全員に無罪判決を出した。


・・・また、『日本会議・国会議員懇談会』の会長・平沼赳夫の縁にあたる養父・平沼騏一郎(A級戦犯)は、戦前の保守・右派勢力の黒幕として暗躍し、この帝人事件(1934(昭和9年))や企画院事件(1939〜1941、多数の企画院職員・調査官らが左翼“嫌疑”だけで治安維持法違反とされ検挙・起訴)を引き起こした典型的な“天皇の政治利用”型の極右(実は右翼ならずカルトの正体を隠す悪徳偽装極右)政治家であった。


・・・つまり日本会議の深層には紛れもなく“日本版ナチズム”の血が流れている。


・・・その日本会議(会長:三好達・元最高裁長官/靖国神社崇敬者総代=対司法界“靖国顕幽論カルト”&“愛国原発”推進の注ぎ口?)は、役員62名のうち24名(1/3)が宗教関係者。そして、参加する宗教分野は神道系の神社本庁、各神社、教派神道(個々の教祖の宗教的体験に因る新興神道)、および仏教系カルトらの国柱会、倫理研究所、IIC(霊友会)、仏所護念会、念法真教、崇教真光等など様々だ。


・・・三好達・元最高裁長官が日本会議トップの座にあることは、ナチズムの要素を徹底排除した「ドイツの司法改革」(1960〜1970年代)と「日本の司法改革」(1999〜)が全く異質であることの証左だ。


・・・他方、鷹司・伊勢神宮大宮司、渡邊・前天台座主(比叡山延暦寺)が顧問に就いているが、伊勢神宮(天皇家の伝統精神基盤)と延暦寺(天台宗)の全体が日本会議メンバーではなない。これら宗教団体および宗教関係者はザックリ言えば「宗教右派関係者および団体」であるが、そもそも日本会議が発足した1997年以降(約40年間)の最初の大きな目的は、「元号法」の制定であった。


・・・因みに、日本会議のWEBサイト「日本会議が目指すもの」から読み取れる「日本会議の真の狙い」は下の6点である。(20150223HBO、http://goo.gl/rVtz7O より)なんと、これは安倍政権がいま進める『積極平和主義』の目的を非常に分かり易く表している!


(1)皇室中心の均質な(ファシズム?)社会を創造する(象徴天皇制廃止、天皇元首制復活)

(2)昭和憲法がその阻害要因なので、改憲したうえで昭和憲法の副産物である行き過ぎた家族観や権利の主張を抑える(“国民主権”削除!)

(3)靖国神社参拝等では国家の名誉が最優先の愛国政治を遂行(靖国顕幽論の国教化)

(4)国家の名誉を担う人材を育成する教育を実施(新しい国家主義教科書による愛国教育の断行)

(5)国防力を強めたうえで自衛隊の積極的な海外活動を行う(世界最終戦争に備え平和条項削除の改憲による軍事国家主義、徴兵制を推進)

(6)もって、各国と共存共栄をはかる(余りのパラドクス!w “倒錯的”な積極平和主義の究極目的!?)


・・・安倍政権とその背後霊である日本会議(≒日青協)が、かくの如き<カルト狂人集団>である現実について海外メディアは非常に詳しく理解している。例えば、日本会議マターを鋭く抉ったエコノミストの記事(20150606The Economist、https://goo.gl/YnlT9j )は、上の「(6)もって、各国と共存共栄をはかる」について、非常に優れた(ヤマト民族を代表する?w)日本会議のことだから、その彼らの(崇高で、しかも大矛盾した)『夢』は、必ずや全世界から歓迎されて成功することだろう!と皮肉タップリの書き方で、その記事を締め括っている。日本の主要なTV・新聞(NHK,朝日、読売、日経etc)らは恥ずかしくないのか!?


2 いま世界が注視する、主要記者クラブメディアの協力(メディアタブー)で「日本会議」が謀るカルトフェイク・ステルス政治(安倍内閣)の異常


2−1 カルトフェイク(事実上のクーデタ)の舞台(JPNナチズムの血脈が流れ込む)で踊り狂う「安倍“日本会議”内閣」の不気味/その典型が、日本会議の別動隊「民間教育臨調」による愛国『徴兵』への土壌づくり


2−1−1 「日本会議」の指南で、そもそも異常な「“安倍=橋下”談合のエネルギー源である“大衆は愚か!”の上から目線」は増長するバカリ


f:id:toxandoria:20150701044457p:image:w700

f:id:toxandoria:20150701044458j:image:w500


(“安倍=橋下”談合で益々増長する“大衆は愚か”の上から目線)


・・・「安倍晋三の“おんぶお化け”「日本会議」の露骨な政治介入」と「安倍“日本会議”内閣の “安保法案”『強行採決』(orカルト式擬装修正“強行採決”/いずれでも同じ“強行採決”だが、苦w)の予告に震え上がるニッポン!・・・


* 安倍自民「別動隊」のお出まし!<維新の役目は屁理屈こねまわしの誤魔化しで対「強行採決」批判のショックを和らげ多数派国民層を黙らせること!> ⇒ 「維新が安保法案対案提出へ、自公と修正協議」・・・そもそも維新は自民・民主の板挟みだったが、自民・公明との修正協議(擬装強行採決の準備)へ発展!20150613朝日 只のオッサンposted at 20150614  https://goo.gl/tXkk0D 


f:id:toxandoria:20150701044459j:image:w400f:id:toxandoria:20150701093936p:image:w400

* ウリ二つの独裁者 安倍晋三と橋下徹/安倍首相と橋下市長「大衆は愚か」という“上から目線”もソックリ!20150411日刊ゲンダイhttp://goo.gl/gjvSJf 


(安倍=橋下のカルトフェイク(カルト詐欺、強盗政治、事実上のクーデタ)のバカげた動向、およびそれに対する批判の三つの核心)


* 20150615/安倍首相と会談した橋下大阪市長が安保法制ツイートを連投中。集団的自衛権と無関係(しかも、同判決は主権を有する国民の政治的判断に最終的に委ねられるべきものと付言!/↓Cf.)な「砂川判決を論拠」に統治行為論を持ち出し当時の田中最高裁長官を礼賛している。ロックさん @rocks_31 via Twit2015.06.15只のオッサンがリツイートhttps://goo.gl/75G7WF 

・・・Cf. 砂川判決と集団的自衛権/それは反論になってない(∵日本の集団的自衛権とは論理的・法理的に全く無関係の判決で、安倍政権が自らの法的無知を暴露しているだけ!)、https://goo.gl/912FKR 


* 小林節・慶應義塾大学名誉教授(憲法学者)氏「憲法審査会以来、支持率もどんどん下がるだろう。強行採決の場合は『自民党は強盗だ』と騒ぎまくってやる。来年参院選で有権者が「自民=強盗」の事実を忘れなければ改憲は阻止できる」 @kenkenir#daycatch via Twit 2015.06.15 只のオッサンがリツイート https://goo.gl/Fpxix8 


*3 小林節氏は法案が強行採決された場合に備え、複数の訴訟を準備中!→違憲の安保法制を進める安倍政権は終わらせるべき、長谷部・小林両教授が外国人特派員協会で会見blogos.com @palndow1via Twit2015.06.15只のオッサンがリツイートhttps://goo.gl/eQFQ5J 


2−1−2 安倍=橋下「カルトフェイク政治」の典型は、日本会議の別動隊「民間教育臨調」による<愛国『徴兵制』完成>への土壌づくり


f:id:toxandoria:20150701055611p:image:w800

■【「日本会議カルト一派(安倍政権)の姦計(“米産軍複合体”演出)」に騙され、いわば<靖国カルト愛国『徴兵制』目的の国民教育システム(生還不能の蟻地獄)>に嵌りつつある日本国民!その基盤は、民間教育臨調と日本会議の太いパイプ!】

・・・「日本会議と米産軍複合体の両サイド」から“タマ(魂)と脳ミソ”をシッカリ抜き取られた安倍晋三・首相が妙に自信たっぷりで、しかも相変わらず雄々しく?超然君臨するかに見えるのは何故か? それは、一方で<憲法解釈変更による安保法制>の要である<愛国『徴兵制=国民皆兵化>に必須の<『戦前型の国民教育(調教)体制』>が着実に出来つつあるから!

  ⇔ 20150617アベ様のNHK“大本営発表”ニュース:日本国民の皆さま、まことに祝賀すべき奇跡的瞬間です!?大きな反対の声にもめげず、遂に、安倍首相は「憲法解釈変更の正当性と合法性」に絶対的な確信を持つに至りました!http://goo.gl/pTZ5An


《所 見》


・・・実は、「安倍首相には“立憲主義を理解する学力”がない/@金子勝via Twit2015.06.18」というよりも、安倍首相の守護霊たる“日本会議”の別動隊、「民間教育臨調(首相の私的諮問機関である教育再生実行会議(表の顔)の後ろに潜む“黒幕”的な組織/↓*1)」には<ある冷酷非情な目標>が隠れている。


・・・つまり、そのメンバーである長谷川三千子氏(埼玉大名誉教授、NHK経営委員)ほか)らは、本格的な教育改革で戦前型「学校教育」制度の導入を、ズバリ言えば“教育勅語”を土壌としつつ、幼児〜初等〜中等〜高等(大学)〜社会(国民)教育までを、その“教育勅語”の理念で首尾一貫させる『戦前型教育体制』の完全取戻しを謀っている。


・・・別に言えば、日本会議による明確な<万世一系皇国史観由来の、そして“聖戦愛国自爆テロ国民玉砕(このみいくさ)式”の軍事国家体制を完成させるための『徴兵制』の下地である<戦前型「学校教育」制度>の完全な取戻しを狙っている。


・・・「教科書検定制度」の改革と新しい歴史教科書の普及・拡大(↓*2、3)、国立大・文系学部廃止(↓*4)、国立大学における国家・国旗の義務化(↓*5)などは、この日本会議の方針に沿っている。しかし、この恐るべき日本の現実に気付いている日本国民は、まだまだ少ない!


*1 民間教育臨調とは?・・・『2003/01/27 民間教育臨調の設立大会(日本戦略研究所)』、 http://goo.gl/mHO6r3 

・・・Cf.1 一般財団法人 日本教育再生機構(民間教育臨調の関連組織/新しい歴史教科書等の推進を図る)、http://www.kyoiku-saisei.jp/ 

・・・Cf.2 「日本会議」役員77人のうち、「民間教育臨調」に名を連ねる者は30人。名前を出さぬ47人のうち25人は宗教団体役員、4人が「軍恩連盟」「日本遺族会」「日本郷友連盟」「英霊にこたえる会」など旧軍・自衛隊関係団体の役員、そして会長・事務総長の2人。「日本会議」で約4割を占める役員を「民間教育臨調」から送り込みながら、明らかにそれと分かることが表に出ない工夫がなされている。

http://goo.gl/Ni7pYB 


*2 教科書検定制度の改善(文科省)、http://goo.gl/NYzKmU 

・・・Cf. “歴史教科書での<政府公式見解記載>義務付け”が<国民巻き添の手始め>だった!(20140515 FBノート、只野親父)https://goo.gl/I6oc2r 


*3 「是正要求」で揺れる教科書採択制度とは‐渡辺敦司20140404Blogos、

http://blogos.com/article/83786/


*4 国立大・文系学部廃止問題/国立大学から文系学部が消える!安倍首相と文科省の文化破壊的“大学改革“20141001Livedoorニュース、 http://goo.gl/5xa3S1 


*5 下村文部科学大臣は、国立大学の学長らを集めた会議に出席し、入学式などでの国旗や国歌の取り扱いについて、「国旗掲揚国歌斉唱が長年の慣行により広く国民の間に定着している」などと述べたうえで、各大学で適切に判断するよう要請した。20150617全国国公私立大学の事件情報、http://goo.gl/gqBSQk 


(関連情報)


f:id:toxandoria:20150701060720p:image:w950

f:id:toxandoria:20150701060722p:image:w700

◆「日本会議カルトフェイク」で国民を誑かす一方で、安保法案スケルトンアーミテージ・ナイ・レポートの丸写しだった!米国「産軍複合体」にとことん利用される 『安倍“日本会議”カルト内閣』の表情が激しいダブル・バインドでひきつるわけだ!(苦w) ⇔ 田原総一朗「安倍首相の安保政策は米国『対日レポート』の丸写しだった」週刊朝日2015年0626号、・・・以下、省略・・・ https://goo.gl/YNiOkT 


2−2『臆病で卑怯な日本の記者クラブメディア』に代わりw、海外の一流メディアが抉った<日本会議マター/『日本会議』問題>の内容(二つの事例)


2−2−1 世界へ拡散する「日本会議マター」の驚き!/それは、異常化するバカリの安倍内閣ということ/JPNナチズムの血脈の受け皿、アナクロ・ヤマト民族派極右、奇怪な複合カルト汚染、そして事実上のクーデタ!


・・・日本会議「野望の火の子」で尻に火が付いた安倍晋三!そして「このみいくさ(靖国カミカゼ国民玉砕自爆テロリズム)国家」を取り戻す「追憶のカルト」実現への暴走!・・・


◆5年にわたり東京から発信してきた外国特派員フランクフルト・アルゲマイネ紙)が、「安倍“日本会議”政権から圧力を受けた!」と告白(201504)、 http://togetter.com/li/806528 


◆英紙タイムズが安倍政権とネオナチ・日本会議の関係について記事を配信、2014/9/12ブログ晴耕雨読http://sun.ap.teacup.com/souun/15225.html


◆同じく米ニューヨーク・タイムズ、英エコノミストなどが、安倍政権と日本会議・ヤマト民族派極右団体・ヘイト組織らとの関係について詳細に報じている、2014/09/07 daily.2ch.net、http://goo.gl/gkhBFs 


2−2−2「仏週刊誌L'Obs(旧ヌーベル・オブセルバトゥール)20150602記事」が報じた『アベシンゾーの隠された顔』(事例1)


f:id:toxandoria:20150701061304j:image:w750

アベノミクスを餌に国民全体を釣り上げ『日本会議』(追憶のカルト)の魚篭(びく)に放り込むつもりのカミカゼ極右・安倍晋三を甘く見ている日本人!?日本会議の「ステルス性(見えにくさ)」には、「地方で静かに活動してきた」という理由がある。日本会議は、より反動的な、地方で発展してきた! 案外、経済改革?(アベノミクス)さえ成功すれば!との一途な思いから日本国民の多くは「戦前(“国民主権”削除の大日本帝国憲法体制)へ戻ること」を既に了承し、安部晋三氏の独裁をも暗黙(or無意識)に篤く(無意識ながらも絶対的に)支持しているのかも!?そして、それに対して自覚的に抵抗するのは今や皇室(天皇・皇太子両御夫妻)だけというのが現実か?(以上、20150602L'Obsの要点)】https://goo.gl/5ABh2w 


・・・なぜ日本の主要メディアTV・新聞などはそれを無視(というよりも完黙)し続けるのか?ともかくも、海外メディアを介して、安部内閣の“おんぶお化け”(現閣僚の8割以上が日本会議、同じくそれは全国会議員の約6割(神政連ファクターも加算すれば!)を占める)である「日本会議」の問題が世界中に拡散している!


・・・この日本会議の恐るべき実像を国民が知っていて未だに約40〜50%もの安倍内閣支持率がある(6月末現在)とすれば驚くべきことだ。日本国民の多くは戦前(国民主権ナシの大日本帝国憲法)へ戻ることを既に了承して安部晋三氏を絶対的に支持しているのかも!?ただ、全世界はこの恐るべき日本の状況を固唾を飲んで凝視している!(当記事『アベシンゾーの隠された顔』を翻訳・紹介したピグ氏の感想を一部rewrite/2015-06-10 23:49:19ピグの部屋、http://goo.gl/i9LWpT )


・・・


・・・以下、翻訳記事の全文転載(当記事『Japon LA FACE CACHÉE DE SHINZO ABE/アベシンゾーの隠された顔/VINCENT JAUVERT/L’OBS/No2637-21/05/2015』を翻訳・紹介した同ブログ、http://goo.gl/i9LWpT より転載)・・・


それはリアルな国際政治で、大幅に無視されているとはいえ、重要な事実だ。世界第三の経済大国である日本では、数か月前から、(総理大臣、安倍晋三も含めて)閣僚の4分の3が、歴史修正主義権威主義の民族派極右団体、「日本会議」と呼ばれる、目立たないが影響力のある団体に属している。


2012年12月に政権に復帰したとき、安倍晋三が、新自由主義的であると同時に戦前に郷愁を抱く強硬な右翼出身の政治家であることを知らない者はなかった。プーチンやインドの国粋的指導者モーディを称賛していることも知られていた。安倍が近かった、祖父の岸信介が1932年に大日本帝国によって併合された満州のナンバー2であり、次に戦争中に東條内閣の一員であったこと、そして結局、1945年の敗戦の後、A級戦犯として投獄されていたことも、誰もが知っていた。しかし明らかに、反動的で反民主主義的なイデオロギーへの安倍晋三の政治的根強さは過小評価されていた。


上智大学国際教養学部・教授の中野晃一は次のように分析する。数か月前まで、安倍の最終目的は有名なアベノミクスによって日本経済を立て直すことだと多くの人が考えていたが、今や安倍は本心を隠さずに行動しているようだ。戦後に採択された平和的で自由で民主的な憲法の根本的改変を日本人に簡単に認めさせる“目的のためだけにアベノミクスを追及しているのではないか?との疑いがある。つまり、彼が1997年の創設時から加入している団体「日本会議」に特有の帝国主義の取り戻しを謀るという、いわば古い秩序への回帰を押しつける目的を持っているのでは?


「逆説的だがこの非常に重要な団体は日本では未だに真価を認められていない」、日本版『リベラシオン』ともいえる『東京新聞』に昨年夏、日本会議に関する初めての長い記事を書いた佐藤圭は言う。「その出発から、日本会議はレーダーに現れないようにあらゆる注意を払ってきた。広告も出さないし、テレビにも出ない。戸別訪問的な活動をしながら、視線の及ばないところで前進していた。その集会はメディアに開かれていない。そして、会員たちには会談の間も、写真を撮る権利もない。」


この信じられない「ステルス性」にはもう一つの理由がある。「日本会議は、より反動的な、地方で発展してきた」と、日本の右翼運動の専門家である法政大学の政治学者、山口二郎は説明する。「大手メディアは、元々ローカルだったこの団体を軽く見ていた。2012年12月の安倍内閣の指名と、さらに昨年秋の内閣改造後、日本会議所属の閣僚の数がさらに増えて、その強大さに面食らうまでは。それまでは田舎の、片隅のものと見なされていたこの極右団体が、日本の政治の中心にいたのだ。」


日本会議は1997年、一つは満州侵略を率いた帝国軍元司令官によって、もう一つは主に神道の宗教団体によって設立された、二つの極右団体の合併により生まれた。「反動的で1930年代に郷愁を抱くこれら二つの集団は、日本が戦争中に行った残虐行為の過ちを告白することに耐えられなかった。彼らによれば、日本人は帝国に誇りを持たなければならなかった」と、山口二郎は説明する。「分裂したままではイデオロギー闘争に敗北すると理解したときに、合併した。」 彼らが明確に自覚したのは1995年8月15日に起こった。村山首相が有名な謝罪宣言を述べたときである。その日、世界は第二次世界大戦終結の50周年を記念していた。


この機会に、日本が1930年代と1940年代に、「植民地支配」を押し付けるためにアジア諸国を「攻撃した」ことを、日本の政府のトップが初めて、公に、そして公式に認めたのだ。この認識は、帝国軍が性的奴隷システムに頼っていたと1993年に認めた、内閣のナンバー2、河野洋平の宣言の後に来たものだ。婉曲に「慰安婦」と呼ばれた女性たちは、朝鮮やフィリピンの村で誘拐され、強制的に軍の売春宿に住まわされた。反動主義者と超国粋ヤマト民族主義者には、もう我慢できなかった。反論し、新しい運動、つまり日本会議を建設することが急を要した。


新しい団体・日本会議の事務総長職は、1970年代の民族派極右学生運動(長崎学協方式なるノンポリ層結集の秘策)のリーダーで、今も強大な力を持つ椛島有三なる人物に委ねられ、この団体は今、3万5千の会員と200の支部を数える(関連団体を加えると、ca800〜1000万人の国政選挙での自民党・集票マシンと化す!/以上、(  )内はtoxandoriaの補足)。


289 PARLEMENTAIRES MEMBRES(289人の議員メンバー)

10年前に祖父が亡くなった安倍晋三は1997年に国会議員になる。お友だちと一緒に、直ちに「日本会議」に、次いで日本会議を支持する議員団体に加入する。「当時彼らは、保守のジミントーでも周辺的だった」と、中野晃一は言う。「20年近く経った今日、彼らはジミントーと内閣を席巻している。そして日本会議は、国会の40%に相当する、289人の議員を集めている…」 彼らのスローガンとは? 戦後の日本、「アメリカに押し付けられた」制度と生活様式から決別することだ。彼らは、「勝者の正義」、戦争犯罪人を裁いた東京裁判の正当性を認めない。彼らは歴史を自らの味付け、敗者の歴史を書き直したがっている。日本帝国はアジアの民衆を「解放した」と声高らかに断言したい。1938年の日本軍による南京大虐殺は作り事であり、最悪でも、民間人に変装した数百人の中国兵が死亡しただけだ(日本人も含めてまともな歴史家は少なくとも数万人の民間人が拷問された後に殺戮されたと考えているのに)。日本会議の歴史修正主義者らは、「慰安婦」は勇敢な日本兵を慰めて月末に手取りを増やして喜ぶ、単なる自発的な売春婦だったと断言する(この主題に関して帝国軍に反対する証言が圧倒的であるにもかかわらず)。


CHANGER LES LIVRES D'HISTOIRE(歴史書を変えること)

日本会議の目的は、歴史書を書き換えることだ(この日本会議の目的こそが、実は、安倍内閣による異端審問の風圧に曝されるアカデミズムの危機!の問題、つまり“民主主義(基本的人権)”の理解に必須の哲学・思想・歴史・言語論理・法理・法制史 等『暗黙知』への弾圧・支配も可能とするカルト故の傲慢さから文科相(省)が打ち出した“国立大を主体に文系(旧法文系)学部を廃止”するという方針に繋がっている!/補足、toxandoria/関連、既述1−2)。そして、それは有利な状況を作ることから始めた。間もなく、中学校の教科書は、歴史学者の視点と同じく論争中の問題に関して「政府の公式の立場」を言及しなければならなくなる(NHKニュースのアベ様寄りの“偏向”姿勢も、これと似た傾向の一環だ!/補足、toxandoria)。「別の言い方をすれば、歴史修正主義のぱっとしない教師が、南京で民間人の死者はなかったと断言すれば、それが我々の子どもたちの教科書に書き込まれることになる」、政治学者の中野晃一は説明する。教育に関して、日本会議は「愛国」教育への回帰を熱望する。彼らの夢は、1890年代の帝国時代の法制にできるだけ早く近づくことだ。それは、個人に対し天皇への全面的な服従を押しつけ、複数の世代にわり、将来ある青少年らをカミカゼで洗脳してきたやり方に早く近づくことだ。


これで全てではない。「アメリカの圧力下で」採択された、1947年の平和憲法を、日本会議は根本的に変えようとしている。その最初の標的は、第9条だ。この中で日本は「戦争を、永久に放棄」している。民族派の国粋主義者は世界のどこでも、そして「自衛力」だけではない軍隊を望んでいる。「安倍と日本会議にとって、第9条の廃止は決定的に重大だ。なぜならこの条文が軍国日本との決別を意味しているからだ」、『朝日新聞』論説委員の大野博人は説明する。運動は既に進行中だ。昨年7月、政府は初めて、「自衛隊」が日本の国土を離れて同盟国を助けることを憲法9条が認めていると断言して、同条の解釈を変更した。それが最初の突破口だ。


日本会議は他の条文、最初に婚姻における男女の平等に関する第24条と決別するために、そこに殺到しようとしている。彼らにとってもちろん、夫は全ての領域で配偶者を支配しなければならない。彼らはまた、戦前の風習に戻ることを望んでいよう。学校では、まず男子、次いで女子の五十音順で点呼されること… とりわけ、戦後の裁判で裁かれた戦争犯罪人を含む、死亡した兵士が祀られる、靖国神社に国家が関わることを邪魔する、宗教と国家の分離に関する16条も廃止することを目指す(中国と韓国の気分を害して、安倍晋三は2013年12月、首相就任1周年に靖国神社を参拝した)。最後に、明らかに、日本会議は天皇が、一種の権威主義的民主制に変質した日本の政治の中心に戻ることを望んでいる(それは、象徴天皇制を廃して、かつて君側の奸が牛耳ってきた意味での天皇制の政治道具化、換言すれば終戦時の宮城事件(クーデタ未遂事件)の如く、時と場合によって天皇の首のすげ替えも良しとする、つまり摂関政治に淵源する“密教的天皇利用の時代”への回帰という超アナクロニズム!/補足、toxandoria)。


安倍とそのお友だちの反動主義者は、どこまで行くことができるだろうか? 日本の誰もが、第二次世界大戦終結70周年記念の8月15日に首相が発するに違いない声明を待っている。前任者たちの宥和的な宣言と、どの位まで距離を置くことになるだろうか? 「ホワイトハウスは、地域の他の同盟国を失う恐れがあるため、余りにも反動主義の臭いがすることは受け入れられない。」 


そして、国民がいる。安倍の目的は、2016年7月の参院選を利用して、国会で憲法を変えるために必要な圧倒的多数を得ることだ。それができるだろうか? 「日本会議はエリートの運動だ」、中野晃一は言う。「大多数の国民は、その日本会議(追憶のカルト)の思想の大部分に反対しているはずだ。しかし、その受動性(偽装極右と正統保守の区別がつかぬ親方日の丸の性分)のため、特にアベノミクスが上手く行っていれば(日本の株価が高くなりさえすれば?苦w/補足、toxandoria)、国民は追憶のカルトたる日本会議(安倍晋三ら)の為されるがままになりかねない。」


しかし、少なくとも今のところ思いがけない人物が抵抗勢力になり得る。81歳の天皇、明仁だ。明仁天皇は、日本会議が政治マターとして顕在化すること(日本の主要メディアが本物の愛国心(正統保守の価値観)に立ち戻り、かつ勇気を持って、この由々しき日本会議に取り憑かれた自民党の病状を日本のメディアが記事で取り上げ、それを本気で一般の日本国民へ知らせるようになること/補足、toxandoria )を待っている。さる1月、新年の祝辞に際して、天皇は行間で、歴史の反動的な解釈に反対であることを示した。2月、長男である皇太子、55歳の徳仁殿下はさらに雄弁だった。極めて稀な記者会見の席で、皇太子殿下は、戦争の歴史が「正しく伝えられる」ことを望んだ。逆説的に、皇室は今や、日本の自由民主主義の最も優れた盾となっている。


2−2−2「英エコノミスト20150606記事」が報じた日本会議についての記事(事例2)


f:id:toxandoria:20150701062954p:image:w500f:id:toxandoria:20150701062955p:image:w500

■【仏L'Obs(LE NOUVEL OBS.)に続き、英エコノミストが “国内でステルス(メディアタブー)、海外でモロ見え”の≪日本会議(≒安倍内閣)≫について“彼らはイカれてる”(crucial)というディスリ記事を(米国・文化人類学者の名を借り)書いた!これほど強烈な揶揄(ディスリ)になると大方の日本人は余り愉快でないだろうが、此処まで日本会議と安倍政権が「日本国民、天皇家、そして日本の伝統文化」を著しく貶めている訳だから「海外メディアの健全な目線」と同じく、その不愉快な気持ちを日本会議と安倍一派へ率直にぶつけて批判しなければウソだろう!w】  ⇔ Right side up『A powerful if little-reported group claims it can restore the pre-war order』(あまり知られていないかもだが、その日本会議と名乗る集団は「戦前日本の国家体制」を完璧に取り戻すことが可能だと主張している)20150606The Economist、

https://goo.gl/IAYWke 


・・・以下、当20150606The Economistの記事内容(大幅な意訳!w/請注意、有一個誤譯w)・・・


一般に知られるようになってから未だ18年しか経っておらず、その名前「日本会議」は“日本の会議である”ことを意味するだけの平凡なものだ。しかしながら、それは日本で最も強力な政治ロビー活動集団の一つで、その構成メンバーを見れば日本の国家主義者のデパート(百貨店)であることがわかり、しかも彼らは露骨な歴史修正主義者(カルト可視歴史観の持ち主/補足、toxandoria)たちである。


それは、彼らが「戦時中の日本は欧米植民地主義からの解放者であった!日本は強い軍事力を再建すべき(日本は軍国主義であるべき)で、左翼教師らによって汚された生徒(子ども)たちの脳ミソを洗い清めて、その代わりに忠君・愛国教育で洗脳すべきだ。また、戦前の良き時代がそうであったように天皇が神として崇敬される時代を取り戻すべきである!」などと主張しているからだ。


戦後、アメリカの占領がもたらした民主主義への信認から離れるべきだとさえ、日本会議の支持者らは主張する。つまり、終戦後においてアメリカの占領から生まれた自由民主主義の国家制度は、日本を根こそぎに去勢してしまったと彼らは言いたい訳だ。


そして不思議なのは、ますます日本政府の中枢に彼ら日本会議が強力な影響力を加えつつあるにもかかわらず、NHKを始めとする日本の主要マスメディア(TV・新聞など)が日本会議の存在を殆ど無視同然である(日本会議マターを取り上げない)ことだ!(実は、無視ではなく、アベ式「お食事会等での豪華ご接待」への気兼ね、「ネオナチ・マル暴・在特会・ヘイト組織」等からの恫喝、および諸々の利権絡みで批判するのが恐いのではないか?/補足、只野親父)。

・・・Cf. ◆日本の報道の自由度ランクは更に下がり、産経記者起訴の韓国より低い/日本独自の「記者クラブ」の閉鎖性などが問題視された。又、2013年制定の特定秘密保護法で報道の自由が奪われたと指摘。それでも大新聞とテレビは大政翼賛スクラムを自ら進んで組み続ける!(それどころか、安倍“日本会議”政権をヨイショして一向に恥じない!毒を食らわば皿までのココロ?w/補足、只野親父)2015.06.13news-postseven.com、http://goo.gl/ILclK0 


日本会議は、一般の日本国民と日本政府(というより国家体制の全般)へ密かに、そして地道で着実な影響力を及ぼしつつある。それは、日本会議が280カ所を超える地方支部および38,000人の有料会員、そして日本政界の中枢部にまで及ぶ幅広く奥深い人的ネットワークと高度な人脈を築いてきたからだ(実は、この見積もりは控えめであり、個人会員だけでなく団体会員を経由する関連組織まで裾野を拡げると、約800〜1000万票(自民固定票の50〜70%)の国政選挙時の自民集票マシンとなって機能している/補足、只野親父)。


例えば、最高裁判所長官・三好達氏(靖国神社崇敬者総代=対司法界全般への“靖国顕幽論カルト”&“愛国原発政策”推進の注ぎ口か?/補足、只野親父)が日本会議の会長に就いている。


全国会議員の約1/3が日本会議であり、安部内閣・閣僚19人の過半数が矢張り日本会議である(現在は、全国会議員の約40%が日本会議、神道政治連盟を加えるとそれが約60%となっており、閣僚の8割以上が日本会議という驚くべき実態である!つまり、安倍内閣=安部“日本会議”内閣であり、日本の現実は<国会≒“日本会議”国会>なのだよ、日本国民のみなさん!!/補足、只野親父)。


そして、なんといっても、その肝心の安倍晋三・首相は日本会議の特別顧問に就いていることに注目すべきだ(因みに、安倍晋三氏は、もう一つの極右組織である神道政治連盟国会議員懇談会の会長でもあり、既述のとおり同懇談会のメンバー(一部が日本会議メンバーと重複)を加算すると、実に極右系国会議員が約6割を占めるのが現実なので、『改憲』実現に必要な2/3の壁を突破するのも後一息となっている訳だ!/補足、只野親父)。


日本会議の烈火の如き攻撃力(激烈射撃能力)は『日本を正常な国へ変える(日本があるべき正常な国体を取り戻す)こと』に捧げられる、と櫻井よしこ氏(日本会議の指導的サポーター、国家基本問題研究所理事長)は述べており、日本の教育は西欧型の「権利」意識を洗い流すべきで、一般国民には国家と天皇に対する「義務(忠誠心)」を教えなければならないとも主張する。


また、日本会議は、中国との領土問題に毅然として対処するため本格的再軍備(戦前モデルの軍事国家体制へ回帰すること)が必要で、紛争解決の手段としての戦争を捨てた「1946年の日本国憲法」を破棄すべきだとも主張する。更に、『ヤマト民族の真の独創性から生まれた優れた日本文化』(ボーフラ自然発生論に匹敵する万世一系皇国史観の無知&傲慢!/補足、只野親父)の特性を万般に反映させ得るよう日本を根本から変えることが目標だ、とも主張している。


日本会議は驚嘆すべき行動力(人的動員力)を持っている。10年前には、子どもたちに愛国心を強制的に教えることを可能とする「教育基本法」の改正(https://goo.gl/sqKHVD )を実現するため、3.6メートル(約200万筆)の署名を集めた。これは不名誉な「第一次安倍内閣(2006〜2007)」で実現した数少ない仕事の一つであった。また、日本会議の会員たちは、それが何であるにせよ(戦争犯罪に関わる展示会などで)、例えば陳情活動や電話などで、あの戦争で行われたことが悪く見えないように多様なカムフラージュ運動を仕掛けてきた。


現在、日本会議の主なエネルギーは、10mの署名活動に投入されているが(2015年11月10日に開催予定の武道館・大会までに500万筆の署名を獲得することが目標!/補足、只野親父)、それは改憲プロセスでの国民投票を実現するための仕事だ。更に、日本会議は憲法から「9条」(平和主義条項)を削除するとしており、また、改定「憲法」の中で伝統的家族観(家族制度)が国家神道で聖別化されることを望むとしている(その先には国家神道下で、近未来における聖戦“このみいくさ”(カミカゼ玉砕自爆テロ戦争)へ駆り立てられる子どもたちのイメージが立ち上がっている!/補足、只野親父)。


2012年に与党・自民党(LDP)が作った「改正憲法草案」には日本会議(もっと言えば、その実働部隊である日青協・椛島有三氏(日本会議事務総長)のアジェンダ!)の基本方針)が反映されており、櫻井よしこ女史は日本会議「改憲」関連の公式見解キャンペーンに関わる指導者らの中のボスとなっている。


この日本会議の「改憲に関わる公式見解」(例えば、伝統的家族観への回帰)について、米国ミネソタ大学のTomomi Yamaguchi准教授(文化人類学者、http://goo.gl/0Tu2ss )は、「戦後70年の長きにわたり日本の女性たちの多くが尊重してきた平和主義的な生き方」を根本から変えさせると言う意味で、それは彼女たちにとって致命的(crucial)なものとなるだろう、と話す(立場を変えて言い換えれば、こんな考え方を採る日本会議(つまり、安倍晋三氏ら)は完璧にイカれているということだ!/補足、只野親父)


また、日本会議は中国と韓国の過激な国家主義者らに対し「日本では再び軍国主義が台頭している!」という格好の口実を与えており、いわば日本会議は“衣の下の鎧ならぬ刃(先制攻撃意志)の役割”を果たしている。加えて、日本会議は安倍晋三・首相が靖国参拝を続けて実行するように求めている。


靖国神社は、1931-45の戦時下において、アジア諸国のみならず日本自身にも壊滅的で悲惨な結果をもたらした戦争の責任者たちと共に、その戦争での多くの戦死者を神として祀っている。日本会議は日本政府がいわゆる被虐外交を採ることを拒否しており、また終戦後70年の記念すべき時である今年中に、戦勝国側が日本の敗戦と戦争犯罪を認定した事実(ポツダム宣言の受諾/補足、oxandoria)を撤回すべきだと主張している。


日本会議に近く、深くそれと連携しつつ精神的リーダーシップを分担する「神道政治連盟」という集団もある(安倍氏は神道政治連盟国会議員懇談会の会長を務めている/補足、只野親父)。日本古来の信仰である神道は、19世紀末頃から巧みに工夫された国家統治のツールとして利用されてきた。つまり、神道は天皇の名の下で行われる「聖戦」で、日本国民を有無を言わせず戦場へ駆り立てるイデオロギーとして利用されてきた。


これらの動向(神道政治連盟、日本会議らが政治ロビーとして暗躍すること)に批判的な人々は「反動的な立場の人々は我々が気付かぬうちにどこまで日本政治の風景を塗り替えてしまうのだろうか?」という懸念を抱いている。それでも、変化が遅いと思う日本会議の人々は大いに不満を持っている。


未来における彼らの目的の一つは、日本と日本人が海外(各国政府と各国の人々)から大いに、そして一層の共感を得るのに日本会議と神道政治連盟が役に立てるようになることだ(なんだ、そうだw/補足、只野親父)。多分、彼らの(非常に優れたヤマト民族だから?/補足、只野親父)ことだから、いま<彼らがやっていること>と、まったく<正反対のそのこと(世界の人々から大きな共感を得るという、彼らの立派な未来の夢?/補足、只野親父)>は実現できるのだろう(ヘヘヘ ヘヘ〜苦w/20150606The Economistに代わって補足w、只野親父)。・・・以下、20150606The Economistの原文転載(省略)・・・


エピローグ)日本会議(安倍自民党)が、『暗黙知』の弾圧と“反憲法(国民主権)クーデタ”も辞さぬ『超傲慢な気の病』が取り憑いた重篤カルト一派である証拠!


f:id:toxandoria:20150701064334p:image:w850

■【滲み出す“日本版ナチズム血流”の不気味なプロフィール!!】 ⇔ 日本会議・安倍政権(↓注)らのカルト一派は「因果(real)と論理(abst. logic)」の区別がつかぬ、そして“民主主義(基本的人権)”の理解に必須の「哲学・思想・歴史・言語論理・法理・法制史” 等『暗黙知』への弾圧・支配も可能とする傲慢さ(という重篤な気の病)に取り憑かれているので、現実(リアル世界)の紛れもない一部である「影の部分」(未来を拓く未生の暗黙知、いわば健全な一般国民の存在)が全く眼中にない。https://goo.gl/x3tHBX

・・・喩えれば、この日本会議(安倍自民党)の<コレ(唯一のベスト解)しかない「カルトの奇跡」(Ex. 安保法案)だけから現実(real)が100%できている(そして完全にそれを統制できる)>と、思い込む類の最も有害な「キ」印ブランドwのことだ!


<注>日本会議(つまり安倍自民党)は、事実上、終戦時の“宮城事件”(敗戦受諾否定の陸軍強硬(追憶のカルト)派による反天皇クーデタ未遂事件)の流れを汲むヤマト民族派極右「日本青年協議会」に牛耳られている。 


(関連情報)


◆(NHK討論で)維新案を「真摯に議論」=安全保障法案—自民・稲田朋美政調会長、2015 0 6 21Wall St.J. http://goo.gl/r07nsx

・・・安倍自民党の補完役ある維新の役割は、「憲法」破壊を当然視するクーデタ「強行採決」のカムフラージュ!つまり、一応は十分な審議努力をしたというアリバイづくりに過ぎない。


◆総理を目指す稲田政調会長(安倍首相とは“安倍=現人神さま!稲田=日本救国の聖女ジャンヌ・ダルク!”と呼び合う仲?w)の「安保法制について違憲かどうか議論を続けても無意味」という不埒な発言は憲法尊重擁護義務に反するうえ、明らかにそれは『全てが結果ありき』というナチスの手法!・・・Cf. 20150620ブログ Everyone says I love you ! http://goo.gl/ZGLXpS 


f:id:toxandoria:20150701065214p:image:w400f:id:toxandoria:20150701065215p:image:w350

f:id:toxandoria:20150701064856p:image:w400:right

◆【日本会議カルトから安倍内閣へ注ぎ込むJPNナチズムの純血液で全体主義を本格化させる、トコとん“イカ”れた自民党。露骨化するメディア&党内言論への弾圧姿勢!(↓*1〜4)/やがて、それが一般国民層へ向けられるのは必至なので、一般国民は主要メディア絡みの「日本会議カルト(安倍内閣)の洗脳」で完全に丸め込まれる前に一刻も早く覚醒すべきである!】https://goo.gl/BUZCw3 

・・・影響力が絶大な主要メディアの「仮面的報道」(日本会議&安部政権の超然カルト権力を恐れるあまりの?)と、その報道の受け手である国民側の「現実逃避」(相変わらずの無関心?)は、「積極的な思考停止」の意味で合わせ鏡の如きもの、つまり同じイロニー(irony/表面的な立ち居振る舞いで本質や本心を隠す表現行動)であることになる。

 

*1「マスコミをこらしめるには広告収入をなくせぱいい」「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」・・・自民党がメディアに宣戦20150626ブログ黒猫の短語、http://goo.gl/0uDyag 

*2「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」自民勉強会20150625朝日、http://goo.gl/VAxOIE 

*3 「沖縄の新聞つぶさないと」百田尚樹氏が暴言20150626nikkansports.com、http://goo.gl/k5jQPe 

・・・Cf. 百田尚樹氏「沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」〈安保法案で報道批判続出 自民改憲派の勉強会2015/06/2647ニュース(共同)、http://goo.gl/zJI27S 

*4 自民、小林よしのり氏招く勉強会中止 党内の異論封じか20150626朝日、

http://www.asahi.com/articles/ASH6T4RNFH6TUTFK00B.html


・・・


f:id:toxandoria:20150701070017p:image:w650f:id:toxandoria:20150701070018p:image:w650:right

f:id:toxandoria:20150701070019p:image:w650

■【今や、「安倍(日本会議)ファッショ体制/“盗聴合法化・司法取引”付」の完成で<構造的な『日本会議カルト汚染』なる自浄不能の泥沼>に嵌るニッポン?!日本会議マター(海外メディアが注視する、日本会議による事実上のクーデタ!)を恐れて、それをタブー(無)視し続ける主要記者クラブメディアの責任は重大だ!!】 ⇔ 稲田朋美・政調会長、菅官房長官(両者は日本会議)、上川陽子・法務相(神政連/≒日本会議)らの画策で復活(2015.4〜)した「訟務局」(法務省/↓*1)によって<司法トップ権力(法務省・最高裁)が“日本会議”支配の「カルトフェイク政治」に本格的に組み込まれたため、事実上、安倍政権下で不気味な<現代日本のファッショ体制が完成>したと見るべきだ!https://goo.gl/ns0vol 


・・・しかも、大方の国民が反対し難い「国益」保守の大義で、秘密保護法・安保法・普天間基地・原発再稼働・米国捏造教科書問題等に絡む賠償訴訟等への準備と対応の強化だけでなく、特に「秘密保護法」を人質に取った「対マスコミ恫喝」効果が抜群となる訳である。なお、ここでは先ず訟務局の「訟務検事」が戦前・戦中期の「特高警察」相当の役割を担う可能性がある。


・・・つまり、訟務検事は防戦(被告)に止まらず「国益」毀損を口実に先手の告発も行える訳で、例えばあるメディアが重大な「秘密保護指定」事項を漏らせば告発者となって、そのメディアを攻撃(告訴/恫喝)できる。これは「日本会議」の「思惑」どおりであり、「これ」をメディアタブーにする日本の主要メディアは事実上の白旗か?


・・・従って、主要メディア・財界トップらへ“青天井の公費”賄いで「ゲにオゾましき日常習慣」と化した<あらひと(現人)神アベ様を囲む主要メディア人らの直会(なおらい)お食事会?w>が殆ど連チャンで開催されていることについても(↓*2)、それを、この性質が悪い「恫喝」への援護射撃(アメとムチの“アメ”)であると見れば、その意味が良く理解できる。いわば、この日常習慣化した「アベさま主催のメディアお食事会」には、既に白旗を掲げた主要メディアに対する日本会議からのご褒美(実はダメ押しの恫喝!)の意味があるようだ!


・・・更に、日本国民にとってはまことに不幸な「日本司法の恐るべき現実」がある。具体的に言えば、それは「不公正な国家賠償訴訟」に類する闇(裁判所、最高裁、法務省(訟務局)らで構造的な不正行為の常習化/↓*3)がれっきとして存在するということだ。


・・・例えば、「原発再稼働を止めた福井地裁判決」でも、この“闇”(最高裁人事権の介入)が妖しく蠢いたことは周知の通りである。名古屋高裁の良識的な抵抗手段(急遽、異動となった担当裁判長を出向命令で福井地裁へ派遣(戻)したこと)で、福井地裁は安倍官邸と最高裁(法務省)の横槍を撥ね付け辛うじて再稼働停止の“正しい”判決をくだすことができた(↓*4)という、驚くべき出来事があったばかりである。


・・・また、これらのことから、日本会議カルトである安倍首相が、安保法に関わる「憲法学者の違憲」言明を真っ向から否定するため「砂川判決」を持出した意図についても、安倍首相が愚か故に法理上のムリ筋を強引に押し通す意図を持っているとか、それはアベ一派のバカさ加減によるものだと、これを見下すのは危険であることが分かる。


・・・それどころか『強行採決』で一旦『安保法案』が成立しさえすれば、後は、<「訟務局」と「最高裁」を強靭な二つの盾とする殆ど常習化した「司法トータルの構造的不正」システム>が、メディアや一般国民を重罪・処罰で恫喝することが可能となり、国内の批判勢力を必ずや効果的に弾圧できると、日本会議と安倍カルト一派が本心の中で高をくくっている節がある。


・・・更に付言すれば、いま国会提出中の「刑事訴訟法改正案/↓*6」は、“可視化”の見返りに捜査側が求めた“司法取引導入と通信傍受の対象拡大(盗聴の合法化)”が内容となっており、これが成立すれば、政府(安倍政権)側のメディア等に対する威圧(恫喝)パワーが一方的に益々強化されることになる。


・・・なお、このような見方を杞憂と思う向きがあるかも知れぬが、日本会議がこだわる「このみいくさ」のホンネ(敗戦否定論)はともかく(この辺りが日本会議一派の愚かさの核心であるが!w)、現実的には安保法(集団的自衛権)の本質が米軍支援(米国の強い要請に基づくもの)である以上は、やがて米国の「経済的徴用(兵)制モデル/↓*5」の影響が日本を襲うことは必定だ。


・・・従って、たとえそれが小競り合いであっても、一旦、国益の保全を大義に何処かで戦火が開けば、この<現代日本のファッショ体制>の下で一気に我が国でも先ず経済的徴用(兵)制が現実化して、必ずや先ず最も報われない若者らの赤い血が流れる事態となるはずだ。

 ⇒ Cf. 1<奨学金問題>全国組織が発足、返済苦しむ若者急増/日本学生支援機構(旧日本育英会)によると、2011年度の同機構奨学金利用者は約129万。大学や専門学校に通う学生の3人に1人が利用し、その返済を見通せぬ者の割合が急増傾向(恐らく50%超?)にある。http://goo.gl/CdgIb8 

⇒ Cf.2『戦争なんて非現実的!』と何百回も言われた。多額の奨学金を抱えた若者は、事実上の数百万の借金を抱える。経済的徴兵制は理解できるはず!@w4k0t0 via Twit2015.06.28只のオッサンがリツイートhttps://goo.gl/zpPQAp 

・・・ なお、戦争に限らずフクシマ311、or同型過酷原発事故の緊急事態で対処人員を強制徴用する問題も視野に入れた<日本会議「靖国&原発ダブルス顕幽論カルト」>の問題もあるが此処では省略する(関連参照 ⇒ http://goo.gl/SKQogM )。


*1 法務省、14年ぶり「訟務局」復活 原発・沖縄、重要訴訟に備え?/この4月、「訟務局」が復活。国が関わる様々な訴訟を一元的に担当する。他の組織を廃止せずに中央省庁に局を新設したのは実に36年ぶり。2015/6/27日本経済新聞http://goo.gl/U7yqkr

・・・Cf. 原発や慰安婦問題など国の利害に関する訴訟増加で法務省に「訟務局」復活/ログ速、http://goo.gl/StGmdI


*2 昨日の赤旗記事、マスコミは首相との飲み食いをホントやめた方がいい。/戦争法案審議入り1カ月 首相会食 銀座・赤坂へ/財界・マスコミ・橋下大阪市長…計15回 @koyounoyooko via twit 2015.06.27只のオッサンがリツイート、http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-26/2015062615_01_1.html 


*3−1 砂川最高裁判決が出されるまでの背景の追究が不可欠/20150627ブログ不公正な国家賠償訴訟(裁判所と法務局のダブル不正によって行われた国家賠償訴訟の闇を暴きます)、http://trial17.blog40.fc2.com/


*3−2 砂川判決との本質的な共通点 〜安倍政権の最終目的〜/20150620ブログ不公正な国家賠償訴訟(同上)、http://goo.gl/5Ygwd6


*3−3 まやかしの法治国家であることが証明された一年/20141228(同上)


*4 福井地裁・樋口裁判長「高浜原発、再稼働差し止め仮処分」決定に透ける人事権を手ダマにした《安部官邸VS司法現場(司法内良識派)》の暗闘!?<安部官邸エージェント/法務省(最高裁・人事局)VS名古屋高裁>の形となっった!20150416FB/只野親父


*5 米国で進む経済徴兵制/戦費調達のため「貧困」創出か 〜堤未果氏が指摘「米国では学費肩代わりの入隊急増」2010/05/20IWJ I WJ Cf. 安倍晋三氏、徴兵制度復活は<私の歴史的使命>と!2013年8月13日 地元(山口)、後援会主催会合/2014-02-24ブログみんなが知るべき情報


*6 刑事訴訟法等の一部改正する法律案概要/司法取引と盗聴が可! http://goo.gl/Qs9eZU

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20150701/p1
track feed