ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-08-16

「September Sound PROPAGANDA FUZZ」!ソビエトな雰囲気をまとったセプテンバーサウンド新作ファズ!

コクトー・ツインズのギタリストとして世界を回ったタテ ミツヲ氏が主宰するエフェクターブランド、September Soundから久々に新製品が登場です。

September Sound PROPAGANDA FUZZ」。タテ氏自らが描いたデザインを載せたペダル。おそらく、というかほぼ間違いなくCivil War期のロシアンマフサウンドを元にしたペダルですね。

Volume、Tone、Sustainコントロールに加え、シリコンクリッピングON/OFF、ゲルマニウム/LEDクリッピングON/OFF、ミッドブースト、ミッドフラット、トーンスクープ、マッドブーストとなっています。

プロパガンダファズというモデル名、描かれるのはレーニン風の肖像を載せたプロパガンダポスター的なデザインとなっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-08-15

「Hungry Robot Pedals Wash V2 Tap Tempo」「Stargazer V2」!ハングリーロボットの空間系がアップデート!

個性的なデザインとサウンドのペダルを制作するHungry Robot Pedalsから、新しいペダルが登場です。

Hungry Robot Pedals Wash V2 Tap Tempo

まずはこちら。ちょっと変わったディレイペダルです。1000ms以上のディレイに対応したアナログライクなタップテンポディレイを基本に、そこにリバーブを加えることで独特のアンビエントなディレイを作ることができるペダルです。

コントロールはD.Mix、Time、Res、D.Rpts、The Washコントロールとなっています。無限大にフィードバックを伸ばすことも可能と言うことです。

サンプルムービー

Hungry Robot Pedals Stargazer V2

そしてこちらがリバーブペダル。MixとDecayのみのシンプルなコントロールを2つ搭載。赤い方がホールリバーブ、青い方がきらびやかなスパークルリバーブとなっていて、内部のトリムポットで個別にDecayをコントロールすることも可能。フットスイッチも個別にON/OFF可能で、同時に2つのリバーブをかけることもできるペダルとなっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-08-14

「Leqtique EDM」を組み合わせた2in1モデルが多数登場!

Leqtiqueから先日発売された、初のディレイペダル、EDM。その発売を記念した2in1モデルが多数登場です。

まずはこの「RED+EDM」。Leqtiqueを代表するディストーション、REDと組み合わせたモデルです。

こちらは「MAT+EDM」。オーバードライブ、MATと組み合わせたペダルですね。

「9/9+EDM」。Leqtiqueオリジナルディストーション、9/9との組み合わせです。

トランスペアレントなOD、Rogerとの組み合わせもあります。

そして、より高いゲインもカバーできるトランスペアレントドライブ、Berylとの組み合わせ。

全てEDMが後段に設置され、9Vのみでの駆動となります。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-08-13

「Daredevil Pedals Premium OD」!ナチュラルなディスクリートOD!

シカゴのハンドメイドエフェクターブランド、Daredevil Pedalsから新しいオーバードライブが登場です。

Daredevil Pedals Premium OD」。

ICを使わず、ディスクリートで組まれたハンドメイドオーバードライブ。バッファも通さず、ナチュラルにギターサウンドをプッシュするというペダルですね。

Pre、Post、Brightコントロールを搭載。PreがいわゆるGain、PostがVolume、BrightがToneコントロールのように使うことができます。

ただただギターの音をストレートにドライブさせる、それを求めて作られたペダルです。

 

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-08-12

「Matthews Effects The Conductor v2 」「The Astronomer v2」!タップテンポトレモロとデュアルリバーブペダル!

独特の世界観を持つデザインとモデル名。そして機能的な空間系エフェクトを制作するMatthews Effectsから、新しいトレモロとリバーブが登場です。

Matthews Effects The Conductor v2

まずはこちら。指揮者という名前が付けられたトレモロペダル。タップテンポでトレモロのスピードを調整できます。

光学素子を使ったオプティカルトレモロペダル。それをタップテンポで制御できるようにしています。Depth、Wave、Ramp Time、Gain、Tap Divisionコントロールを搭載。Tap Devisionでタップテンポに対する倍率を設定します。変わっているのがRamp Timeで、テンポが変わった時、そのテンポに到達するまでの時間を設定。長くすると加速/減速するような動きも可能となります。

外部タップテンポ入力にも対応し、さらにエクスプレッションペダルでRateコントロールを直接操作することもできるので、いろいろな使い方ができるトレモロとなっています。

サンプルムービー

Matthews Effects The Astronomer v2

続いて、リバーブペダルです。天文学者の名前が付けられたリバーブですね。

幻想的なエコーバーブ、シマーを組み合わせたサウンドを作るCanis Major(おおいぬ座)、煌びやかな特性のホールリバーブ、Orion(オリオン座)、そしてオクターブをミックスできるUrsa Major(おおぐま座)と、星座の名前がついた3つのアルゴリズムを選択可能。それぞれMass、Glow、Travelコントロールと3モードのアルゴリズム選択スイッチを2つずつ搭載し、フットスイッチで2つのセッティングを瞬時に切り替えて使うことができるようになっています。

サンプルムービー

こういう世界観まで統一されて作られたペダルは好きです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-08-11

「FREE THE TONE BLACK VEHICLE BV-1V」!フリーザトーンから幅広い歪みを作るベース用ドライブペダル!

Free the Toneから、新たなベース用オーバードライブが登場です。

FREE THE TONE BLACK VEHICLE BV-1V」。オーバードライブからディストーションまで、広くベースサウンドを作るペダルです。

LEVEL、MIX、BASS、TREBLE、GAINコントロールを搭載。さらにPRE BOOSTとPOST BOOSTを個別にコントロール可能。BOOSTフットスイッチでブーストができます。

2バンドEQは歪みにのみかかり、原音には影響しません。そしてMIXで原音とドライブサウンドのミックスを調整できます。

分かりやすく使いやすそうな機能を持ったペダルですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-08-10

「Recovery Effects ExMic Deluxe」!古い電話を筐体に使用。受話器型マイクと電話機型プリアンプ/ブースター!

個性的なエフェクターを多く制作するRecovery Effectsから、マイクとプリアンプをセットにしたモデルが登場です。

Recovery Effects ExMic Deluxe」。黒電話とかその時代の古い電話機を筐体に使ったモデルです。

電話の受話器がダイナミックマイクとなっていて、本体がマイクプリアンプとして機能します。プリアンプはGain、Tone、OutputコントロールとPowerスイッチを搭載。ギターやシンセなどに使うブースト的ペダルとしても使えるということです。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy