ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-11-23

「Marshall CODE100」「CODE100H」「CODE412」!マーシャルのモデリングアンプ、CODEシリーズに100Wモデル!

英国の定番アンプメーカー、Marshallのモデリングアンプ、CODEシリーズに100Wモデルが登場です。

Marshallによる歴代マーシャルアンプのモデリングをまとめたアンプ。iOS、およびAndroid機器に対応するアプリを使用してワイヤレスでリアルタイムコントロールやプリセットの保存も可能なモデルです。

Marshall CODE100

100Wコンボアンプです。様々なスタジオ機器のモデリングプラグインやコントローラーを制作するSoftubeとのコラボレーションにより生まれたというMARSHALL・SOFTUBE・TECHNOLOGY(MST)により、歴代のマーシャルサウンドをモデリング。

JTM45 2245,1962 Bluesbreaker,1959SLP Plexi、JCM800 2203,JCM2555 Silver Jubilee、JCM2000 DSL100,JVM410H,DSL100Hをはじめとする歴代マーシャルの名プリアンプを14種類、さらにEL34、5881、EL84、6L6の4種類のパワーアンプ、そして1960、1960V、1960X、1936、1936V、1912、1974CXのキャビネットモデリングを組み合わせることが出来ます。

そして、コンプレッサー、クラッシック・ストンプボックス・ディストーション、オートワウ、ピッチシフター、コーラス、フェイザー、フランジャー、トレモロなどの24種類のエフェクトも内蔵。エフェクトは同時に5種類まで使用可能となっています。

コントロールはBASS、MIDDLE、TREBLE、GAIN、VOLUME、MASTERノブとPRESET、EDITコントロール、PRE FX、AMP、MOD、DEL、REV、POWER、CAB、STORE/EXITボタンを搭載。別売りのPEDL-91009コントローラーで30種類までのプリセットを保存し、足下でコントロールすることも可能。入出力端子はインプット、AUX、ヘッドフォンアウト、USB。オーディオインターフェイスの機能もそなえており、マーシャルによるマーシャルモデリングサウンドをラインで録ることも出来ます。

本体にはカスタム12インチスピーカーを2発内蔵しています。

Marshall CODE100H

おなじく100Wのアンプヘッドバージョン。8Ωのスピーカーアウト、エフェクトループも付いています。

Marshall CODE412

そして12インチスピーカーを4発搭載した専用スピーカーキャビネットも出ています。

CODEシリーズのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-22

「nature sound VS-BB」!ネイチャーサウンドのBlues Breaker再現モデル、再誕!

ヴィンテージサウンドを意識したハイクオリティなペダルを制作するnature soundから、2013年に発売されたモデルが再誕です。

Blues Breakerの回路はそのままに、nature soundならではのパーツ選択で制作。コントロールはGain、Tone、Volume。入力段のキャパシタにVitamin-Qを搭載しています。

今回のモデルではPCBを使用して制作されています。また、新たにバイパスモードをトゥルーバイパスとバッファードバイパスを切り替えるスイッチが追加されています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-21

「Keeley Germanium Super Phat Mod」「Oxblood Gremanium Overdrive」!ゲルマニウムトランジスタ使用のBD-2 ModとKloneライクなペダル!

長年にわたり多数のエフェクターを制作するアメリカのエフェクターブランド、Keeleyのペダルにゲルマニウムトランジスタ使用バージョンが登場です。

Keeley Germanium Super Phat Mod

まずはこちら。Super Phat Modのゲルマニウムバージョンです

BD-2 Phat Modを元にしたペダルですね。コントロールはLevel、Tone、Driveとモードスイッチ。FlatとPhatモードを選択できます。基本的にBD-2 Phat Modと同じ回路。そしてTone回路のあとにゲルマニウムトランジスタを使用し、「チューブ・パワーアンプをエミュレートし、よりチューブアンプの音色に近く」なったということです。

サンプルムービー

Keeley Oxblood Gremanium Overdrive

そしてこちら。KLONEを意識し、それを越えるサウンドを目指したペダル、OXBLOOD OVERDRIVEのゲルマニウムトランジスタバージョンです。

クリッピングダイオードや出力段にゲルマニウムトランジスタを搭載。「クリーンなトーンからアンプが唸りを上げるようなドライブサウンドまで」幅広い音作りが可能なドライブペダルですね。Level、Tone、DriveコントロールとPhat、Clippingスイッチが付いています。構造としてもCentaurのようにクリーンミックスを組み合わせたゲインコントロールを搭載。完全なクリーンからディストーション、ファズ的な音色までをカバーするとのことです。Phatは低域のレスポンス、ClippingはKLONEペダルよりも強いコンプレッションを得るためのものとなっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Providence VLC-1TK」!プロヴィデンス20周年、Velvet Comp累計5,000台突破記念、限定の特別仕様が登場!

多くのエフェクターやケーブル等を制作するProvidenceから発売されているコンプレッサー、Velvet Comp今剛氏の使用でも知られるペダルです。

今回Providenceブランド20周年とVelvet Compの累計5000台突破を記念して限定モデルが登場です。

Providence VLC-1TK」。250台のみ制作される限定モデルです。

Level、Sustain、Attackコントロールを搭載。機能は通常と同じで、クロムメッキ加工の筐体、ブラック基板、金メッキ接点の入出力ジャックを搭載しています。

ヴェルヴェットのような質感を求めて作られたコンプレッサーで、ATTACKコントロールによってアタックタイムを調整し、早い立ち上がりのカッティングからロングトーンまでを、リミッターから強いコンプまで可能な幅広いSUSTAINコントロールとあわせて調整可能となっています。

通常モデルのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-20

「One Control Super Apricot OD」!BJF設計によるスプロ「AIAB」ペダル!

BJFデザインのエフェクターや関連機器を製作するOne Controlから、新しいAIAB、すなわちアンプライクなドライブペダルが登場です。

この「One Control Super Apricot OD」は、スプロアンプのサウンドを再現するAIABペダル。

BJFのスプロペダルといえば、先に発売されたHoney Bee ODもありますが、このペダルは違った回路で作られたペダル。オーバードライブエフェクターとしてスプロサウンドからインスパイアされたHBODと、スプロアンプの音そのものを目指したAIABのSAODという違いがあるということです。

コントロールはVOL.、DRIVE、TREBLE。

コンプレッションが低いのに飽和感のあるサウンドが特徴とのこと。ハイレスポンスなコンボアンプ特有のレンジ感があるということです。

ミニサイズペダルで電池駆動も可能なスタイルとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-19

「Sound Project “SIVA”」!ハンドメイド痛エフェクターブランド!

痛エフェクターというジャンルがあります。エフェクターにキャラクターをデザインして作るエフェクターのことです。有名なものではm.o.e fxpのペダルなどがそんな感じですね。

個人では版権のある絵を自分でプリントしたりして作る自作ペダルがありますが、販売するとなるとなかなかハードルが高いこともあるのか、痛エフェクター専門ブランドというのはm.o.e fxp以降なかなか出てきていません。

今回新しい痛エフェクターブランドが登場です。登場というか、楽器店で扱われはじめた、という感じですね。

Sound Project “SIVA”」。北九州のエフェクターブランドで、小澤 博氏が制作しています。

3機種、それぞれ見てみます。

Sound Project “SIVA” If you smiled,this summer would be forever.

まずはこちら。ローゲインなファズペダルです。

シングルコイルと合わせれば煌びやかなクランチサウンドに、ハムバッカーと合わせればドライブサウンドとなるペダル。ファズですが強い歪みを作るタイプではなく、夏をイメージしたトーンが特徴ということです。

コントロールはLevel、Gainの2ノブ仕様となっています。

サンプルムービー

Sound Project “SIVA” Please train me as you like. lite

続いてブースターです。レベルカットもできるブーストペダル。LED光量を調整する機能をなくしたLiteバージョンということです。

コントロールはBoostとTreble、Bass。左右に回しきる辺りでは特に広く調整できるEQとなっているということです。

ここまでの2機種のサンプルムービー

Sound Project “SIVA” You need an injection.

最後にこちら。パワーサプライです。12Vアダプターを使用し、4つのDC9Vアウトを搭載。合計800mAまでの電源を供給できるコンパクトなパワーサプライです。

 

ということで、こんな感じ。

こういう2次元なキャラクターのイラストって全然詳しくないのであんまりコメントできないですが、かなり華やかなペダルなので足下にあると相当目立つのは間違いないと思います。

見た目はかなり派手ですが音が渋いのも面白い感じですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-18

「EarthQuaker Devices」正規扱い復活!Part.3 モジュレーション、ギターシンセ編

一般的な楽器店への取扱いが復活したアメリカのハンドメイドエフェクターブランド、EarthQuaker Devices。今回はPart.1Part.2の歪み系ペダルに続き、今回はこれまで正規で入っていなかったモジュレーションペダルとギターシンセの2モデルを紹介していこうと思います。

EarthQuaker Devices Night Wire

まずはこちら、トレモロペダルです。ハーモニックトレモロ。最初期の“Vibrato”と表現された時代のアンプに搭載されたトレモロです。音量の上下だけでなく、フィルタのかかった独特の揺れを作ることができるペダルです。

コントロールはLevel、Rate、Depth、Frequency。さらにRateとFrequencyはスイッチで動きを切り替え可能。RateスイッチはマニュアルモードではRateノブでスピードをコントロール、Attackモードではピッキングアタックでトレモロのスピードをコントロールできます。Frequencyスイッチはノブで中心周波数を設定するManualと、LFOにより周波数を揺らす、およびAttackではピッキングで中心周波数を調整できます。

サンプルムービー

EarthQuaker Devices Data Corrupter

そしてこちら。「モノフォニックのアナログPLLハーモナイザーにモジュレーションを加えた」ペダルです。PLL回路は位相同期回路といい、インプットにフィードバックを加え、同期した位相のシグナルを作ります。ユニゾン、-1、-2オクターブのルートと、オクターブとインターバル、2つのサウンドの組み合わせを8モードから設定できるモードスイッチを搭載する、マスターオシレータとサブハーモニックのコントロールセクション、、Sqare、Subharmonic、Oscillatorコントロールを搭載するVoice Mixierセクション、そしてRate、Glideスイッチを搭載するFrequency Modulaterセクションとなっています。

サンプルムービー

これ良い感じですね。クラシックなしんせサウンドからEDM系の音も出るようなギターしんせです。

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-17

「EDEN Module」!アンプヘッド、Terra Novaシリーズのプリ部をペダル化!

様々なベースアンプやエフェクターなどを制作するEDENから、新しいベースプリアンプペダルが登場です。

この「EDEN MODULE」ha,

EDENのベースアンプ、Terra Novaのプリアンプ部をそのままペダル化したモデルですね。

Input Gain、Enhance、Bass、Low Mid、Hi Mid、Treble、Master。およびLow MidとHi Midの周波数コントロールノブを搭載。さらにCOMPスイッチとBOOSTスイッチもあります。フットスイッチはミュート、エンハンス、ループとなっています。

EDEN MODULE

ステレオアウト、DIアウト、エフェクトループ、チューナーアウト、ヘッドフォンアウト、AUX INを搭載。プリアンプは常時ON、エフェクトループとエンハンス、チューナーをフットスイッチで操作する感じです。

駆動は15-18V。センターマイナスでもセンタープラスでも大丈夫です(切り替えスイッチがあります。)

イントロダクションムービー

本格ベースプリアンプ。ですが意外と手頃なのも良い感じです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy