ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2007-04-16

ギターストラップを考える

実は今、ありがたいことに2件、記事を書いて欲しいというリクエストをいただいております。今日と明日はそのいただいているリクエストについて書いていきたいと思います。

まずは1件目、今回はギター用ストラップ関係について書いてみたいと思います。

では、いってみましょう!

  • ギターを支える場所を考える

みなさんは、ギターを弾くときに立ちますか?座りますか?それぞれの場合について、ギターを支える力を考えてみたいと思います。

    • 座って弾く

エレキ、アコギどちらにもいえることですが、そもそもギターというのは座って弾くものでした。なぜかというと、ビッグバンドジャズの演奏を見たことがある方はお分かりになると思いますが、そういった演奏では、基本的に全員が座り、そのパートの「ソリスト」となる奏者だけが立って演奏します。ギターはそもそもリズム楽器としての役割を担っていたので、そういった「ソリスト」として立つこともありませんでした。

もう少し時は流れ、小編成でのジャズやブルースが行われるようになり、ギターがある程度前に出てくるようになっても、基本的に「ギターは座って弾くもの」という概念が定着していたように思います。そのため、古くからある「スタンダード」といわれるギターは、どれも「座って弾く」ことを前提にデザインされています。

この説明に最適なギターとして、Gibson Les Paulを挙げてみます。

こちらはヒスコレ、1960リイシューレスポールのボディです。これを見ながら、「レスポール」のギターの形としての特徴を挙げてみます。

  1. ひょうたん型
  2. シングルカッタウェイ
  3. ミディアムスケール
  4. とにかく重たい

上記の特徴は、誰しもが思い浮かぶところだと思います。しかしこれらは全て、「座って弾く」ためにデザインされています。どういうことか、順番に見てみましょう。

1.ひょうたん型

まさに「座って弾く」ために欠かせない形状です。スタンダードなギターといえば、レスポールやグレッチのような「ひょうたん型」か、テレキャス/ストラトやマーティンギターの「そら豆型」の2種類が主流ですが、そのどちらにも共通するのが、「ボディ中央部がへこんでいる」という点ですね。これは座って弾くときにへこんでいる部分を太ももに乗せてギターを安定させるためにあります。両側からへこんでいるのは、デザインのバランスの問題だと思います。

2.シングルカッタウェイ

特にシングルという点は別にいいのですが、当時新開発されたエレキギターでは、ハイポジションでのプレイを楽に行えるよう、カッタウェイを作ることが主流となり、現在でもその流れは続いています。レスポールでは、このシングルカッタウェイと次のミディアムスケールを組み合わせることで、座ったままでハイポジションでの演奏を楽に行えるようになりました。

3.ミディアムスケール

これはまさに「座って弾く」のを前提とした改良ですね。ギターを座って弾くと、開放弦コードなどを弾くとき、ネックが遠く感じると思いますが、これは太ももにギターを固定してしまっているためにそうなっています。それを少しでも近づけ、ローポジションからハイポジションまでまんべんなく演奏しやすくするために行われたのが、このミディアムスケール化とシングルカッタウェイだったわけです。

これは言葉で説明するよりも、実際に見ていただければと思いますので、まず古くからのギターの形を継承しながらも、シングルカッタウェイとロングスケールネックを搭載するグレッチギターと比べてみます。

上はさきほどのヒスコレ、下はグレッチのテネシーローズ'62です。グレッチはロング、レスポールまミディアムスケールですが、どちらも「座って弾く」ことを前提にデザインされています。違いがお分かりいただけますか?

1番の説明、「へこんだ部分を太ももにのせる」というのを思い出してみてください。そしてネックエンド、22フレットの位置を比べてみると・・・レスポールの方が上にあるのが分かると思います。これにより、レスポールはグレッチにくらべてカッタウェイ最深部に位置するフレットが約21フレット、グレッチでは17フレットあたりになります。これにより、あきらかにレスポールの方がハイポジションの演奏性が高いことが分かります。グレッチだとボディも分厚いのでなおさらですね。

では、このときのヘッドの位置を想像してみてください。もしレスポールがロングスケールだったら・・・?グレッチに比べて約5フレット分、ヘッドは遠い位置にあることになります。これを解決したのがミディアムスケールということで、このミディアムスケールと、カッタウェイやボディのへこみ部分のバランスにより、ローポジションからハイポジションまでの演奏性を高めることに成功したわけです。

ちなみにフェンダーテレキャスはロングスケールですが、これはフェンダーとギブソンの「年季」の違いが現れた部分ですね。フェンダーはテレキャスターを作るときに、ボディはマーチン、スケールはグレッチを参考にしたわけですが、当時、より「経験」を持っていたギブソンの、テレキャスターに対する答えが、この「ミディアムスケール」のソリッドギターだったわけです。

4.とにかく重たい

これは座って弾く分には問題なかったため、立って弾いたときに初めて露出した問題点であるといえます。実際レスポールを座って弾くと、そんなに「重さ」が苦になることはありません。

 

    • 立って弾く

さて、時代は進み、ギターがソロ楽器として、またはヴォーカルが弾き語る楽器として使われるようになると、必然的に「立って弾く」必要性が増えてきます。立って弾くのが当然の時代になると、それまでとは違った概念による「変形ボディ」や「ネックスケール」が使われるようになります。

顕著な例が、Gibson Flying Vと、Ibanezのエクストラロングスケールです。

【エレキギター】Gibson Flying V '68

【エレキギター】Gibson Flying V '68
価格:108,000円(税込、送料込)

Gibson FlyingVとIbanez RG Prestigeです。フライングVは座って弾くのが最も困難なギターの一つとして有名ですし、Ibanez RGはストラトキャスターのボディ形状を踏襲してはいますが、さらにネックが長い、ということは座ったときにヘッドが遠いということで、こちらも立って弾くことを前提にして作られたギターですね。

さて、現代ではこのように、ことエレキギターに関しては「立って弾く」ということが当たり前となっています。そして、ギターを立って弾くときに必ず必要となるのが、ストラップですね。

  • ストラップの役割
    • 機能面

ストラップは、立って弾くときにギターを支える唯一のパーツです。(モニタ等に足を乗せて、その上にギターを置くようなスタイルは除きますw)そして、そのストラップを支えるのが、プレイヤーの肩ですね。ネックを握っている左手もギターを支えることはできますが、弾いているときに上方向への力は微々たるものです。

    • ファッション面

ギターはステージでのプレイが基本です。つまり、オーディエンスに「見せる」要素として、ギターストラップは欠かせないものとなってきます。つまり、ステージにおける衣装と同様の重要性を持っている、といっても過言ではありませんね。

ストラップを選ぶ際には、この2点について考える必要があると思います。

  • ギターのバランス、高さとストラップの種類
    • ギターのバランス

世の中には様々なギターがありますが、それらはボディの形やストラップピンの位置によって、必ずしも「ストラップをつけて立つとバランスがとれる」ものばかりではありません。有名なところでは、Gibson SGのヘッド落ちや、逆にFERNANDES ZO-3のようにたって弾いているとボディが落ちてしまうものもあります。前者の場合はヘッドが大きく、ボディがダブルカッタウェイで小さいために起きる現象で、後者はショートスケールとアンプの入ったボディによるアンバランスさによって起こります。

    • 高さ

これはプレイヤーの身長にもよりますが、立ったときにギターを固定する高さは人それぞれです。ジミー・ペイジらのようにとにかく低く構える人もいれば、トム・モレロのように高めで弾く人など、それぞれ個性や好みが有ります。

    • ストラップの種類

上で挙げた「ギターのバランス」と「高さ」そして「ストラップの種類」には綿密に関わってきます。前者の場合、バランスの悪いギターは演奏中に動かないように、肩との摩擦係数の高い裏側をもったものを使うと安定しやすくなります。かといってあまり幅の広いものだったり、裏側がざらざらしすぎていたりすると動きがとりにくくなってしまいますので、そのあたりは好みによって選ぶことが必要ですね。

高さに関しては、そのままストラップの「長さ」に変換することができます。が、中には長さを調整できないものや、できてもすぐにずれてしまうようなもの、段階的に調整するけれどプレイヤーによっては合わないものなどさまざまです。また、重いギターは幅の広いストラップの方が楽に支えることができます。

  • ストラップを選ぶには?

じゃあ結局どうすればいいのか、という話ですが、コレは是非、お店で実際に見て、触って選ぶことをオススメします。もしくは、通販でもオーダーでカスタムできるお店もありますので、そういったお店に希望を伝えて作ってもらう、というのも一つの方法だと思います。物やお店にもよりますが1万円前後からできるようですし、ファッション的な意味合いでも「ワンオフ物」というのはインパクトがあります。

  • ロックピンはどうすればいい?

これもそれぞれの好みや、事情(ストリングベンダー搭載ギター等)があると思いますが、やはりそれぞれに合わせて選んでいただくのがいいと思います。

方向性としては、ロックピンをつける場合には、やわらかく薄めの素材のものを(ネジが締まらないことがあります)、つけない場合には逆に硬く分厚めの素材のものを選ぶのがいいのではないかと思います。

  • 私のストラップ紹介

最後に、私が使っているストラップをご紹介します。

Gibson Les Paul Studio Faded

f:id:toy_love:20070416014247j:image

Live Line LM3800という革製ストラップです。色を本体と合わせて、ものすごく渋くしてみました。Shallar ストラップロックをつけていますが、実はこのストラップ、分厚くて硬いタイプなので、取り付けに苦労しました。一度ネジがはずれたことがあります。でも気に入っています。

Fender Japan ST57-66US(改)

f:id:toy_love:20070416014421j:image

非常にスタンダードな、ERNIE BALL POLYPRO STRAPSのホワイトです。これも本体カラーと同じく、黒と白であわせてみました。Shallar ストラップロックのブラックも、本体の雰囲気に合っていると思います。

このストラップは、やわらかくて薄いタイプなのでロックピン向けといえます。逆にロックピンなしだと、ギター下側がはずれるかもしれません。

Gretsch 6119 Tennessee Rose

f:id:toy_love:20070416014516j:image

f:id:toy_love:20070416014508j:image

ええと、どこのメーカーのものか分かりませんw

ギターを買ったときに、楽器屋さんがオマケとして付けてくれたストラップで、3000円程度だったのでLive Line LM3800と同じくらいのものではないかと思います。これも革ですが、非常にやわらかく、使いやすいです。写真下のストラップロックはグレッチ純正のもので、最初から装備されていました。ライブだと曲の合間にたまに締めてやらないとゆるんでくるのが困りますが、見た目は抜群ですね。

 

というわけで今回はストラップについて書いてみました。実際どれがいいの?という答えを書ければよかったのですが、それぞれのスタイルによって異なってきますのでなんともいえません。是非いろいろなものを試してみてください。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

session_oyajisession_oyaji 2007/04/16 06:17 なるほどー。
付けたしではありますが、皮の場合、柔らかければ柔らかいほど方が擦れないが、伸びるのが早い。スェードのフィット感は何とも言えないが、汗をかくと服に引っ付いてギターを動かすと服ごとずれたりするので、襟元がだらしないギタリストになってしまう。小生はいろんな材質のものを使っていますが、「絶対これ!」というのはまだないです。ギターによりけりなので。ストラップロックは付けた方がいいですよ。安いのでも何でも。落としてラッカー割れ、ネック折れ...こわいよー!

KK 2007/04/16 11:07 追記ありがとうございます。なるほど、伸びも考慮する必要があるのですね。
個人的には、ギター側のバランスがよければ、文中のストラトにつけているようなツルツルなタイプの方が楽な気がします。ですが、見た目、耐久性ともに問題がありますし、なかなか難しいですよね。
私も見てのとおり「ストラップロックは付ける」派です。なのですが、これは好みがあるようでして、特に見た目の問題などで「付けたくない」という方もおられるようですね。

なかzのなかzの 2007/04/16 12:45 自分は某D社やS社のロックピンには否定的です。見た目がかなり変わってしまいますので。かといって何もつけないと落下、という可能性も否定できません。僕のGretschはそのせいでボディが割れています。
現在メインにしているSGのストラップを探しているんですよ。かわいいのをさがしているのですがなかなかいいのがみつからず…。

望都望都 2007/04/16 13:43 200円ぐらいのプラスチックのやつをはさんでます。どこかで「結局これが一番いい」みたいに書いてあるのを読んだことがありますが、確かに不自由はしないです。昔はロックピンを使っていたのですが、急に取れたりする事が何度かあってやめてしまいました。

それにしてもストラップってだんだんねじれてくるのが不快でしょうがないのですが、対策無いものでしょうかねえ。

KK 2007/04/16 18:50 >なかぞのさん
そうでしたよね。たしかなかぞのさんはロックピンを使わない人だったな、と思っていました。
グレッチ、落下してしまいましたか・・・純正ロックピンがついていないタイプのモデルだったんですか?
でもグレッチはでかいので、まだ初心者のころ家で弾いているとすぐにあちこちぶつけました。うちのはヘッドに大きな傷があります。
SGは難しいですよね。かわいいの・・・Daisy Rockとかいかがですか?w
でもSGだと、ストラップの裏がスウェードのようになっていて滑りにくいモデルじゃないと弾きにくそうです・・・。

>望都さん
なるほど。いわゆるストラップピンのワッシャー部分のような役割をするやつでしょうか。何かで見たことがある気がします。
ねじれは、Fenderやアーニーボールの薄くて柔らかいものだと起こりやすいですよね。ごつい革製のものだとあまりねじれないですよ。

session_oyajisession_oyaji 2007/04/16 19:03 望都さんと同じくダンロップの安いのを使ってます。理由は備え付けのロックピンだとほかのストラップが使えなかったり、ロック無しで使う時ストラップが外れがちになる(ピンの形状から)。ロックピンとピンの間のほんの僅かな間隙がありますよね、ストラップをカチャンとはめてロックピンつまんでうりやうりゃすると僅かに「カタカタ」音がしますよね。特にB-Benderを使うときにこのカタカタ音が「カツン!」になり、増幅されてしまうことがあります。しかし、B-Benderのピン側のストラップの穴は必然的にのびのびになり外れやすくなるため、プラスチックのを使っているわけです。

jwkjwk 2007/04/16 21:46 どうでもいいことですが、SRVのストラップ(音符柄)はかっこいいですよね。

mellencampmellencamp 2007/04/16 21:51 こんばんわ。トラックバックしようとしたんですが良くわかりませんでした。。。私もストラップ、Kさんの真似して書いてみました(といっても私は自分の紹介しただけですが)。

キキョウキキョウ 2007/04/16 23:07 フェルナンデスの友禅染めストラップが欲しいです( ^ω^)
でも高すぎるだろ…常識的に考えて

session_oyajisession_oyaji 2007/04/17 00:21 荒縄使ったりして。デスメタルまたはゴシックの方は鉄条網ストラップ(笑) 冗談はさておき、色々使ってみたものの、コレ!というのはなかなか見つからないですね。今気に入っているのがフェンダーの至ってシンプルな一本。近いうちに写真撮って載せてみます。

KK 2007/04/17 06:14 >オヤジさん
なるほど、たしかにカチカチという音はしますよね。それがベンダー搭載ギターだと増幅されてしまうわけですね。
ストリング・ベンダーを使ったことがないので、そういった実際に使われている方のお話は参考になります。
ブログでの写真も拝見しました。やはりシンプルなものの方がいろいろな服やギターに合っていいですね。

>jwkさん
WRVのストラップは派手ですよね!かなり幅も広いですし、機能的だとは思いますが、あれだけ派手だと使うのに勇気がいりそうですw

>mellencampさん
すみません、トラックバックは一応できるのですが、スパムトラックバックが大量発生したため、現在では受け付けていないのです。はてなダイアリー側で対応がされ次第、復旧したいと思っています。

>キキョウさん
友禅染、渋いですね。3500円で見ました。本革製のものが買える値段ですね。1万円を超えるhideストラップを考えれば、まだ・・・w

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy