ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2007-12-13

BOSS CE-5 Chorus Ensemble

f:id:toy_love:20071212191750j:image

この前、すこし遠目のハードオフに行ってきました!そこでこんなものを買ってきたので、レビューしてみたいと思います。これ、なかなかいいですよ。

では、いってみましょう!

BOSS CE-5 Chorus Ensemble

f:id:toy_love:20071212191803j:image

こちらがそのCE-5ですね。「コーラスアンサンブル」といえば、「コーラスエフェクター」として世界初の名機、「BOSS CE-1」で使われ、その後CE-5で復活した名前です!そういうこともあって、かなり力を入れて開発されたコーラスのようですね。

コントロールは、E.LEVEL、RATE、DEPTHと、HIGH/LOW2バンドのFILTERが2軸で搭載されています。このFILTERがなかなかおもしろくて、これを使うことでよりローファイな、古いコーラスサウンドを作ることが出来る、ということですね!

ちなみにこのCE-5、いつのころからか分かりませんが、もともとアナログコーラスだったのが現在ではデジタルに変更されています。「ちょっとした仕様変更」ってレベルじゃないと思うんですが・・・型番を変えずに、しかも「音が変わった」と大して話題になることもない、というのはある意味BOSSの技術力の高さをうかがわせますね。

実はCH-1も、同様にアナログからデジタルに変更されています。理由は明確にされているわけではないですが、おそらくBBDの供給が難しくなったためでしょうね。ですので、中古品を買う場合は注意が必要です。ただ、判別はけっこう簡単でして

f:id:toy_love:20071212191815j:image

このように、裏面のラベルがピンク色のものはまずアナログだそうです。現行の灰色ラベルのものはデジタルの可能性が高いですね。もっと明確に判別するには、中を開ければすぐです。

f:id:toy_love:20071212191941j:image

こちらが、その「アナログCE-5」の基板です。

f:id:toy_love:20071212191952j:image

写真左側、松下製BBD「MN3007」が搭載されています。右側のMN3101もBBDですね。古くはBOSS DM-2などにも使われたものですね。ちなみに、この2つを今パーツだけで買うとそれだけで4000円近くにもなるようです。これはいくらなんでもアナログのまま継続して生産するのは無理ですね・・・。パーツの品質を落とすくらいなら、デジタルで再構築する、というのもBOSSらしい、潔くそれでいて誇り高い考え方だと思います。(もちろんBOSSはパーツ屋さんで買うわけではないので、ここまで高くはならないでしょうけど、それでも供給が足りずに大量生産はできないと思います)

ちなみに、なんでまたハードオフでCE-5を買ったかというと、裏面のラベルがピンク色だったからですw

では、さっそくレビューいってみましょう!

  • 操作性

基本的には、BOSSらしく使いやすいペダルですね。2軸のフィルターは、右側フルテンでフラット、左に回していくとCUTとなります。これが人によったらちょっと分かり難いかもしれませんね。エフェクターを使い慣れている方には問題ないですが、初心者の方にはどういうものかよく分からない、ということもありそうです。

あるいみBOSSらしくない、ちょっとこだわりのコントロールです。

  • サウンドレポート

サンプル1

サンプル2

サンプルを録ってみました。サンプル1はDepth、フィルター全て12時、RATEは下げ目、E.LEVELはフルテンのセッティングで、最初はクリーンです。サンプル2は、もう少しRATEを上げ、DEPTHはフルテン、フィルターはHighが12時、Lowが3時の、少し高域を多めに絞ったセッティングです。

どちらも、いわゆる「暖かみのある音」という感じではありますが、あまりエグさはなく、すっきりとしたさわやか系コーラスだと思います。BOSSらしいですね。デプスがフルでもサンプル2のような感じです。

これは、いろいろな場面で大変使いやすいと思います。Filterもおもしろくて、このようにいろいろな音を作ることができますね!

私は、アナログコーラスはDEEP BOUE Mod.を持っていますが、こちらはアナログらしからぬ、「冷たいコーラス」で、ある意味独特で好きなんですが、このCE-5のような「アナログらしい」コーラスもいいですね!こういうコーラス、一つ欲しいと思っていたので、うれしいです。

次はスモールクローンのようなエグさのあるコーラスも試してみたいですね!

 

というわけで、BOSS CE-5 Chorus Ensembleのレビューでした。CE-5は、91年11月からの生産で、私のは94年ごろのもの、のようですね。長い期間作られていたので、「プレミアが付く」ということもないと思いますが、アナログのCE-5というのもまたおもしろいかもしれませんね。見つけられたときは、是非試してみてください!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

c-cc-c 2007/12/13 03:37 僕はモジュレーション系は断然アナログ派ですね(笑)あの湿っぽい青っぱなたれてるような音がどうしてもすきです(笑)キラキラした中にまたひとつ艶のあるような(笑)どうしても嫌いになれない、あの設定の微妙なさじ加減。めんどうだからこそ愛くるしいですよ(笑)
そういえば最近青っぱなを垂れてる小学生やブレザーの袖が鼻水でカピカピになってる子を見ないですね(笑)
いきなり場違いで申し訳ないんですが、ファズっぽいかなりジリリとする質感のオーバードライブで良い感じの知りませんか??2つほど楽器屋さんに聞き試さしてもらったんですが、少し違いました。最近はクリーン系に特価してるらしく、あまりそうゆうのは無いとはっきり言われてしまい、どうしようもなく質問させて頂きました。長文すみません。

KK 2007/12/13 03:43 アナログいいですよね!私も好きです。
鼻水たれてる子は、確かに見ないですね・・・いいのか悪いのか分かりませんがw
>ファズっぽいかなりジリリとする質感のオーバードライブ
オーバードライブというよりファズですが、「Vopal Drive」はすばらしいですよ!(http://vopalcrafts.blog119.fc2.com/)←コピーしてください。
お好みに合うかどうかわかりませんが、これは本当にオススメです!

あさくらあさくら 2007/12/13 20:25 ワタシはコーラス系はt.c.とARION、及びBOSS DC-2、DC-3を使っています。現行のBOSS CE-5も試奏しましたが、これはこれで良かったと思います。買わなかったですが・・・わかる方はわかると思いますが、ワタシの持っているコーラス系は、個性派ばかり。そっちのほうが好みなんです!無難に人に薦めることができるのはCH-5ですね。
ファズっぽいオーヴァードライブ・・・BOSS PW-2なんてどうでしょう?まだ中古で手にはいりますし、オーヴァードライブとはいえませんが、ROGER MAYER VOODOO-1なんかはゲインを上げるとファズっぽくなっていきます。まあ、好みですからね・・・お気に召すかどうか・・・

KK 2007/12/13 21:09 ディメンション!いいですね。あれは高いので、なかなか弾く機会がありません・・・特にDC-2ですね。
ファズっぽいオーバードライブですが・・・実は今日届いたペダルがそれっぽい感じでした!明日もうちょっと弾いてみて、あさってあたりに書けたら、と思います。ご期待くださいね。

yamjyamj 2007/12/14 04:06 CE-5ってOutput Bに適当なジャックを指すとヴィブラートみたいな音になりませんか?
昔友人が偽ユニヴァイブ!って遊んでた記憶があるのですが、どうでしょう?

mo_dem38mo_dem38 2007/12/14 06:13  フランジャーとコーラスはやっぱりBBDアナログの方が
個人的には好きですね。デジタルだと綺麗過ぎる気がするし…
ただ回路設計次第で相違が目立たなくなるとは
思いますよね。確かに

 Kさんの以前のディレィの紹介記事で
http://d.hatena.ne.jp/toy_love/20070628/1182983781
Red Repaetがデジタルとの記述があったので
 中をあけてみたらPT2399を使用していました
http://www.yonosuke.net/u/7c/7c-20794.jpg

Special Function IC’s - Others - PT2399
http://www.futurlec.com/Others/PT2399.shtml
スペック表を見ると342msあたりまでしか想定していないのに
実際は600msまで設定できるのでよい意味で劣化した音が
馴染みやすいんですかね。良い感じで音が潰れてくれます。

 yamiさんBOSS公式でCE-5の取説を確認してみたら
Aがウェットのみ(つまりモジュレーションが掛かってピッチが揺れている音)
Bがノーマル音のみ出力になっているようなので
Aのみだとビブラートが掛かっているのと同じ現象に成るんですかね
実機もって居ないので推測ですが。

KK 2007/12/14 10:44 >yamjさん
http://blog.goo.ne.jp/guitarbuddha/e/5853c971c4f5a7ee1e152ff79ad6df76
URL長くてすいません。コピーしてください。
こちらのブログさんで、その効果が説明されていました。だいぶ下の方です。簡単に言えば、mo_dem38さんのおっしゃる通りですw

>mo_dem38さん
たしかにそうですね!特にコーラスやフランジャーはディレイとしてみると、基本的に原音の1周期以下の超ショートディレイ状態になってます。なので、アナログディレイの特徴の一つである「フィルター効果」が出にくい状態なので、通常のアナログディレイほどには差が出ないかもしれませんね。

RED REPEATの内部画像、参考になりました!ヨノスケさんにUPしちゃって大丈夫でしょうか?もしよかったらうちのページ内にUPしますのでおっしゃってくださいね。
なるほど、そういう形なんですね。また、こういった「ハイブリッドディレイ」って、音の信号が通る部分はアナログ、ということらしいです。

mo_dem38mo_dem38 2007/12/14 20:20 >kさん
 画像は、どうぞご自由に使ってください。
Red Repeat安価で出音も良いディレィなのに、ネットで検索しても
ヒット数少ないし、あまり話題にも上がらないので
また何かの機会に使ってもらえるなら嬉しいです。

 gooブログの方もすごいですね。コーラスも色々使い分けると
奥が深いのでしょうね。

c-cc-c 2007/12/14 22:01 どうもすみません(>_<。)
わざわざサイトまで見させて頂き。次楽器屋に行く時試さしてもらいます。
ありがとうございました。記事楽しみに待ってます。

ShellingShelling 2007/12/14 22:57 CE−20に興味があるのですがレビューしていただけないでしょうか・・

KK 2007/12/15 19:03 >mo_dem23さん
ありがとうございます!たしかに安くていいディレイなんだと思います!是非また、試してみてそのときにでも使わせていただきますね。

>c-cさん
いえいえ、今回ご紹介した2機種は、どちらも楽器屋では見つからないかもしれません・・・楽器屋にありそうなものだと・・・fspのOD69ってことになるかもしれませんが、高いです・・・。

>Shellingさん
CE-20は持っていないんですが、どんな感じでしょうね。また試してみたいと思います。

yamjyamj 2007/12/17 03:25 近所の楽器屋でCE-5がセールに出ていたので買ってしまいました。ピンクラベルでしたがCEマークあり。中身はKさんのものとほぼ同じでした。分かる範囲では、MN3101の表面に印刷されている文字のフォントが違うことくらいでした。
レベルコントロールやフィルターが付いているお陰で予想以上に使えるヤツだなと思いました。偽ヴィブラートはディレイとリバーブをガンガンにかけるとかなり気持ち悪い音を出してくれます。

KK 2007/12/17 21:59 ご購入おめでとうございます!
文字のフォント違いですか。多分ほぼ変わらない感じだと思います!
これ確かに使えるヤツですよね。おもしろいです。
偽ヴィブラート、是非試してみますw

aceace 2008/08/29 14:06 はじめまして
レビューされたのはアナログのCE-5ということですが現行のと比較してアナログならではのメリットは感じますか?

KK 2008/08/31 23:31 どうもはじめまして!
ん〜、現行品とは比較していないんですよ・・・持ってないもので。
ただ、これデジタルに変わったといっても、音はほとんど変わっていないと言われてますよ。メリットがあるとすれば、パワーサプライで分岐ケーブル使用時、デジタルとアナログを気にしなくて良いという程度でしょうか。

betta tarobetta taro 2009/06/10 19:07 最近コーラスに凝っていてCE−5(アナログ)とCE−5(デジタル)の両方を購入しました。
デジタルとアナログとのコントロール類の効き具合は同じ感じです。(さずがBOSS!)
でも音はアナログの方がやはりLush(みずみずしい?)な音がします。分離はアナログもデジタルもほぼ同等ですが、デジタルの方が若干クリアで良好です。アナログの方が暖かいと良く言われますが、たしかにそう感じます。おそらく若干アナログの方が中〜高音域が出ているのではないかと感じます。
あとHarmony Central で CE-5(アナログ)の改造方法の記事を見つけました。 C22=5pF(出荷時)から22pFに変更するというものです。
CE-5はかかりが浅いと良く言われますが、この改造を行うとエグイほど深いコーラス(フランジャーに近い)が得られる様になります。ディレイタイムを長くする効果があるとのことです。私もこの改造を早速やって気に入ってます。改造しても浅いコーラスもちゃんと出せますし。ジョン・スコが使っているようなギミックな深いコーラスを真似する事ができるので面白いです。
ちなみにC22の位置は、上記事の一番下の写真のC21の下です。(あたまが黒いコンデンサーです)エフェクタの底フタを空ければ、すぐアクセス可能な所にあるコンデンサーですので、改造も非常に容易です。交換にはディスク型のセラミックコンデンサーが便利です。(だいたい10円位のパーツ)
あと、アナログのCE-5はRT1という、半固定ボリュームがあって、これを時計回りに回しても、若干コーラスのかかりが強くなるそうです。(私はこちらの方は試していません)
ちなみに手前みそですが、My Webで紹介しているArion Sch−Z MOD品(所要コスト2000円程度)
http://kjcguitar.hp.infoseek.co.jp/schz.htm

と、アナログCE−5の音を比較しましたが、どちらも似た傾向で優劣つけがたい事が確認できました。Sch−ZのBBD素子類を名機Sch−1と同じICに積み替えていますので、おそらくSch−Zっていうのは価格に比べて凄く良いコーラスであったであろう事が推測されます。(Sch−1は弾いた事がありませんので。。。)
ではでは〜

ではでは〜

betta tarobetta taro 2009/06/10 19:11 誤記訂正しますm(_ _)m

【誤】
おそらくSch−Zっていうのは価格に比べて凄く良いコーラスであったであろう事が推測されます。
 ↓
【正】
おそらくSch−1っていうのは価格に比べて凄く良いコーラスであったであろう事が推測されます。

KK 2009/06/11 00:34 おぉ、お久しぶりです。
比較されましたか!さすがに、BOSSですね〜。これだけ大きな仕様変更にもかかわらず、長いこと気づかれなかったというのも納得ですw
なるほど、そういうモディファイおもしろいですね。スイッチで切替できるようにしたら、Deepスイッチみたいにできそうですw
Sch-1は、Zよりもすっきりとしたコーラスになっているようですね。回路構成が大幅に違うらしく、SCH-Zを完全にSCH-1に買えようとするとかなり大変だと聞きました。

betta tarobetta taro 2009/06/12 18:37 ご無沙汰しておりました
♪スイッチ切り替えできる様にするのは面白いし、簡単に実現できると思います!

♪Sch-ZのSch-1への改造ですが、Tone回路を直すだけでも大変であると確か松見庵さんのところに書いてあったと思います。回路図を見て私には到底無理な事を思い知り、結局Sch−ZのTone回路を除去する改造をしました。
結果、音がすっきりする上に、ノイズも減るので正解でした。
きっと私のSch−Z MODペダルはSch−1のTONEをフラットにセッティングした時に近い音がでてるんだと思います。

♪ちなみに、CE−5(アナログ)とCE−5(デジタル)の唯一のコントロールの差について、補足しておきたいと思います。
CE−5(アナログ)のTONEは、Amp等のクセに対応するための補正的な色合いが強いです。それに対してCE−5(デジタル)のTONEは、アナログ感やシャープな感じを出すための積極的なコントロールである気がします。
両者ともに、高音・低音をブーストする事はできず、ノーマル状態からカットするだけなのですが、微妙に位置づけが異なると思いました。
ではでは〜

KK 2009/06/14 01:45 なるほど、コーラスも奥深いですよね〜。
スイッチ切替は難しくはないと思いますが、トーン回路あたりはいろいろな方法がありそうです。
考え方や作り方でいろいろ変わってくるものですよね〜。

すぺくまーすぺくまー 2011/01/28 19:18 ベース版もアナログでした! 昨年末にハードオフでピンクラベルのCEB-3ベースコーラスを発見。美品で箱取説付だったこともあって購入しちゃいました。中を開けるとBBDはMN3007でクロックはMN3101。取説に95年の印字。ベース版はCE-5とはコントロールが違うため細かなパーツは違いますが、可変できるであろうパーツが1つ付いています。樹脂の玉で固定されているので動かすのは怖いんですが。。
まだ自宅でしか試してないんですが、可もなく不可もなく。現行のデジタル版は持ってないので比較できませんが、ハイが痛くないのとボリュームを絞ったときにデジタル臭くないというか密度は感じます。
普段はEBSのUniChorusを使いますがあれだと太くなりすぎちゃうことがあるんですよ。だからけっこう使いやすい。
っていうか。普通に使えるじゃん。持ってって損は無いって感じです。
(今、会社なんで。)基盤の写真とかスタジオやステージで使い出したら、またコメントします。長文すみません。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy