ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2010-08-01

Fender Hot Rod Deluxe

f:id:toy_love:20100725200821j:image

勢いって怖いね。

というわけで、破格でFender Hot Rod Deluxeを入手してしまいましたので、さっそくレビューしていこうと思います。

Pro Juniorと同等とか・・・びっくりしたw

では、いってみましょう!

Fender Hot Rod Deluxe

f:id:toy_love:20100725201121j:image

こちらが、Fender Hot Rod Deluxeです。ストラトとツーショットです。

Hot Rod Deluxeは40W出力のオールチューブアンプで、プリ部に12AX7を3本、パワー部に6L6を2本使っています。スピーカーは12インチが1発です。コントロール部を見ていきましょう。

 

f:id:toy_love:20100725205441j:image

左側からInputが2つあります。Input 2はローインピーダンス入力となります。インプットの隣にはNormal/Brightスイッチがあり、クリーンチャンネル用のヴォリュームコントロール、ドライブチャンネル用のDriveコントロール、そしてさらにゲインを稼ぐためのMore Driveスイッチが付いています。

 

f:id:toy_love:20100725205457j:image

Treble/Bass/Middleの3バンドEQです。EQはクリーン/ドライブチャンネル共通です。

 

f:id:toy_love:20100725205516j:image

Masterヴォリューム、Reverb、Presenceコントロールを搭載しています。写真右下は錆びてるのではなく、シャッター押してる指が反射して写ってしまってます・・・。

 

f:id:toy_love:20100725205525j:image

Pre Amp Out/Power Amp Inジャック。独特の名称ですが、要はエフェクトループです。それとフットスイッチを接続するジャックがあります。

 

f:id:toy_love:20100725205533j:image

右端には電源スイッチとスタンバイスイッチが搭載されています。

 

f:id:toy_love:20100725202212j:image

フットスイッチです。小さく見えますがボードに置くときに必要な面積はVoxと変わりません。左側がクリーン/ドライブチャンネルの切り替え、右側がMore DriveのON/OFFスイッチとなっています。

 

若干、ノブの並びや名称がFenderならではという感じですね。More Driveも含めれば実質3chアンプとして使うこともできます。ただ特に機能としては多いわけではなく、一般的なアンプといったところでしょうか。

 

f:id:toy_love:20100725201956j:image

アンプ裏側です。コンボアンプなのでオープンバックキャビネットです。スピーカーはFenderデザインのEminenceスピーカーが搭載されています。

  

このアンプ、エフェクトループやフットスイッチジャッもトップに配置されているので、裏面には一切のコントロールやジャックがありません。それもそのはずで・・・

f:id:toy_love:20100725201553j:image

裏パネルがそのまま、アンプの裏蓋として使われています。これはメンテナンス性が良いですねw

 

f:id:toy_love:20100725201706j:image

プリ管の12AX7にはエレハモ製のものが使われています。

 

f:id:toy_love:20100725201716j:image

6L6パワー管。ここはGroove Tube製ですね。

 

f:id:toy_love:20100725201823j:image

アンプの底部にはスプリングリバーブが備え付けられています。写真下部で、黒いカバーに覆われたものがそれですね。

 

f:id:toy_love:20100725201803j:image

スピーカーアウトです。最近発売されたFENDER Hot Rod Deluxe 112ENCLOSUREを使う場合はここにスピーカーケーブルをつなげます。

 

f:id:toy_love:20100725201745j:image

基板は2002年に設計されたもののようです。アンプに使われているパーツって、大きくて良いですね〜。でっかいコンデンサや抵抗って見てるだけでなんか楽しくなってきます。

 

というところで、写真はこんなもんでしょうか。では、レビューいってみましょう。

  • 操作性

ノブの配置などの若干の癖はあるものの、特に難しいところはなにもありませんね。12インチ1発なので重量も20キロ程度と、このクラスのオールチューブコンボアンプとしては軽いです。

実はまだ届いてから間もないので、「使いにくい部分」というのは特に出てきていません。ただ、ヴィンテージアンプを復刻したものというわけでもありませんし、説明書を読まなくても基本的に迷う部分はないと思います。

  • サウンドレポート

では音を。とりあえずプラグインして音出しからしてみます。このHot Rod Deluxeは、5月にWhite Face RATを買ったとき、試奏で使ったアンプなんです。なので、音の傾向はだいたい分かっていましたが・・・実際に自宅で弾いてみると、音の大きさにびっくりしました。

音量自体は、先日レビューしたVox AC50CP2と変わらないんですが、Fenderサウンドというか・・・音がとても鋭くて、聴覚上Voxよりもかなり大きな音に聞こえます。フルアップにすればあまり変わらないのかもしれませんが・・・少なくともMasterノブが9時くらいの位置ではFenderの方が明らかに音がでかいです。

音質は素晴らしいです。Hot Rodシリーズは現代的なサウンドで、「あまりFenderらしくない」と言われることもあるようですが、間違いなくFenderサウンド100%です。特にクリーンサウンドの、独特の明るい音質はFenderならではですね!もちろん、クラシックなFenderサウンド・・・Twin系の音とはまた違い、もっと現代的な音になっています。使いやすい音色だと思います。

続いてDriveチャンネル。この歪みにはびっくりしました。非常にバランスの良い歪みです。誤解を招きそうな書き方になりますが・・・「クリーンアンプを良質のオーバードライブで歪ませたときのような音」ですね。癖がない・・・いや、癖はあるんですが全帯域のバランスの良さの方が際立っています。これが逆にFenderらしくないと言われる所以なのかもしれません。しかしこの歪みは非常に使いやすいと思います。メタルは無理ですが、それ以外ならこのアンプだけでだいたい対応できるんじゃないかと思えてしまいますね。もちろん、「あえて癖のある音」が必要となる場合は別ですが・・・w

More Driveスイッチは、自宅での音出しではあまり効果を感じることができませんでした。

歪みエフェクターとも組み合わせてみました。Fenderアンプは日本以外ではスタジオ等にある基本的なクリーンアンプとして使われることが多いということもあるので、予想してはいましたがやはり「どんな歪みでも合う」アンプですね。これはFenderアンプに合わせて作られた歪みが多い(サウンドチェック時にFenderアンプがよく使われる)という背景もあると思います。特別なモデルでなければ、ほとんどのオーバードライブ、ディストーション、ファズペダルのポテンシャルを発揮できます。アンプを歪ませていてもエフェクトのかかりは非常に良いですね。

また、本体に付いているスプリングリバーブの効きも良いです。Reverbノブを上げると強力にリバーブをかけることもできて、スプリングらしいウェットな、というか多湿な?サウンドになります。私はノブを8時くらいの位置にして薄くかけた音が好みでした。

 

というわけで、Fender Hot Rod Deluxeのレビューでした。これはとても使いやすいアンプです!これで今、ブリティッシュ系のVOXと、ギターの音が素直に出るKoch Classic SE、そしてアメリカンなHot Rod Deluxeがそろいましたので、今後はエフェクターのレビューもアンプによる違いなども書いていけるかと思います。

それにしても、Fenderのクリーンサウンドっていいですね〜。VOXやKochももちろん素晴らしい音を出してくれるんですが、私の場合、単純に「アンプ直のクリーンサウンド」だけはFenderが一番好きです。癖になりそうですw

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

dahnishidahnishi 2010/08/01 12:02 いい勢いです。どんなにアンプライクなODが出ようと
エフェクターの歪みよりアンプの歪みの方が抜けますしね。

ちなみに、自宅でマスター9時まで上げられます?
結構爆音になると思います。Hotrod Deluxeだと、、、。

SAI-KSAI-K 2010/08/01 18:05 アンプも続々増えていってる様子ですね、良いな〜。
置いておくスペースが有るのも羨ましい。
ギターの画像で気になったんだけど、その駒の並びでオクターブ平気なのかな?

77 2010/08/08 10:09 コンボアンプなのでオープンバックキャビネット?
コンボ=オープンバック?
適当すぎるにも程がありますよ。
もう少しちゃんと調べるか、わからないなら普通にオープンバックタイプと言えばいいでしょう。

批判オタ撲滅批判オタ撲滅 2010/08/12 00:06 >7
そんなどうでもいい部分を突っ込んで
いったい何の意味があるんだい?

kazkaz 2010/08/12 04:38 こちらのHPの記事はたまに読ませていただいていたんですが、つい最近購入を検討していたHot Rod Deluxeの記事があってびっくりしましたw 
楽器屋で試奏したところ、クリーンが最高に気持ちよくて・・! 歪みはあまり音量出せなかったので試せなかったんですが、こちらの記事のおかげでいよいよ購入に踏み切る意志が固まりつつありますww

aa 2010/08/17 08:00 >7

この下手の横好きさんはその名前が正しいと思って書いてるのだから、それ以上調べたり、『わからないなら』なんてナンセンスだよね。

きみのいうオープンバックタイプっての、オレが『調べろよ』『わからないなら○○って書けよ』って言ったらどう思う?『はぁ?正しいんだから調べるわけ無いだろ』『わからないって何だ?わかってるから書いてるんだが』って思わないか?

TAJTAJ 2016/02/22 03:05 小生も昨年Hotrot delaxに買い換えました。PEVEY6505からの買替えです。PEVEYが40Kg超えで余りにも重く運べない、でかすぎて車に乗らないというのが買替え動機です。結局LIVEに持ち出すことなく終わってしまいました。さてHotrotは軽くて40W出力だけで買ってしまいましたが、当たり!でした。音がでかい!LIVEではモニター替わりになります。以前持っていた100W Marshallと遜色ありません。エフェクターはVOX TONELAB SEとブースターにLUKEを使ってますが、エフェクターとの相性もよかったです。自宅では音がでかすぎて使ってません。家族から苦情がでます。ゆえにBlackstarのIDシリーズにブースターとしてTS9かまして弾いてます。まあまあ良い音でますよ。これからHotrotとエフェクターをしっかり考察していい音に仕上げていこうと思ってます!!

KK 2016/02/22 23:03 このアンプ本当によく出来ていますよね。5150は5150でしか出せない音もありますが、たしかにあの重さは・・・w

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy