ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2012-04-27

話題のJOYO Sweet Baby Overdrive、レビューします!

f:id:toy_love:20120427203857j:image

先日ご紹介した、オレンジ色の名オーバードライブを思わせるJOYOの新ペダル「Sweet Baby Overdrive」。

大変話題になっているモデルで、非常におもしろそうなのでレビューしてみたいと思います。

では、いってみましょう!

JOYO Sweet Baby Overdrive

こちらが、そのSweet Baby Overdriveですね。

オレンジの筐体にイエローの文字、そしてスウィートなんたらオーバードライブという名前からも、このペダルが何を元にして作られたモデルなのかがよくわかります。コントロールはVolume、Focus、Driveと、コントロールのラベル名まで同じになっています。サウンドは、明るくクリアなローゲインオーバードライブサウンドとのことで、いわゆる音の特徴もよく似ているということが分かります。

実際のところはどうなのか。

それを確かめてみましょう!

まずは外観から。

f:id:toy_love:20120427204413j:image

見た目は、こんな感じでオレンジの色合いは薄いです。

噂のペダルと並べてみると

f:id:toy_love:20120427204405j:image

このように、色の濃さが一目瞭然です。サイズはほぼ同じ。JOYOペダルの方が、前後の形状がアーチ状になっているため、少し大きいといえば大きいです。

質感は、MAD PROFESSOR Sweet Honey Overdrive(以下SHOD)が亜鉛ダイキャストボディを使用した、ずっしりとしたタイプで、表面も金属的な光沢となっているのに対し、JOYOの方はマットな質感で、ペダルも軽いです。ノブは全く同じ形のものを使っていますね。

写真だと一見プラスチックのような樹脂系の筐体に見えなくもないんですが

f:id:toy_love:20120427205057j:image

裏蓋を開ければ、金属の筐体であることがわかります。

基板を見ると、とてもシンプルな回路に見えますね。

f:id:toy_love:20120427205050j:image

分解すると、このような形となります。基板にポットやLED、スイッチ、ジャックがまとめられた形となっています。

f:id:toy_love:20120427205042j:image

Sweet Baby Overdriveの心臓部。表面実装チップが用いられており、パーツは多いとは言えませんが、そこまで超シンプルな回路、というわけでもないのが分かります。

f:id:toy_love:20120427205031j:image

ちょっとおもしろかったのがここの構造。

多分アースだと思いますが、フットスイッチに金具を付け、そこに線をはんだ付けしています。

f:id:toy_love:20120427205440j:image

基板には回路設計者の名前が!もちろんBJ・・・ではなくDESIGN BY J.WONGと書かれています。

写真はこんな感じですね。

筐体は価格帯を考えるととても立派です。電池スナップやスイッチ、ポット等は、価格相応という感じ。つまり特に問題点はありません。

では、レビューの方いってみましょう!

  • 操作性

Input/Output、さらにDC Inputの位置、搭載されているコントロール・・・全てがSHODと同じです。なので操作性も全く同じと言って良いでしょう。ノブ形状も、動く幅も同じです。

正統派なエフェクターという感じなので、迷うことはないと思います。ただ、Focusノブは最初とまどうかもしれませんね。詳しくは後で書きます。

  • サウンドレポート

では、音の方見てみましょう。

サンプルサウンドを載せますが、よかったら動画にまとめて投稿しましたので、そちらを見ていただいても良いかと思います。

あんまり時間なくて、編集はすごいシンプルになっちゃいましたw

ニコニコ動画バージョン

Youtubeバージョン

中身は同じです。

まず、サンプルサウンドに使った機材は、ギターがFender USA American Vintage 57 Stratocaster Thin Lacquer、アンプが6WのKoch Classic SE C-SE6Cです。

大まかに、ローゲイン、ミドルゲイン、ハイゲインセッティングと分けて鳴らしました。

ローゲインセッティング

f:id:toy_love:20120427210942j:image

このように、JOYO、SHOD両方ともVolumeが1時、Driveが8時、Focusが11時のセッティングです。フロントPUで弾きました。

このときのサウンドは・・・

JOYO
Download

SHOD
Download

です。

ミドルゲインセッティング

f:id:toy_love:20120427210927j:image

Volumeが12時、Gainが11時、Focusが9時のセッティング。これもフロントPUです。

JOYO
Download

SHOD
Download

ハイゲインセッティング

f:id:toy_love:20120427210935j:image

Volumeが12時、GainとFocusはフルアップ、リアPUでのサンプルです。

JOYO
Download

SHOD
Download

いつもはここでさっさと説明に入るんですが・・・まず聞きたいです。どうですか?

似てますか?全然違う?ほとんど同じ?全く同じ?

いろいろ感じ方はあるかと思いますが、私は、これは驚きでした。

エフェクターって、似た回路のペダルであれば、「似た音のセッティング」を作ることはできるんです。そんな感じで、「このペダルは安いのに全く同じ音が出る」的な表現を見ることがあり、それはそれで有用な情報だと思っているんですが・・・

このペダルの場合、ノブの設定を同じにすれば同じ音が出るんです。

上のサンプルは、「たまたま似た音が出たところ」を使ったサンプルではありません。どのノブの位置でも、SHODとJOYOのサウンドがほぼ同じなんです。

正直、自宅で弾く音量では、弾いていて違いがほとんど分かりません。こうして録って聞けば、SHODの方がJOYOよりも周波数レンジが少し広いかな、というのは分かります。もしかしたらステージレベルの音になればそこはもっと分かるのかもしれませんが・・・。

また、これはギターを変えても同じでした。音は録っていませんが、ストラト以外にもハムバッカー、ハコモノ等のギターで比較したところ、JOYOとSHOD両モデルとも、非常に似た音を出します。似たというか、ほとんど同じに近いと思います。

ノブの可変幅も同じです。出力音量も同じ、ゲインも同じ。普通、コピーペダル・・・特にJOYOのような価格帯のコピーペダルって、そういうところの誤差はけっこうあるもので、例えば基本的な音は近いものの、ノブを回すとその可変の仕方が違うとか、何かしらあるものがほとんどなんですが、このペダルは、ぴったりと追従するようにノブを回すと同じ変化の仕方をします。

さて、さきほどFocusノブは最初とまどうかも、と書きました。これはSHODも全く同じなんですが、このFocusノブ、ミッドレンジを微調整するようなコントロールとなっていて、一般的なToneのように使うことはできません。Toneのつもりでまわすとほとんど音が変わらないと感じることがあるかと思いますが、ミッドレンジを微調整して、歪みをすっきりさせたり分厚くさせたりするコントロールです。また、若干ですが右に回せば明るく、左に回せば暗めの音を出すことができます。

正直に言って、ここまで精度の高いコピーペダルは初めて見ました。

これはJOYOの技術者さんががんばったのか、それともそもそもSHODの回路はコピーすれば音も似せやすい、安定した回路なのかどうかは分かりませんが、いずれにしても、とても近い音を出すことの出来るペダルなのは間違いありません。

とんでもないです。

 

というわけで、JOYO Sweet Baby Overdriveのレビューでした。SHODと非常に似通ったサウンドのペダルです。

ピッキングに対するレスポンスの速さも、音の特性も、ノブの可変幅に至るまで、高精度にコピーされたモデルといえます。驚きでした。

最後に、少し個人的な願いを。

コピーやクローンと呼ばれるペダルはたくさんあります。多くのクローン系ペダルは、ヴィンテージペダルのクローンを中心に、「生産完了したモデルのクローン」を作る、というのが、決まり事というほどでもないんですが、よく守られている点です。

しかし、そうではないコピーペダルもたくさん登場しており、事実このJOYOのように発売されています。

エフェクターの回路に、著作権はありません。(名前やデザインにはあります)

なので、全く同じ回路のエフェクターを作って販売することは、一切間違いではありません。

素晴らしい音のペダルが安く手に入る。このことはとても良いことだと思います。もしそれがオリジナル回路ならばそれ以上のことはないでしょう。

ただ、実際それはとても難しいことです。実情、こういった価格帯の、いわゆる激安エフェクターはコピーモデルがたくさんあります。

それ自体は良いことだと思いますが、もしそのペダルを気に入ったら、その元となったペダルが在ったからこそ、今手元にそのペダルがある、ということを忘れないでいてほしいです。

そして、もしできるのなら、オリジナルとなったペダルを(試奏でも貸し借りでも)一度は鳴らしてみてほしいと思います。そういう気持ちがあってこそ、また新しく素晴らしいエフェクターが作られる流れにつながっていくと思います。

SHODのレビューはこちら

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

ノリノリ 2012/04/28 00:12 え〜っ、それはびっくりですね。
今までオーバードライブペダルに高額の授業料を投資した僕も、最後の方のコメントに同感します。
実は先月、DankyDriveの購入を期に、SHODとエタニティーを手放しました。個人的にはSHODの低音域はトゥーマッチでした。

ところで3PDTの機械式フットスイッチを使ったトゥルーバイパスはありがたいのですが、耐久性には問題があると思います。
僕の2台のTimmyと、他の数台のブティック系ペダルはフットスイッチの調子が悪くなり、自分で耐久性が良いと言われているスイッチに交換しました。低価格の物はまだしも、高いペダルにはそれなりの耐久性のあるスイッチを採用して欲しいと思っています。
Kさんの所有されているペダルのフットスイッチの調子は大丈夫なのでしょうか?

KK 2012/04/28 11:00 エフェクターで一番大変なのが開発ですからね〜。
Dankyはローカットもできますし、使いやすいですよね。

スイッチと、あとIN/OUTジャックはどうしてもありますね・・・。
高いペダルがケチってるんじゃなく、それしか無いんだと思います。(ほとんどがCliffやFulltoneですし)工業用スイッチなんかは良いみたいですが、各メーカー、おそらくルートが無いんではないかと・・・。BOSSみたいに開発して100万回テスト、みたいなのができればいいんでしょうけど、さすがに・・・w
ただ今後、そういうスイッチが作られ、普及していく可能性はあると思います。

ARAR 2012/04/28 17:33 これは素晴らしいですね。
私もJOYOのULTIMATE DRIVEとOCDを引き比べてみたのですが、こちらの方はまさに「似た音のセッティング」を作ることはできるペダルでした…
もしかするとOCDのVerにもよるのかもしれませんが。(私が聴き比べたのはVer.4です)
やはりSHODが非常に安定した回路ということかもしれませんね。


ただ一つだけ気になった点が…
本体の筐体、裏蓋は金属ですが本体は樹脂製だと思われますが…
僕が見たときは樹脂に銀色のラッカーを塗ったいかにも中国らしいといった感じのものだったのですがどうでしょうか?
そんなに仕様が短期間で変わるとは思えないので失礼ながら。

名無し名無し 2012/04/28 17:33 JOYOは新しいペダルがかなり出てるみたいですね!
個人的に「Hot Plexi」がめちゃめちゃ気になりますww

名無し名無し 2012/04/28 18:52 む? 結構音違くね?

SHODの方が音が柔らかくて聞きやすい印象。
ミッドのキャラクターもSHODの方が心地よぉい。

俺の耳が終わってるのかプラシーボ効果なのか…

しかし安いですね。価格差を考えたら大健闘しすぎでしょうな。

KK 2012/04/28 21:18 なるほど、Ultimate DriveとOCD比較、参考になります。バージョンの違いはあたしかにあるかもしれませんね。
筐体なんですが、今年のモデルから変更になったんですよ。フットスイッチのところが盛り上がって、手前と奥がアーチ状カーブするデザインとなったので、それで違うのかもしれませんね。
しかしラッカーでごまかすってのもすごいですね・・・むしろ導電塗料とかの方が評価されそうなのにw

JOYOペダルいろいろ出てるので、記事書きましたよ〜。
どれも良さそうですよね。どんな感じか弾きたいです。

音の感じ方はそれぞれあると思います。再生環境でも違いが出ると思いますので、自信を持ってくださいw
それに、音の柔らかさの違いはあってもまったくおかしくないですね。ミッドというか、ローエンドの違いがちょっと出たかなぁと私は思いました。ただこれは、うちのモニタがロー強めに出るからかもしれません。

pepepepe 2012/07/02 00:03 遅ればせながら、僕も購入しました。Focusを右にMAXにした状態だと、本家よりJOYOの方が若干ハイが出ますね。なのでオリジナルより好きです。それにしてもこの価格って・・・。

KK 2012/07/03 00:21 なるほど、それは確かにそうですね。逆にローはオリジナルの方がクリアな感じがしました。
価格は、まぁ見ての通りというかw

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy