ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2012-05-03

EarthQuaker Devicesから、ギターでオルガンの音を作り出す「Organizer」登場!

奇抜な音ではなく、本当に使える音でありながら個性的なエフェクターを多数制作する、EQDことEarthQuaker Devicesから、ニューモデルが登場です。

「Organizer」は、「ギターでオルガンの音をシミュレートする」という、あまり見かけないタイプのエフェクターです。

コントロールはUp、Down、Choir、Lag、Tone、Directの6つ。Upはオクターブ上、Downはオクターブ下の音量調整、Choirは2オクターブ上下のサウンドを調整し、上げることで教会のようなオルガンサウンドを付加するというコントロールですね。Lagはディレイタイム、Toneはトーン、Directは原音の音量のコントロールとなっています。

オクターバとディレイを組み合わせたDSPエフェクターですね。これは他にないタイプなので、説明するよりも音を聞いた方が早いですね。

サンプルムービー

ギター、べース両方に対応するポリフォニック(和音)シミュレータで、原音をミックスすることでデジタルながらアナログライクなサウンドを実現し、レズリー風のフィーリングまで再現したというペダルです。

特にChoirコントロールを上げたときの音はすごいです。オルガン風の音だけでなく、シンセで言う「オーケストラヒット」のような音も出ていますね。

これはおもしろいです。ちょっと使ってみたいです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Fernandesから、ミニギターのhideモデルにニューカラーが登場!

1998年、5月2日に亡くなった、現在でも多大な影響を与え続けているギタリスト、hide。X Japanのギタリストとして、またソロシンガーとしてその才能をいかんなく発揮した、まさに本物のアーティストです。昨日はその命日ということで、23時から今日の23時まで、ニコニコ生放送でhide特集が行われています。

そんなhideのメインギターは、Fernandes(Burny)製モッキンバードシェイプのモデルが有名です。

そして、そのミニギターも発売されています。

それがこの「Burny Yellow Heart Jr.」です。トレードマークのイエローハートデザインのモデルですね。

そのミニギターに、新しいカラーも出るが登場します。現時点ではまだ注文できないみたいなので、この記事なニュース扱いとしています。

では、順にご紹介していきます。

Fernandes SP-Jr. 2012

まずはこちらです。ショッキングピンクカラーバージョンですね。ショートスケール22F、2ハムPUモデルです。このスペックは全て共通です。ヘッドロゴはBurnyになっています。フロントPUがホワイトのオープン、リアPUがブラックのカバードになっています。

Fernandes MG-Jr. 2012

続いてはこちら。hideギターの中でも、イエローハートに並んで有名なデザインを元にしたモデルです。これは以前発売されていたモデルの復刻版です。

それにしても、このデザインは本当に秀逸ですね。

Fernandes SKULL ROSE-Jr. 2012

そして、こちら。200本の限定モデルです。薔薇ドクロのデザインで、PUカバーもブラックです。ヘッドロゴは、B.C.Richを思わせる書体で、Fernandesの頭文字「F」が入れられています。

予約ができるのはまだ先で、発売は7月下旬頃とのことです。

ニコ生のhide特集、サブディスプレイで今日朝からずっと流しっぱなしなんですが、本当に人を魅了するアーティストだと改めて認識します。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

山口県柳井市に、マーシャルアンプ博物館、Marshall Museum Japanがオープン!

f:id:toy_love:20120503140425g:image

山口県に、マーシャルアンプだけを集めた博物館「Marshall Museum Japan」がオープンしました。

館長の竹谷和彦さんが収集された120点という膨大なマーシャルアンプを展示し、さらに防音室も用意されていて、試奏やレコーディングも可能とのことです。アンプだけでなく、DRP-1やSupa Fuzzといったエフェクターも見ることができるようですね。

場所はこちら

開館時間は12:00〜20:00、入場料は¥1,000、高校生以下は¥500と大変リーズナブル。しかも年中無休とのことです。

f:id:toy_love:20120503140426j:image

公式サイト

これは行きたいですね!

そして、この記事を書くことを快諾してくださった館長の竹谷和彦さん、ありがとうございます!

これだけのアンプを、収集されて、さらに状態良く保存されているというのは、機材好きにとって頭が下がる思いです。素晴らしいことです。

お近くの方は是非、足を運んでみてください。近くなくても、行くべきかもしれませんねw

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日はエフェクターの特価品がいろいろありました。ヤフオクも盛り上がっています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy