ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2012-05-10

Mars Ampエフェクター各種、全面リニューアルで登場!

「Mars Amp」というアメリカのメーカーのエフェクターをご紹介します。一時期日本に入ってきていたんですが、ご紹介するタイミングを逃してしまいましたw

このたび、Mars Ampのペダルが全てリニューアルしたということで、まとめてご紹介したいと思います。9機種あります。それぞれ見てみましょう!

Mars Amp Heated Tube

まずはこちら、「Heated Tube」というペダルです。

12AX7を搭載した、真空管オーバードライブです。最近では珍しくなったチューブ搭載ペダルですね。コントロールはVolume、Tone、Gainとシンプル。

暖かみのあるチューブサウンドを作り出すペダルとのことです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

かなり歪ませることもできる感じですね。真空管らしい音だと思います。

Mars Amp Mana Chorus

続いては、コーラスペダルです。

「Mana Chorus」は、Rate、Depth、BlendコントロールとSpace/Standardの2モードスイッチを搭載したアナログコーラスで、かなり強烈な効果まで作ることができる、というモデルですね。

サンプルムービー

Mars Amp Mellow Psalm

この「Mellow Psalm」も、コーラスペダルですね。

非常に珍しい、真空管を搭載したコーラスです。コントロールはRate、Blend、Depth。

真空管コーラスというのは初めて見た気がします。ユニヴァイブ系ならありますが、コーラスは珍しいです。

暖かみのあるサウンドが特徴のペダルとのことです。

Mars Amp Pulsating

続いての「Pulsating」は、トレモロペダルです。

2モードの波形切替にRate、Intensity。さらにトレモロとパルスの切替スイッチを搭載したモデルです。

Mars Amp Wood Resurgence

次は、定番ですがあまり見かけない種類のエフェクターです。

この「Wood Resurgence」は、タイプとしてはアコースティックシミュレータです。

コントロールは、Top Level、High Level、Bottom Levelの3バンドFreqと、フィンガリングノイズを再現するというTrailコントロール、3モード切替スイッチ、Master Volumeの6つのノブに加え、2モードのTop切替、3モードのMid、2モードのLow切替スイッチによって、音の出方を細かく調整することができるようになっています。

サンプルムービー

これはおもしろそう!

Mars Amp Mini Yesman II

続いて、こちら。「Mini Yesman II」というペダルです。

これはオートワウですね。ハイパス・バンドパス・ローパスの3モード切替スイッチと、Q、Sensitivityコントロールを搭載。Moderate/Livelyの切替スイッチで、音のカラーを切り替えることができるとのことです。

サンプルムービー

Mars Amp Detaining

こちらは、「Detaining」というアナログディレイペダルです。

Delay、Repeat、Blendコントロールと、ディレイサウンドを切り替えるColorスイッチを搭載。

アナログでありながら、現代的でクリアなディレイが特徴のペダルとのことですね。シンプルです。

サンプルムービー

Mars Amp Repeat Zone

続いて、先ほどのアコースティックシミュレータと同様のノブ配置のペダル、「Repeat Zone」というディレイです。これもディレイですね。

デュアルチャンネルのアナログディレイで、Delay、Repeat、BlendがそれぞれDelay AとBに独立してコントロール可能。Delay AとBの切替スイッチと、Delay Aのサウンドを切り替えるWide/Narrowスイッチを搭載しています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

アナログらしいサウンドですが、クリアさも保った音色が特徴でしょうか。発振もしますね。

Mars Amp Damp Echo

ラストはこちら。「Damp Echo」という・・・これもディレイです!w

筐体を見ても分かるとおり、真空管を搭載したディレイペダルですね。コントロールは、Delay、Blend、Repeatとシンプルです。

これは期待です。何故かというと、チューブエコーって今、ほぼ絶滅している状態だからです。あえて新しくチューブエコーを作るというのは本当に素晴らしいです。

サンプルムービー

これは弾いてみたい!

 

というわけで、Mars Ampの新しいエフェクターのご紹介でした。

かなり筐体デザインにこだわりがあるブランドですね。アコースティックシミュレータとチューブエコーが特にきになります。チューブコーラスも、見たこと無いのでどんな感じか弾いてみたいです。おもしろそうですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は終了直前企画がたくさんあります。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy