ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2012-05-25

タップテンポ搭載デラックスメモリーマン、Elecrtro-Harmonix Deluxe Memory Man 550-TT登場!

今年のNAMM SHOWにも出展された、エレハモの定番、そしてフラッグシップアナログディレイ「Deluxe Memory Man」の最新モデル「Deluxe Memory Man 550-TT」が登場です。タップテンポの他、様々な機能を搭載したデラックスメモリーマンですね。

コントロールはBlend、Gain、Rate、Depth、Feedback、Delayコントロールを搭載。またエクスプレッションペダルでBlend、Rate、Depth、Feedback、Delayの中から1つのパラメータを選んでそれをコントロール可能となり、またタップテンポも搭載。タップの入力を4分音符として、付点8分、3連符、8分、3連8分、16分、そして4分音符の6種類のテンポを選択できるようになっています。エフェクトループも搭載していて、ディレイ音にエフェクトをかけることも可能。リモートスイッチを使って、タップテンポを外部スイッチで操作することもできます。

ところで、タップテンポや様々な機能を搭載したデラックスメモリーマンといえば、すでに発売されている「Deluxe Memory Man Tap Tempo」というモデルがあります。実は今回のDeluxe Memory Man 550-TTは、このDeluxe Memory Man Tap Tempo(海外での名前はDeluxe Memory Man w/Tap Tempo 1100)のディレイタイムを短くしたバージョンとなります。

「Tap Tempo」の方は、ディレイタイムが1100msとアナログディレイとしては非常に長いディレイタイムに対応しており、まさに最強のアナログディレイと言っても良いモデルでした。対して、今回の「550-TT」のディレイタイムは、半分の550msとなっています。なぜこんなバージョンを作ったかというと、「Tap Tempo」の方は1100msのディレイタイムを実現するために、レアなNOSのIC(BBDのことだと思います)を使う必要があり、生産数が少なくなってしまっているとのことです。より多くのプレイヤーにタップテンポ付デラックスメモリーマンを供給するために、この550-TTを作った、とのことですね。ディレイタイム以外の機能や音に違いはないそうです。

NAMM SHOWでのデモの様子

しかしいい感じの音ですね。さすがにアナログディレイの王者という風格の音でしょうか。よりロングディレイが必要なら「Tap Tempo」を、550msで十分なら「550-TT」を選ぶとよさそうですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy