ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2012-05-30

シンコー・リットーの新着ムック本特集 2012年5月編

では、毎月恒例、シンコーミュージック、リットーミュージックのムック本特集、いきたいと思います。

今月に発売された、または発売予定となるギター関連のムック本をまとめてご紹介します。

では、いきましょう!

  • シンコーミュージックさんのムック本

アンプ&エフェクター入門[改訂版](CD付) (シンコー・ミュージックMOOK)

自分好みのサウンドを自由自在に作れるようになる本。

ギター、アンプ、エフェクターの取扱いを、初歩のレベルから丁寧に説明しました。ギターはタイプ別に、コントロール系統とセッティングのノウハウを伝授。アンプは基本的な機能と取扱いのほかに、サウンド・コントロールの例をCDで実演。エフェクターも特徴的なサウンドをCDで聞いてもらいます。

最後の実例曲集では、そこで使われているギター・サウンドの作り方を説明しているので、すぐに同じ音を再現することができます。

よくわかるロック・ギターの音づくり(CD付) (シンコー・ミュージックMOOK)

エレキ・ギターを買おうとしている、または買ったばかりという超初心者に、ギターとアンプ、エフェクターのつなぎ方やコントロール系統の機能や扱い方をわかりやすく説明しています。また、実際に使うことの多いアンプ・シミュレーターやマルチ・エフェクターの基礎知識から実際例まで、CDを聞きながら理解してもらいますから、ここで覚えた知識をすぐ自分の演奏に採り入れることができます。このほか、ギター・サウンドに直結する弦、ピック、シールド・ケーブルなどの情報もしっかり取り上げています。

The EFFECTOR BOOK Vol.16 (シンコー・ミュージックMOOK)

[特集1]JAPANESE FUZZ 和製ファズの遺伝子を探る

国産ファズ・ヒストリー

[特別寄稿]M.A.S.F.による“Fuzz Master"シリーズ分析

音源で紐解くファズ・ヒストリー~1967-2012年

現行和モノ系ファズ試奏分析

オクターヴ・ファズの動作原理を紐解く

[実験]オクターヴ・ファズの使い方を考える etc.

[特集2]BOSS GTシリーズ

BOSSブランドの中でも常に最新技術が投入されてきたGTシリーズの軌跡を追う

[連載]

さいとうさんに聞いてみよう!

米国ペダル事情(xotic USA)

いまさら訊けないエフェクターの使い方

攻撃する機械

エフェクター回路読み解き講座~初級編

音の正体

シンコーさんのムック本はこんな感じです。続いてリットーミュージックさんのムック本です。

  • リットーミュージックさんのムック本

パワー・コードから前進! ブルースで覚える大人のコード・ワーク (CD付き)

12小節進行パターンを弾くうちに大人っぽいコード・ワークが身につく!

パワー・コード主体の曲ばっかり弾いていたけれど、最近はジャズとかで聴けるオトナっぽいコードも弾きたくなってきた。でもジャズはコード進行自体が難しそうだし、応用が大変そう。そんな人にピッタリなのが「定番の12小節ブルース進行」を「コードやリズムを使い分けた多彩なパターン」で弾く練習。覚えておくとセッションにも役立つ「わかりやすく実用的なブルース・コード進行」を用いた練習は、演奏を楽しみながら「ワンランクUPしたコード知識」を自然に増強することができます。本書にはそんな「コード・ワークを上達させるための12小節ブルース進行」のギター譜と音源が満載。実演例を聴いて弾くことで実践の感覚も身につきますし、単にコード・フォームを暗記するだけでなく、コードが自分で作れるようになる「コードの組み上げ方」も併せてレクチャーされているので、“理屈抜きに感覚で覚えたい”、“理屈をしっかり理解したい”、どちらのタイプのギタリストにもOK。コード・コンプレックスを吹き飛ばして、大人のコード・ワーク達人になりませんか?

【CONTENTS】

■序章:コードの仕組みを理解するために知っておきたい基本キーワード

■第1章:6弦&5弦ルートの基本的なコード(トライアド)を押さえられますか?

◎基本フォームの解説と作り方:メジャー/マイナー/デイミニッシュ/オーギュメント/サスフォー/アドナイン、他

★ブルース進行12小節で覚えるコード・フォームとバッキング×11パターン

■第2章:6弦&5弦ルートの基本的な7th系コードを押さえられますか?

◎基本フォームの解説と作り方:メジャー・セブンス/マイナー・セブンス/マイナー・セブンス・フラット・ファイブ/マイナー・シックス/セブンス・シャープ・ファイブ、他

★ブルース進行12小節で覚えるコード・フォームとバッキング×12パターン

■第3章:ルート+ガイド・トーンの3声で7th系コードをボイシングできますか?

◎ガイド・トーンを弾くフォームのバリエーションなどの解説、他

★ブルース進行12小節で覚えるコード・フォームとバッキング×2パターン

■第4章:コード・ワークの達人なら常識のトップ・ノート・ボイシングができますか?

◎クローズ・ボイシングとオープン・ボイシングなどの解説/トップ・ノート・ボイシングなどを使用した例、他

★ブルース進行12小節で覚えるコード・フォームとバッキング×4パターン

■第5章:大人のコード・ワークの鍵となる“テンション”を使いこなすことができますか?

◎テンション・ノート2つ入りボイシング、他

★ブルース進行12小節で覚えるコード・フォームとバッキング×6パターン

■最終章:大人のコード・ワーク実践のために覚えておきたい13のアイデア

◎ボサノヴァ系やルンバ系など、第5章までに出てこなかったさまざまなブルース12小節進行

★ブルース進行12小節で覚えるコード・フォームとバッキング×13パターン

■付録:コード早見表

表面にはコードの構成音名や度数がすぐにチェックできる「指板上の音名やインターバルの早見表」、裏面には開放弦を織り交ぜたさまざまなコードのタブ譜を掲載

今月はこんな感じでした。数は少なめですが、興味深い本ばかりです。どちらかというとライトなプレイヤー向きの本が多い中、今回のエフェクターブックのマニアックさが特に際立ってますねw

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

AMTのコンパクトアンプシミュレーター「Legend Amp 2」シリーズ、続報!

昨日ご紹介した、AMTの新しいアンプシミュレーター「Legend Amp 2」シリーズ。さらに新機種がいろいろ出てきましたので、続報ということでご紹介します。かなりいろいろありますよ!

では、いってみましょう!

まず、機種紹介の前に、このシリーズに共通するコントロールをおさらいしておきましょう。全て同じです。

コントロールは、OD LEVEL、OD GAIN、HIGH、MIDDLE、BASSと、CL LEVELノブ、CL BOOSTスイッチとなっています。アウトプットが3つあり、それぞれDrive、Preamp、Cab Simとなっています。順に、エフェクターとしてアンプのインプットに接続する場合、プリアンプとしてパワーアンプに直結する場合、ラインでレコーディングやミキサーにつなぐ場合を想定したアウトプットとなっていて、CL LEVELとCL BOOSTはPreamp、Cab Simに接続した場合のみ有効になります。

Driveアウトにつないだ場合、純粋にエフェクターとして作用し、フットスイッチで歪みのON/OFFを切り替えます。それ以外に接続した場合は、クリーンとドライブの2ch仕様となり、フットスイッチはチャンネル切替となります。これにより、初代のLegend Ampシリーズよりもさらに多彩な使い方を実現したのが、このLegend Amp 2シリーズ、というわけですね。

では、新製品を見てみましょう。

AMT Electronics C2

まずはこちら、「C2」です。これは初代シリーズにはなかったモデルですね。かなりマニアックです!

このペダルは、「Cornford Amp」のシミュレーションです。イギリスのアンプメーカーで、リッチー・コッツェンやガスリー・ゴーヴァン等のアーティストも使用するハイエンドアンプの1つです。

例えば・・・

こんな感じ

のアンプを作っています。

このC2は、そのCornfordアンプのシミュレータというわけですね。本物の方は、タッチレスポンスに優れたサウンドが特徴のようですが、どんな感じになっているのか楽しみです。

AMT Electronics E2

続いてはこちら、「E2」です。初代のE-1と同じく、ドイツのハイゲインアンプ、Englのドライブサウンドをシミュレートしたモデルということですね。4ステージのゲイン回路を搭載しています。

AMT Electronics K2

次はこれです。「K2」!こちらは、特に乾いたハイゲインサウンドが特徴の、アメリカンハイゲインアンプ、Krankアンプサウンドを再現したモデルとなっています。

KRANKといえば、そのサウンドのエッセンスを取り入れたDISTORTUS MAXIMUSというディストーションペダルもありました。方向性は違うペダルですが、どんな風に違っているのかも興味深いですね。

AMT Electronics M2

続いては王道です。前作にもM-1がありましたが、こちらの「M2」もやはりマーシャルサウンドを再現!M-1同様、JCM800のサウンドを再現したとのことですね。

AMT Electronics O2

酸素みたいな名前のペダルですが、この「O2」はブリティッシュアンプの中でもひときわ目立つ、Orangeアンプのシミュレーションです。初代にはありませんでしたが、JFET Driveシリーズに「O-Drive」として出ていましたね。

独特のジューシーなドライブサウンドが楽しみです。

AMT Electronics P2

続いては、初代P-1モデルを受け継ぐ「P2」。エディ・ヴァン・ヘイレンのシグネチャーアンプで、現在のハイゲインアンプの基礎を築き上げた、Peavey 5150/6505サウンドを再現するというモデルです。なんと6ステージのゲイン回路を搭載しています。

AMT Electronics Vt2

ラストはこちらです。これも今回からの新ラインナップですね。

「Vt2」は、数多くのギタリストの支持を得て、スタジオミュージシャンにも多く使用されたVHT、現在のFryetteアンプのサウンドを再現するというモデルです。ハイファイアンプの代名詞をシミュレートしたモデルだけあって、ハイゲインでも輪郭のくっきりとしたサウンドが特徴、とのことですね。

 

というわけで、AMTの新モデル、Legend Amp 2シリーズの続報をお伝えしました。

非常に充実のラインナップですね。これは楽しみです!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

t.c.electronicから、新しい3モードブースター「Spark Booster」登場!

t.c.electronicから、今年のMusikmesseで発表された新作のブースターが登場です!

Spark Boosterは、非常に多機能なブーストペダルです。まず、コントロールがLevel、Gain、Treble、Bassとなっていて、2バンドEQを搭載しているのでより細かなブーストが可能。さらに、FAT/CLEAN/MIDの3モードスイッチによって、ローエンドを強調するブースト、フルレンジブースト、ミッドブーストの3種類のブーストを選択可能となっています。

ブースト量も、最大+26dBなっていてGainコントロールによってコンプレッションの強さも調整できるようになっています。MXRと同程度のサイズで、トゥルーバイパスとなっています。

t.c.electronicらしい、使い勝手に優れたブーストペダルです。

サンプルムービー(3分8秒あたりまで説明)

本当に使いやすそうなペダルだと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は特価品がいろいろ多くでていました。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy