ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2013-11-21

Fulltoneの名オーバードライブが遂にバージョンアップ!「Fulltone Full-Drive 3」登場!

かつて、様々なアーティストのペダルボードでこのペダルを見ないことはない、というほど定番となったペダル、Fulltone Full-Drive 2。ブースト付きオーバードライブのスタンダードであり、TS系ペダルのスタンダードであり、ハンドメイドオーバードライブのスタンダードであり、定番のオーバードライブペダルとして人気を欲しいままにしたペダルです。

ハンドメイドエフェクターブランドとしての先駆け的ブランドでもあり、LED付のトゥルーバイパスの重要性をいち早く説いたことでも知られるアメリカのFulltone。長年にわたりリリースされてきたこの名ペダルを、遂にアップデートしました。

この「Fulltone Full-Drive 3icon」は、これまでのFull-Driveを基本としながら、より多彩な使い方ができるようアップデートされています。Fulltoneの設立20周年を記念したバージョンとなっているのもポイント。Fulltone Custom Shopからリリースされる限定のアニバーサリーモデルという形です。

まず、これまでのモデルと比べ、サイズがひとまわり小さくなっています。小型化が進む今のエフェクターの流れに、少しですが乗り出したという感じでしょうか。コントロールはVolume、Tone、Overdrive、Boostの4ノブと、90s/Wide Asymの2モードクリッピング切替スイッチ、そしてオーバードライブとブーストの順序入れ替えスイッチを搭載。さらにDynamicsポットを搭載しています。

大きな変更点として、これまでオーバードライブON時にのみ有効だったブーストが完全に独立し、ブースト単体での使用も可能となりました。こう書くとシンプルな変更に思うかも知れませんが、これってけっこう構造的に大きな変更点だったりします。それにともなって、ブーストの位置をオーバードライブの前と後で選択できるようになっていますね。

そしてDynamicsポットの存在。このポットは、ブースターのサウンドにゲルマニウムダイオードによるクリッピングをどのくらいかけるかを調整するものです。ゲルマニウムダイオードクリッピングのブースターといえば、あの有名なCentaurを思わせる仕様ですね。

Fulltone Custom Shop仕様と言うことで、いろいろとこだわりも見て取れます。例えばOpampには現行のNJM4558ではなく、NOSのJRC4558Dを採用。4桁シリアルの、いわゆる艶有りタイプが載っています。ブースト回路にはJFETを用いたタイプが使われているとのことですね。

サンプルムービー

FD2とFD3の比較

全世界5000台の限定で生産されるモデルとのこと。アニバーサリーモデルということで、今後レギュラーモデル化されるのかどうかは不明です。かつてのFD2がイエローやホワイト、レッドモデルをCustom Shop名義で製作されたことを考えると、レギュラー化される可能性自体はあるとは思いますが、現時点ではどうなるか分かりません。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Fairfield Circuitryから、シンプル操作のミニサイズコンプレッサー「The Accountant」登場!

統一感のある独特のデザインを持つ、個性的なペダルをラインナップするカナダのエフェクターブランドFairfield Circuitryから、新しくミニサイズのコンプレッサーが登場です。

この「Fairfield Circuitry The Accountant」は、1ノブと2トグルスイッチのみというシンプルな操作のコンプレッサーです。JFETベースのコンプレッサーで、ノブはLevelコントロール、そしてRatioとPadのスイッチを搭載。

Padスイッチは、インプットシグナルのレベルを変えない、または下げるための切替スイッチ。こうすることで、コンプレッサーの「かかりやすさ」を切り替えることができます。このペダルで設定されているThreshold(コンプレッサーがかかりはじめるレベル)は固定されていますが、インプットシグナルのレベルを変えることで、見た目上Thresholdを変更しているような形になるという、逆転の発想のスイッチです。0、1、2のモードで、-16dB、-8dB、0dBとなります。RATIOスイッチは、Thresholdを超えたシグナルをどの程度圧縮するかのスイッチ。こちらも0、1、2のモードがあり、順に3:1、6:1、12:1となります。Levelノブはコンプレッサー回路の後に設置されているので、コンプレッションエフェクトの影響を受けずに出力を調整。ブーストも可能となっています。

サンプルムービー

軽やかで明るめのサウンドが特徴のコンプレッサーという感じでしょうか。このペダルの名前であるAcountantは会計士という意味で、常に細かく仕事をこなし、いざというときには帳簿をごまかしてでもしっかりした数字を出すという、いわゆるマンガなどのテンプレートな会計士像をコンプレッサーに当てはめたジョークになっていて、非常に洒落の効いたペダルです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

さまざまなモジュレーションエフェクトを1台にまとめた「empress Nebulus」登場!

アナログ回路とデジタルコントロールを組み合わせ、多彩な機能を持ったペダルを製作するカナダのエフェクターブランド、Empress Effectsから、1台に様々なモジュレーションペダルをまとめたペダル、「empress Nebulus」が登場です。

このペダルは、コーラス、フランジャー、ヴィブラートを1つにまとめ、様々なコントロールで多くのサウンドを作ることができるモデルです。Mix、Rate、Delth、Outputノブを搭載し、コーラス、ヴィブラート、フランジャーの切替、A、B、Cのサブモード切替、Bright、Clean、Warmのトーン切替、Little、None、Lotsのスペシャルスイッチを搭載。エフェクトタイプとサブモードを組み合わせて9種類のサウンドを作ることができます。コーラスはベーシック、マルチ、トレモロ、ヴィブラートはユニヴァイブ、ヴィブラート、ロータリー、フランジャーは60s、70s、スルーゼロのサウンドとなります。各エフェクトに合わせ、スペシャルスイッチでそれぞれのモードにあったパラメータを3モードで切り替えることができます。そして全体のトーンも3種類の切替が可能。スイッチの組み合わせだけで81通りのサウンドになる、という形のペダルですね。

右のフットスイッチでエフェクトのON/OFF、左でプリセットの呼び出しが可能。プリセットは8種類まで保存しておくことができるということです。

アナログ感のある操作性ながらデジタルの力を使うことでより多彩なコントロールを実現しているところは非常にEmpressらしいですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

音も良さそうですね。これはちょっと使ってみたいです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

ケトナーのスピーカーシミュレーター最新モデル「Hughes & Kettner Red Box 5」登場!

ドイツの名門アンプブランド、Hughes & Kettnerから、新しいスピーカーシミュレーターが登場です。

この「Hughes & Kettner Red Box 5」は、アンプのラインアウトやマルチエフェクターなど、ライン録りの際にキャビネットから出力した音をシミュレートするモデルですね。

シンプルなRed Box Classicと比べると、多くの機能が追加されているのが分かります。

入出力系は、Input、Thuruアウト、そしてXLRのアウトプットという形です。アンプヘッドとスピーカーの間にも使うことができます。ただし、ダミーロードは入っていませんのでその場合必ずThruからスピーカーに接続しなければなりません。

グラウンドリフト、Loose/Tight、Vintage/Modern、Small/Large、0dB/-26dBの切替スイッチがあり、様々なスタイルのスピーカーサウンドをシミュレートすることができますね。駆動は9Vアダプタ、またはXLR端子からのファントム電源に対応しています。シンプルで使いやすく、それでいて多機能なモデルですね。

Shure SM57マイクのサウンドとの比較

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は特価品、中古品が多めでした。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy