ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2013-11-25

次のエフェクターブックは「Boost/EQ」!

昨日の記事で、まだ詳細が出ていないと書いたEffector Book Vol.22ですが、内容が発表になったようなので改めてご紹介します。

[特集1]
BOOSTER & EQUALIZER~“ヌケる音を作るための処方箋
鈴木茂(元はっぴえんど etc.)インタビュー
Xoticインタビュー
音ヌケの音響学
有名ミュージシャンのブースター使用例
M.A.S.F.実験
現行ブースター&EQペダル試奏分析
EQ回路の動作
中野豊による「ヌケる音」セッティング術 etc.

[ペダルボード研究]
world's end girlfriend
高田正子(にせんねんもんだい)

[特集2]
Way Huge~奇才ジョージ・トリップスのマジックを探る

[インタビュー]
足立祐二(DEAD END etc.)
ブラックスター
JHSペダルス
ホットトーン 他

今回はこんな感じです。音抜けに焦点を当て、そのために使うエフェクト、つまりブースターやEQを中心とした特集ですね。

12月5日発売予定。是非!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

JHS Pedalsのトランスペアレントなオーバードライブ「JHS Morning Glory」弾いてきました!レポートします!

最近世界的に人気上昇している感がある、アメリカのエフェクターブランド、JHS Pedals。これまでもSuperBoltMoonshine Overdriveの試奏レポートをしてきましたが、今回は残っているオーバードライブ「JHS Pedals Morning Glory」を試すことができましたので、レポートしたいと思います。

JHSを代表するオーバードライブですね。透明なサウンドが特徴の、いわゆるトランスペアレント系ドライブペダルだと言われています。実際どうでしょうか。いってみましょう!

JHS Pedals Morning Glory

というわけで、Morning Gloryです。Oasisのアルバム名にもなっていますが・・・意味はアサガオですね。なぜアサガオなのかは、よく分かりません。

JHS Pedals Morning Glory ギターエフェクター

現在流通しているMorning Gloryはバージョン3となるもので、今回弾いたのも同じV3です。内部はこんな感じになっています。V1は大きな筐体、V2は筐体は今のものと同じですがスイッチなし、V3が現在のバージョン、ということですね。コントロールはVOL、Drive、Tone、そしてブライトカットスイッチというスタイルです。シンプルな仕様ですね。では、セッティングからいきましょう。

 

  • セッティング

Fender American Standard Stratocaster

JHS Pedals Morning Glory

Roland JC-120

Roland JC-120

分かりやすいいつものセッティングですね。では、レポートしてみます。

 

  • 操作性

シンプルで分かりやすいです。トグルスイッチ、すなわちブライトカットスイッチのみ、ラベルが書かれていませんので最初は何のスイッチか分かりませんが、音を出せばすぐに、ハイを弱めるスイッチだというのが分かると思います。そうそう、電池駆動はできないみたいなので、そこは知っておく必要があるかもしれませんね。

 

  • サウンドレポート

それでは音について見ていきましょう。

まず最初、適当にセッティングをして音を出したとき、一瞬だけ「あれ?」と思う瞬間がありました。ノブはだいたい全部12時、スイッチは下ポジション、つまりブライトカットなしの状態です。なぜそう思ったのかというと、あまりにも自然なサウンドで、エフェクトのかかりがよく分からなかったからです。もちろんオーバードライブなので多少ゲインは上がっているんですが、ただそれだけの淡泊なペダルに感じました。

しかし、すぐにこのペダルのすごさに気付きました。ギターの音が、ピッキングの強さに応じて簡単に変わるからです。強く弾けばディストーションに近いような歪みとなり、弱く弾けばクリーンになる、その使い分けが簡単にできます。Driveノブはこのセンシティビティの調整と言っても良いほどで、Driveを上げれば基本ゲインはもちろん上がりますが、ギターのヴォリュームと合わせることで、ある程度レスポンスを抑制し、コンプレッションが少し強めのドライブペダルという感じになりますし、Driveが10〜1時くらいまでだとロー〜クランチあたりがメインで、アタックにより強い歪みにすることもできる、ハイセンシティブなドライブペダル、そしてさらにDriveを下げればほぼクリーンブースター的なペダルという感じになります。

強くアタックした時や、Driveを上げてギターヴォリュームもフルテンだと、けっこう鋭い歪みになるのも特徴的ですね。そこでブライトカットスイッチを上ポジションにすれば、多少マイルドなオーバードライブサウンドを作ることもできます。

Toneの効き方もJHSペダル特有の「最小から最大まで」フルレンジで使える仕様。最大にすればもちろんハイが強く、最小にすればローが強めに出るんですが、それぞれの状態での音がピーキーすぎることもなく、かといって微調整用コントロールというような効き方でもない、非常にバランスが良い、感覚的にコントロールできる形になっています。なので、基本的には味付けがあまりない、ハイセンシティブでダイナミクスレンジの広いプリアンプ的ペダルという感じではあるんですが、Toneをうまく使えばけっこう音を変えることもできます。

シングルコイルをさらにジャキジャキにしてみたり、逆にマイルドでバランスを取ってみたり、ギターやアンプを合わせていろいろと使える感じですね。ストラト+JCだとブライトカットスイッチを使わずにTone最大では、さすがにちょっとハイが強い感じでしたが、これがVoxアンプとかになるとまた違った印象になるのではないかと思います。つまりアンプに合わせたセッティングも簡単にできそう、という印象でした。

このペダルを触っていて、レスポンスの速さを体感していたら、ふと思ったことがあります。レスポンスの強さというか、アタックの強さの段階にタイする歪み方が、なんとなくSuperBoltに似ている感じでした。Morning Gloryの方がゲインは低いですし、そもそもの音は違っていますが、操作感的に似ている、という印象でした。

アンプやギターの特性もモロに出るペダルなので、自分のギターとアンプのポテンシャルを最大限に発揮させたい、みたいな時にも有効なペダルだと思いますし、ハイレスポンスですがあくまでもコントローラブルな領域ですので、とても使いやすいペダルだと思います。例えば、トランスペアレント系ドライブペダルの代表格であるPaul Cochrane Timmyと比較すると、Timmyがウェットな透明感、非常に透明度の高い水中を思わせるような音だとすれば、Morning Gloryはもっと乾いた透明感、真冬の早朝の空気を思わせるような音、というように感じました。この感覚は、意外と他のトランスペアレント系ドライブペダルではなかなか無いタイプだと思います。あえて言うと、Crews Maniac Sound G.O.Dに通じるようなドライな感覚があると思いました。(もちろん両ペダルの音は全然違いますが、見つめている方向が近い感じです。)

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

Klon Centaurとの比較

Timmyとの比較

Analog.Man KOTとの比較

Keeley BD-2 Mod.との比較

これはちょっと、欲しくなりました。SuperBoltの方がキャラが立っているので分かりやすいんですが、Morning Gloryも、1つ持っていると「あとちょっと何かが足りない」という時に安心してONに出来るようなペダルになるんじゃないかと思いました。

 

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

FenderアメデラにHSHストラトとテレキャスシンライン!「Fender USA American Deluxe Telecaster Thinline」「American Deluxe Stratocaster N3 HSH」登場!

iconicon iconicon iconicon iconicon iconicon iconicon

Fenderを代表するレギュラーモデルの中でも、よりモダンなスペックで作られるシリーズ、アメデラことFender American Deluxeシリーズに新製品が登場です。2010年にリニューアルして以来ロングセラーを続けているN3モデルの新製品ですね。

Fender USA American Deluxe Stratocaster N3 HSHicon

まずはストラトキャスターの新製品から。こちらは、多彩な音作りを実現するHSH配列のピックアップを搭載したモデルです。日本には今回入って来た形となるようですね。グロスウレタンフィニッシュのアルダーボディ、サテンウレタンフィニッシュのCシェイプメイプルネック、9.5"-14”のコンパウンドラディアスを採用したローズ指板、ミディアムジャンボの22F仕様。ピックアップはModern Twin Head Humbucking Pickupをフロントとリアに、センターにはNoiseless. N3 Single-coil Stratピックアップを搭載しています。

1Vol、2Tone、5Wayセレクターコントロールで、2点支持のアメデラ用シンクロナイズドトレモロというスタイルのギターです。ピックガードは3プライのブラック。ボディカラーは3カラーサンバースト、シルバーバースト、オリンピックパールをラインナップしています。

HSSタイプのサンプルムービー

 

Fender USA American Deluxe Telecaster Thinlineicon

そして、新たにアメデラのテレキャスターシンラインが登場です!グロスウレタンフィニッシュ、セミホロウのアッシュボディにグロスウレタンフィニッシュのアルダーボディ、サテンウレタンフィニッシュのCシェイプメイプルネック、9.5"-14”のコンパウンドラディアスのメイプル指板、ミディアムジャンボの22F仕様です。

ピックアップはNoiseless. N3 Single-coil Teleピックアップ。1Vol、1Tone、3Wayセレクターで、VolノブにはS1スイッチを搭載。2シングルなので、ミックス時にハムバッカー的な音を出せるスイッチという感じだと思います。そして6Wayのブラスサドルを搭載したブリッジ、という形です。

現代的で使いやすくて、あくまでスタンダードなスタイルのテレキャスターシンラインって、意外に無かったモデルかもしれませんね。これは良さそうだと思います。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は新しい企画、終了直前企画、中古品が多めでした。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy