ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2013-11-27

定番フェイザー「Phase90」を発展させたモデル!「MXR Custom Shop Phase99」登場!

今、もしかしたら世界で最も勢いのあるエフェクターブランドと言えるかも知れないMXRから、カスタムショップ名義で新たなフェイザーが登場です!

この「MXR CSP-099 Phase 99」は、フェイズシフターの中でも定番中の定番モデルであるMXR Phase90をさらに発展させた形のモデルとなっています。

コントロールはSpeed1とSpeed2のノブを搭載。そしてP/S、Vintage、Syncの3つのスイッチがあり、5つのLEDが装着されている、非常にカスタムっぽい外観のモデルです。

内容は、ざっくり言えば2つのPhase90を1つにまとめたという仕様で、2つのSpeedノブがそれぞれのフェイザーのスピードを調整します。しかもアウトプットはステレオで、それぞれのフェイザーの音を個別に出力したり、ミックスしてモノラルで出力したりすることができます。これはP/Sのスイッチで切り替える形で、Pはパラレル、Sはシリーズを意味しています。Vintageスイッチは、スクリプトロゴ時代のPhase90サウンドを甦らせた'74 Vintage Phase90の音色に切り替えるスイッチとなっていて、中央のSyncは2つのフェイザーをシンクロ、つまり同期させることで同じスピードで動かして1台のフェイザーのように使うことができるというスイッチです。5つのLEDの役割は推測になりますが、中央の赤LEDでエフェクトのON/OFF、2つのSpeedノブの間にあるLEDは、それぞれのスピードを点滅して表示、そして上部左右のLEDはP/SとVintageモードの状態を表示するものだと思います。

現時点ではサンプル等が無いみたいなので動作や音色は分かりませんが、すでに定評のあるフェイザーを発展させたモデルですので、だいたいの傾向はなんとなく分かりそうですね。

通常のPhase90のサンプルムービー

’74 Vintage Phase90のサンプルムービー

かなりおもしろそうなカスタマイズが施された、まさにカスタムショップモデルらしいペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Paul Reed Smithから、USAメイドながら低価格なシリーズ「PRS S2 Series」登場!

iconicon

ハイクオリティな高級ギターで知られるPaul Reed Smith。多くのアーティストも使用する、世界的なギターブランドの1つです。PRSにはPRS SEという低価格で、PRSギターのエッセンスを味わえるブランドがありますが、PRS SEと本家PRSの間にはかなり大きな価格差がありました。

今回、本家PRSより、その価格差を埋めるようなミドルレンジのギターをラインナップする「PRS S2シリーズ」が登場です!カラーなどは多岐にわたるようですが、基本的に2モデルをラインナップしているので、それぞれ見てみましょう。

Paul Reed Smith S2 Custom24

【エレキギター】P.R.S. S2 Custom24/Blue Crab Smokeburst

【エレキギター】P.R.S. S2 Custom24/Blue Crab Smokeburst
価格:168,000円(税込、送料込)

まずはこちら。PRSの定番モデル「Custom24icon」を元に作られたモデルです。

メイプルトップ、マホガニーバックのボディにマホガニーネック、ローズ指板24F仕様。ピックアップはS2シリーズ専用のS2 Vintage Bass(フロント)とS2 HFS Treble(リア)をマウントしています。

コントロールは1Vol、1Toneでブレード式の3Wayセレクターを搭載。セレクターは今後バリエーションが増えるかも知れませんね。ブリッジも専用のPRS S2 Tremoloとなっています。他、ペグもPRS S2 Locking Tunersという専用ロックペグを搭載しているということですね。

このCustom24、通常のモデルとはボディの形が変わっていて、Paul Reed Smith SE Custom24と同じ、ベベルドトップ採用している点ですね。フラットトップを基本としながら、そのエッジを削ることでカーヴドトップの風味を持たせる形です。

サンプルムービー

 

Paul Reed Smith S2 Mira

さらに、Miraモデルもラインナップしています。

マホガニーボディにマホガニーネック、ローズ指板22F仕様。ピックアップはS2 Mira Bass/S2 Mira Trebleの組み合わせとなっています。1Vol、1Tone、3Wayセレクターで、ブリッジはラップアラウンドタイプのPRS S2 Stoptailを搭載。もちろん専用PRS S2 Locking Tunersを搭載します。こちらもベベルドトップです。

サンプルムービー

 

両モデルともバードインレイとなっていて、専用のギグバッグも付属。価格としては低価格とは言えませんが、この価格で本家PRSギターが手に入ると考えると面白いです。個人的にはMiraの方はちょっと興味ありますね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

アコギに取り付けるだけでリバーブがかかる!「ASPRI ACERO」「CLASICO」登場!

かなり変わった機材が登場です。登場というか、リバイバル的な感じでしょうか。

この「ASPRI」という謎の機材は、アコースティックギターに取り付け、サウンドホールから出る生音にリバーブをかけてしまうという画期的なモデルです。本体にはバネが入っていて、そこから伸びる金属部をギターのブリッジサドルに当てることで弦振動をバネに伝え、その揺れをボディに伝えることでどこでも簡単に、電源不要でリバーブをかけることができるというものですね。

イメージとしては、ストラトキャスターのボディを叩くとリバーブ的な反響がありますが、あれと似た形のものです。ストラトの場合はシンクロナイズドトレモロを支えるバネが共鳴して反響をならすわけですが、その構造をもっと本格的にやったのがこのASPRIということになります。

ASPRIの着想のきっかけはベッドのマットとのこと。たしかにベッドマットにギターのボディをくっつけてギターを弾くと反響が聞こえたりします。それを発展させたモデルということですね。「ASPRI ACERO」はスチール弦用に作られたモデルで、

サンプルムービー

サンプルムービー2

動画を見ると一目瞭然ですね。これはちょっと面白そうです。ちなみにモデル名の「ACERO」はスチールという意味のスペイン語です。

同じく、ナイロン弦用の「ASPRI CLASICO」というモデルも出ています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

取り付けは簡単で、ギターには一切の加工が不要。ただしフラットトップでサドルが一体になったタイプのものに対応しているということですね。

取り付け方

実はこの「クリップオンリバーブユニット」は、80年代から作られているロングセラーモデルだったりします。かつてはあのアル・ディ・メオラが広告塔を務めていたこともあるそうですね。

アコギは持っていないので試しようがないんですが、こういうのは面白くて良いですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は特価品、中古品がたくさんありました。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy