ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2014-03-16

BOSS最新技術を詰め込んだオーバードライブペダル!「BOSS OD-1X Over Drive」レビューします!

f:id:toy_love:20140316211810j:image

BOSSから新たに発売された、新技術MDPを用いて作られたデジタルドライブペダル、BOSS OD-1X Over Drive。先日試奏レポートを載せましたが、今回は本格的にレビューしてみたいと思います。

では、いってみましょう!

BOSS OD-1X Over Drive

f:id:toy_love:20140316193349j:image

こちらが、そのOD-1Xです。BOSSならではのスペシャルエディションとして作られるペダルです。

 

f:id:toy_love:20140316193350j:image

また、BOSS伝統の外箱も新しいスタイルとして作られました。革を模したような模様が全体に入った黒いボックスにはブルーのBOSSロゴが入り、OD-1X Over Driveの黄文字が側面に入ります。そして、このOD-1Xと、同時に発売されたBOSS DS-1Xは、これまでの1年保証ではなく5年間の保証が付いています。

なお公式にアナウンスもあるとおり、4月以降はBOSSペダル全てが新パッケージとなり、全モデル5年保証になるということです。

 

f:id:toy_love:20140316193348j:image

コントロールノブは4つ。左からLEVEL、LOW、HIGH、DRIVEと並びます。ノブと、その下のプレートには鏡面加工がなされ、高級感を作り出しています。

 

f:id:toy_love:20140316193347j:image

そして、OD-1X、DS-1Xに共通する、ペダル手前に輝く銀色のスクリュー。電池ボックスの蓋を兼ねるフットペダル部を固定するネジです。この部分は、BOSSペダルの最初期に銀色のネジ、通称コインネジ/銀ネジと呼ばれるネジが使われ、後に黒いプラスチックで、指で回すことのできるよう作られたネジ、通称サムスクリュー/黒ネジへと変わります。

現在もBOSSペダルに使われているのはこのサムスクリューですが、OD-1XとDS-1Xでは特別に銀色のネジが復刻されました。

 

f:id:toy_love:20140316193346j:image

ペダル裏蓋。かつてはこの部分全面に注意書きが書かれていましたが、かなりシンプルなスタイルになっています。

 

f:id:toy_love:20140316193345j:image

今回レビューするこのペダルの名前は、「BOSS OD-1X Over Drive」。このペダルが意識したのは、BOSS最初のコンパクトペダルとして作られたペダルであり、「オーバードライブ」という名前を世界に知らしめ、エフェクターのジャンルとして確率した、1977年11月発売の「BOSS OD-1 Over Drive」というペダルです。今回は1979年10月製造のOD-1と並べて、外観なども比較してみたいと思います。

 

f:id:toy_love:20140316193344j:image

世代を超える「銀ネジ」。オリジナルモデルの方はネジ全体が錆び付いて、「黒ネジ」のようになっています。

ネジの頭にはオリジナル同様、コインで回すことの出来る溝が刻まれていますが、ネジの頭自体の厚みが増し、指で回すこともできるようになっています。

f:id:toy_love:20140316193338j:image

f:id:toy_love:20140316193335j:image

新旧銀ネジの比較。新しいネジはワッシャーが噛まされ、ペダルを保護しています。

 

f:id:toy_love:20140316193336j:image

f:id:toy_love:20140316193337j:image

電池ボックス部。ここの構成はあまり変わっていません。電子スイッチ周りに小さな違いはあるものの、1979年から2014年まで、35年、いやそれ以上変わらない形を保っているのは素晴らしいというか、感動的ですね。

f:id:toy_love:20140316193343j:image

OD-1Xの基板です。ペダルのカラーを思わせるようなイエローの基板が使われています。載っているパーツの数も非常に多いですね。

 

f:id:toy_love:20140316193342j:image

オリジナルモデルとの比較。基板パターンの洗練度、そして使用パーツ点数の違いがとてもよく分かります。

 

f:id:toy_love:20140316193341j:image

基板には多数のコンデンサや実装パーツ、そして大きなDSPが載っています。

 

f:id:toy_love:20140316193340j:image

こちらはOD-1の基板。見ての通りのシンプルな構成です。

 

f:id:toy_love:20140316193339j:image

OpampはNEC uPC4741C。OD-1としては最初期の次にあたる、クアッドOpampです。ちなみに最初期モデルにはRC3403ADBというクアッドOpampが使われています。そしてこのモデル、uPC4741Cへと変わり、次のタイプから、NJM4558D、uPC4558C、TL4558PといったデュアルOpampへと変わります。

 

f:id:toy_love:20140316193334j:image

そして、100モデルを超える歴代BOSSペダルの中で、ペダル名(型番ではなく)が「Over Drive」というモデルは3つしかありません。初代OD-1、そして1997年発売のOD-3、そして今年発売されたOD-1Xです。せっかくなので、OD-3とOD-1Xも比較してみましょう。

 

f:id:toy_love:20140316193333j:image

歴代「Over Drive」。偶然かもしれませんが、年代が新しくなるごとにノブの数が2つ、3つ、4つと増えているのは面白いですね。この中ではOD-1のみが日本製、残りは台湾製です。そしてOD-1の筐体は現在のモデル、残り2台と比べると丸みを帯びた形状です。初代銀ネジ、そして現行黒ネジ、そして今回の銀ネジと、スクリュー部の形状もそれぞれ違います。

 

f:id:toy_love:20140316193330j:image

f:id:toy_love:20140316221107j:image

f:id:toy_love:20140316193328j:image

OD-3のサムスクリューと、電池ボックス部。

 

f:id:toy_love:20140316193332j:image

f:id:toy_love:20140316193331j:image

そして基板部。OD-3はバッファ部かなにかにOpampを使用していますが、ドライブ部はディスクリート回路で作られています。そのためこちらもパーツ点数が多いのですが、実装パーツを使用しておらず、基板パターンもまた違った形となっています。

 

というわけで、OD-1、OD-3、そしてOD-1Xの写真はこんな感じです。

では、レビューの方いってみましょう。

 

  • 操作性

試奏レポートでも書きましたが、BOSSペダルらしくとても使いやすいモデルです。電源、入出力、フットスイッチ、ノブ、全てが扱いやすく作られています。唯一、鏡面加工のノブだけが少しだけ、今指している位置が分かり無いにくいかもしれません。とはいえ、全く見えないということもなく、セッティング自体には特に問題ありませんが、ペダルに光が当たった状態で立ってペダルを見るとノブの位置は見えなこともあるかと思います。まぁこのペダルは記念碑的な意味もあると思いますので、あえてデザインの方を優先して作られているのもありだと思います。

 

  • サウンドレポート

では、音色を。まずは、BOSS OD-1Xそのものの音色を少し載せてみます。

サンプルサウンド1(Medium Gain)

全ノブを12時にしてのサウンドです。

f:id:toy_love:20140316193357j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:Level:12:00、Low:12:00、High:12:00、Drive:12:00

サンプルサウンド2(High Gain)

Driveをフルアップにしてのサウンドです。

f:id:toy_love:20140316193356j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:Level:12:00、Low:10:00、High:11:00、Drive:Full Up

ギターのヴォリューム:10→4→10

サンプルサウンド3(Full-Up)

Level以外をフルアップにしてのサウンドです。

f:id:toy_love:20140316193355j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:Level:11:00、Low:Full Up、High:Full Up、Drive:Full Up

サンプルサウンド4(Clean Boost)

クリーンブーストサウンドです。

f:id:toy_love:20140316193354j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:Level:10:00、Low:Full Up、High:Full Up、Drive:Minimum

原音→ブーストサウンド

というわけで、まずはOD-1X単体のサウンドを4つほど。

全ノブ12時設定で何も考えずにペダルそのものの癖が出る、扱いやすい音色となるのはBOSSペダル伝統ですね。特に和音での分離の良さはこのペダルそのものの大きな特徴として現れています。

ゲイン幅がやたらと広く設定されているのは、最近のというか、デジタル以降のBOSSドライブペダルに共通する設定です。このペダルは完全なクリーンブーストから、ハードロックからメタルまで使えるほどのハイゲインサウンドにまで対応していることが分かります。

ミュートでのザクザク感。これはとくに素晴らしいです。ギターのヴォリュームに対するレスポンスも高く作られていますね。かつて、BOSSはハイレスポンスなデジタルドライブペダルというコンセプトでBOSS DN-2というペダル(レビュー)が作られていました。その完成度の高さにはデジタルドライブの未来を見た気がしましたが、たとえばミュートプレイでは物理的に入力レベルが落ちるためゲインが不足してしまうという特徴がありました。OD-1Xではそこは完全に克服しましたね。さすがBOSSです。さすがにDriveを最大までするとノイズが出ていますね。Driveは3時あたりから徐々にノイズが出始めます。しかし、それ以前ではほぼノイズは皆無。この点も非常に素晴らしいところです。

そして、完全なクリーンブーストを作ることも可能。EQ設定で、ブーストの特性を変えることもできます。非常に扱いやすいペダルです。

音色そのものは、BOSSらしいドライブサウンドという印象。非常にモダンな機能、特徴を持ったペダルですが、あえて音そのものはクラシカルなドライブペダルの音色を元にしています。

では、かつてのペダルと比較してみましょう。

サンプルサウンド5(OD-1 VS OD-1X Medium Gain)

OD-1の12時のサウンドを作ってみました。

f:id:toy_love:20140316193353j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:

・OD-1:LEVEL:12:00、OVER DRIVE:12:00

・OD-1X:Level:12:00、Low:9:30、High:9:30、Drive:1:30

前半OD-1→後半OD-1X

サンプルサウンド6(OD-1 VS OD-1X Boost Sound)

OD-1ブーストセッティングに近づけてみました。

f:id:toy_love:20140316193352j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:

・OD-1:LEVEL:Full Up、OVER DRIVE:Minimum

・OD-1X:Level:2:30、Low:Minimum、High:9:00、Drive:9:00

前半OD-1→後半OD-1X

サンプルサウンド7(OD-3 VS OD-1X)

OD-3とOD-1Xを比較してみました。

f:id:toy_love:20140316193351j:image

Download 聴けない場合はこちら

  • 録音環境

ギター:Fender USA American VIntage 57 Stratocaster リアPU

アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング

セッティング:

・OD-3:LEVEL:12:00、TONE:12:00、DRIVE:12:00

・OD-1X:Level:12:00、Low:11:00、High:2:00、Drive:10:00

前半OD-3→後半OD-1X

というわけで、OD-1XとOD-1、およびOD-3と比較してみました。

まずOD-1とOD-1Xですが、聴いての通り、非常によく似ています。OD-1そのものはミッドがかなり上がるタイプなので、OD-1XではHighとLowをかなり下げて設定し、ミッドを強調した音色を作ってみました。

また、OD-1のOVER DRIVEノブとOD-1XのDriveノブの設定を比較すると、OD-1はゲイン設定が高めに作られているのが分かります。言うまでも無く最大ゲインはOD-1Xの方が高いんですが、ゲイン設定の中心部は、OD-1の方が高いです。

そして、OD-1のセッティングの中で、特に有名なブーストセッティング。LEVEL最小、OVER DRIVE最大のセッティングも、OD-1Xでは近い音を出すことができます。Toneの無いOD-1ですが、OVER DRIVEノブの設定によりトーンの特性が変わるため、素直にゲインだけを操作出来るOD-1XでOD-1の音を再現しようとすると、元のOD-1の設定によりEQ設定を変えなければならないことが分かりました。

さて、もう1つの「BOSS Over Drive」ペダル、OD-3ですが、こちらは全般的に歪み方、歪みの特徴、質そのものが全く違っていることが分かります。「ローが強い」と評判のOD-3ですが、OD-1と比較すると、かなりハイが強く、ゲインが低めに作られたペダルであることも分かります。OD-1と比べ、ギターそのものの存在感が薄めに感じるかもしれませんが、OD-3はギター単体でなくアンサンブルに入った時、特に歌モノのバックなどで素晴らしい働きをします。ダイナミックレンジも高く、良いペダルですが、OD-1Xでその音を作ることは出来ません。OD-1Xはデジタルドライブペダルとしてはデジタルっぽさが無いと言われますが、OD-3のようなハイが強く出る設定にすると、若干デジタルらしさが顔を出してくると思いました。

とはいえ、こんな設定をあえてこのペダルでやる必要は無いと思いますし、こういう極端なセッティングをしなければ、OD-1Xは素晴らしく使いやすく、そして音も良く、音の抜けも素晴らしいペダルだと言えます。

 

というわけで、OD-1Xのサウンドを見てみました。

こうしてみると、OD-1XはOD-1を明らかに意識して作られたペダルであることがよく分かります。歪みの特性そのものはOD-1に近く、そしてEQの設定幅、ゲイン設定幅が圧倒的に広くなり、レスポンスも明らかに高く、さらに音そのものの存在、太さも向上していると言えます。OD-1Xはまさに、OD-1が進化し、生まれ変わったオーバードライブだと言えると思います。

これは素晴らしいペダルです。これは是非、店頭などで音を出してみて欲しいと思います。すごいペダルです!

サンプルムービー

DS-1Xレビューしました!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

歪み好き歪み好き 2014/03/17 10:14 いやー、凄く詳しいレポートです。恐れ入りました。
思い入れ入ってますね、時間かかったでしょう、ごくろうさまです。

Mr.AMr.A 2014/03/17 21:01 レポートお疲れ様です。私も先日行きつけの楽器屋で見つけ。第一印象は。「色が違う!」でした。OD−1やSD−1の真っ黄色とは。かなり印象が違いますね。

で!試して。気付けばレジでお買い上げしてました。
基本アンプで音作りしてSD−1をブースターとして愛用しているので。
Driveを0でLEVELをMAXで最初試しましたが。
ONにした途端。猛烈に音量アップし思わず「おわ!」と声を出してしまいました。
新製品で店員さんもこうなることを知らなかったらしく。少し音量落としてくださいすいませんwと駆け寄ってきましたw
SD−1とは比較になら無い程ブーストしますね。あまり極端にブーストしたくない場合は、LEVELさげないとw

単体で歪みとして使ってもかなりSD−1より大幅に歪みますね。
おっしゃる通り、ノイズが少なく。アンプや他のペダルで歪ませている場合はノイズサップレッサーとしても有効であると思います。
シングルコイルでハイゲインをやる場合強い見方になりそうです。

BOSSの歴史に残る傑作になってくれると思います。

KK 2014/03/17 21:55 ありがとうございます〜。こういうの書くのは楽しいので、時間は全然大丈夫です。平日は難しいですけどw

音量幅、ゲイン幅共に非常に幅広いですよね。人によってはもう少しミッドが欲しいと思うことがあるかもしれない、という感じもしましたが、たいていのジャンルならこれで十分足りるペダルなのも間違いないと思います。
ノイズ無いですね。これはすごいです。

GG 2014/03/17 22:06 詳細なレポート、非常に参考になります。
OD-1Xも素晴らしいですが、OD-1もさすが!という感じですね。

KK 2014/03/17 22:53 OD-1はさすがですね。なんだかんだで使いやすいですよ。
以前試しに、OD-1でクランチ設定のRat1をブーストして、DM-2をかけたらすごい良い音になりましたw

TSTS 2016/05/04 19:33 買いました!
歪み幅が重宝してます。

KK 2016/05/04 22:36 おぉ、良いですよねこれ!

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy