ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2014-12-05

「OKKO BLACK BEAST」!アグレッシブな歪みを作るディストーション/ファズ!

ドイツでこだわりのエフェクトを製作するOKKOから久しぶりの新作ペダルが登場です!

この「OKKO BLACK BEAST」は、少し個性的な音も作ることの出来るディストーションペダルです。

Gain、Level、Treble、Bassに加え、ドイツ語で「壊れた、異状」という意味を持つというKAPUTTコントロールを搭載。このコントロールの存在により、歪みの倍音成分を自在に調整し、ディストーションサウンドからファズトーンへと変化させることができるということです。

Treble、Bassは12時位置がフラットとなるアクティブタイプ。LevelやGainも、大音量、ハイゲイン設定が可能な、非常にアグレッシブなスタイルのペダルとなっています。

サンプルムービー

かなり太い、モダンでヘヴィ系の歪みという感じですね。EQも強力そうな感じです。多弦ギターなんかにも合いそうな雰囲気の音ですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Free The Tone JB-41S」「JB-82S」!フリーザトーンのジャンクションボックスが進化して登場!

Free The Tone / JB-41S (SIGNAL JUNCTION BOX) / 12月22日入荷予定 Free The Tone / JB-82S (SIGNAL JUNCTION BOX) / 12月22日入荷予定

オーディオルーティング機器、そしてエフェクターやケーブルなど多くのラインナップを抱え、精力的に新製品を開発しているFree the Toneから、新たなジャンクションボックスが登場です。

主にエフェクターにおけるジャンクションボックスとは、エフェクトボードの入出力をまとめる機器のことですね。これまでFree the ToneではJB-41JB-82、さらにコンパクトなJB-21をラインナップしています。今回、その中から41と82のモデルが進化を遂げました。

Free the Tone JB-41S

まずはこちら。最も多くのスタイルに適合すると思われるタイプの、41Sです。インプットと2系統のモノラルIN/OUT、および1つのステレオIN/OUT(TRS端子)、さらにMIDITHRU端子2つ(1系統)を搭載。インプット端子が、これまでの片方向から両方向、つまりスタイルに応じて使い分けできるようになり、1つがTRS端子となってステレオに対応した、というのが今回のアップデートとなっています。入出力端子が前後で段違いとなっていて、ボードの段差などにも対応できるよう作られています。

 

Free the Tone JB-82S

大規模なシステムにも対応する、41Sの倍の機能を備えたモデルです。インプット2つと4系統のモノラルIN/OUT、および2つのステレオIN/OUT(TRS端子)、さらにMIDITHRU端子4つ(2系統)を搭載。筐体サイズが41Sと同じのため、前後で段違いとはなっていませんが、この機能が必要なプレイヤーなら、縁のあるペダルボードは使わないでしょうから問題ないと思います。

 

シンプルですがあると非常に便利なジャンクションボックスですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Roland Blues Cube Artist」「Blues Cube Stage」!ブルースキューブが大きく進化して復活!

【予約受付中】Roland ローランド / Blues Cube Artist【コンボアンプ】【渋谷店】 【予約受付中】Roland ローランド / Blues Cube Stage【コンボアンプ】【渋谷店】

日本中のスタジオやステージに配置される定番アンプ、JC-120をはじめ、数多くのギターアンプをラインナップするRolandから、かつて発売されていたシリーズ「Blues Cube」が復活を遂げました。

2機種、それぞれ見てみましょう。

Roland Blues Cube Artist

まずはこちら。80W出力の本格アーティストモデルです。12インチスピーカーを搭載し、クラシカルなチューブアンプサウンドを作るデジタルアンプですね。Rolandの「Tube Logic」というテクノロジーを用いて、ツイード期のチューブアンプサウンドを再現したモデルとなっています。

High/Lowの2インプットスタイルで、CleanとCrunchの2チャンネル仕様。さらに2つのチャンネルをブレンドして音を作ることの出来るDual Toneモードも備えます。CleanチャンネルにはVolume、CrunchチャンネルにはVolumeとGainコントロールがあり、それぞれにBoostとToneスイッチを搭載。Bass、Middle、Trebleの3バンドEQに、TremoloとReverbのエフェクトコントロール、トレモロのタップテンポスイッチ、エフェクトループのON/OFFスイッチ、そしてマスターセクションにはPresence、Masterコントロールを搭載。さらに出力を0.5W、15W、45W、Maxの4段階で切り替えるスイッチという構成です。クラシカルなアンプの雰囲気を継承しつつ、タップテンポや出力切替など現代的な機能も充実させています。

さらに、エフェクトループ、ラインアウト、ヘッドフォンアウト、そしてUSB端子を搭載。USBはオーディオインターフェイスとして使用可能で、PCとの連携によるダイレクトレコーディングにも対応します。

そして3つのフットスイッチ端子を搭載。1つはGA-FC専用端子で、多彩なスイッチングをまとめて行うことが出来ます。あとの2つはトレモロとエフェクトループ、およびチャンネル切替とデュアルトーンを制御するTRS(ステレオ)端子のフットスイッチとなっていて、FS-6のようなラッチ式スイッチングで操作することができます。スピーカーは専用設計の12インチ(30cm)スピーカーを搭載。キャビネットにはポプラ材を用いることでクラシカルなオープンバックスタイルのサウンドを最大限に発揮するということです。

Don Felderによるデモムービー

 

Roland Blues Cube Stage

また、よりコンパクトな60Wモデルもラインナップします。基本的な構造は同じですが、トレモロエフェクトやPresenceコントロール、エフェクトループ、GA-FC端子を無くしたスタイルのモデルです。スピーカーやデュアルトーン、外部フットスイッチなどにはそのまま対応します。

サンプルムービー(音出しは1分35秒過ぎから)

両モデルのサンプルムービー

コマーシャルムービー

 

というわけで、復活したBlues Cubeシリーズでした。

これはとても良さそうなアンプですね。音やレスポンスなどが特に注目されているようです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy