ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2014-12-12

「One Control Hooker's Green Bass Machine」裏技レポート!ギターでベースODを試してみました。レポートします。

f:id:toy_love:20141212232447j:image

エフェクター、スイッチャーをはじめ、様々な機器をラインナップしているOne Controlが初めて製作したベース用のオーバードライブ、Hooker's Green Bass Machineを早速試してみました。

このペダルは、他のOne Controlエフェクター同様Mad ProfessorBearfootなどのペダルの設計も手がけるBJFによるベースオーバードライブです。

設計者がこのペダルについてはこう語っています。

Hooker's Green Bass Machine(HGB)は、1950年代以降であればどんなジャンルにも使えるベースマシンだ。特にDRIVEをフルアップにした時のイメージはMotorheadのレミーのベースだ。
さらに、ギターとトランジスタアンプ、チューブアンプの両方でもテストしたが、どんなギターアンプ、ピックアップとも相性が良かった。裏技として使ってみても良いだろう。

───Bjorn Juhl

つまり、ギター用のオーバードライブとしても使えるとBJFが言っているということで、とりあえずその裏技を試してみようと。レポートしてみます。

One Control Hooker's Green Bass Machine

こちらが、そのHooker's Green Bass Machineです。以下HGBと書きます。基本的にベース用のオーバードライブですが、よくあるベース用ODのような大型筐体でDIのためのXLR端子も付けた・・・みたいな形ではなく、ギター用のオーバードライブのようなミニサイズに3ノブを搭載するペダルです。

最近はベーシストも複数のペダルを使うことが珍しくなくなっており、そのためフットワークの軽さを重視したペダルを作った、ということでこの形になったようです。コントロールはVOL、TREBLE、DRIVE。そして側面にはローブーストのできるLOWトリムポットが付いています。

One Control / Hooker¥¥¥’s Green Bass Machineフッカーズグリーンベースマシン ベースオーバードライブ

ミニサイズながら少し長めのオリジナル、アルミ削り出し筐体とすることで電池駆動も可能。この写真のペダル側面にある丸い小さい穴がLOWトリムポットです。

ベース用ペダルとして使った場合、ローゲインではヴィンテージベースチューブアンプの歪み、ゲインを上げるとSUNN等の古いトランジスタベースアンプの歪みとなり、今最も一般的なモダントランジスタベースアンプで使用することで様々なベースサウンドを作る、というコンセプトとなっています。

では、ギターで使えばどうなのか、レポートしてみます。

 

  • セッティング

Fender USA American Standard Stratocaster

One Control Hooker's Green Bass Machine

Roland JC-120

Roland JC-120

いつもの感じです。ストラトにJC。

 

  • 操作性

操作性に関しては、ベース用ペダルなのでギターで使うと使えないセッティングがあったりするのは仕方ない、と思っていたんですが、TREBLE、DRIVEノブ両方とも、全ての設定でギターでも問題なく使えました。試奏なのでVolはフルアップまでしていませんし、トリムポットは触っていません。ノブの役割なども特に迷うことはないと思います。ギタリストもベーシストも。

 

  • サウンドレポート

では音についてです。

まずはとりあえず、VOLは適当に合わせながらTREBLEとDRIVEそれぞれ12時の位置から音出しをスタートしてみました。驚いたのは、かなりクリーンさがある音だということです。周波数特性はまるで違うので音としては全然別ですが、あくまで歪み方、ゲインの雰囲気として近いのがKlon KTRのGainノブ12時あたりの歪み方です。有名な話ですが、KlonのGainノブは2軸ポットになっていて、クリーンミックスが同時に動いています。対してHGBの場合、ベースドライブでありながらBlendノブがありません。クリーンミックスはベースサウンドの芯を太くするために有効なコントロールですが、HGBは「ベースシグナルを完全に扱えるダイナミックアンプリファー回路」を搭載することにより芯の太さを確保したということです。これが結果的に、クリーンがミックスされたドライブサウンドに近い音が出る、という意味ではないかと思います。

前述の通り、周波数特性は全然違うので、HGBがKTRの代わりになる、ということはありません。あくまで歪み方が似てるということです。

HGBのDRIVEをさらに上げていくと、ゲインは少しずつ上がっていきます。フルアップではスタンダードなオーバードライブの12時〜1時くらいのゲインという感じになります。なので、全体的にギターで使うとゲイン低めのドライブサウンドになります。ただ、ここがベースドライブならではということなんでしょうけど、特にローがどっしりとしているので、ミュートでリズムを刻んでもしょぼくない音になるのが特徴ですね。これは他のローゲイン系ドライブをブーストするような使い方をしても面白いかもしれないと思いました。

また、ゲインは高くなりませんがその代わりというか、恐ろしいほどレスポンスが良いです。よくあるトランスペアレント系のドライブペダル、それを超えるんじゃないかってほどのレスポンスです。ギターのヴォリュームで完全クリーンも余裕です。

歪みの音の印象としては、とにかく「澄んだ音」が出るペダルという感じでした。ローエンドはがっちり出るんですが、クリーンっぽい芯の強さが常にどこかにあって、安定しています。例えば冬の朝の凜とした雰囲気や、済んだ冷たい水の流れのような、そういうイメージを抱かせる音のペダルだと思いました。透き通っているけれども強く、どこまでも前に出て来る音です。そして、似た特性のギター用のオーバードライブは、前述のとおり歪み方だけはKTRっぽいとは思ったものの、こういう音のペダルって思い浮かびませんでした。

ちなみにTrebleコントロールは普通にToneとして使えますが、BJFペダルらしく、効き幅は狭いです。基本的にギターサウンドに忠実な、ナチュラルな特性ですね。

 

というわけで、One Control Hooker's Green Bass Machineの裏技レポートでした。

ベースペダルをギターで使うと面白い、ってのはかなり昔にXotic Bass BB Preampのレポートをしたこともありました。他にもベースペダルをギターで使うとまた違った趣で良い音がでる、というモデルがまだまだ眠っているのかもしれませんね。

 

ギターでHGBのデモムービー

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy