ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2014-12-23

「HOTONE SOUL PRESS」!ホットトーンから世界最小クラスのワウ/ヴォリューム/エクスプレッションペダルが登場!

ミニサイズを超えた、超小型ペダルやマイクロアンプヘッドなどを製作する中国のHotoneから、今度はワウペダルが登場です!

一般的なフットペダルの半分程度のサイズの中に、ワウペダル、ヴォリュームペダル、エクスプレッションペダルを内蔵。側面のスライドスイッチでその役割を切り替えられ、ペダルボードにセットしたまま、楽曲やバンドなどによってワウペダルになったりヴォリュームペダルになったりします。まぁワウとヴォリュームペダルを同居させるという案自体は古くからあり、有名なモデルとしてはON時にはワウに、OFF時にはヴォリュームペダルになるMister Crybabyというモデルなどがありますね。もちろんこの場合、トゥルーバイパスにはならないわけで、Hotoneの今回のモデルがトゥルーバイパスかどうかは興味深いところだったりします。(トゥルーバイパスのワウはたくさんありますが、トゥルーバイパスのヴォリュームペダルって今の時代だとかなり有用な気がします。)

エクスプレッションペダルとして使う場合はステレオケーブルが必要となり、また差し込む先も違うのでセットしたままスイッチで切替、というわけにはいきませんが、これも多くのヴォリュームペダルがエクスプレッションペダルとしても使えることを考えれば、まぁそれほど珍しい機構ではありません。

しかし、なぜかワウとヴォリュームペダルとエクスプレッションペダルをまとめたペダルエフェクトはあまり存在していないので、これは便利そうなモデルになりそうです。

Crybabyと同じ踏み角となるよう作られているのもこだわりのポイントですね。これはAMT WH-1と覇権を争う・・・ことになるかもしれません。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Montreux The Screamin’」「The Screamin’ Plus」!モントルーオリジナルエフェクトにワウペダルが登場!

Montreux The Screamin’ ワウペダル Montreux The Screamin’ Plus ワウペダル

多くのブランドを扱い、またオリジナルモデルの製作も行うMontreuxから、オリジナルエフェクトのワウペダルが登場です!

Montreux The Screamin’

まずはこちら。シンプルなワウペダルです。

Clyde McCoy V846の回路を元に作られたワウペダルで、復刻ではなくモダナイズしたモデルということです。BC109トランジスタやトロピカルフィッシュキャパシタ、スチールキャパシタなどヴィンテージパーツを用い、Haloタイプのインダクタを搭載。アルバムLed Zeppelinで聞くことの出来るジミー・ペイジのサウンドをイメージしたモデルで、「クリーン・セッティングで単体で使えばコミカルに、アンプやペダルの歪みと組み合わせれば、よりダイナミックにギターの音色を歌わせます」とのこと。

LED付のトゥルーバイパス、DCインプット、アウトプットバッファを備え、トルク調整も可能。ゲインを調整することでON/OFF時の音量差にも気を配り、また内部トリムポットでバッファのレベルを微調整できるようになっています。1kgを切る重さということですね。

サンプルサウンド

 

Montreux The Screamin’ Plus

また、The Screamin’にさらなるコントロールを加えたバージョンも登場。基本的な中身は同じですが、「ワウの泣き」を調整するというScreamコントロール、およびノーマルサウンドに加えブライト(High)とファット(Low)のサウンドに切り替えられる3ポジションのスイッチを追加。また、アウトプットバッファのON/OFFも可能としたモデルとなっています。

サンプルサウンド(1曲目=周波数SW high / 2曲目=周波数SW low)

 

ヴィンテージワウサウンドながら、明瞭さも備えたワウ、という感じでしょうか。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Gibson Limited Edition Les Paul Traditional Mahogany Top」!マホトップのレスポールトラディショナル!

Gibsonの数あるレスポールシリーズの中で、特に伝統的なスタイルのモデルを製作するLes Paul Traditionalに、限定でマホガニートップのモデルが登場です。

この「Gibson Limited Edition Les Paul Traditional Mahogany Top」は、かつてブラックビューティと呼ばれた時代のレスポールカスタムを思わせる、オールマホガニーボディのレスポールモデルです。

マホガニーアーチトップ、マホガニーバックのボディに、ラウンドプロフィールのマホガニーネック、1ピースローズ指板22F仕様で、PAFモデルを再現したアルニコ2の1959 Tribute Humbuckerを搭載。2Vol、2Tone、3Wayセレクターで、ストップテイルピース+チタンサドルのTOMブリッジ、というスタイルです。

2015年仕様となっており、新たなG-Forceオートチューニングシステムを装備。さらにゼロフレットナット、幅広ネック、低いフレット、運指のしやすい指板、穴開けなしで取り付け/取り外し可能なピックガード、パーロイドインレイ、太い配線、そしてレス・ポール氏をトリビュートする専用ロゴとヘッド裏のホログラムシールなどを備えています。ハードケースも新しくなっていますね。

オールマホガニーボディのレスポールはミッドレンジが特徴で、独特の音色です。今回はピックアップも2015年仕様となっているため、過去のモデルとはまた違った雰囲気かもしれませんが、渋い外観も特徴的ですね。

2012年モデルのオールマホ、レスポールトラディショナルのサンプルムービー

この太くて暖かい歪みこそオールマホならではという感じですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy