ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2015-02-05

「Electro-Harmonix Super Pulsar」!トレモロエフェクトを極めた!?エレハモ最新多機能トレモロペダル!

NAMM 2015で発表され、話題となったペダルです。Electro-Harmonixの強力なトレモロペダルが登場です!

この「Electro-Harmonix Super Pulsar」は、エレハモ伝統のトレモロエフェクト、Stereo Pulsarと似たモデル名ですが、とんでもない機能性を持ったすさまじいトレモロペダルです。

コントロールはVolume、RT Phase(位相)、WaveとShape(波形)、Depth、Rateの大きな白いノブと、ENV DEPTH、ENV RATEの小さな2つのノブ、さらにWAVE INVERT、xRATE、TAP DIVIDE、EXP MODEのスイッチを搭載。フットスイッチもON/OFF、MODE/PRESET、TAPと多彩なコントロールが可能です。

フルステレオ対応のアナログトレモロで、コントロールのみデジタルの技術が使われているようです。基本的な波形はWaveとShape、RT Phaseでコントロールします。スタンダードな波形のトレモロから、リズミックなトレモロサウンドなど多彩なコントロールが可能です。RateコントロールとxRATEスイッチを組み合わせ、16秒の超スロートレモロから230Hzのパルスサウンドまで設定できます。エンヴェロープフォロワを内蔵し、ENV DEPTH、ENV RATEによってピッキングに反応するようなタッチトレモロも可能。WAVE INVERTボタンで、モノラル用、ステレオ用のトレモロを設定できます。

TapフットスイッチとTAP DIVIDEによって、実際に入力するタップテンポと、それで設定されるテンポの比率を設定でき、またエクスプレッションペダル端子とEXP MODEによってRate、Depth、Shape、Phase、Volのどれか1つに、エクスプレッションペダルを割り当てることができます。

そして、これらのプリセットを8種類まで保存できるというモンスタートレモロペダルですね。

サンプルムービー

とんでもないトレモロです。これは触ってみたいですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Electro-Harmonix Octavix Octave Fuzz」!エレハモからオクターブファズが登場!

相変わらず凄まじい勢いでエフェクターをリリースし続けるアメリカのエフェクターブランド、Electro-Harmonixから、オクターブファズが登場です!

オクターブファズといえば、ファズサウンドにオクターブ上の音が加わる、サイケデリックサウンドの代表的な音ですね。

この「Electro-Harmonix Octavix Octave Fuzz」は、そんなヴィンテージな音を作るファズペダルです。コンパクトな筐体を採用し、Vol、Boost、Octaveと9/24V切替スイッチを搭載。スイッチで駆動電圧を切替えることで、70年代中期ごろのオクターブファズサウンドから、よりタイトではっきりとしたオクターブ音のでるサウンドを切り替えられます。言うまでも無く後者が24V駆動です。

サンプルムービー

けっこうシンセっぽさの強いタイプのオクターブファズですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「BANANANA effects BEAAAM!」!ミニサイズローファイペダル!バナナナエフェクツ!ビィィィィム!

最近楽器店などでも見かけることが多くなってきた、大阪のエフェクターブランド、BANANANA EFFECTS(バナナナエフェクツ)から、変わったペダルが登場です。

この「BANANANA effects BEAAAM!」は、ミニサイズのローファイペダルという、とても珍しいペダルですね。ミニサイズでローファイサウンド、という括りだけで見ればMalekko BitMooer Lofi Machineなどがありますが、このモデルはまた違ったローファイサウンドです。

3つのノブはGate、Rate、Volume。ピッチと1オクターブ下のピッチが交互に鳴るローファイオクターブアルペジエーターということですね。

サンプルムービー

光線銃みたいな音から、ゲーテッドファズみたいな感じになったり、とても面白いペダルだと思います。

これはちょっと欲しい・・・!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

小型アンプ本第2弾!「The Small Amplifier BOOK 2」が今月発売!

シンコーミュージックから、数年ぶりに小型アンプ本が発売されます!

2007年9月に発売された初代The Small Amplifier Bookから6年半。時代も変わり、小型チューブアンプまわりの情勢も大きく変化しています。

新しい「The Small Amplifier BOOK 2」は、最新の小型チューブアンプの情勢が載せられた本となっています。

自宅で真空管スタック・アンプを鳴らす――そんなギタリストにとっての夢が実現する時代が到来しました。ここにきて、アンプ・ブランド各社がこぞって小型フル・チューブ・アンプを開発。マーシャル、メサ・ブギー、ヒュース&ケトナーなど、かつては巨大なスタックでしか味わえなかった歪みが自宅でも扱えるようになりました。本誌はみなさんをそんな小型チューブ・アンプの世界へ誘うもの。スタックを中心に、ご機嫌な歪みが得られる小型フル・チューブ・アンプを多角的に分析。その魅力を紐解きます。小さくても本格派、練習に、曲作りに、自宅録音に、大いに活躍してくれること請け合いのスモール・アンプ導入の参考にご活用ください!

【CONTENS】
プロ・ギタリストが語る小型スタックの魅力
現行小型真空管スタック&コンボ・アンプ試奏レビュー
小型スタック・アンプ・カタログ
アンプ・ビルダー・インタビュー(メサ・ブギー、ヒュース&ケトナー、VOX、リベラ、Dr.Z、マーク・サンプソン)
ヴィンテージ小型コンボの世界
真空管の深いお話
スピーカー・ケーブル、電源ケーブルを替えて音質UP
小型アンプ「セッティング・ガイド」etc.

内容はこんな感じ。かつて、小型チューブアンプといえばブティックアンプか低価格モデルという感じでしたが、最近は大手アンプメーカーも小型チューアンプに参入していますね。

2/18発売予定となっています。また発売された頃に改めてご紹介したいと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy