ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2015-06-07

「Perfoemance Guitar TTL FZ-851」「TTL FZ-851S」「TTL FZ-85」!フランクザッパのフィルタを完全再現した超強力なフィルタペダルが登場!

アメリカ、カリフォルニアにある「Performance Guitar」というブランドを知っていますか?1975年からFenderのルシアーを務め、1979年にPerformance Guitarを設立した須貝邦夫氏によるギターブランドです。フランク・ザッパをはじめ、RATTのウォーレン・デ・マルティーニ、ビリー・シーンスティーブ・ヴァイなどのギターを制作したり、メンテナンスなどを依頼されているブランドです。ヴァイは今はIbanezのギターを使用していますが、難しい修理やメンテナンスになるとPerformance Guitarを訪ねるそうですね。

ほとんど日本では表に出ないので、有名ながら意外と知られていないブランド、それがPerformance Guitarです。音楽や楽器系の雑誌よりも、海外で活躍する日本人、みたいな感じで新聞などで取り上げられることの方が多いようなブランドですね。

そんなPerfoemance Guitarですが、とりわけフランク・ザッパの機材を担当したことが有名です。ザッパが実際に使用したというフィルターを、その演奏を再現するために息子のDweezil Zappaからオーダーされたという、ザッパサウンドのためだけのフィルターペダルが登場です!

Performance Guitar TTL FZ-851 "JUMBO FOOT"

まずはこちら。すさまじく頑丈そうな見た目のフィルターペダルです。本来ザッパのギターに内蔵されていたという回路をエフェクト化したペダルですね。

左側の大きなペダルがフィルタそのものの動きを、右側がQをフットペダルでコントロールするものです。左側のペダルには3つのフットスイッチがあり、それぞれローパス、バンドパス、ハイパスフィルターの設定が可能。本体左下にはバイパススイッチがあり、左のペダルの側面には音量を調整するLevelコントロールを搭載しています。

ペダル自体はBOSS FV-500KORG EXP-2(たぶん)など、既製品の筐体を使い、トップに鉄板を取り付けた形となっているようです。

 

Performance Guitar TTL FZ-851S "JUMBO FOOT"

そして、そのフィルタコントロールのみをペダルとしたのがこちらです。ペダル上には2つのフットスイッチがあり、上側がQの切替、下側が本体のバイパスとなります。側面にはQとLevelコントロール、およびローパス、バンドパス、ハイパスの切替スイッチを搭載します。

 

Performance Guitar TTL FZ-85

コンパクトエフェクタータイプのものもあります。Vol、Q、Fコントロールとロータリースイッチによるローパス、バンドパス、ハイパスの切替スイッチを搭載したシンプルなスタイルですね。

Fノブはフィルタの動きを操作するものです。

サンプルムービー

 

ザッパの音を求めるなら、これ以上のものは無いと言える究極のペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「BIG JOE B-502 Empire」!ギタリストPaul “TFO” Allenと共同開発されたデュアルプリアンプ/オーバードライブ!

様々なエフェクターを制作するアメリカのエフェクターブランド、BIG JOE STOMP BOX COMPANYから、PremierGuitarでのコラムも担当するギタリスト、Paul “TFO” Allenと共同開発したというデュアルプリアンプ/オーバードライブペダルが登場です。

この「BIG JOE B-502 Empire」は、多彩なコントロールを持ち、AとB、2つのチャンネルを持つ多機能なペダルですね。

AチャンネルはOutput、Drive、Presence、Body、Attackコントロールを持ち、タイトなトーンと暖かなトーンを切り替えることの出来るFIRM/SPONGEスイッチを搭載。BチャンネルはOutput、Gain、ToneにFIRM/SPONGEスイッチという構造。それぞれのチャンネルは個別にON/OFFができ、同時使用も可能です。

バイパス方式をトゥルーバイパスとバッファードバイパスで切り替えることもでき、バッファードバイパス時はdBまでのブーストを常時ONとすることができる、多彩な機能を搭載したペダルとなっています。

サンプルムービー

ほぼクリーンなローゲインから太いドライブトーンまでをカバーする、機能的なドライブペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy