ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2015-06-19

「t.c.electronic Arena Reverb」!TCのTonePrintシリーズに新たなリバーブ!人気モデルHall of Fameが進化しました!

t.c.electronic Arena Reverb 【6月23日入荷予定】

t.c.electronic Arena Reverb 【6月23日入荷予定】
価格:15,120円(税込、送料別)

今や世界でもトップクラスの人気エフェクターブランドとして知られるt.c.electronicから、新しいリバーブペダルが登場です!

この「t.c.electronic Arena Reverb」は、TCエレクトロニックが誇るTonePrintシリーズの最新作で、人気の高いHall of Fameをさらに進化させたモデルです。

Hall Of Fameに搭載された6種類のリバーブアルゴリズムに加え、新たにROYAL、PARLIAMENT、SEASON、PASSAGEの4種類のアルゴリズムを搭載。ROYALは「メロディックでアンビエント寄りの曲にカラーを与え」、「テール部分に繊細なモジュレーションのかかったカテドラル」リバーブで、PARLIAMENTはホールリバーブ、SEASONはスプリングリバーブ、PASSAGEは「リズムワークにスパイスを加えるルーム」リバーブということです。

コントロールはDECAY、TONE、FX LEVEL、そしてリバーブの選択となっていて、10種類のアルゴリズムとTONEPRINTを選択できます。中央のトグルスイッチではプリディレイの長さを2種類から切り替えることができます。

サンプルムービー

定番リバーブがさらに進化しましたね!これはもしかして、あのエイプリルフールのペダルが本当に出る可能性も・・・ってことはないでしょうが、これは楽しみです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Red Panda Raster」!ピッチシフトやリバースモードを搭載する個性的なディレイペダルが登場!

個性的な空間系エフェクトを中心としたラインナップで高い人気の独創的なエフェクターブランド、Red Pandaから新製品が登場です。

この「Red Panda Raster」は、ピッチシフトを組み合わせて個性的な効果を作るディレイペダルですね。

右側のフットスイッチでエフェクトをONに、左側のフットスイッチでピッチシフトをかけることができます。ピッチシフトはディレイのフィードバックループ内、つまりディレイ音のみにかかるように設定されています。

SHIFT、FDBK、DELAY、BLENDコントロールを搭載。SHIFTはピッチシフトエフェクトの調整で、FDBKはフィードバック、DELAYはディレイタイムです。ディレイタイムは20〜750msで調整可能。クリアなデジタルディレイサウンドで、FDBKのコントロールにより無限のフィードバック、さらに自己発振までをカバーするということです。

そして2つのトグルスイッチ。左側がフィードバックの選択で、上から順にリバースディレイ、リピートごとにピッチシフトをかけるシフテッドリピート、ピッチシフトは1回だけかけ、あとはピッチを変えないアンシフテッドリピートのモードを選べます。右側のスイッチはピッチシフトのモードで、上から順に、±1オクターブの範囲で半音ごとにピッチを変えるトランスポーズモード、4度下からマイナー3度上の範囲でシームレスにピッチを変えるデチューンモード、そして位相を動かすフェイズシフトモードを選択可能ということです。ただしフェイズシフトモードではリバースディレイは選択できません。

これらを組み合わせることで、音がだんだん上がり続ける、または下がり続けるような効果だったり、アルペジエーターのような音、ダーティな自己発振、フェイズシフトが組み合わさったカオスな発振などを作ることができるということですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

サンプルムービー4

サンプルムービー5

音はこんな感じ。かなり個性的で幻想的だったり変な音だったりしますね。

リバースディレイにピッチシフトが合わさるのが特におもしろいですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「EBS Multi Comp Guitar Edition」「Red Twister Guitar Edition」「DynaVerb Guitar Edition」!あのEBSの定番コンプ、コーラス、リバーブにギター用ペダル登場!

EBS/ Multi Comp Guitar アナログコンプレッサー EBS/ Red Twister Guitar アナログ・コーラス/フランジャー EBS/ Dyna Verb Guitar リバーブ

スウェーデンで主にベースアンプやベース用エフェクターを制作する老舗ブランド、EBSから、人気の定番エフェクターのギター用バージョンが登場です!

EBS Multi Comp Guitar Edition

EBS Multi Comp Guitar Edition 【7月上旬発売予定】

EBS Multi Comp Guitar Edition 【7月上旬発売予定】
価格:22,896円(税込、送料別)

まずはこちら。アナログコンプレッサーペダルです。

ベース用コンプとして定番のMulticompを元にしたギター用モデルですね。

Comp/LimitとGainコントロール、そしてNormal、MB、Tubesimの3モードスイッチを搭載。ソリッドステートのノーマルコンプレッサーに、マルチバンドコンプ、チューブコンプレッサーのシミュレーションを選択できるモデルですね。側面のActiveスイッチで「アクティブ/パッシブの切り替え」ができるということですが、ベース用ペダルのイメージで考えると、インプットインピーダンスかインプットレベルの切替という感じでしょうか。さらに内部トリムポットでスレッショルドの調整ができるということです。

リレー式トゥルーバイパスで、9〜12Vアダプターで駆動すると言うことです。

サンプルサウンド

 

EBS Red Twister Guitar Edition

EBS Red Twister Guitar Edition 【7月上旬発売予定】

EBS Red Twister Guitar Edition 【7月上旬発売予定】
価格:23,328円(税込、送料別)

続いて、コーラスペダルです。こちらもベース用コーラスとしては定番のUnichorusをギター用としたモデルですね。

アナログコーラスとなっていて、コントロールはDepth、Speed。そしてSoft、Hvy、Flangeのスイッチを搭載しています。スイッチでソフトなコーラス、ヘヴィなコーラス、そしてフランジャーを切り替えることができます。

内部トリムポットでエフェクトのMixを調整できます。初期設定は50%/50%となっているということですね。ステレオアウトにも対応しています。

リレー式トゥルーバイパスで、9〜12Vアダプターで駆動します。

サンプルサウンド

 

EBS DynaVerb Guitar Edition

EBS DynaVerb Guitar Edition 【7月上旬発売予定】

EBS DynaVerb Guitar Edition 【7月上旬発売予定】
価格:23,760円(税込、送料別)

そしてリバーブペダルです。やはりベース用では定番のDynaverbをギター用にしたモデルとなります。

Reverb、Toneコントロールに加え、HALL、PTE、ROOMの切替スイッチと、A、B、Cの切替スイッチを搭載。HALL、PTE、ROOMはそれぞれホール、プレート、ルームリバーブですね。さらにA、B、Cスイッチと組み合わせることで「3つのルーム、3つのプレート、2つのホール」を選択可能ということです。(ホールリバーブではBとCは同じ音になります。)Toneコントロールはリバーブエフェクトにのみ効きます。内部スイッチでパラレルモードとして使用可能。スタジオ等で使う際に有効ということです。

フルステレオ入出力に対応、24Bitプロセッシングによるデジタルリバーブで、リレー式トゥルーバイパス、9〜12Vアダプターで駆動します。

サンプルサウンド

 

あの大手ベースブランドEBSのギター用ペダル、それもすでに評価の高いモデルを元にしたペダルということで、ちょっと試してみたいです。特にコンプレッサーは良さそうですね!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

本日20時半、ニコ生で放送の『新おいしいギターの料理法』でOvaltoneのビルダーが登場

girl next doorのギタリストとして活動し、現在は作曲家集団Mandarin Noteのギタリスト、井上裕治によるニコニコ生放送、『新おいしいギターの料理法』が明日の20時30分からライブストリーミングされます。

今回はあのOvaltoneのビルダーが登場するということですね。

第1回の320designのビルダーが登場した回もYoutubeで見ることができるようになっています。

かなりマニアックな番組ですが、面白そうなので興味のある方は見てみてください。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy