ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2015-06-28

「Jetter Gear Johnny A」!ダンブル+トレインレック!Johnny Aのシグネチャーモデル!

こだわりのスタイルと高いクオリティで知られるJetter Gearから、新しいオーバードライブペダルが登場です。

この「Jetter Gear Johnny A」は、人気のダンブルサウンド再現ペダル、GS124と、ダンブル同様にレアなトレインレックを再現したTraindriveを1台にまとめた、贅沢なペダルとなっています。

ジョニー・A.のシグネチャーモデルとして作られるペダルですね。

GS124は、ロベン・フォードが「Robben Ford Talk To Your Daughter」で使用したという、Dumble Overdrive Specialの#124の精巧なクローンモデルを元に、そのサウンドを再現したペダルです。

Traindriveは、Trainwreck Express(トレインレック エクスプレス)というケン・フィッシャー氏によるハンドメイドアンプのサウンドを元にしたペダル。元のトレインレックはジョージ・リンチの使用などでも知られていて、ダンブル以上の価格で取引されることもあるアンプです。タッチセンシティブで倍音豊かな音色、そして「ジューシーなミドルが特徴のGS124に対し、Traindriveはさらに抜けが良く、耳に痛くない絶妙な高域とザラツキ感が美味しいありそうでなかった極上ドライブです。」という特徴です。これらを合わせたのが今回のモデルということになります。

コントロールは、各セクションそれぞれでVolume、Drive、Shape。右側がGS124、左側がTraindriveとなっていて、それぞれ個別にON/OFF可能です。組み合わせればさらなるサウンドが得られるというスタイルのペダルです。

GS124のサンプルムービー

Traindriveのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「VHT Echo-Verb」!独立したアナログディレイとリバーブを1台にまとめた残響系ペダル!

VHT Echo-Verb

コンパクトなチューブアンプやエフェクターなどをラインナップするVHTから、新しいペダルが登場です。

この「VHT Echo-Verb」は、1台のペダルの中にディレイとリバーブを内蔵し、それぞれを独立してON/OFFすることの出来るスタイルのペダルとなっています。

VHT Echo-Verb

インプットとアウトプットを搭載し、ディレイ→リバーブの順で接続されています。2つのフットスイッチでそれぞれを個別にON/OFF可能。コントロールはディレイ部がTime、Repeat、Mix、Decay、リバーブ部がDwell、Tone、Mix。ディレイ部のDecayコントロールはディレイの高域をカットするもので、暖かなディレイトーンを作ることができます。

ディレイセクションはBBDを使った本物のアナログディレイ、リバーブセクションはデジタルリバーブですが、ドライシグナルはデジタルに変換されないアナログドライスルーとなっています。それぞれのフットスイッチはトゥルーバイパスということですね。

 

ちなみに、完全独立のディレイとリバーブを1台にまとめたペダルというのは世界初、だそうです。意外にありそうですが考えてみるとたしかに無いかもですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「SviSound Germanium Fuzz V3.2 Art Edition」!Svisoundのファズにアートなディションが登場!

独特のスチームパンク的なスタイルのペダルを制作するSvisoundのゲルマニウムファズペダル、GE Fuzz V3.2にアーティスティックなバージョンが登場です。

この「SviSound Germanium Fuzz V3.2 Art Edition」」は、通常モデル同様NOSのソビエト製ゲルマニウムトランジスタを用いたファズペダルで、Volume、Tone、Gainノブを搭載。通常モデルのプリゲインスイッチに加え、トーンコレクションスイッチを搭載。「温かいファズサウンドからブツブツと荒々しいサウンドまで」をカバーします。

ノブの左右にスイッチが配置され、通常モデルでトグルスイッチがあった部分には巨大なドーム状のLEDインジケータを装備。鉄製の削り出しケースにプレートを配し、ゴールドのノブなどを加えたスチームパンクなデザインが特徴です。

外観は違いますがほぼ同じ機能のモデルのサンプルムービー

通常モデルのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy