ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-01-27

「BANANANA Effects WORMHOLE」!ミニサイズのディレイペダルで、光学式コントロールでディレイタイムをコントロール可能!

個性的なペダルを多数制作する日本のエフェクターブランド、BANANANA effectsから変わったディレイペダルが登場です。

この「BANANANA Effects WORMHOLE」は、ミニサイズのディレイエフェクトです。

側面にある3つのノブはTime、Repeat、Mixコントロール。スタンダードなディレイコントロールですね。ON/OFFフットスイッチが奥にあり、手前に光学式センサーを搭載。このセンサーからはディレイタイムをコントロールすることができます。センサーに反応があるとTimeノブのディレイタイムは無効になり、センサー側のディレイタイムが有効となります。エクスプレッションペダルみたいにリアルタイムでディレイタイムをコントロール可能。

そしてRepeatノブを最大にすると自己発振させることができるんですが、この自己発振の音量に制限を設けることで、より積極的に発振を利用可能。また、エフェクトをOFFにするとRepeatを最小にする仕様となっているため、サイドONにしても以前の発振が残ってしまうことはなく、Repeat最大に固定していたとしてもエフェクトをONにするたびに新たな発振を作ることが出来るスタイル。まさに“変態”プレイヤーの“性癖”を突いたようなモデルですね。

サンプルムービー

シンプルなコントロール構成と光学センサーを組み合わせたスタイル。そして細部まで考えて作られた細かな機構。これは面白いペダルだと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy