ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-02-16

「Aclam Guitars」!新たなペダルボードブランドが日本上陸!

Aclam Guitars ETXS1SC(EVO TRACK XS1 + SOFTCASE XS1)
価格:13500円(税込、送料込)


Aclam Guitars」という変わったブランドが日本に入ってくるようです。

いろいろなペダルボードやその他器具を発売するブランドです。ラインナップがかなり膨大なようなので、その中から一部をご紹介したいと思います。

まずは小型のペダルボード、Aclam Guitars Evo Track XS1。こちらは42×15 cmの小型ボードとソフトケースのセットです。コンパクトペダルを1列だけ並べるような使い方に向いたものとなっています。

 


続いて、Evo Track S1。こちらは横幅59cmと少し長めのモデル。コンパクトペダルを1列だけ並べる形ですが、長さがあるのでそこそこの台数を設置できます。

 


Evo Track S2は、Evo Track S1と同じ横幅59cmで、奥行きが30cmと倍になったモデル。最もスタンダードなサイズに近いと言えるモデルという感じですね。

 


そして、より大型サイズのEvo Track L2。横幅83cmと、かなり大きなボードです。ただ、奥行きが30cmとなっているので、よくあるコンパクトペダルが3列並ぶような超大型ボードと比べると取り回しが良くなっています。

 

とりあえずはペダルボードから見てみました。

基本的にスタンダードな形ですが、横幅を中心とした作りとなっているので、マイクスタンドを置くと意外と奥行きのあるボードは使いにくいギタリストのことを考えて作られているような印象ですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy