ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-03-03

「Source Audio Nemesis Delay」!12タイプのディレイ搭載、アプリで最大24タイプのディレイを選択できる128プリセットの多機能ディレイペダルが登場!

多数の機能的デジタルペダルを制作するSource Audioから、新たな多機能ディレイペダルが登場です。

この「Source Audio Nemesis Delay」は、本体に12タイプのディレイを選択できるペダルです。ロカビリーなサウンドを作る「Slapback」、ハイパスコントロール(Intensityノブ)を搭載するクリアな「Digital」、クラシックなオイル缶ディレイのサウンドを作る「Diffuse」、BBDのアナログディレイサウンドを作る「Analog」、テープエコーを再現する「Tape」、固定式ヘッドのテープを用いた、グリッチの混ざるディレイを作る「Noise Tape」、ビットクラッシャーを組み合わせたローファイな「Degrade」、ポリフォニックピッチシフトを組み合わせた「Shifter」、リバースディレイとオクターブを組み合わせた幻想的な「Helix」、クラシックなリバーステープエコーを再現する「Reverse」、可変するローパスフィルタを組み合わせ、シンセライクな音を作る「Sweeper」、6タップまでのマルチタップでリズミックなサウンドを作る「Rhythmic」となっています。

それぞれ、Time、Mix、Feedback、Mod、Rate、Intensityコントロール搭載。ON/OFFとタップテンポスイッチを備え、4分音符、付点8分音符、3連符からタップテンポのリズムを選択できるスイッチもあります。また、ボタンで4つのプリセットを選択することも出来ます。

さらに、iOSとAndroidに対応する「Neuro App. 」を用いれば、追加エフェクトを無料でダウンロードすることが出来、最大12までのエフェクトタイプを追加することができます。プリセットも128まで保存することが可能です。

フルステレオインプット/アウトプットを搭載し、MIDIにも対応。USB端子もあります。さらにHot Handや一般的なエクスプレッションペダルなど外部コントロールにも対応します。バイパスはバッファードバイパス、トゥルーバイパスを選択可能です。

サンプルムービー

コンパクトながら機能的で良さそうなディレイだと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「MESA/BOOGIE JP-2C Limited Edition Head」!メサブギーのジョン・ペトルーシモデルの限定モデルも登場!

先日発売が発表されたMesa/Boogieのペトルーシモデル、「Mesa/Boogie JP-2C Standard Head」の限定モデルが早くも発売決定です。

この「MESA/BOOGIE JP-2C Limited Edition Head」はカスタムフィニッシュが施され、John Petrucci氏とMESA/Boogie創始者Randall Smith氏のサインが入ったモデルです。フロントパネルにフレイムメイプルとカスタムカラー、Mesa/BoogieロゴとペトルーシのシグネチャーはMOP、マザーオブパールで制作。コントロールパネルはガンメタに塗られ、限定モデルを示すプレートも付けられています。

機能は通常モデルと同じで、3つのチャンネルを搭載する100W/60W出力切替対応のアンプヘッドで、12AX7を5本、6L6を4本搭載。パワーアンプはクラスABです。

各チャンネルにはMaster、Treble、Mid、BassコントロールとEQ切替スイッチを搭載。Ch.1にはGain、Presence、Ch.2とCh.3はPull Gain、Pull Presコントロールを搭載しています。さらに2つの5バンドグラフィックEQを搭載し、EQスイッチでどのEQを使うかを選択できます。

Ch.1はクリーンチャンネルで、Midコントロールが5以上でパワフルミッドブーストとなります。Ch.2とCh.3はLead/Shredモードで、Pull Gainはゲインコントロールで、引き上げるとゲインブースト、Pull Pressはプレゼンスコントロールで、引き上げることでFrequency Shiftとなります。

デュアルグラフィックEQは各チャンネルのEQスイッチの他、フットスイッチでも選択可能。背面には各チャンネルごとのReverbコントロールと100W/60Wの出力切替スイッチが付いています。

入出力端子はフロントにインプット、リアにスピーカーアウトとヘッドフォンアウト、エフェクトループ、またCab Cloneを搭載するXLRのバランスドDI端子を搭載。ここはキャビネットシミュレータのON/OFF、オープンバック、クローズドバック、ヴィンテージのキャビネットサウンド選択、グラウンドリフト、+4dB/-10dBのレベル切替スイッチが付いています。

スレーブアウト、フットスイッチ端子、MIDI IN、MIDI OUT/THRU端子を搭載。MIDIチャンネル選択が可能で、MIDIシグナルでチャンネル1、2、3、EQ 1、EQ 2、Shred、Reverb、FX Loopの各コントロールを操作出来ます。また、専用のフットスイッチが付属しています。

サイズは47.63mm(W) x 27.63mm(D) x 23.495mm(H)、重量は18.15kgとなっています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy