ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-04-30

今月の「きになる」2016年4月編

GWですね!

いろいろ各地でイベントとかフェスとかなんかもあったりしています。今年の4月はいろいろと大変なこともあったりしましたね。いろいろあった4月。エフェクターやアンプなども出ていたりしましたので、振り返ってみましょう。

月末ダイジェスト、今月の「きになる」いってみます。

続きを読む

新着バンドスコア情報 2016.4

バンド・スコア ベスト・オブ・ガンズ・アンド・ローゼズ バンド・スコア MONOEYES「A Mirage In The Sun」 (BAND SCORE)

ではでは、今回は2016年4/1以降に発売された、または発売予定のバンドスコアとその収録曲をまとめていきます。発売日順に載せていきます。

続きを読む

2016-04-29

「BOSS WAZA Amp」!ボスの技クラフト初のアンプ!理想のロックサウンドを作る150Wアンプ!

BOSS ボス / WAZA Amp Head BOSS ボス / WAZA Amp Cabinet412 BOSS ボス / WAZA Amp Cabinet212

様々なエフェクターを制作するBOSSから、本格ギターアンプが登場です。

技クラフトシリーズからのアンプですね。

BOSS WAZA Amp Head

まずはこちら。アンプヘッドです。最大150W出力のアンプですが、1W、50W、100Wに設定することもできます。

BOSSの考える理想のロックサウンドを作るモデルです!

Clean、Crunch、Lead1、Lead2の4チャンネル仕様で、Clean、CrunchチャンネルにGain、Volumeコントロール、およびBass、Middle、Treble、PresenceのClean/Crunch共有EQ、そしてLead1、Lead2にはGain、Volumeコントロール、およびBass、Middle、Treble、PresenceのLead1/2の共有EQ、およびMasterコントロールと3モードキャビネットレゾナンス、1/50/100/150Wの出力切替を搭載。ラインアウトのフィールを切り替える3モードスイッチ、そして内部アンプとA/Bトーンカプセルのサウンド切替という構成。

真空管みたいな外観の「トーンカプセル」を搭載することで音を変えることができます。初期状態では「技ブラウンサウンド」を作るカプセルが付属しています。また、トーンカプセルなしでクラシックロックサウンドとなります。さらにトーンカプセルの増設スロットも付いています。

フットコントロール、スピーカーアウト、グラウンドリフト付XLRと1/4インチフォンのラインアウト、ヘッドフォンアウト、シリアル/パラレル切替付のエフェクトループ×2、USBのREC OUT端子もあります。つまりヘッドだけでオーディオインターフェイスとして機能するということですね。

BOSS WAZA Amp Cabinet412

そして、Waza Ampに最適化されたキャビネットも出ています。

BOSS ボス / WAZA Amp Cabinet412

こちらは12インチ・カスタム・スピーカーが4つ搭載されたクローズドキャビネットです。

BOSS WAZA Amp Cabinet212

よりコンパクトな2発キャビネットもあります。

BOSS ボス / WAZA Amp Cabinet212

こちらはオープンバック。スピーカー配置は斜めになっています。

 

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

シンコー・リットーの新着ムック本特集 2016年4月編

クラプトン・イン・ジャパン (シンコー・ミュージックMOOK) なぜアーティストは生きづらいのか? 個性的すぎる才能の活かし方

では、2016年4月以降に発売された、または発売予定となる音楽、楽器関連のムック本をまとめてご紹介していきます。

続きを読む

2016-04-28

「Wren and Cuff Creations Elephant Skin」!マストドンのベース/ヴォーカル、トロイ・サンダースのシグネチャーモデル!ギターでもいける。

ヴィンテージサウンド、特にビッグマフ系のペダルを中心に、様々なモデルを制作するWren and Cuff Creationsから、Mastodonのベース/ヴォーカルを務めるトロイ・サンダースのシグネチャーモデルが登場です。

Wren and Cuff Creations Elephant Skin レナンドカフクリエイションズ エレファントスキン 国内正規品

この「Wren and Cuff Creations Elephant Skin」は、アーミーグリーンのロシアンマフを再現したTall Font Russianに、ON/OFF可能な新たなゲインステージを追加したカスタムモデルです。

Wren and Cuff Creations Elephant Skin レナンドカフクリエイションズ エレファントスキン 国内正規品

コントロールはVolume、Tone、DistortionとXT、そして2つのフットスイッチを搭載します。右側のフットスイッチとVolume、Tone、Distortionコントロールは通常のTall Font Russianと全く同じ中身のペダルとなっていて、左側が追加のゲインステージのON/OFFとゲインです。

ゲインステージのみをONにすると少しダーティなクリーンブーストとして使うことができ、右側をONにすればTall Font Russian、両方をONにすれば、さらにゲインを上げたハイゲインなロシアンマフサウンドが得られるということです。

ベーシストのシグネチャーモデルですが、ベース用のものではなく、ギター、ベース両方で使うことが出来るモデルということです。

サンプルムービー

確かにベースでもギターでもいけそうなペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「BOSS TU-3s Chromatic Tuner」!大胆にフットスイッチを無くした小型チューナー!登場です!

大胆なフロアマウントチューナーが登場です。

BOSSの定番チューナー、TU-3の表示部を使用する、新しいコンパクトなスラント型ケースを使用するチューナーです。

ES-8、そしてES-5のようなスイッチャーを使うボードでは、いちいちチューナーのON/OFFをする必要は無いというコンセプトのモデルですね。

「バイパス:バッファード」とスペックに書いていますが、バイパススイッチはありません。常時バッファードシグナルが出力される形だと思われます。

チューナーとしての機能は、C0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。

針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えています。

DC INに加え、DC OUTも搭載。常時ONで使用することも考慮してか、電池駆動は非対応です。

サイズ感はこんな感じ。73(幅)×84(奥行)×56(高さ)mm、重さ220gです。

Musikmesseでの様子

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-27

「One Control Lemon Yellow Compressor」!BJFの新作コンプレッサーがOne Controlで登場!

様々なエフェクターやスイッチャーなどを制作するOne Controlから、新しいエフェクターが登場です。

BJF設計、電池の入るミニサイズケースというスタイルのコンプレッサーです。

One Control Lemon Yellow Compressor」。コントロールはLevel、Gain、Ratio。そして側面にComp/Sustain切替スイッチが付いています。

サウンドはBJFらしいナチュラル系コンプ。スタジオクラスのクリアなコンプレッサーから、オーバードライブ的なコンプレッサーをかけることもできます。

あくまでギター/ベース用のコンパクトペダルらしい操作感を持ち、ヴィンテージスタジオ機器のような立体感と暖かさのあるサウンドを作ることができるということです。

シングルコイルでは美しいクリーンに立体感、きらびやかさを加え、ハムバッカーでは音色にずっしりとした安定感が加わります。

ナチュラルなトーンとサステインが絶対に必要なスライドプレイにも適していて、ベースではベーストーンを壊さないナチュラルなコンプレッサーとなります。

Comp/Sustain切替スイッチは、Sustainモードとすることでシグナルの弱い部分にコンプレッションをかけることでロングサステインを得ることができるとのこと。LevelとGainで音量を制御し、最大+18dBまでのブーストも可能。アンプをプッシュするブースターとしても使うことができ、Ratioは1:1〜5:1までの範囲でコンプレッションをかけることができます。

Ratioはスレッショルド、つまりコンプレッションがかかる境界を越えたシグナルをどの程度圧縮するか、というコントロールです。

サンプルサウンド等はまだ無いみたいですが、BJFの新作コンプ、楽しみなペダルです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「LINE6 AMPLIFi 30」!超小型、ステレオの卓上30Wモデリングギターアンプ!

様々なアンプシミュレーターやエフェクターなどを制作するLine6から、卓上の小型アンプが登場です。

この「LINE6 AMPLIFi 30」は、127mm(D)x 267mm(W)x 211mm(H)というコンパクトなギターアンプです。

NAMM SHOWでの様子

サイズ感はこんな感じです。このサイズながら30W出力で、2.5インチスピーカーを2つ搭載。4Wayのステレオアンプです。

200種類以上のアンプとエフェクトや、さまざまな楽曲のトーンを再現するLine 6トーンを作ることもできます。

コントロールはDrive、Bass、Mid、Treble、Reverbノブとさまざまなコントロールを行うノブ、Bluetooth、4つのToneを切り替えるボタン、タップテンポボタンです。

AUX IN、USB、FBV端子やDC IN端子を搭載。

さらに、iOS/Android対応のアプリ、AMPLIFi Remoteを用いて各パラメータの制御や、音楽ライブラリに合わせたトーンの自動設定、オンラインで様々なセッティングのダウンロードやクラウドでのシェア、そして無制限のプリセット保存が可能。セッティングはTwitterやFacebookでのシェアも可能です。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-26

「Gizmotoron 2.0」!自在に無限のサステインを生み出す個性的なツール、ギズモトロンが30年の時を経て復活!

懐かしのツールが新しくなって復活です。

かつて1970年代半ばに開発され、1979年にGizmo社から発売された個性的なツール。10ccのメンバー、ロル・クレームとケヴィン・ゴドレイによって発明され、あのMu-Tronを販売したMusitronics社を前身とするGizmo社から発売されました。

しかし、当時のモデルは信頼性の低い設計、製造上の問題などにより品質が低かったこともあり、すぐに販売が終了してしまいました。

そして2004年、ホフナークラビネットのレストアパーツを開発、製造するアーロン・キプネスが収集を開始、さらに2013年にはオリジナルGizmotronの研究、および復元を行うためのチームを立ち上げ、現代の技術や素材で、新しいギズモトロンが復活しました。

新しくなったGizmotron 2.0は、ギター用とベース用をラインナップしています。

ギター用のGuitar Gizmotron 2.0とベース用のBass Gizmotrion 2.0。基本的な構造は同じですが、構成するギアの数と形状が変わっています。

構造としては、押さえたキーに付いたギアが回転し、それが弦を擦って音を出します。

Guitar Gizmotron 2.0 ギターギズモトロン 国内正規品

Guitar Gizmotron 2.0 ギターギズモトロン 国内正規品

構造はこんな感じ。ギター用はプレーン弦用とワウンド弦用でギアの形が変わっています。

ベース用は全て同じギアで、5つのギアを搭載。スタイルにより取り外すことができるので、5弦ベース、4弦ベースに対応します。

取り付け方

サンプルムービー

サンプルムービー2

使い方はこんな感じ。付属のアダプターやケータイ用のUSB充電器を使用し、USBケーブルから電源を取るという形のモデルとなっています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Ibanez EGEN18-DRG」!超速のイケメン、ハーマン・リの新たなシグネチャーモデル!

メタル、エクストリーム系をはじめ、様々なギターを制作するIbanezから、Dragonforceのギタリストとして人気のハーマン・リの新たなシグネチャーモデルが登場です。

この「Ibanez EGEN18-DRG “Dragon Force ”Herman Li Signature Model」は、Sシリーズを基本としたモデルです。

鮮やかなオレンジ色のフレイムメイプルトップ、マホガニーバックのボディにメイプルとウォルナットの5ピースネック、ローズ指板ジャンボ24F仕様。ピックアップはHSHで、ハーマン・リモデルのDiMarzio HLMセットです。

コントロールは詳細が出ていませんが、以前のモデルと同様だとすれば、1Vol、1Tone、5Wayセレクターで、Volumeノブを引き上げることで前後のPUをコイルタップ。ハーフトーン時の構成も変わります(センター+リアは変わらず)。

ブリッジはゼロポイントシステム搭載のダブルロック、Edge-Zero tremolo bridge w/ZPS3となっています。

オレンジのマッチングヘッド、6弦側のカッタウェイには片手でホーンを掴み上げるような“手形”がついています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-25

「JHS Pedals Morning Glory V4」!JHSのトランスペアレントODがアップデート!

人気の高いアメリカのエフェクターブランド、JHS Pedalsのトランスペアレントオーバードライブが新しくなりました。

この「JHS Pedals Morning Glory V4」は、広く音を作ることの出来るオーバードライブです。

コントロールはVolume、Tone、Drive、そしてGainスイッチ。基本的な機能は変わっていないように見えますが、これまでに比べてヘッドルームを約2倍にまで拡大。またGainスイッチでは新しくなったブーストモードを設定可能。ローエンドが強調されるゲインブーストが可能となっています。

このスイッチは外部ラッチスイッチからコントロールできる形となっていて、FS-5Lなどのラッチ式スイッチを接続して、Gainスイッチをフットスイッチで切り替えることができます。

ノーマルでは青LED、ゲインブースト時は赤LEDとなります。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

 

ギターやアンプのトーンを維持しつつ、ヘッドルームを拡大し、ブーストモードも新しくしたモデルです。「最も扱いやすいトランスペアレントなオーバードライブペダル」を目指しているということですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Barn 3 OX」「OX9」「Tesla Tap」!Eventideのための外部スイッチ!

【新商品】Barn 3 OX 【即納可能】

【新商品】Barn 3 OX 【即納可能】
価格:11,880円(税込、送料別)

アメリカから、変わったブランドが上陸です。

Eventideのストンプボックス用のスイッチを制作するアメリカのブランドですね。

この「Barn 3 OX」は、TimeFactorなどのファクターシリーズ向けのモデルです。

大きく「OX」(Ω×)みたいに書いてある部分がファクターシリーズのペダルを載せるところで、奥に伸びたケーブルを本体のAux Switch端子に接続。2つの外部フットスイッチを加えることができます。

使い方

【新商品】Barn 3 OX9 【即納可能】

【新商品】Barn 3 OX9 【即納可能】
価格:12,960円(税込、送料別)

「OX9」も同様の機能で、H9シリーズ向けのモデルとなっています。

本体のEXP端子に接続し、EXP端子をAUX Switchに設定して使用します。

使い方

【新商品】Barn 3 Tesla Tap 【即納可能】

【新商品】Barn 3 Tesla Tap 【即納可能】
価格:5,184円(税込、送料別)

Eventideのペダルはそれぞれ3つまでのAUX Switchを追加できますが、その3つ目として使えるのがこちらです。OX、またはOX9の右下にあるジャックに接続することで3つめのフットスイッチとして使えるようになっています。また、複数のOXをまとめてコントロールすることも出来るようです。

複数のOXをシンクロ

スイッチのプログラミング

専用モデルとして作られているだけあって、しっかりフィットする形になっていますね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は全体的にそこそこな感じでした。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-24

実は熱い!?最近のコーラスペダル特集! ベース用もあるよ。 Part.2

最近、じわじわと増えつつあるようなコーラスペダル、前回に続き、今回も2014年以降に発売されたコーラスペダルを振り替えってみましょう。

続きを読む

2016-04-23

デヴィ・エヴァー新ブランド、「Fuzz Goddess」、さらに9機種登場!

Fuzz Goddess CLEAN BOOST ファズゴッデス クリーンブースト 国内正規品 Fuzz Goddess DIRTY BOOST ファズゴッデス ダーティブースト 国内正規品 Fuzz Goddess ANIME WAIFU ファズゴッデス アニメワイフ 国内正規品 Fuzz GoddessBASS DRIVE ファズゴッデス ベースドライブ 国内正規品 Fuzz Goddess GISH ファズゴッデス ギッシュ 国内正規品 Fuzz Goddess BITCH LEGEND ファズゴッデス ビッチレジェンド 国内正規品 Fuzz Goddess CANNON BALL ファズゴッデス キャノンボール 国内正規品 Fuzz Goddess CAT FANG ファズゴッデス キャットファング 国内正規品 Fuzz Goddess DEEP BASS ファズゴッデス ディープベース 国内正規品

ブランド始動と共に多数のモデルが発表されたデヴィ・エヴァー氏の新たなエフェクターブランド、Fuzz Goddess。これまで2機種8機種3機種6機種と、すでに19機種が入って来ていますが、今回さらに9機種、来るみたいです。見てみましょう。

Fuzz Goddess CLEAN BOOST

まずはこちら。ブランド名にファズと入っていますが、こちらはクリーンブーストです。

最大+25dBまでのブーストで、トーンに少し煌びやかさが加わるということです。Volumeがブーストレベル。Magnitudeがトーンとなっています。

かつてのDevi Ever PUNCH LOVEが元になっていると言うことです。

PUNCH LOVEのサンプルムービー

Fuzz Goddess DIRTY BOOST

さらにブースター。こちらは、「クリーンブースターを最大にしたときの歪み」を加えるようなブーストです。Volumeノブで全体の音量も調整出来ます。Magnitudeはトーンコントロールです。

Devi Ever PUNCH HATEをベースにしたモデルです。

PUNCH HATEサンプルムービー

Fuzz Goddess ANIME WAIFU

続いてこちら。「アニメワイフ」。なんか“俺の嫁”的な名前です。サブタイトル的にTurning Japanesse。日本はこれで変わった、的な雰囲気でしょうか。

こちらもんブースターで、軽い歪みを加えることもできるとのこと。ここまでの3機種のブースターの中で最も歪みが強いとのことです。

サンプルムービー

Fuzz Goddess BASS DRIVE

もう1つ、ブースターです。こちらは暖かな音を作るブースター。モデル名的にベース用っぽいですが、ギターに使えばメロウな音を作ることができるとのこと。さらいドラムマシンにかけても良いということです。

Volumeで音量、Magnitudeで音色の明るさや飽和感を調整するということですね。

Devi Ever Dark Boostがベースとなっています。

Dark Boostサンプルムービー

Fuzz Goddess GISH

次はファズです。モデル名はGish。これ、英単語としても無いみたいで、出て来るものはスマパンの1stアルバム、Gish。おそらくそれをイメージしたものではないかと思います。

オルタナティブ/グランジなサウンドのファズペダルで、オーバードライブ的な使いやすさもあるモデルと言うことです。

Fuzz Goddessのファズペダルは、基本的にVolumeが音量、Magnitudeが歪みの調整です。その場合は省いていきます。

サンプルムービー

Fuzz Goddess BITCH LEGEND

続いてこちら。強いゲートが特徴のビットファズ。

ビットファズとは、古いゲームみたいな音を出すファズですが、このモデルはさらに強いゲートをかけることもできるということです。

Devi Ever Bitを元にしたモデルということです。

Devi Ever Bitのサンプルムービー

Fuzz Goddess CANNON BALL

次のファズは、クラシックファズを思いっきりクランクアップしたというモデルです。デヴィ・エヴァー氏が長年求めたサウンドを完成させたモデルです。

ベースはDevi Ever DEVINE HAMMERです。

DEVINE HAMMERサンプルムービー

Fuzz Goddess CAT FANG

続いてはゲートが強く、しかしローエンドがはっきりとしたサウンドが特徴というモデルです。ベースでも使えるモデルとのことです。

Devi Ever HOUNDS TOOTHがベースとなっています。

HOUNDS TOOTHサンプルムービー

Fuzz Goddess DEEP BASS

ラストはこちら。「強烈なローエンドのスラッジとパンチ」が特徴というファズ。

Fuzz Goddess SO, THE MIREをダークにしたようなトーンが特徴。Devi Ever STONEをベースとしています。

STONEのサンプルムービー

 

ということで、Fuzz Goddessの新たなモデル、9種類でした。

個人的にGishは弾いてみたい感じがします。あとアニメワイフっていうモデル名はインパクトありますね。英語じゃなくローマ字表記なのも洒落が効いていると思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-22

「VOX Pathfinder 10 Denim PF10-DN “IRON HEART”」!英国アンプブランドが日本のアメカジ系デニムブランドとコラボ!

英国の老舗アンプメーカー、Voxの人気エントリーモデル、Pathfinder 10に新たな限定モデルが登場です。

Vox Pathfinder 10 Denim PF10-DN “IRON HEART”」。バイカーのためのハードなデニムをラインナップする日本のアメカジ系デニムブランドIRON HEARTとのコラボレーションで生まれたモデルです。

10W出力のトランジスタアンプで、Gain、Treble、Bass、VolumeコントロールとOverdriveスイッチを搭載。インプットとヘッドフォンアウトを装備。機能は通常モデルと同じです。

通常モデルのサンプルムービー

キャビネットにデニム地を使用。コーナーにリベットが使用され、グリル右下にはIRON HEARTのタグが入ります。

楽器メーカーとファッションブランドのコラボレーションは、その多くがアパレル製品です。去年のMarshallとFred Perryのコラボなどもありました。

しかし、このモデルや先日のOne Control × Zephyren Zephyren Boosterのように、機材として発売されるのはけっこう珍しいです。

コレクターアイテム的なモデルとしても面白いかもしれませんね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Marshall Astoriaシリーズ」!マーシャルが考える30W出力のブティックアンプ!

英国の老舗アンプメーカー、Marshall。一部のハンドワイヤードなヴィンテージ再現モデルを除き、基本的にスタンダードなギターアンプをメインに制作している定番アンプメーカーです。

そんなMarshallが、ハイエンドなブティックアンプを作ったらどうなるか。それもヴィンテージプレキシ系ではなく、モダンで全く新しいアンプを作ると!?

それが今回のモデルです。「Marshall Astoriaシリーズ」。これまでのマーシャルアンプのイメージを覆すようなスタイル、しかし同時に、よく見ると最初期のマーシャルアンプのスタイルを継承するモデルです。

アメリカンなイメージのレーシングストライプ的なカラー。しかし中央に入るマーシャルロゴはごくごく最初期に使われたブロック体ロゴが復活しており、特にヘッドモデルのフロントパネルに占めるコントロールパネルのバランスは往年のプレキシスタイル。歴史の重みを継承しながら、全く新しい試みをしたシリーズといえそうです。

シリーズには3モデルがラインナップ。1モデルあたりヘッド、キャビネット、コンボがあるので全部で9種類。それぞれ見てみましょう。

Marshall Astoria Classic Head

まずはこちら。ECC83を3本、KT66を2本、整流にGZ34を使用した30Wのフルチューブアンプです。

コントロールはMasterとSensitivity、Bass、Middle、Treble、Edgeコントロールを搭載。Sensitivityはネガティブフィードバックをコントロールし、プリの歪み方を調整し、Edgeはパワーアンプのトップエンドをカットします。出力は30Wと5Wで切り替えることができ、Hi/Loの2インプット仕様。Hiインプットは+6dBとなります。

特にヘッドルームが高く、クリーントーンを得意とするモデルということです。

Marshall Astoria Classic 112

続いてキャビネット。12インチ1発のスタイルです。スピーカーはCelestion Creambackです。

Marshall Astoria Classic Combo

コンボアンプもあります。アンプ部はヘッドモデルと同じ、スピーカーはキャビネットと同じCelestion Creambackが1発です。

サンプルムービー

 

Marshall Astoria Custom Head

続いてこちら。極上のクリーンを作るClassicに対し、歪みを作るのがこのCustomです。

ECC83を4本、KT66を2本、整流にGZ34を1本使用する30W出力のチューブアンプです。

コントロールはGain、Boostスイッチ、Treble、Middle、Bass、Edge、Master。マスターが付いた2Volスタイルで、Classicよりも増幅段を増やしたプリアンプ。まさにかつての「カスタム」されたモデルというイメージですね。

Boostスイッチはプリ部のブーストで、ゲインをアップします。クランチからハイゲインまでに対応しています。さらにGainノブを引き上げることで低域、Trebleノブを引き上げることで高域をブーストできます。出力を5Wに切り替えることもできます。

また、こちらはエフェクトループも搭載しています。

Marshall Astoria Custom 112

そしてこちらはキャビネット。12インチ1発です。スピーカーはCelestion Creambackです。

Marshall Astoria Custom Combo

で、こちらがコンボモデル。Classic同様、ヘッドモデルとキャビネットを合わせた形です。

サンプルムービー

 

Marshall Astoria Dual Head

そして最後がDualモデル。クリーンと歪みの2ch仕様のモデルで、ClassicとCustomを合わせたようなスタイルです。コントロールはClean Volume、OD Gain、OD Volume、Treble、Middle、Bass、Edge、Master。Clean Volumeノブを引き上げるとODチャンネルになります。OD Gainを引き上げれば低域をブースト可能。エフェクトループも搭載します。出力を5Wに切り替えることもできます。

Marshall Astoria Dual 112

で、こちらがキャビネット。他のモデル同様、Celestion Creambackが1発です。

Marshall Astoria Dual Combo

そしてコンボモデル。他のモデル同様、ヘッドとキャビネットを合わせたスタイルです。

サンプルムービー

 

これはしかし、実際に弾いてみたいですね。もちろんハンドワイヤードで製作されています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-21

「Dwarfcraft Devices Twin Stags」!ドワーフクラフトからツイントレモロが登場!ユーロラックシンセとの連携も可能!

個性的なサウンドを作るペダルを多く制作し、またユーロラックなどのシンセモジュラーからのアプローチにも熱心なDwarfcraft Devicesから、トレモロペダルが登場です。

この「Dwarfcraft Devices Twin Stags」は、独立したトレモロ回路を2つ搭載するペダルです。Dwarfcraft初のモジュレーションペダルです。

2つのトレモロはそれぞれRate、Shape、Depthコントロールを搭載。トレモロ1が速いトレモロ、トレモロ2が遅いトレモロを作るものです。Depthコントロールは「アッテインバーター」。「時計回りに回せばCVのポジティブアクションが増幅され、反時計回りに回せばネガティブにスウィング」という動きで、トレモロエフェクトとしては音量の調整となりますが、他の機器とCVで連携するときに有効なコントロールとのこと。

また、2MOD1というスイッチにより、トレモロ2の揺れをトレモロ1のLFOで駆動させることができるということです。

また、2つのエクスプレッションペダル端子を搭載。2つのLFOをそれぞれ個別にエクスプレッションペダルで操作可能。

さらに、4つのミニプラグ端子を搭載。ユーロラックなどのシンセモジュラーと連携できるCVインプットとアウトプットです。2つのCVインプットは2つのLFOをそれぞれ個別に外部CVでコントロールします。そして2つのCVアウトプットは、どちらもLFO1の出力。片方はDepthコントロールをかけた後、もう片方はDepthコントロールがかかる前のLFO波形をCVで出力できるということです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

ピッチが変わったり、発振したり、超絶な歪みを作ったり・・・そういう派手なスタイルのペダルではありませんが、他のペダルやシンセと連携させることで面白い効果を得られるモデルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「LINE6 Firehawk 1500」!なんと1500W出力!ライン6の新たなデジタルモデリングコンボアンプ!

様々なデジタル機器を製作するLine6から、新たなモデリングコンボアンプが登場です。

この「LINE6 Firehawk 1500」。なんと1500Wという超大出力のアンプです。

Line6 / Firehawk 1500 ギターアンプ ファイアーホーク1500 ライン6

搭載されるモデリングは、Firehawk FXに準じたもの。PODシリーズで培ってきたモデリング技術を受け継ぎ、人気のあったモデリングや50のHDモデリングを含む多数のモデリングを収録、さらに多くのエフェクトを収録し、その総計は200種類を超えます。Firehawk Remoteアプリでの操作が可能。本体には128プリセット、さらにアプリを使用し、Bluetoothでの操作により無限大にプリセットを保存することができます。また、もちろんUSBによりPCからの操作、連携も可能です。

Line6 / Firehawk 1500 ギターアンプ ファイアーホーク1500 ライン6

アンプを斜めに立てられるスタンドも装備しています。

Line6 / Firehawk 1500 ギターアンプ ファイアーホーク1500 ライン6

入出力端子はギターインプット、ステレオ対応、XLR/TSコンボ端子のモニターインプット(Gainコントロールを搭載)、ステレオ対応のエフェクトループ(ストンプ/ラインレベル切替可能)、XLRのメインアウト(グラウンドリフト対応)、ヘッドフォンアウト、MIDIINとOUT/THRU、VARIAX、FBVペダル端子、USB端子となっています。

Line6 / Firehawk 1500 ギターアンプ ファイアーホーク1500 ライン6

1500Wという大出力ですが、それを6つのスピーカーに分散することで小音量でも使用可能。

高域がクラスABでピーク153W/80W RMS、中域+高域がステレオクラスDで、ピーク153W/80W RMS×2、低域がクラスDでピーク1200W/440W RMS。高域は1インチ、中域+高域は5.5インチ×2×2(中域、高域それぞれステレオで4スピーカー)、低域が12インチスピーカーという形です。プレゼンス領域をアナログアンプで出力しているのがポイントでしょうか。

サンプルムービー

イントロダクションムービー

 

大きなステージから自宅まで自在に使えるアンプにハイクオリティなモデリングを収録するというスタイル。フレキシブルに使えるモデルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Digitech TRIO+ Band Creator + Looper」!1人でトリオバンドを作ることの出来る革新的ペダルにルーパー付の進化版が登場!

アメリカの大手エフェクターブランド、Digitechが2015年に発売し話題となった、自動でギターに伴奏を付けてトリオバンドにしてくれる「TRIO」がさらに進化しました。

この「Digitech TRIO+ Band Creator + Looper」は、以前のTRIOにルーパーを追加し、機能を強化したモデルです。ギターのバッキングとサンプリングループを組み合わせ、より複雑な構成や展開を作ることも可能となっています。このルーパーは無制限のオーバーダビングが可能なオーディオループで、12曲分のサンプリングループをSDカード、またはUSBからPCに保存することが出来ます。

また、TRIOでは3つの展開に対応出来るPARTがありましたが、今回のモデルでは5つのパートを保存可能。ブルースやロック、ポップ、ヒップ・ホップ、ジャズなど設定出来るジャンルも12種類に拡大し、それぞれに12のスタイルを設定できます。

そしてエフェクトループ(ルーパーのことじゃないですよw)も追加。これまでどおりのフルステレオ対応で、操作性も大きく変えることなく、さらなる機能性の拡充を実現したモデルとなっています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

Digitech FS-3Xや、同様の機能を持つTC Helicon Switch 3One Control Minimal Series AUX SWITCHなどを使うことで、操作性も大きく向上させることができます。

強力に進化しましたね。これは面白そうだと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-20

「Marshall C5-01D1 Class 5 Roulette combo」! 5Wのフルチューブマーシャル、Class 5が赤黒カラーで限定復活!

英国に老舗アンプメーカー、Marshallがかつて2009年に発売した、クラスAの5Wの小型チューブアンプが限定で復活です。

この「Marshall C5-01D1」は、見ての通りのインパクトあるカラーで作られるモデルです。

ブラックのキャビネットに赤いグリルが特徴。モデル名「Class 5 Roulette combo」の通り、ルーレットカラーのアンプです。

ECC83が2本、EL84が1本。Volume、Treble、Middle、Bassコントロールを搭載。

5W出力のチューブアンプですが、Low Power Modeで0.05Wへと落とす事もできます。

スピーカーは10インチのセレッションG10F-15。機能自体はかつてのモデルがそのまま復活していますね。(2009年発売当時のバージョンではなく、アップデートされた2011年バージョンの復活と成ります。)

限定モデルとなります。

2011年モデルのClass 5サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「BOSS TU-01 Clip-on Chromatic Tuner」!ボスの新たな低価格クリップチューナー!

本日、BOSS VE-8 Acoustic Singerの発売、予約が開始されたBOSSから、クリップチューナーも登場です。

この「BOSS TU-01 Clip-on Chromatic Tuner」は、手頃な価格のシンプルなクリップチューナーです。

A0(27.5Hz)〜C8(4,186.0Hz)の範囲に対応する、A4=440Hz固定。クロマチック、ギター、ベース、ウクレレモードを搭載し、精度は±1セントです。

CR2032ボタン電池を使用し、連続で25時間程度の駆動が可能。バックライトも付いていて、7分程度で自動的にOFFになる機能も備えています。

BOSS / TU-01 Clip-on Chromatic Tuner

サイズはこんな感じです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「BOSS VE-8 Acoustic Singer」!エレアコで弾き語るギターヴォーカルのためのマルチエフェクトが登場!

【新製品】BOSS VE-8 Acoustic Singer

【新製品】BOSS VE-8 Acoustic Singer
価格:37,800円(税込、送料込)

様々な定番エフェクトをラインナップ。最近さらなる進化を見せるBOSSから、新たなエレアコ用マルチエフェクトが登場です。

BOSSのエレアコ用マルチといえば、長年にわたり制作されているAD-8などがありますが、今回のモデルはエレアコを弾き語るシンガーのために作られたというモデルですね。

BOSS VE-8 Acoustic Singer」。発売は今月、4/29を予定。ヴォーカル用エフェクトとエレアコ用エフェクトを組み合わせたスタイルのマルチエフェクターです。

ヴォーカルパートはエンハンス、ピッチコレクト(ピッチ補正)、7種類のハーモニー、ディストーション、エレクトリックリバーブ、3バンドEQ、ローカット。

ギターパートはアコースティックレゾナンス、コーラス、トレモロ、フェイザー、ディレイ、モジュレーションディレイ、オクターブ、スローギア、リングモジュレーター、リバーブ、3バンドEQ、ローカット、ノッチフィルター、フェイズ(位相)を搭載。80秒のフレーズルーパーも入り、50種類のプリセットを保存可能です。

これまで見かけないスタイルの大きな丸くて黒いフットスイッチは、前(マイク)を向いて歌いながらでも操作をすることを考慮してのものではないかと思います。

BOSS Acoustic Singer VE-8

入出力はファントム電源対応、マイクセンシティビティコントロール搭載のマイク用のXLRインプットとギター用のインプット、Auxインプット、アンバランスドステレオアウト、XLRステレオアウト、ラインアウト、グラウンドリフトスイッチ、メモリー切替用の外部スイッチ端子、USB端子、電源端子、電源スイッチとなっています。USBはオーディオインターフェイスとしても使えます。つまり弾き語りで「歌ってみた」も可能。

駆動はアダプター、または単3電池6本。電池の場合、ファントム電源OFFで4.5時間、ONで2.5時間程度。

イントロダクションムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は全体的にそこそこな感じでした。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-19

実は熱い!?最近のコーラスペダル特集! ベース用もあるよ。 Part.1 

コーラスペダル。最近使っていますか?70年代に開発され、80年代、その透き通った暖かで太いトーンで一世を風靡。クリーントーン=コーラスサウンドといえるほど多用された煌びやかな音色。

90年代になるとその太いトーンは受け継がれ、カート・コバーンのSmall CloneやPoly Chorus、ジョン・フルシアンテのCE-1など、そのサウンドを代表するモデルも有名です。

国内ではその耽美な音色がV系のプレイヤーにも人気。コーラスをかけてマイナーなアルペジオが多用されることもありました。

しかし21世紀になり、音に奥行きを加える役割は、徐々にリバーブへと移っていったように思います。シューゲイザーなどの多数のエフェクトを組み合わせるスタイルの一般化もその一端となっているかもしれません。例えば歪みと合わせると、コーラスはクリアさよりも暖かさが目立つのに対し、リバーブはクリアなまま。さらに幻想的なリバーブトーンも増え、異世界のような音色を作る上で不可欠な要素となっていたのも事実だと思います。

ところが、ここ最近、コーラスペダルがまた熱くなっていると感じます。今回は、2014年以降に発売されたコーラスペダルを振り替えって、最近のコーラスペダルを見てみたいと思います。

・・・で、まとめてみると思っていた以上に膨大な数のペダルが出ていました。そこで、全3回の特集にしてみます。今回はPart.1。ブランド名がAから順に、9台のコーラスペダルを見てみましょう。

続きを読む

2016-04-18

「Squier Limited Edition Bullet Tele HS」!スクワイアのエントリーモデルに、「リアハム」スタイルのテレキャスターが限定で登場!

Fender系ギターのエントリーモデル、ベーシックモデルを多くラインナップするSquierから、限定のテレキャスターが登場です。

Squier Limited Edition Bullet Tele HS」。クラシックなテレキャスターシェイプですが、モダンな雰囲気を持つギターですね。

バスウッドボディ、メイプルネック、ローズ指板22F。ピックアップはフロントがシングル、リアがハムバッカーとなっています。

1Vol、1Tone、3Wayセレクターに、6サドルのブリッジとなっています。

ブリッジはいわゆるハードテイルブリッジで、テレキャスターの特徴でもあるブリッジプレートは無く、リアハムバッカーはスタンダードなエスカッションマウントとなっています。

ハードウェアはブラック。そしてざらついた雰囲気のガンメタ的なピックガードの組み合わせ。これがクラシックなテレキャスにモダンな印象を加えていますね。

手頃、というかスクワイアの中でも特にベーシックなモデルです。なんだか「元気の良い」音を出してくれそうなギターですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Ibanez MINI LINK PA01K5L」!アイバニーズから新たなソルダーレスケーブルが登場!

多数のギターやエフェクターに加え、ケーブルなども制作するIbanezから、新たなソルダーレスケーブルが登場です。

この「Ibanez MINI LINK」は、シンプルな構造のソルダーレス、ソルダーフリーケーブルです。

いわゆるはんだを使うことなく制作できるケーブルのキットですね。このキットはL字型のプラグ6個、ケーブル1.5m程度がセットとなり、3本のケーブルを制作できるキットとなっています。

Ibanez “MINI LINK” ソルダーレス・パッチケーブル自作キット [PA01K5L]

ケーブルはOFCを使用した50本の芯線、シールドにもOFCを使用しています。

Ibanez “MINI LINK” ソルダーレス・パッチケーブル自作キット [PA01K5L]

プラグはL字型のみ。ソルダーレス系のケーブルではあまり見かけないスタイルの形状となっています。

Ibanez “MINI LINK” ソルダーレス・パッチケーブル自作キット [PA01K5L]

作り方はこんな感じ。必要な長さのケーブルを切って、プラグに差し込み、ネジを留めるという形です。

 

これまで各社、いろいろなソルダーレスケーブルを制作しています。これまではLava Cableのようなケーブルメーカーが制作するのが主流でしたが、最近はFree the ToneOne Controlのようなスイッチャー/エフェクターブランドがそのラインナップにケーブルを加えはじめ、そして今回、ついにIbanezという大手メーカーが参入です。

今後もっともっと一般的になっていくのではないかと思われるこのスタイルのケーブル。これからも注目ですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-17

島村楽器オンライン限定、さらに数量限定の「大人のエレキギターセット」がすごく良い

楽天の島村楽器などのネットショップも展開する島村楽器。そのオンラインショップ限定、さらに数量限定で、面白いセットが登場です。

大人のエレキギターセット」。

内容はすごくシンプル。フジゲンのストラトタイプ、FUJIGEN JST6R、またはテレキャスタータイプのFUJIGEN JTL6Rを基本としたセットです。

どちらもバスウッドボディ、Uシェイプのハードメイプル1ピースネック、ローズ指板22F。フレットはフジゲンならではのサークルフレッティングシステム搭載。

ピックアップはストラトの方が63VSを3つ、テレの方が52T-F/52T-Rのコンビ。

ストラトは1Vol、2Tone、5WayセレクターにシンクロナイズドトレモロタイプのS-88ブリッジ。テレは1Vol、1Tone、3Wayセレクターに裏通し3サドルのTP-T6ブリッジです。

どちらもFender Japan Exclusive Seriesの60sベーシックモデルと近い形ですね。

そこに、エフェクトやアンプシミュレーターを内蔵する人気コンボアンプ、Yamaha THR5をセット。

「VCMテクノロジー」というYAMAHAのモデリングテクノロジーを使用した、モデリングアンプ。CLEAN/CRUNCH/LEAD/BRIT HI/MODERNのサウンドを搭載。

さらにコーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロ、ディレイ、ディレイ/リバーブ、スプリングリバーブ、ホールリバーブ、さらにPCからエディットできるTHR Editorを使用すればコンプレッサーとノイズゲートも使用可能。

インプット、ヘッドフォン、Aux IN、USB、DC端子を搭載。コントロールはAmp、Gain、Master、Tone、Effect、Dly/Rev、Volume、Tap/Tunerスイッチです。

単3電池8本、またはアダプターで駆動。USBを使用すればオーディオインターフェイスとしても動作し、DAWソフトウェア、CUBASE AIをダウンロードして使うことも可能です。

オーバービュームービー

そして、History Pro Seriesの3m S/Sケーブルと、モデル名は指定されていませんがストラップ、クロス、ピックが付属。

 

大人になってからギターを始める人向け、というスタイルの「大人向け」ギターセット自体はこれが初めてというわけではもちろん無く、ベーシックモデルの中でちょっと上位なモデルを基本としたセットなどはけっこうあったりします。

ですが、この「大人のエレキギターセット」はまさに秀逸。必要で使えるものだけを凝縮し、余計なものが入っていないセットとなっています。

例えば「弾いてみた」だったりとかにも即座に対応可能ですし、いろんなアンプやエフェクトの音色を学ぶこともできます。

唯一足りないものといえばギタースタンドくらい。あとはチューナーも個別にあれば(THR5に搭載されているので使えますが)、とは思いますが、それでもここまでシンプルで必要なものだけが入ったセットは初めて見ました。

オンライン販売限定、数量限定ということですが・・・これは続けて欲しいと思います。

こういうシンプルで分かりやすくて、それでいていろんなスタイルに対応出来るセット、もっと増えると良いと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

MXRのリバーブ、「MXR M300 REVERB」、公式動画出てた

定番エフェクターブランド、MXRが今年発表し、もうすぐ日本にも入ってくると思われるリバーブペダル、「MXR M300 REVERB」。音の雰囲気が分かりやすい公式の動画が出ていたので、載せたいと思います。

公式サンプルムービー

この動画すごい作り込まれていて良い感じだと思います。

コントロールはDecay、Mix、Toneの3ノブ。そしてToneノブをプッシュすることで、Plate/Spring、Epic/Mod、Room/PADのサウンドを選択可能。6つのリバーブサウンドを切り替えられます。

Plateはスタジオ系のナチュラルなリバーブサウンド、Springはクラシックアンプに搭載されるスプリングリバーブを再現したもので、Toneコントロールで音色を大きく可変できます。Epicは複雑なモジュレーションとユニークなディレイラインが織りなす個性派エフェクト、Modはプレートリバーブにモジュレーションを付加したもの、Roomはいわゆるルームリバーブで、PADは上下オクターブにモジュレーションを加えて作られる幻想的なリバーブエフェクトとなっています。

エクスプレッションペダル端子も搭載し、Dunlop DVP4 VOLUME (X) MINI PEDALなどで「2種類のノブセッティングを切替/ブレンド」可能です。

これもまた楽しみなペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-16

「Lovepedal Kalamazoo Overdrive Silver Aluminum」「Super Six Stevie Mod 」「Butterfly Kiss」!ラブペダルから新作ペダル3機種登場!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Lovepedalから新作ペダルが3機種登場です。

Lovepedal Kalamazoo Overdrive Silver Aluminum

まずはこちら。ラブペダルの人気オーバードライブ、Kalamazoo Overdriveのニューバージョンです。

スムースなトーン、ハイクオリティなサウンドが特徴のペダルですね。オリジナルモデル同様のヴィンテージパーツを使用して制作されたモデルです。

コントロールはLevel、Drive、Tone、Glass。スタンダードな4ノブとなり、最初のモデルよりも操作性が高められています。

初期モデルのレビュー

サンプルムービー

Lovepedal Super Six Stevie Mod

続いてはこちら。かつてLovepedalが制作していた、「ヴィンテージフェンダーアンプのマジック6サウンドを作る」ペダルが復活です。

今回のモデルはSRVのサウンド、「スティーヴィー・トーン」を作るようモディファイされたモデルとなっています。

コントロールはLevel、Drive、Bass、Trebleですね。

サンプルムービー

初期のモデルの試奏レポート

Lovepedal Butterfly Kiss

最後にこちら。こちらはCE-1サウンドを再現するというコーラスペダルですね。

コントロールはPace、Span、Tint、Massコントロール。Paceはマスタースピード、Spanはスムース、コーラスの広がりをコントロール、Tintはアクティブトーン、Mashドライ/ウェットミックスです。

サンプルムービー

 

定番モデルの復活、マニアックなブースターの新バージョン、そして新たなコーラス。面白いペダルが出てきましたね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

ボグナーのプレキシペダル、「Bogner La Grange」が遂に発売!

話題のペダルがついに入って来たようです。

Bognerが考えるプレキシペダル、Bogner La Grange。ついに発売ですね。

コントロールは、Volume、Tone、Ch.Blend、Gain、BoostノブとGain、Variac、Presence、Structureトグルスイッチ、OnとBoostフットスイッチを搭載。

Gainスイッチは3モードのゲインレベル切り替え、VariacスイッチはONにすると、アンプの電圧を下げたときのサウンドを再現し、Presenceスイッチはオープンで明るいトーンとマイルドで太いトーンを切替、Structureスイッチはローエンドのタイトなサウンドとルーズなサウンドを選択します。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル端子、アダプター端子を搭載。エクスプレッションペダルはここにヴォリュームペダルを接続することでVolumeとGainをリアルタイムにコントロール可能。

公式ティーサー

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-14

「MU-FX Boostron 3」!Mu-Tron開発者のブランドによるプリアンプ、コンプレッサー、歪みを合わせたペダルが登場!

かつてMu-Tronの開発を行っていたマイク・ビーゲル氏とギタリストランド・アンダーソン氏によって開発された、ギター用のトーンジェネレーターが登場です。

この「MU-FX Boostron 3」は、プリアンプ、コンプ、歪みを組み合わせて作られたペダルですね。

本体には3つのセクションを搭載。まずBlasterセクション。ここはプリアンプ/ブースターで、アレンビックのサーキットをイメージしたFET回路を搭載。Boost、Brightコントロールとトグルスイッチによるバイパススイッチを搭載しています。

続いてコンプレッサーのSqueezerセクション。ここは、あのオレンジスクイーザーを再現したものとなっています。コントロールはJuiceとOutput。右側のフットスイッチでON/OFF可能です。

そして歪みを収めたSlackerセクション。ここはLM308Nを使用したオーバードライブ〜ディストーションを内蔵。Gain、Levelコントロールと+/-/フラットのBassスイッチ、さらにCOMP/EXP/DISTのMODEスイッチを搭載。MODEスイッチはクリッピング切替で、対称クリッピング、非対称のローコンプレッションクリッピング、LEDによる非対称クリッピングを選択できます。左側のフットスイッチでON/OFF可能です。

インプット、アウトプットに加え、エフェクトループも搭載。ループはBlasterとSqueezerの間にあるということです。

 

サンプルムービー

これはちょっと弾いてみたいペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

デヴィ・エヴァー氏の新ブランド、「Fuzz Goddess」のニューモデル、さらに6機種登場!

Fuzz Goddess ATOMIZER 4K ファズゴッデス アトマイザー 4ケー 国内正規品 Fuzz Goddess ATOMIZER LIMITED ファズゴッデス アトマイザーリミテッド 国内正規品 Fuzz Goddess EFFECTOR 13 ファズゴッデス エフェクター13 国内正規品 Fuzz Goddess FATHOM ファズゴッデス ファゾム 国内正規品 Fuzz Goddess FUCKTAVIA ファズゴッデス ファックタヴィア 国内正規品 Fuzz Goddess EXIT FUZZ ファズゴッデス イグジットファズ 国内正規品

膨大なラインナップを制作するデヴィ・エヴァー氏の新たなエフェクターブランド、Fuzz Goddess。すでに2機種8機種3機種と続けて発売されていますが、今度はさらに6機種入って来たようなので見て行きましょう。

Fuzz Goddess ATOMIZER 4K

まずはこちら。Fuzz Goddessの代表的なモデルとなるかもしれないモデルです。

デヴィ・エヴァー氏の制作してきたペダルは、基本的に1機種で1つの音というコンセプトのものが多かったですが、こちらは1台で様々な音を出せるというモデルです。

Volume、Gain/Gate、Fine、Anamorphosisコントロールを搭載。Volumeは音量、Gain/Gateがゲインおよびファズのゲートの強さ、Fineは音色の微調整で、最大にすると発振、Anamorphosisは歪みの質感や強さを調整するというものとなっています。

サンプルムービー

Fuzz Goddess ATOMIZER LIMITED

続いて、Atomizerの2ノブモデルです。限定モデルという言及はなさそうなので、ノブの数を制限していることからLimitedということのようですね。(特急=止まる駅を制限した急行=Limited Expressと同様の感覚ですね。)

コントロールはVolumeとAnamorphosis。Anamorphosisは最大で発振するということです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

Fuzz Goddess EFFECTOR 13

続いてこちら。デヴィ・エヴァー氏が最初に主宰したエフェクターブランドの名前を冠したモデルです。2つのゲインステージを組み合わせたペダrうで、「レスポンスが高く、アンプをプッシュするブーストからオーバードライブ、そしてクラシックファズ」を作ることが出来ると言うことです。

コントロールはVolumeとMagnitude。Magnitudeがファズのゲインとなります。今回ご紹介するモデルは、最初のAtomizerを除き、全て同様のコントロールとなります。

Devi Ever Silicon Transistor Bi-Fuzzが元になっています。

Silicon Transistor Bi-Fuzzのサンプルムービー

Fuzz Goddess FATHOM

続いてこちら。

「クラシカルな雰囲気とモダンなゲインを融合させたようなファズペダル」ということですね。轟音ながら棘が少なく、クラシックな雰囲気を持ったペダルということです。

サンプルムービー

Fuzz Goddess FUCKTAVIA

続いてこちらです。ファックタヴィアというインパクトのある名前ですね。

こちらは「音の悪いヘンドリクスのライブレコーディング」からインスピレーションを受けたというペダルです。ジミのブートレッグか何かかもしれません。

「脳が破裂するような迫力、轟音の支配するオクターブファズ」が特徴のペダルとのことですね。

「Devi Ever Destructo Noctavia」というペダルが元になっています。

Destructo Noctaviaのサンプルムービー

Fuzz Goddess EXIT FUZZ

最後にこちら。EXIT FUZZです。こちらはベース用として作られたモデルで、太いローエンドが特徴のファズペダルということです。

サンプルムービー

 

すごい勢いでいろいろなペダルが出ていますね。ほぼ全てファズ。ファズだけでこれだけのペダルを作ることができるというのはすごいですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「One Control × Zephyren Zephyren Booster」!ワンコントロールとファッションブランド、ゼファレンのコラボによるブースター!

様々なエフェクターや関連機器などを製作するOne Controlと、ストリート系のファッションブランド、Zephyrenのコラボレーションによるブースターが登場です。

この「One Control × Zephyren Zephyren Booster」は、シンプルな1ノブのブースターです。

ミニサイズで電池駆動可能、BJFのデザインによるクリーンブーストです。

スペックを見る限り、Granith Grey Boosterと同様のモデルとなっているようです。

筐体のデザインはZephyrenが手がけ、インパクトのある外観となっています。

Granith Grey Boosterのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-13

「AED Blue Bee 復刻版」「Nobunaga 復刻版」!Chuya-Onlineのオリジナルブランドが復活!

公式ショップをはじめ、楽天のchuya-onlinechuya-online FUKUOKAUSED・OUTLET chuya-onlineなど多彩なオンラインショップでも知られるチューヤオンラインがかつて行っていたオリジナルブランドが復活です。

「AED」というエフェクターブランド。2008年頃、無骨なスタイルでエフェクターなどを制作していたブランドです(当時のAED Blue Beeのレビュー)。そのオーバードライブとファズが新しくなって復活しました。

AED Blue Bee 復刻版

まずはこちら。オーバードライブペダルのBlue Bee復刻版です。

TSスタイルのオーバードライブで、コントロールはVolumeとGainのみのシンプルな形。バッファレスのいわゆるSon of Screamer系のペダルかと思います。ハイレンジでレスポンスが高く、ナチュラルなサウンドが特徴です。

「ゲインを下げた状態でボリュームを上げると、ミッドブースト的な芯の太いサウンド。

ゲインを上げていくと、ややザラッとした質感がありつつも、独特の艶と太さを感じさせるオーバードライブサウンドとなります。」というペダルですね。

当時のモデルは電池駆動のみでON/OFFのLEDもないスタイルでしたが、復刻版ではLED付トゥルーバイパス、DCインプット端子も搭載しています。

 

AED Nobunaga 復刻版

もう1つ、こちらはファズペダルですね。当時もほとんど生産されなかったというこのペダルは、ビッグマフ系を基本としたファズペダルとなっています。

コントロールはVolume、Tone、Sustain。まさにBig Muffなスタイルのペダルです。

単にビッグマフをそのまま作ったのではなく、「歪み方に変化を持たせ、より荒々しく、迫力のあるサウンド」が特徴とのこと。様々なジャンルに合わせて使うことが出来、ベースとの相性も良いということです。

こちらもLED付トゥルーバイパスです。DCインプットは搭載しません。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Eno Music EQ7」「Reverb」「ACH」!手頃でミニサイズのイコライザ、リバーブ、アコギ用コーラス!

Eno Music エノ・ミュージック グラフィック・イコライザー EQ7 【国内正規輸入品】 Eno Music エノ・ミュージック リバーブ Reverb 【国内正規輸入品】 Eno Music エノ・ミュージック コーラス ACH 【国内正規輸入品】

ミニサイズペダルを中心に、手頃なペダルを多く制作する中国のEno Musicから、新しいペダルが3機種登場です。それぞれ見てみましょう。

Eno Music EQ7

まずはこちら、イコライザーです。独特のスタイルでミニサイズの中に7バンドグラフィックEQを内蔵。グラフィックEQといえば縦置きのフェーダーを並べたものが一般的ですが、こちらはフェーダーを横置きにすることでミニペダルの中に8つのフェーダーを並べました。7つの各バンド、中心周波数は低域から順に63、125、250、500、1.0k、2.2k、5.0kHz。およびマスターLEVELフェーダーを搭載。これらをそれぞれ±15dBの範囲で操作可能。

さらにフットスイッチ脇にLEDを搭載し、この小さなケースのサイズをめいっぱい使ったスタイルのトゥルーバイパスイコライザーです。

これは素晴らしいですね。

 

Eno Music Reverb

続いてリバーブペダル。3種類のリバーブアルゴリズムを搭載するスタイルのペダルとなっています。

コントロールはLevel、Dry/Wet、Timeコントロールと、1つのノブでRoom、Spring、Well(深いリバーブ)を順にコントロールできるスタイル。デジタルエフェクト搭載のアンプなどに搭載されるスタイルのノブを使用することで、ミニサイズに3モードのリバーブ、4つのパラメータ操作を実現しています。

 

Eno Music ACH

そしてこちら。アコースティックギター用のコーラスペダルです。エレキギター用よりも深いコーラスをかけることができるということですね。

コントロールはLevel、Depth、Tone、Rate。こちらはスタンダードなスタイルながら、ミニサイズのアコギ用コーラスというのは今まで見たことがないペダルだと思います。

 

革新的なEQ、3アルゴリズムのリバーブ、そしてアコギ用コーラス。かなり攻めたスタイルのペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-12

「Keeley Electronics Tone Workstation」!コンプレッサー、ドライブ/ブースター、さらにオーバードライブをまとめたアナログ感覚なマルチエフェクター!

精力的に新製品を開発する老舗エフェクターブランド、Keeley Electronicsから、新たなペダルが登場です!

この「Keeley Electronics Tone Workstation」は、アナログペダルな操作感覚で使えるマルチエフェクターです。

内蔵するのは、コンプレッサー、ドライブ/ブースター切替、オーバードライブという3つのセクションです。

コンプレッサーは定番のCompressorを基本にBlendを追加したスタイルで、Level、Sustain、BlendコントロールとTreble/Stockスイッチを搭載。JHS Pedalsとのコラボレーションで話題となったJHS/Keeley Steak & Eggsに搭載されたコンプレッサーセクションと共通するスタイルですね。

続いてドライブ/ブースターセクション。ここはマーシャル、ブルースブレイカーのサウンドを基本とする1962 Overdriveと、長年制作されるブーストペダル、Katana Boostを切り替えられるセクションです。コントロールはLevel、Tone、Driveコントロールと1962/Katana切替スイッチとなっています。

最後にオーバードライブセクション、ここはKeeleyの定番TSモディファイペダルを基本として作られるRed Dirt Overdriveを搭載。Level、Tone、DriveコントロールとBaked/Mod+スイッチを搭載。KeeleyのTSモディファイを2種類、切り替えて使うことができます。

ギターの基本的なトーンを作る。それがこのペダルの目的となっています。駆動はアダプタのみとなっています。

このスタイルのペダルとしては珍しい、中央に寄せたトップマウントジャック。ペダルボード上で左右の必要なスペースを削減し、ボードへの設置が楽になっています。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「L.R.Baggs STADIUM ELECTRIC BASS DI」!LRバッグスからベース用プリアンプ、DIペダルが登場!コンプレッサーも内蔵!

アコースティックギター用の機器などを中心に、様々なモデルを制作するL.R.Baggsから、ベース用のプリアンプ/DIペダルが登場です。

「L.R.Baggs STADIUM ELECTRIC BASS DI」。ハイクオリティなスタジオサウンドを作ることの出来るベース用プリアンプ/DIペダルとなっています。

コントロールはVolume、Gain、Attack、Growl、Comp EQコントロールとFatスイッチ、Driveスイッチです。

Driveスイッチは歪みを強く加えるスイッチ、Fatスイッチは3モードで、音色をブーストします。Attackは高音域の明るさ、Growlは音色の暖かさと倍音成分を調整します。Comp EQコントロールは音色全体を整えるためのコントロールです。

インプットレベルを調整するGainコントロールの隣にはインプットレベルが一目で分かるVUメーターを搭載します。端子はインプットレベルインプット、アウトプット、そして本体上部に設置されたXLRアウトです。側面にはXLR端子の出力を切り替えるPADスイッチ、およびXLRのグラウンドリフトスイッチを装備します。

また、本体にあるフットスイッチはバイパススイッチではなく、ミュートスイッチ。ベースを持ち変える際などに出力をミュートすることができます。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-11

「Fuzz Goddess MIG BUFF」「RUDE BEE」「LASER CAT」!デヴィ・エヴァー氏の新ブランド、さらに3機種登場!

Fuzz Goddess MIG BUFF ファズゴッデス ミッグバフ 国内正規品 Fuzz Goddess RUDE BEE ファズゴッデス ルードビー 国内正規品 Fuzz Goddess LASER CAT ファズゴッデス レーザーキャット 国内正規品

ファズを中心に、膨大なラインナップが制作されるデヴィ・エヴァー氏の新たなエフェクターブランド、Fuzz Goddess。さらに3機種が入って来るようなのでご紹介します。

Fuzz Goddess MIG BUFF

まずはこちら。モデル名が印象的なペダルですね。

「ミッグバフ」。言うまでも無く、Big Muffを意識したモデル名ですね。

このペダルは、Effector13やDevi Everなど、歴代のデヴィ・エヴァー氏が制作したファズペダルのサウンドをいろいろ作ることが出来るというモデルです。

もちろん全てを完全に網羅する、というわけでは無いと思いますが、「基本的に分厚く甘い音色で、音の壁のようなファズサウンド」で、Afterburnerノブにより歪みの特性などが変わるということですね。

サンプルムービー

Fuzz Goddess RUDE BEE

続いてこちら。ソリッドで鋭いファズサウンドを作るというモデルです。

コントロールはVolumeとMagnitude(歪みの強さ)。「ジャキっとしたオーバードライブ/ディストーションから鋭く突き刺さるようなファズサウサウンドまで」をカバーし、最大ではノイズが混ざるようなサウンドになるということですね。

サンプルムービー

Fuzz Goddess LASER CAT

最後にこちら。ローエンドで暖かなサウンドが作れるペダルということですね。ベース用としても使えるということですね。

ハイカットが強力で、さらにオクターブが混ざるトーン。「リアピックアップ直結でもONにした瞬間ネックピックアップでトーンを絞りきったような音色へ」変わるということです。

「Devi Ever GZ」というペダルが元になっているということです。

Devi Ever GZのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Gibson Les Paul Studio Gothic 2016 Limited Proprietary」!レスポールゴシックが日本限定で復活!

あのモデルが日本限定で復活です。

Gibsonから、ハイパワーでブラックなスタイルのレスポールが復活です。

Gibson Les Paul Studio Gothic 2016 Limited Proprietary」。このモデルはLes Paul Studioを基本に、ハイゲインなスタイルに向けて作られたモデルとなっています。

ゴシックな艶消しブラックのボディはメイプルトップ、マホガニーバック。モダンウェイトリリーフで扱いやすい軽量さも持っています。

さらに明瞭なメイプルネック、複合材を用いたコンポジット指板、22F。指板にはインレイも無く、オールブラックなスタイルとなっています。

ピックアップはDirty Fingers+が2つ。オープンハムでダーティ、ハイゲインなスタイルです。2Vol、2Tone、3Wayセレクターに、ストップテイルピースとTOMブリッジとなっています。

ヘッドロゴはホワイト、ロッドカバーやキャビティのカバーは少しグレーっぽい艶消しブラック、そしてハードウェアはクロムとなっているのがまたやりすぎない感じで良いですね。

シンプルでスタンダードな雰囲気も持った、特別なモデルです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-10

「TBCFX SUPER ANALOG CHORUS」!BBDやOpampにこだわったアナログコーラス!

兵庫県の楽器店、ToneBlueが主宰するエフェクターブランド、TBCFXから新しいコーラスペダルが登場です。

この「TBCFX SUPER ANALOG CHORUS」は、BBDにNOSの松下製MN3007とMN3101のセット、OpampにNOSのレイセオン4558を使用。トランジスタやダイオードなどもNOSにこだわってヴィンテージトーンを作るコーラスペダルです。

Rate、Depth、MixコントロールとMode、Deep、Thinスイッチを搭載。各スイッチの詳細などについてはまだ出ていないようですが、Deepはコーラスのかかり、Thinは厚みをコントロールするものだと思います。Modeは分かりませんが、コーラスとヴィブラートの切替かもしれませんね。

究極のアナログコーラスを目指したというモデル、まだサンプル等はなにもありませんが、ちょっと試してみたいペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「KORG WDT-1」!楽器店に飾られるような壁掛け型チューナーが限定で登場!

様々なチューナーを制作するKORG。その定番となったシリーズ、Pitchblackにも採用されている3Dメーターを用いた壁掛け型チューナーが限定で登場です。

KORG WDT-1」。大きなサイズのチューナーですね。

“IN TUNE SINCE 1975”と書かれ、中央下部にはインプットとアウトプットがあります。さらにマイクも内蔵していると言うことですね。付属するワイヤレスクリップマイクでも音を測定できます。

レギュラー/ストロボ/ハーフストロボの3モードチューニング対応し、スイッチ等は無く、常時ONで使用するチューナーです。

壁に掛けて飾るのはもちろん、ペダルボードに置いてみてもすごい存在感かもしれません。これはレアアイテムですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Rick Rock Guitar Picks」!エポキシ樹脂に様々なグラフィックを収めたギターピック!

新しいピックが日本上陸です。

Rick Rock Guitar Picks」は、全てを北アメリカ、カナダの自社工場で制作されるというエポキシ樹脂を用いたピックです。

ピックは全て2.3mm厚で、高耐久性、ブライトなトーンが特徴ということです。

3D透過効果のエポキシ樹脂にフォトクオリティのグラフィックを封じ込めたというこのピックは、V-PicksGravity Picksのようにクールなデザインが多いこのスタイルのピックの中で、ポップな外観が特徴となっています。

ピックに封じられたデザインは様々。ものすごい多数のモデルが出ています。

おもしろいピックですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-09

ボグナーの考えるプレキシペダル!「Bogner La Grange」、間もなく!公式ティーサー動画も登場です。

もうすぐ、発売されます。

Bognerが考えるプレキシペダル、Bogner La Grangeです。

Volume、Tone、Ch.Blend、Gain、Boostコントロール、およびGain、Variac、Presence、Structureスイッチ、OnとBoostフットスイッチを搭載します。

Gainスイッチは3モードのゲインレベルを切り替えます。VariacスイッチはONにすると、アンプの電圧を下げたときのサウンドを再現。Presenceスイッチはオープンで明るいトーンとマイルドで太いトーンの切替、そしてStructureスイッチはローエンドのタイトなサウンドとルーズなサウンドを切替ることができます。また、変わったものとしてはCh.Blendコントロールで「67-69年の4インプットプレキシアンプの2つのチャンネルを再現」し、そのサウンドをブレンドできます。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル端子、アダプター端子を搭載。エクスプレッションペダルはここにヴォリュームペダルを接続することでVolumeとGainをリアルタイムにコントロール可能ということです。

駆動はアダプターと電池に対応。電池駆動時、電圧が落ちる、つまり電池残量が減るとLEDが点滅し、バイパスになります。これで電池交換時期を知ることが出来ます。

公式ティーサー

ついに本日、Bogner公式のティーサームービーが登場です。

短い動画ですが、サウンドのイメージやエクスプレッションペダルを使ったときの音の変化がイメージできます。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Fender USA '65 DELUXE REVERB BROWN」!ブラウンカラーの限定デラリバ!

先月、オンライン販売が解禁になったFender。また限定カラーのアンプもいろいろ出ているようです。

今回はブラウンカラーの限定デラリバ、「Fender USA '65 DELUXE REVERB BROWN」です。

定番のフェンダーアンプ、'65 DELUXE REVERBを元にしたモデルです。

22W(8Ω)出力のフルチューブアンプで、真空管はプリ部に4 x 12AX7、2 X 12AT7、パワーアンプに2 x 6V6、整流に1 x 5AR4を搭載。NormalとVibratoチャンネルがあり、NormalはVolume、Treble、Bass、VibtaroはVolume、Treble、Bass、Reverb、Speed、Intensityコントロールを搭載。Vibratoチャンネルはリバーブとヴィブラートをかけることができる形になっています。フットスイッチでのON/OFFも可能。

そして、限定モデルならではのスピーカーはJensen P12Q

P12Qスピーカーを搭載する限定モデルのサンプルムービー(このモデルとは別カラーです。)

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-08

「Fuzz Goddess」各種8モデル!一挙登場!

Fuzz Goddess HER PIE ION ファズゴッデス ハーパイイオン 国内正規品 Fuzz Goddess PLUME ファズゴッデス プルーム 国内正規品 Fuzz Goddess PARA EBOLA ファズゴッデス パラエボラ 国内正規品 Fuzz Goddess SICK MEMES ファズゴッデス シックミームス 国内正規品 Fuzz Goddess SPACE CRAMP ファズゴッデス スペースクランプ 国内正規品 Fuzz Goddess MOUSE TRAP ファズゴッデス マウストラップ 国内正規品 Fuzz Goddess OAK ファズゴッデス オーク 国内正規品 Fuzz Goddess NERVE DRIVE ファズゴッデス ナーヴドライブ 国内正規品

昨日ご紹介した、デヴィ・エヴァー氏の新たなエフェクターブランド、Fuzz Goddessのラインナップから、一挙8モデルが入って来たようです。

それぞれ見てみましょう。

Fuzz Goddess HER PIE ION

まずはこちら。「ハーパイイオン」です。変な名前ですが、このモデルはあのHyperionを元にしたモデルです。

オリジナルHyperionは、もともと高騰していたハンドメイドエフェクターへのアンチテーゼとして、シンプルなファズペダルを作ったというもの。それがいつしか有名になったということです。

コントロールはVolumeとMagnitude。今回の全モデルに共通するコントロールで、Volumeが音量、Magnitudeが歪みの強さを調整します。Magnitudeは足下でもコントロールできるよう、手前に配置され、大きなノブが特徴。目盛りが「ゼロ」から「ヒーロー」となっているのもDevi Everらしいセンスですね。

Devi Ever Hyperionのサンプルムービー

Fuzz Goddess PLUME

続いてこちら。ビッグマフ的な音を基本に、強いゲートをかけたサウンドが特徴というペダルです。ブチブチと途切れるサウンドで他のペダルと組み合わせても面白いということです。

サンプルムービー

Fuzz Goddess PARA EBOLA

次はこちらです。かつてDevi Everで「ænima」というペダルとして制作されていたファズを元にしたモデル。

90年代に一世を風靡したバンド、Toolのサウンドからインスピレーションを得て制作されたモデルです。ænimaはToolの同名のアルバムから取られているようですね。

Devi Ever ænimaのサンプルムービー

Fuzz Goddess SICK MEMES

次のペダルは「ローファイファズペダル」。Devi Everの「FORTUNE」というペダルを元にしたモデルです。

明るいオーバードライブ〜ディストーション的な要素も含み、適度なコンプレッションのサウンドを作るペダルということです。トレブルヘヴィなブーストから金切り声のような発振までを作るとのことです。

Devi Ever FORTUNEのサンプルムービー

Fuzz Goddess SPACE CRAMP

次はこのペダルです。こちらは、Devi Ever OKが元になったというペダルですね。

強烈なゲートがかかったローゲインファズで、「低出力ピックアップでギターのヴォリュームを絞れば音が全く出ない」ほどのゲートがかかるということです。ブースターなどを組み合わせればローゲインなベルクロファズ、さらにベースやシンセなどでも使えるペダルということですね。

Devi Ever OKのサンプルムービー

Fuzz Goddess MOUSE TRAP

次はこのペダルです。こちらは、「ねずみ年」をイメージしたDevi Ever「Year of The Rat」を元にしたモデルです。オリジナルシグナルを活かしたクリアなファズから発振が混ざる強烈なハイゲインまでの広いゲインレンジに対応するペダルということです。

Devi Ever Year of The Ratサンプルムービー

Fuzz Goddess OAK

次はこのペダルです。Devi Everがかつて制作した「Electric Brown Overdrive」というペダルが元になっています。

オーバードライブとファズの間を繋ぐようなペダルで、暖かでダークなトーンを基本に、強く弾けばファズライクな歪みを作るようなハイレスポンスなサウンドが特徴ということですね。

Devi Ever Electric Brown Overdriveサンプルムービー

Fuzz Goddess NERVE DRIVE

最後はこちら。明瞭でダークでクリアな軽めのドライブトーンを作るというペダルです。Devi Evber Never Driveを元にしたモデルということです。

「ハイレスポンスでダークかつ明瞭なトーンが特徴」で、クラシックファズをベースに、セッティングによりオクターブアップトーンを作ることも出来ると言うことです。

サンプルムービー

 

今回の8機種、そして昨日の2機種を合わせて10モデル。

以前から大量のペダルラインナップを持っていたDevi Ever。新ブランドでもいろいろなペダル、それもほとんどがファズを制作していますね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Taurus Abigar Extreme mk2」!ハイゲインなベースオーバードライブ!

いろいろなベースペダル、ペダル型アンプヘッドなどを制作するTaurusから、新しいベースオーバードライブが登場です。

Taurus Abigar Extreme mk2」。

こちらはオーバードライブペダル、Abigar mk2をさらにハイゲイン化したモデルです。

Level、Gain、Treble、BassコントロールとA、B、OFFの3モードキャラクタースイッチを搭載。Aはミッド、Bはトレブルを強調するモードとなっています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-07

「Ibanez EJK1000」!アイバニーズのブリッジのイントネーションを簡単に調整できるツール!

機能的なオリジナルダブルロックトレモロをラインナップし、同ブランドのギターにも多く搭載するIbanez。そんなIbanezのダブルロックトレモロを簡単に調整できるツールが登場です。

対応するのはEdge、Lo-Pro Edge、Edge Proとそれぞれの7弦用ブリッジ。このツールを使うことで、弦を貼ったまま緩めることなくイントネーションを調節することができるようになるということですね。

Ibanez アイバニーズ Edge/Lo-Pro Edge/Edge-Proトレモロ搭載エレキギター用 イントネーション・アジャスト・ツール

Ibanez アイバニーズ Edge/Lo-Pro Edge/Edge-Proトレモロ搭載エレキギター用 イントネーション・アジャスト・ツール

Ibanez アイバニーズ Edge/Lo-Pro Edge/Edge-Proトレモロ搭載エレキギター用 イントネーション・アジャスト・ツール

このように取り付けて使用します。

使い方は以下の通り。

  1. トレモロに合わせてパーツを取り付ける
  2. サドルとファインチューナーにEJK1000のツメをそれぞれしっかりと引っかける
  3. サドルをロックしているボルトを緩める
  4. EJK1000後部の赤いノブを回して調節する。右回しでサドルはボディエンド側に、左回しでネック側にそれぞれ動きます。
  5. サドル・ロック・ボルトをしっかりと締めて固定する。

このツールにはメッキ剥離防止のための紙製シールも貼り付けられていて、ゴールドやブラックハードウェアでも使用可能となっています。

専用ツールということでそこそこしますが、Ibanezのダブルロックトレモロを使用するプレイヤーにとってはうれしいツールですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Fuzz Goddess SO, THE MIRE」「JIMI」!Devi Ever氏による新たなエフェクターブランド!

Fuzz Goddess SO, THE MIRE ファズゴッデス ソーザマイヤー 国内正規品 Fuzz Goddess JIMI ファズゴッデス ジミ 国内正規品

アメリカから、新しいエフェクターブランドが登場です。「Fuzz Goddess」。ファズの女神と名付けられたこのエフェクターブランドは、かつてEffector13、Devi Everのエフェクターブランドを主宰したデヴィ・エヴァー氏による新たなブランドです。

今回は2モデル、入って来たようなので見てみたいと思います。

Fuzz Goddess SO, THE MIRE

まずはこちら。「ソーザマイヤー」というモデル名のファズペダルです。Devi EverブランドでラインナップされるSoda Meiser(ソーダメイザー)を元にしたモデルということですね。

コントロールはVolumeとMagnitude。Volumeは音量、Magnitude(マグニチュード)は歪みをコントロールするものとなっています。

ゲインを下げればビッグマフ、ゲインを上げればスクランブルファズのようなサウンドになるというモデルです。

サンプルムービー

Fuzz Goddess JIMI

続いてこちら。こちらは新作となるモデル。「スクランブルド・オクターブ・マフ・ファズ」ということで、オクターブアップの音が混ざるファズペダルとなっています。オクターブアップとゲートの強いサウンドを混ぜ合わせたスタイルのペダルとのことですね。

コントロールはコントロールはVolumeとMagnitudeとなっています。

サンプルムービー

 

ものすごい大量のペダルをラインナップする同ブランド。今回は2モデル入って来たようですが、またいろいろ入って来ると思いますので、その都度載せて行きたいと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

多彩なコントロールを可能とする2トラックルーパー、「BOSS RC-202 Loop Station」発表!

f:id:toy_love:20160407230636j:image:w400

BOSSから、新しいサンプリングルーパーが発表されました。

テーブルトップタイプのスタイルで、様々なパフォーマンスに対応するモデルです。

BOSSのテーブルトップタイプのサンプリングルーパーといえば、RC-505ですね。

今回のモデルはそのコンパクトバージョンとなっています。

2つのトラックを持つサンプリングルーパーで、最大3時間の録音時間、8バンク×8メモリーの64種類のループを保存することができます。

40種類のエフェクトを収録し、それぞれインプットとトラックエフェクトとして4種類ずつ、8種類までを同時に使用可能です(一部エフェクトはインプット用)。さらに変拍子を含む17のリズムトラックを収録していて、様々なパフォーマンスを実現します。

f:id:toy_love:20160407230635j:image:w400

入出力端子はマイク用のXLRインプットと楽器用のステレオインプット、Auxインプット、ヘッドフォンアウト、ステレオアウト、外部コントロール用のTRS端子、USB端子、MIDI端子、DCインプットとなっています。

駆動はアダプターのみとなっています。

イントロダクションムービー

発売されました!

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-06

「Gurus Amp Optivalve」!真空管搭載の光学式コンプレッサー!LA2再現モデル!?

イタリアでエフェクターやアンプを制作するGurus Ampから、新しいコンプレッサーが登場です。

この「Gurus Amp Optivalve」は、音楽に歴史を作ってきた伝説のスタジオコンプレッサーを再現。

正確にベースモデルが表記されているわけではありませんが、TeletronixのLA2ではないかと言われているようです。

コントロールはTone、Ratio、Input、Output。さらに中央上部にある「マジックアイ」で、コンプレッションのかかりが視覚的に分かると言うことです。

クリーンでナチュラルなコンプレッサーです。エレキギター用のコンプレッサーとしてはもちろん、エンハンサーやアコギ、ベース、リミッターなど様々な使い方ができるということです。

ギターでのサンプルムービー

ベースでのサンプルムービー

これはまた楽しみなコンプレッサーですね!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

アコギを弾き語るシンガーのためのマルチエフェクター!「BOSS VE-8 Acoustic Singer」発表!

f:id:toy_love:20160406230040j:image:w400

BOSSから、新しいマルチエフェクターが登場です。これはギタリストのためのものではなく、アコースティックをプレイするヴォーカリストのためのマルチエフェクターです。

「BOSS VE-8 Acoustic Singer」。ヴォーカルパートとギターパートのセクションに分かれたエフェクトを搭載するマルチエフェクターです。

ヴォーカルパートはエンハンス、ピッチコレクト(ピッチ補正)、7種類のハーモニー、ディストーション、エレクトリックリバーブ、3バンドEQ、ローカット。

ギターパートはアコースティックレゾナンス、コーラス、トレモロ、フェイザー、ディレイ、モジュレーションディレイ、オクターブ、スローギア、リングモジュレーター、リバーブ、3バンドEQ、ローカット、ノッチフィルター、フェイズ(位相)となっています。

さらに80秒のフレーズルーパーも搭載。これらを50種類のメモリーを保存可能です。

f:id:toy_love:20160406230037j:image:w400

入出力はファントム電源対応、マイクセンシティビティコントロール搭載のマイク用のXLRインプットとギター用のインプット、Auxインプット、アンバランスドステレオアウト、XLRステレオアウト、ラインアウト、グラウンドリフトスイッチ、メモリー切替用の外部スイッチ端子、USB端子、電源端子、電源スイッチとなっています。USBはオーディオインターフェイスとして使うこともできるようです。

f:id:toy_love:20160406231604j:image:w400

マイクに向かって歌うシンガーのため、足下をほとんど見なくても操作出来るような大きなフットスイッチを使用しているのもポイントですね。

駆動はアダプター、または単3電池6本。電池の場合、ファントム電源OFFで4.5時間、ONで2.5時間程度ということです。

イントロダクションムービー

遂に発売!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

BOSS、省電力でシンプルなクリップチューナー「TU-01 Clip-on Chromatic Tuner」発表!

f:id:toy_love:20160406212335j:image:w400

トゥルーバイパス対応ペダルチューナー「TU-3W」、さらにペダルレスなフロアマウントチューナー「TU-3S」を発表したBOSSですが、さらにクリップチューナーも出るようです。

この「BOSS TU-01 Clip-on Chromatic Tuner」はシンプルなスタイルのクリップチューナーですね。おそらく低価格なモデルとなりそうです。

A0(27.5Hz)〜C8(4,186.0Hz)の範囲に対応する、A4=440Hz固定のクリップチューナーです。

クロマチック、ギター、ベース、ウクレレモードを搭載し、精度は±1セント。

電池はCR2032ボタン電池を使用し、連続で25時間程度の駆動が可能となっています。

バックライト付きで、7分程度で自動的にOFFになる機能も備えます。

BOSSのクリップチューナーといえば、すでにTU-10というモデルがありますが、今回のモデルはもっとベーシックなスタイルといえそうですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

コンパクトなバッファとしても使用可能!BOSSが考える「ミニサイズ」なチューナー!「BOSS TU-3S Chromatic Tuner」発表!

f:id:toy_love:20160406182732j:image:w400

エイプリルフールかと思うようなモデルが発表されました。

BOSSが考えるミニサイズチューナーとは。

「BOSS TU-3S Chromatic Tuner」。スイッチレスのチューナーです。

こちらはスタンダードなTU-3

この、表示部だけを取り出し、フットスイッチを無くしたのが今回のモデルですね。

本体はバッファードバイパス。バイパススイッチが見あたりませんが、とりあえずアウトプットにバッファはかかるみたいです。ここ最近のバッファペダル特集に載せてもおかしくないような形状で、BOSSのシンプルなチューナー付バッファペダルと言うこともできそうです。

f:id:toy_love:20160406182726j:image:w400

なぜこの形を作ったか。それは、ES-8、そしてES-5の存在。

たしかにスイッチャーに使うなら、ペダルは常時ONでOK。なのでスイッチはいりませんよね、というのがBOSSの主張です。

チューナーとしての機能は、C0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。

針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えます。

f:id:toy_love:20160406182729j:image:w400

もちろん電源供給にも対応しています。

そして、このサイズとなったことで、電池駆動非対応です。

電流使用量の多いマルチエフェクターでさえ電池駆動に対応させるBOSSとして、これは驚き。まぁ常時ONだし入る場所もなかったって事なのかも知れませんが、思い切った決断をしたと思います。

非常に意欲的なモデル。この挑戦はおもしろいですね。

発売されました!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

BOSSの技クラフト、次はチューナー!!「BOSS TU-3W Chromatic Tuner」発表!トゥルーバイパス対応!

f:id:toy_love:20160406182734j:image:w400

BOSSが2014年に発売し、実質的なリイシュー、モディファイ的なモデルだと話題になった技クラフトシリーズのペダル。1月にはアンプヘッドまで発表して話題になったこのシリーズ、次はコンパクトチューナーです!

BOSSのペダルチューナーといえば、言うまでも無くTU-3。今回のモデルは、その技クラフトバージョンです。

f:id:toy_love:20160406182739j:image:w400

C0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。

針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えます。

そしてこのモデルでは遂に、バッファードバイパスとトゥルーバイパスを切り替え可能となりました。BOSSコンパクトでトゥルーバイパスは実は初ではないかと思います。

バッファもプレミアムなバッファを搭載している、と自信がありそうですが、それでもトゥルーバイパスモードを備えたのはプレイヤーの要望に応えてのことでしょうか。

f:id:toy_love:20160406182737j:image:w400

電源は電池、またはアダプターで、アダプター駆動時は他に電源を供給可能です。

 

ついにトゥルーバイパス対応のBOSSコンですよ。これはそのうち来るだろうと思っていましたが、まずはチューナーから、というのはちょっと予想外。でも順当な流れとも言えそうですね。

発売されました!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-05

ここ最近のバッファペダル特集!

バッファペダル。ギターやベースサウンドを安定させる上で重要なペダルです。

バッファは、長いケーブルの引きまわしや、複数のエフェクターの接続による接点の増加などによるシグナルへの影響を抑制します。

インピーダンスを下げる、という言い方をしますが、簡単に言えばシグナルを強くします。全てのバッファはアクティブ、つまり電源が必要となりますが、音を変えないのが理想。つまり、音を変えないにもかかわらず電源を供給する必要がある、とも言えるわけですね。

この電源の力で、シグナルを強くすると考えると分かりやすいのではないかと思います。

そんなバッファペダル。「音を変えないのが理想」とはいえ、音は変わります。そこで、それぞれ機能や音色などにこだわってつくられるバッファペダルがいろいろ出ています。特にここ数年、バッファペダルの発売が増えていると感じますので、改めて見てみたいと思います。

今回は2013年以降、つまりここ3年ちょっとの間に発売されたエフェクターの中からどんなバッファが出ているのか、改めて見てみましょう。

続きを読む

2016-04-04

「Fender Japan Exclusive Series Jazz Bass」!手頃で本格、フェンジャパを継承するジャズベースをまとめました。

これまでストラトまとめテレキャスまとめジャガー、ジャズマス、ムスタングまとめと、新しくなったFender Japan Exclusive Seriesの日本製フェンダーのギターをまとめてきましたが、今度はベースも見てみたいと思います。

まずは最も定番のベース、ジャズベースです。

今回も、年代ごとにまとめて、価格帯の安い順に見て行きたいと思います。

続きを読む

「VOX Pathfinder10 Union Jack Black」!ユニオンジャックが描かれたエントリーモデルのVoxアンプ!今年はブラック!

老舗英国アンプブランド、Voxアンプの中でも初心者向け、エントリーモデルとして位置づけられるPathfiner 10に、限定でユニオンジャックが描かれたモデルが登場です。

この「VOX Pathfinder10 Union Jack Black」は、ブラックのキャビネット、そしてグリルにユニオンジャックが描かれたモデルとなっています。

10W出力のトランジスタアンプで、Gain、Treble、Bass、VolumeコントロールとOverdriveスイッチを搭載。インプットとヘッドフォンアウトを装備。機能は通常モデルと同じです。

通常モデルのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

がっきや速報

本日のがっきや速報を更新しました。

今日は全体的にそこそこな感じでした。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-03

「Gibson USA Les Paul Junior 2016」!マホガニーの木目が印象的な2016年レスポールジュニア!

Gibsonから、2016年モデルのレギュラーレスポールジュニアが登場です。

この「Gibson USA 2016 Limited Run Les Paul Junior」は、プレイアビリティも配慮しつつクラシックなスペックのモデルです。

Gibson USA / Les Paul Junior 2016 Vintage Sunburst S/N 160043140

コンター加工の入ったボディはマホガニー。モデル、というか個体ごとに木目が異なりますが、このように美しいマホガニーの木目がしっかりと浮き出るモデルとなっています。

このようにシンプルな外観のものもあります。

Gibson USA / Les Paul Junior 2016 Vintage Sunburst S/N 160043140

ネックは60sスタイルスリムテーパーのマホガニーネック、指板は1ピースローズウッド、22Fです。

ピックアップはP-90SRとP-90ST+のセット。SRとSTのSはスラッグ、RとTはリズムとトレブルですね。アルニコVマグネットを使用し、リア側の巻き数を増やしたモデルです。

参考:P-90SR/STのイントロダクションムービー

Gibson USA / Les Paul Junior 2016 Vintage Sunburst S/N 160043140

Gibson USA / Les Paul Junior 2016 Vintage Sunburst S/N 160043140

コントロールは1Vol、1Tone、3Wayセレクターです。ブリッジはストップテイルピース+TOMブリッジです。

 

2015年モデルではオートチューニングシステムやレスポール氏生誕100周年記念インレイ、レスポール氏のホログラフやゼロフレットナットなども装備した少し変わったスタイルでしたが、今年のモデルはあくまでスタンダードな仕様となっています。

レギュラーモデルでスタンダードなレスポールジュニアが復活という感じですね。

木目でかなり表情が変わるので、欲しいモデルを見た目も含めて選んでみるのも楽しそうですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Fender Traditional Strat/Tele Gig Bag」「Bass Gig Bag 」!フェンダー公式、ストラト、テレ用とベース用の手頃なギグバッグ!

様々なモデルが一気にオンラインで発売されているFender。ギターやベース等だけでなく小物類も出ています。

今回はかなり手頃なギグバッグが出てきました。

Fender Traditional Strat/Tele Gig Bag

こちらはギター用です。ストラトテレキャス用に作られたモデルです。

ストラトやテレキャスは、最初からギグバッグが付属するモデルと、ハードケースが付属するモデルがあります。特にハードケースモデルの場合、持ち運びにギグバッグが必要です。

また、Fender以外のストラトやテレキャスタイプのモデルにも使ったりできますね。

防水のポリエステルを使用。8mm厚で大きなポケットも付いたモデルです。Fenderロゴも入った公式ギグバッグ。そしてかなり手頃なモデルとなっています。

Fender Traditional Bass Gig Bag

もう1つ、ベース用モデル。

こちらはベースの種類についてはモデル名に入っていません。なのでだいたいのFenderベースに使えるということではないかと思います。

少なくともプレベやジャズベなら使えるかと思います。防水のポリエステルを使用。8mm厚で大きなポケットも付いたモデルで、Fenderロゴも入っています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-02

「Fender USA Bassbreaker 007 Head」!ブリティッシュな風合いの小型フェンダーアンプにアンプヘッドバージョン!

Fender USA BASSBREAKER 007 Head [2261007000]

Fender USA BASSBREAKER 007 Head [2261007000]
価格:63,180円(税込、送料込)

新しくなったFenderから登場した、ブリティッシュな風合いの小型フェンダーアンプ、Fender Bassbreaker 007 Combo。そのアンプヘッドバージョンが登場です。

Fender USA Bassbreaker 007 Head」。クラスAの7Wフルチューブアンプで、12AX7を2本、EL84を1本使用します。

コントロールはGain、Bass、Middle、Treble、Master。さらにTreble Boostスイッチを搭載。

背面はスピーカーアウトとラインアウト、フットスイッチ端子を搭載。フットスイッチも付属します。

サンプルムービー

クリーンはフェンダーらしく、歪ませると少し初期ブリティッシュな風合いが顔を出すようなサウンドですね。

コンボモデルの記事

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Gibson Les Paul Standard Mahogany Top Limited Run」!マホガニートップを採用したオールマホなレスポール!

定番ギターメーカー、Gibsonから、マホガニートップのレスポールが登場です。

この「Gibson Les Paul Standard Mahogany Top Limited Run」は、レスポールスタンダードのマホガニートップバージョンです。

マホガニートップ、マホガニーバックのボディはモダンウェイトリリーフが施されています。ネックももちろんマホガニー。スリムテーパープロフィールです。

指板はローズウッド、22Fです。

ピックアップはBurstbucker Pro Rythm(フロント)とBurstbucker Pro Lead(リア)のセットで、2Vol、2Tone、3Wayセレクター。そしてストップテイルピースとTOMブリッジです。

マホガニートップにバーストバッカープロといえばGibson Les Paul Fadedを思い出しますね。

より本格的にグロスフィニッシュで作られた上位モデルという感じもします。

2007年だったか、そのころのFadedモデルを持っていますが、それは独特の太くジュワッとした音色で、面白い音のレスポールです。

見た目も綺麗で良さそうなギターですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Gibson 2016 Limted Standard Historic Series 1959 Les Paul Reissue Gloss Aurora Borealis」!美しく仕上げられた限定59レスポールリイシュー!

2015年、その内容が一新されたGibson Custom Shopのヒストリックシリーズ。

それまでの「Historic Collection」のスタイルを継承するのが、「Standard Historic Series」というシリーズです。そのStandard Historic Seriesに、限定で芸術的なレスポールが登場です、。

この「Gibson 2016 Limted Standard Historic Series 1959 Les Paul Reissue Gloss Aurora Borealis」。非常に長い名前ですが、「グロスオーロラボレアリス」というカラーでフィニッシュされた1959レスポールです。

厳選されたメイプルトップ、マホガニーバックのボディにマホガニーネック、ローズ指板22F。

ピックアップはフロントがCustom Bucker Alnico 3、リアがCustom Bucker Alnico。2Vol、2Tone、3Wayセレクターに軽量なテイルピースとABR-1ブリッジ。

仕様はスタンダードなレスポールですね。指板の接着に本物の膠(ニカワ)を用いて作られています。

ボディのトップは上品な色合いの高級カットソーとかイタリア系のシャツみたいな風合いのカラー。

バックは全面が紫です。

芸術的で美しいギターですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-01

「Ibanez BWM1-BS」!グレイトフルデッド、ボブ・ウェア(ボブ・ウィアー)の新たなシグネチャーモデルが登場!

日本を代表するギターブランドの1つ、Ibanezから、Grateful DeadのBob Weir / ボブ・ウェア(ボブ・ウィアー)のシグネチャーモデルが登場です。

70年代、ボブのために作られたボディにインレイの入ったCowboy Fancyシリーズを継承。クラシカルな外観ながら、多彩な機能を搭載するモデルとなっています。

Yamaha SG的なシェイプながら、スルーネック構造のモデルです。ボディウィングはアッシュ、スルーネック部はメイプルとウォルナットを組み合わせた5ピースとなっています。

指板はIbanezらしいTree of Lifeインレイのエボニー指板、ミディアムフレットの22Fです。

ピックアップはHSH配列。フロントとリアがDiMarzio PAF 36th Anniversary。フロントがホワイト、リアがブラックのオープンハムです。センターのシングルコイルはDimarzio Area 61 です。

コントロールが多彩で、まず6弦側カッタウェイ近くには各ピックアップのON/OFFスイッチとフロント/リアのコイルタップスイッチを搭載。さらにマスターVol、マスターTone、および3バンドEQとEQ Level、EQのON/OFFスイッチとなっています。アクティブベースのようなスタイルのコントロールをギターに搭載したモデルですね。さらにフロント、センター、リアのピックアップレベルを背面からトリムポットでコントロールできます。

3バンドEQはアクティブで、Bassが230Hz、Middleが640Hz、Trebleが2kHz、それぞれ±15dBでコントロールできます。

ブリッジは裏通しの6サドルハードテイル、Accu-cast bridgeです。

クラシカルスタイルで多彩な音を作るモデルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Shin's Music MXR Bass Chorus Deluxe Mod.」!MXRのベースコーラスをシンズミュージックがモディファイ!

アメリカの定番エフェクターブランド、MXRの多機能なベース用コーラスペダル、MXR Bass Chorus Deluxeを、長年活動する国産ハンドメイドエフェクターブランド、Shin's Musicがモディファイしました。

元々のMXR Bass Chorus Deluxeも非常に機能的なペダルですね。BBDを使用したアナログコーラスです。

MXR Bass Chorus Deluxe

Rate、Width、Intensity、さらにTreble、Bassコントロールを搭載。さらにX-OverとFlangerモードスイッチも付いています。X-Overは、100Hzより下の帯域にかかるモジュレーションを軽減することで、しっかりとしたローエンドを保ちながらコーラスを掛けることができる、ベースならではのモードです。Flangerスイッチでは、フランジャーとして使うことができるようになります。

サンプルムービー

そしてこちらがモディファイされたペダルです。

大きな変更点は、Wet/Dryコントロールを搭載。クリーンブレンドを調整できるようになりました。オリジナルモデルの機能はそのままに、ベーシストが欲しいところをピンポイントに追加したモデルです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

嘘みたいなモダンギター/ベースの世界 【嘘じゃない】

f:id:toy_love:20151220214425j:image

2016年度、始まりました。

新年度の始まり、4月1日といえばエイプリルフールですね。いつもエフェクターやギターのコラージュ的なのを作って遊んでたりしますが、たまには嘘を吐かないエイプリルフールなんてのも良いかと思いました。

冒頭の写真は、最近楽器店で異彩を放つ、「一般的なモダンギター」、.strandberg*のBoden J6。私の所有するモデルです(ファーストインプレッション)。実際に持ってみても分かりますが、クラシカルなスタイルのギターと比べるとかなり変わった形で作られるギターですね。しかし、世界にはもっともっとディープなモダンギターが作られています。

ということで、今年のエイプリルフールは、一般の楽器店ではほとんど見ることの出来ない、まるで「嘘みたいな」スタイルの、変わったモダンギターの世界をちょっと覗いてみましょう。全て嘘ではありませんが、ま、信じるか信じないかはもちろんご自由に。

続きを読む




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy