ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-06-10

DAW、DTM向け自宅用モニタースピーカー特集! Part.3 定番/評判の良いモデル ペア10万円以上〜ハイエンドまで

DTM/DAWで使うモニタースピーカー特集。Part.3。今回は前回に続き、定番や評判のよいモニタースピーカーを載せていきます。前回はペア10万円までのモデルをまとめましたので、今回は10万円以上のモデルを載せていきます。

前回最後にも書きましたが、モニタースピーカーの選び方はまず予算と設置場所のサイズ、そしてこだわりのポイントからモデルを絞り、あとは試聴するなりじっくり調べるなりするのが良いと思います。この記事はその入り口になればと思います。

Part.1はこちら

Part.2はこちら

今回も前回同様、共通したスペック情報を載せつつ、そのモデルの特徴を軽く書いていきます。ちなみにスペック中の重量は基本的に1本の重量です。

では、いってみましょう。

※価格帯は販売店や時期により変わる場合があります。あくまで参考として見てください。同格帯の中での記載順はメーカー名順です。

  • ペア10〜20万円

何かで聞いたか見たかした言葉なんですが・・・ペア10万円までのスピーカーには「良い音が出るモデル」も「音がくっきり見えるモデル」もあります。しかしペア10万円を越えると「音が良くてくっきり見えるモデル」が出てくる、というだいたいの区切りがあるようです。一般的にこのあたりからは高級モデルという扱いになると思います。ピュアオーディオの世界ではエントリーモデルかもしれませんが・・・w

ADAM AUDIO A7X

メーカー国名:GER
特徴/構造:リボンツイーター・フロントバスレフ
アンプ出力:150(100+50)W×2 LF:クラスD、HF:クラスAB
周波数特性:42Hz〜50kHz
クロスオーバー周波数:2.5kHz
スピーカー構成:7インチCarbon / Rohacell / Glass +2インチ相当リボンツイーター
キャビネット材質:記載なし
重量:9.2kg
コントロール:Volume、Tweeter Level、HIGH SHELF、LOW SHELF

ドイツの人気メーカー、大正義アダムオーディオの中でも、特に人気の高いモデルです。リボンツイーターによるはっきりとした高域と7インチカーボンウーファーによるしっかりと出る低域。クロスオーバーも王道の2.5kHzと、扱いやすいとして有名なモデル。ウーファーはクラスDデジタル、ツイーターはクラスABのアナログでドライブさせる構造なのもこだわりが見えます。ただ自宅だとかなり大きめのサイズになってきますね。

Gibson LP6TB

メーカー国名:USA
特徴/構造:レスポールモデル、フレイムメイプル、アーチトップフロント、フロントバスレフ
アンプ出力:247W×2(バイアンプ)
周波数特性:37〜47kHz
クロスオーバー周波数:2.7kHz
スピーカー構成:6インチカーボン+1インチカーボンコーテッドチタン
キャビネット材質:記載なし フロントパネルはメイプル
重量:8.2kg
コントロール:Volume、Bass、Treble、Standby

まぁこれは載せとかないと(使命感)ってことで。レスポール生誕100周年を記念して作られたレスポールモニター。ギターのレスポールモデルをイメージしたアーチドフレイムメイプルフロントパネルを搭載。バイアンプ構造ですがHF/LFそれぞれの個別出力は記載なしでした。見た目のインパクトもすばらしい。周波数特性は広すぎるので-6とか-10dBかもしれません。出力の大きさが特徴的。ファンアイテム的にも見えなくは無いですが、ちゃんと実力のあるモニタースピーカーです。限定品なので無くなればもう作られないものですね。

KRK V6 S4

メーカー国名:USA
特徴/構造:フロントバスレフ
アンプ出力:155(125+30)W×2 クラスD
周波数特性:49Hz〜19kHz
スピーカー構成:6.5インチアルミフレーム、ケブラーコーン、フェライト+1インチケブラーコーン、フェライト
キャビネット材質:MDF+アルミ
重量:9.4kg
コントロール:dB Level、System Setting、High、Low

KRKも実はGibsonグループですがこちらはやはりガチな内容。特徴としてはコーン型ツイーターを採用しているところ。ドーム型と比べて指向性が強くなる傾向があるので、あえて指向性を出している感じなんだと思います。

MACKIE HR624mk2

メーカー国名:USA
特徴/構造:パッシブラジエーター
アンプ出力:140(100+40)W×2 クラスAB
周波数特性:49Hz〜20kHz ±1.5dB
スピーカー構成:6.7インチ+1インチチタンドーム /6インチ×9インチパッシブラジエーター
キャビネット材質:MDF
重量:10.6kg
コントロール:INPUT SENSITIVITY、ACOUSTIC SPACE、LOW FREQ FILTER、HIGH FREQ FILTER、POWER MODE

ミキサーでおなじみ、マッキーの小型モニター上位モデル。大きな特徴はラジエーターを採用している点。バスレフ型よりもタイトな低域で、かつ密閉型よりも低域が補完できる特徴があります。ラジエーターは内部背面に取り付けることでサイズの省スペース化も実現しています。

Monkey Banana Turbo 6

メーカー国名:GER
特徴/構造:リアバスレフ
アンプ出力:90(60+30)W×2 クラスD
周波数特性:50Hz~30kHz
スピーカー構成:6.5インチ電磁シールデット・セラミック・PPコーン+1インチナチュラル・シルクドーム
キャビネット材質:記載なし
重量:9.1kg
コントロール:Volume、HF、LF、Cabinet Mode、Input Mode

定在波を抑えるための独特な6角形形状とポップなカラー、ブランド名やモデル名のインパクトがすごいモニタースピーカー。サウンドはどちらかといえばEDM向けと言われています。

NEUMANN KH120A

メーカー国名:GER 
特徴/構造:フロントバスレフ
アンプ出力:100(50+50)W×2
周波数特性:52Hz〜21kHz ±3dB
クロスオーバー周波数:2kHz
スピーカー構成:5インチ+1インチチタンファブリックドーム
キャビネット材質:防磁アルミニウム筐体
重量:6.2kg
コントロール:INPUT GAIN、OUTPUT LEVEL、BASS、LOW MID、TREBLE、Display DIP、Ground Connect DIP

最高峰のコンデンサマイク、U87Aiでも有名なドイツ、ノイマンのモニタースピーカー。ドイツらしい質実剛健なデザイン、真面目な作りで人気のモデルです。

Pioneer DJ RM-05

メーカー国名:JPN 
特徴/構造:同軸・フロントバスレフ
アンプ出力:100(50+50)W×2 クラスAB
周波数特性:45 Hz〜50 kHz
クロスオーバー周波数:1.7kHz
スピーカー構成:5インチアラミド繊維+1.5インチアルミニウムHSDOM
キャビネット材質:アルミダイキャスト筐体
重量:9.3kg
コントロール:LEVEL、LOW EQ、MID EQ、HIGH EQ

DJ機器やプロオーディオ機器をラインナップするパイオニアDJのモニタースピーカー。パイオニアではDJ向きスピーカーも出してますが、こちらはパイオニアのハイエンドオーディオ、TADの技術を使ったモニター向きモデル。ツイーターにHSDOMという構造を使用し、低めのクロスオーバーから50kHzまで広く再生できる構造。また同軸+フロントバスレフを採用しているのも大きな特徴。重量にもこだわり、5インチウーファーのクラスでは破格の9.3kgという重さです。

PreSonus Sceptre S6

メーカー国名:USA 
特徴/構造:同軸・フロントバスレフ
アンプ出力:180(90+90)W×2 クラスD DSP制御
周波数特性:52 Hz〜20 kHz(-3dB)/42 Hz〜23 kHz(-10dB)
クロスオーバー周波数:2.2kHz
スピーカー構成:6.25インチグラスファイバー強化ペーパー+1インチダイアフラム・コンプレッション・ドライバー
キャビネット材質:MDFビニールラミネート加工
重量:8.53kg
コントロール:LEVEL、ACOUSTIC SPACE、HF DRIVER、HP FILTER

DAWやオーディオインターフェースなども制作するPreSonusの同軸モニター。DSP制御でモダンなスタイルが特徴です。独特の外観も雰囲気がありますね。6.25インチと大きめのウーファーを搭載しているのもポイント。

SONODYNE SRP400

メーカー国名:India
特徴/構造:フロントバスレフ
アンプ出力:50(25+25)W×2
周波数特性:75Hz〜22kHz (±2dB) /65Hz〜25kHz (-10dB)
クロスオーバー周波数:3kHz
スピーカー構成:4.5インチ防磁CURV コーン+1インチ防磁シルクドーム
キャビネット材質:アルミダイキャスト
重量:4.4kg
コントロール:GAIN、BASS ROLL OFF、BASS TILT、TREBLE ROLL OFF、TREBLE TILT

インドのプロオーディオ機器メーカー、ソノダインのモニタースピーカー。スペックはスタンダードですが自宅用としてはかなりバランスよく仕上がっている印象。目立つ特徴はそれほどないんですが、4.5インチサイズのウーファーで小ぶり、かつアルミ筐体でしっかりこだわって作られています。

サーモス VECLOS MSA-380S

メーカー国名:JPN
特徴/構造:真空技術使用キャビネット、フルレンジ、リアバスレフ
アンプ出力:13W
周波数特性:100〜20kHz(-10dB)
クロスオーバー周波数:なし
スピーカー構成:2インチフルレンジアルミコーン
キャビネット材質:アルミ2重構造
重量:850g
コントロール:LEVEL

魔法瓶メーカー、サーモスがその技術を応用して作ったスピーカーです。魔法瓶のように2重構造で2重の内部を真空にしたアルミ筐体を使用。なので普通の筐体内部は真空ではないです(バフレスで真空だと意味不明ですしw)

そしてフルレンジスピーカーを使ったモデルですね。小出力フルレンジで、スピーカーを鳴らし切って使うタイプ。重さも850gと軽量で、持ち運びにもいけそうです。

  • ペア20万円〜

ここから先は価格のリミットなし。メーカー最上位モデルなどが並んできます。構造やスピーカーはもちろん、内部アンプにもこだわり高いものが使われています。

Dynaudio BM6A

メーカー国名:DNK 
特徴/構造:リアバスレフ
アンプ出力:200(100+100)W×2 ディスクリートMOSFET
周波数特性:41Hz〜21kHz
クロスオーバー周波数:2.2kHz
スピーカー構成:6.8インチ MSP(ポリプロピレンとマグネシウム・シリケートの混合素材)一体型ベース・ドライバー +1.1インチソフドドーム・ツイーター(ネオジウム・マグネット)
キャビネット材質:記載なし
重量:11kg
コントロール:High Pass、Level、LF、MF、HF

デンマークのプロオーディオ機器メーカー、ディナウディオのモニタースピーカー。MOSFETを用いたディスクリートアンプを使用。スタンダードなスペックを丁寧に突き詰めていった感のあるモデルですね。

Eve Audio SC305

メーカー国名:GER
特徴/構造:リボンツイーター・リアバスレフ・3Way
アンプ出力:150(50+50+50)W×2 クラスD DSP制御
周波数特性:50Hz〜21kHz
クロスオーバー周波数:350Hz、2.8kHz
スピーカー構成:5インチシルバーコーン×2+AMT RS3リボンツイーター
キャビネット材質:記載なし
重量:9.2kg
コントロール:Volume、Volume dip、Filter dip、Woofer Set dip

元アダムオーディオCEOによるイヴオーディオの3Wayモニター。ツインウーファーの3Wayはサイズが大きくなるのでなかなか自宅用では使いにくいんですが、その中でもコンパクトなのがこのモデル。リボンツイーターにDSP制御と、イヴオーディオらしいモダンスペックで作られたモニターです。ガチャピンみたいなキュートな見た目も特徴。

FOCAL Solo6 Be

メーカー国名:FRA 
特徴/構造:フロントバスレフ
アンプ出力:250(150+100)W×2 LF:クラスD HF:クラスAB
周波数特性:40Hz〜40kHz
スピーカー構成:6.5インチ/ベリリウム・ リバースドーム
キャビネット材質:19mm厚 MDFパネル外装
重量:11kg
コントロール:Input、HF、LF

フランス、フォーカルの小型モニター最上位。クラスDとクラスABアンプを使い分けて搭載しています。フォーカル得意のリバースドームツイーターも特徴ですね。厚みのあるMDF(中密度繊維板)を使用したキャビネットです。

GENELEC 8331A

メーカー国名:FIN 
特徴/構造:同軸3Way・リアバスレフ
アンプ出力:144(72+36+36)W×2 クラスD DSP制御
周波数特性:45 Hz〜37 kHz (-6 dB)
クロスオーバー周波数:500Hz/3kHz)
スピーカー構成:5/8インチオーバル×2+3.5インチMDCミッドレンジ+3/4インチDCW
キャビネット材質:アルミ
重量:6.7kg
コントロール:INPUT dBu、BASS ROLL OFF、DESKTOP、BASS TILT、TREBLE TILT、LED DISABLE、ISS、DIGITAL、LEVEL、STORED

先進的な構造のフィンランド、ジェネレックのモニター。同軸3Wayという他に見ない構造です。ツイーターとミッドウーファーを同軸2Wayで作り、その上下を2つのウーファーで挟み込むことで全ての軸を合わせています。つまり4スピーカー内蔵。DSP制御のクラスDアンプを使用しています。このモデルはシリーズ最小モデルですが、もう一回り大きいタイプを中田ヤスタカがスタジオで使用しています。

KEF LS50 Wireless

メーカー国名:UK
特徴/構造:同軸・リアバスレフ・ワイヤレス(Bluetooth、Wi-Fi)USB、TOSLINK、10/100 Mbps RJ45、Ethernet
アンプ出力:230(200+30)W×2 LF:クラスD HF:クラスAB DSP制御
周波数特性:
45Hz〜28kHz(低音伸張モード)(±3dB)
50Hz〜28kHz(スタンダード)(±3dB)
61Hz〜28kHz(低音制御モード)(±3dB)

40Hz〜47kHz(低音伸張モード)(-6dB)
43Hz〜47kHz(スタンダード)(-6dB)
46Hz?47kHz(低音制御モード)(-6dB)

クロスオーバー周波数:時間軸補正DSPクロスオーバー

スピーカー構成:5.25インチマグネシアム/アルミ合金+1インチベンテッド・アルミドーム 「Uni-Qドライバー」
キャビネット材質:記載なし
重量:10kg/10.2kg
コントロール:Source、Bluetooth、+、-、DESK/STAND、WALL/FREE SPACE、アプリからのコントロール

英国のスピーカーメーカー、KEFのモニタースピーカーです。家庭用ワイヤレススピーカーとしても使えるよう設計されています。独自の同軸ユニットを搭載し、DSPによる多彩なモードを選択できます。クラスDとクラスABを分けたアンプ構造や独特の形状のキャビネットなど、ピュアオーディオ的な視点も取り入れたモデルですね。

KSdigital C5-Coax

メーカー国名:GER 
特徴/構造:同軸・リアバスレフ
アンプ出力:240(170+70)W×2
周波数特性:58Hz〜28kHz(±3dB)
クロスオーバー周波数:1.9kHz
スピーカー構成:6.5インチ・カーボンファイバー・コーン+1.45インチ・ネオジウム・ツイーター
キャビネット材質:記載なし
重量:7kg
コントロール:Gain、High、Bass

シンプルなスタイルの同軸モニターです。6.5インチウーファーながら同軸の利点を活かしたコンパクトな筐体。入荷数が少ないのか、なかなか売ってないですが評価の高いモニターです。

ニューモデル、C5-Referenceが出てますがまだちゃんと入ってきてないっぽいです。

Musikelectronic Geithain RL904

メーカー国名:GER 
特徴/構造:同軸・フロントバスレフ
アンプ出力:200(100+100)W×2 MOSFET
周波数特性:40Hz〜20 kHz ±3dB
クロスオーバー周波数:2.5kHz
スピーカー構成:6インチコーン+1インチドーム
キャビネット材質:記載なし
重量:16kg
コントロール:Level

芸術品とまで言われることのあるドイツの同軸モニターの名門、ムジークエレクトロニクガイザイン(通称ムジーク)の同軸モニターです。この無骨なスピーカーを美しくまとめあげたスタイルも素晴らしい。音聴いたことないのでどんなのか分かりませんが、とにかく絶賛しか見ないです。

Musikelectronic Geithain RL906

メーカー国名:GER 
特徴/構造:同軸・上面バスレフ
アンプ出力:120(80+40)W×2 MOSFET
周波数特性:50Hz〜20 kHz ±3dB
クロスオーバー周波数:3kHz
スピーカー構成:5インチコーン+1インチドーム
キャビネット材質:記載なし
重量:5.5kg
コントロール:LEVEL、350Hz、HT、TT

同じくムジークの同軸モニター。こちらの方が有名ですかね。坂本龍一が使用していることでも知られています。上面にバスレフポートを搭載することで、壁際に設置しても影響せず、前面のスピーカーにも影響させない方式。EQを調整できるのはムジークではこのモデルだけです。

RCF MYTHO 6

メーカー国名:ITA
特徴/構造:リアバスレフ
アンプ出力:300(200+100)W×2 クラスAB DSP制御
周波数特性:40〜20kHz
クロスオーバー周波数:1.9kHz
スピーカー構成:6.5インチネオジム+1インチアルミドーム
キャビネット材質:アルミダイキャスト
重量:10.5kg
コントロール:dBu、Bass Tilt、Bass Rolloff、Treble Tilt、Desktop、Woofer Mute、Tweeter Mute、DSP、Voltage Selector

イタリアのプロオーディオ機器メーカー、RCFのモニターの中でも上位に位置するモデル。クラスABアナログアンプをDSP制御でコントロールしているのもポイント。派手な特徴はありませんが、丁寧に詰めて作られたモデルという印象です。デザインも良い感じ。

Unity Audio The ROCK mk2

メーカー国名:UK 
特徴/構造:リボンツイーター・密閉
アンプ出力:100W×2 クラスAB E.A.R ディスクリート
周波数特性:33 Hz〜35 kHz, ±3 dB
クロスオーバー周波数:記載なし
スピーカー構成:7インチ/ELACリボンツイーター
キャビネット材質:バルト海産バーチ合板製キャビネット
重量:11.2 kg
コントロール:GAIN

英国、Unity Audioのモニタースピーカー。これかなりの個性派です。リボンツイーターを採用しつつ、密閉筐体。そしてディスクリートアンプ。つまりレスポンスに高いこだわりを持っていることが分かります。この構造ながら±3dBの範囲で33Hzから再生できているというのも驚異的。スペックだけを見てもただ者じゃないことが分かるモデルですね。「圧倒的に正確なサウンド」というのも分かる気がします。実物聴いたことはもちろんありませんが・・・ムジークとは違った方向で究極的なモデルですね。

 

ということで、ペアで10万円を越えるモニタースピーカーを20機種まとめてみました。

Part.2と合わせて40モデル。例えば似たスペックを持つ同シリーズのサイズ違いといったモデルは載せていませんので、これだけ見ればだいたい自分に合ったモニタースピーカーの目星が付けられるんじゃないかと思います。

私も、今回載せた中からモニタースピーカー買いました。冒頭にも書きましたが、まず予算、設置スペース、そしてこだわりのポイントやデザインなどからある程度モデルを絞り、その選択肢から探していくのが良いと思います。今回スペックに細かいサイズは載せていません。基本的にウーファーのサイズとデザインを見ればだいたいのサイズが予測できるからです。3〜4インチはかなり小型、5インチはそこそこ、6インチ以上になると大型スピーカー、という印象ではないかと。あとは目星を付けてからメーカーページや販売ページで細かいサイズを見て考えるのが良いかと思います。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy