ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-07-21

「TOMKAT Pedals and Electronics DAY DREAMER Echo-Reverb」!ディレイとリバーブをまとめてシンプル、コンパクトペダルに!発振させるモードも搭載!

タトゥーアーティストの手がけるデザインとエフェクターのコラボレーション。ニューヨークのハンドメイドエフェクターブランド、TOMKAT Pedals and Electronicsから、新しいペダルが登場です。

この「TOMKAT Pedals and Electronics DAY DREAMER Echo-Reverb」は、600msまでのスタンダードなディレイとスプリングライクなリバーブを1つにまとめたペダルです。

コントロールはLEDを兼ねたReverbとEchoノブ、およびTimeとRegenです。ReverbとEchoノブはそれぞれのエフェクトのバランスを調整します。Timeはディレイタイム、Regenはディレイのフィードバックとなっています。

フットスイッチはトゥルーバイパスで、長押しすることでディレイを発振させるフリーフォールモードになります。

TOMKAT Pedals and Electronics DAY DREAMER Echo-Reverb トムキャットペダルズアンドエレクトロニクス デイドリーマーエコーリバーブ 国内正規品

さらに、内部にトリムポットを搭載。FREEFALL-ADJトリムポットでフリーフォールモード時の発振に到達するまでの時間を、FX LEVELでエフェクト全体の音量を調整する形となっています。

内部基板のデザインにまでこだわりを感じるペダルですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-07-09

「Mercy Seat Effects」!ドイツから新しいエフェクターブランドが上陸!

Mercy Seat Effects Tree Of Life Overdrive マーシーシートエフェクツ ツリーオブライフオーバードライブ TS回路を隅から隅まで使い切る! 国内正規品 Mercy Seat Effects Feather Bender Fuzz クラプトンからスマパンまで! マーシーシートエフェクツ フェザーベンダーファズ 国内正規品 Mercy Seat Effects Consider The Raven Reverb “Flock” Edition シンプルで扱いやすいリバーブ マーシーシートエフェクツ コンシダーザレイヴンリバーブフロックエディション 国内正規品

ドイツから、新しいエフェクターブランドが上陸です。

Mercy Seat Effects」は、アメリカ人のAustin氏がドイツでエフェクターを制作するハンドメイドエフェクターブランド。長年にわたりエフェクターを買ったり売ったりを繰り返し、ついに自作を初めてブランドにまで成長させたということです。

3機種、それぞれ見てみます。

Mercy Seat Effects Tree Of Life Overdrive

まずはこちら。オーバードライブペダルです。JRC4558チップを使用したTS系オーバードライブ。こう言うと陳腐に聞こえるかもしれませんが、世の中の膨大なTS系回路を研究し、トーンをより良く「改善」し、さらに「最高」の値を持つキャパシタを搭載したという自信に満ちたモデルとなっています。

TS系という回路を最大限に使い切ることができるペダルとのこと。コントロールはVol、Gain、Cut、High。Highノブは高域の調整ですが、ミッドレンジには影響せず、Cutは低域の調整となっています。

サンプルムービー


Mercy Seat Effects Feather Bender Fuzz

続いてはこちら。ファズペダルです。某神話系オーバードライブみたいな見た目ですが、全く関係ありませんw

このペダルはTone Benderを基本としたファズペダルとなっていて、かなり多彩な音を作ることができるということですね。

ファズペダルを選ぶときにはいろいろな要素があってなかなか自分の思う物が分からない、というプレイヤーのために、「クリーム時代のクラプトンからサイアミーズドリーム(スマパン)まで」のサウンドを網羅できるというペダルとなっています。

2N5089トランジスタを4つ使用。コントロールはVolume、Tone、FuzzでHigh/Low切り替えスイッチを搭載。Lowモードではローエンドが強化されるとのことです。


Mercy Seat Effects Consider The Raven Reverb “Flock” Edition

最後にリバーブペダルです。

こちらはリバーブの音作りに時間をかけたくはない、というプレイヤーのためのリバーブペダルとのこと。

コントロールはVol、Verb、Tone、Size、そしてFlockスイッチ。各ノブは順に音量、リバーブのバランス、リバーブのトーン、リバーブの長さをコントロールするノブで、Volumeコントロールによってクリーンブーストも可能となっています。

FlockスイッチはONにするとリバーブ回路のゲインを上げ、またちょっと違ったサウンドを作ることが可能。全体の音量も上がるということです。

様々なスタイルに適合できるよう、短くはねるようなリバーブから広い空間的な広がりを作るリバーブまでに対応できるペダルとなっています。

サンプルムービー

 

全体的にプレイヤー視点で作られる実践的なペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-07-08

「BuGGFX Pedals Daydream」!マルチバンドのフィルターディレイをコンパクトペダルに!攻めの姿勢が感じられる個性派ディレイペダル!

アメリカから新進気鋭のエフェクターブランドが登場です。

BuGGFX Pedals」。ロバート・バード氏が主宰し、一人ですべての制作工程をこなすというブランドです。プレイヤー視点でエフェクターを制作するということですね。

制作しているのは1機種。「BuGGFX Pedals Daydream」というフィルターディレイです。コンパクトペダルのフィルターディレイという珍しいペダルですね。

入力されたシグナルを複数のバンドに分け、それぞれに個別のフィルタをかけ、それらをまとめた後にクリーンシグナルをブレンドして出力するというマルチバンドフィルターディレイとなっています。

コントロールはTime、Feedback、Width、Mix、VolumeとModeスイッチです。Modeスイッチはフィルタの効く方向の切り替え。Widthはフィルター間の周波数間隔を設定するというものです。

サンプルムービー

ピッチシフトディレイにも近いような音を出すペダルですね。ディレイ音ごとにハイパス、バンドパス、ローパス的なフィルタがかかって、ロボットボイス的な音も出すことができる感じですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-07-07

「Empress Effects Reverb」!24種類のリバーブアルゴリズムを収録した多機能リバーブペダル!

【新製品】Empress Effects / Reverb
価格:62640円(税込、送料無料)

カナダで機能的な多くのペダルを制作するEmpress Effectsから、新しい多機能リバーブペダルが登場です。

この「Empress Effects Reverb」は、24種類のリバーブアルゴリズムを収録する多機能リバーブです。

本体ではホール、プレート、スプリング、ルーム、スパークル、モジュレーション、アンビエントスウェル、ディレイ+リバーブ、リバース、ゴースト、ローファイ、ビールリバーブの12種類のアルゴリズムを選択可能。

これらの12種類が基本となりますが、ホール、プレート、アンビエントスウェル、ローファイとビールリバーブは各2種類、スプリング、モジュレーション、ディレイ+リバーブ、リバースアルゴリズムは各3種類と、アルゴリズムの中にさらなるバリエーションが存在し24種類のアルゴリズムを選択できるようになっています。

さらにSDカードから追加のリバーブアルゴリズムをアップデートすることもできるということですね。

各アルゴリズムは、Decay、Mix、Output、Low、Hi、Thing1、Thing2のパラメータで操作可能。Thing1とThing2はパラメータごとに変わった役割となります。

プリセットは15種類。5つのLEDが3カラーで変わり、現在のプリセットを表示。バンクモードとスクロールの2種類の方法でプリセットを読み込むことができます。

外部コントロールはエクスプレッションペダル、CV、外部タップ、およびMIDIコントロールに対応。MIDIを接続するには、Empress Midiboxを使用する必要があります。

以下、各基本アルゴリズムのサンプルムービーを載せておきます。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-07-06

「Triode Pedals Bastet」「Neptune」「Hex」「Hexagon」!独創的な雰囲気のTriode Pedals各種!

Triode Pedals Bastet トライオードペダルズ バステト 轟音ファズ 国内正規品 Triode Pedals Neptune トライオードペダルズ ネプチューン 極上チューブトレモロ 国内正規品 Triode Pedals Hex トライオードペダルズ ヘックス 驚異的な個性派ディレイ 国内正規品 Triode Pedals Hexagon トライオードペダルズ ヘキサゴン 驚異的な個性派タップテンポディレイ  国内正規品

昨日の記事に続き、アメリカの個性的なペダルブランド、Triode Pedalsのペダル、現行ラインナップの残り4機種も入ってくるようなので、それぞれ見てみたいと思います。

Triode Pedals Bastet

まずはこちら。シンプルな2ノブのファズペダルです。

コントロールはFANGとCLAW。FANGが歪み、CLAWが音量のコントロールです。ヴィンテージゲルマニウムトランジスタを使用したファズペダルで、太く分厚いサウンドが特徴のペダルということです。

サンプルサウンド

Triode Pedals Neptune

続いて、こちらです。真空管を搭載するトレモロペダルですね。「ゆっくりとした深いパルスから柔らかできらびやかなトレモロまで」を作るということで、真空管でドライブさせるトレモロペダルとなっています。

コントロールはSwell、Tide、Crest。順にトレモロの深さ、スピード、音量です。そして波形を切り替えるというSpaceスイッチ、およびスピードレンジを切り替えるTimeスイッチとなっています。

サンプルサウンド

Triode Pedals Hex

続いてはこちら。ディレイペダルです。6角形のマスを示すHexの名の通り、6つのコントロールノブを搭載したディレイです。

6つのコントロールはWet、Dry、Fine、Coarse、Repeats、Feedback。Coarseはディレイタイムのコントロールで、Fineはディレイタイムを微調整します。というのも、ダブリングディレイから数秒単位の超ロングディレイまでという広いディレイタイム設定が出来るため、微調整ノブが必要と言うことですね。

相当個性的な音を作るディレイペダルで、ローファイだったりノイズ、発振などのサウンドを作ることができます。

サンプルムービー

Triode Pedals Hexagon

そして、より機能を強化したディレイペダルがこちらです。

基本的な機能やノブの構成は同じ。そしてさらにタップテンポスイッチを搭載し、TRSジャックを使用したエフェクトループとエクスプレッションペダル端子も搭載します。タップテンポは右上のスイッチで4分音符、付点8分音符、8分音符で割合を設定可能。左上のスイッチでエクスプレッションペダルの役割をWet、Off、Repeatから設定できます。右側のフットスイッチがタップテンポです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Lovepedal Hall Mod “Church” Reverb」!ラブペダルから荘厳なチャーチリバーブが登場!

Lovepedal Hall Mod “Church” Reverb
価格:24192円(税込、送料別)

人気のエフェクターブランド、Lovepedalから、新しいリバーブペダルが登場です。

この「Lovepedal Hall Mod “Church” Reverb」は、荘厳で重厚な反響を作る、教会(チャーチ)リバーブを作るペダルです。コントロールはDecay、Predelay、Tone、Mix。ディケイはリバーブの長さ、プリディレイは最初の反響が返ってくるまでの時間ですね。

シンプルなコンパクトリバーブで、単品のチャーチリバーブはなかなか珍しいです。ホールリバーブよりも倍音成分が豊かな厚みのある反響が特徴という感じです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-26

「ENGL Pedals」!エングルからエフェクターが登場!

ENGL エングル ディストーション RS-10 Retro Distortion ENGL エングル ディストーション BC-10 Reaper Distortion ENGL エングル ディストーション VS-10 Straight To Hell Distortion ENGL エングル コンプレッサー BF-10 Compressor ENGL エングル コーラスエフェクター CH-10 Chorus ENGL エングル デジタルディレイ DM-60 Delay

ドイツの名門アンプメーカー、ENGLからコンパクトエフェクターが登場です。

6機種出ています。それぞれ見て・・・・・・の前に、このペダルボードを載せておきます。

ENGL PB-6 SCS Pedal Board

ENGL PB-6 SCS Pedal Board 【受注生産品】
価格:9936円(税込、送料別)

ENGLのペダルボードです。このペダルボードは、電源供給と入出力をまとめて行うSCS端子に対応するペダルボードです。パッチケーブルを使うことなく、対応したペダルを接続することが出来ます。

今回発売された6機種はすべて、このペダルボードに対応しており、ペダル底面にSCS端子がついています。

では、改めて今回のペダル6機種を見てみましょう。

ENGL Retro Distortion RS-10

ENGL Retro Distortion [RS-10]
価格:15984円(税込、送料別)

まずはこちら。ディストーションペダルです。レトロというだけあって、クラシックなディストーションです。レスポンスが高く、ヴォリュームやピッキングで高い表現を行うことが出来るペダルです。

コントロールはVolume、Dist、Low-Cut、Bass、Trebleコントロール、およびBrightスイッチとなっています。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Reaper Distortion BC-10

ENGL Reaper Distortion [BC-10]
価格:13651円(税込、送料別)

続いてもディストーションです。こちらは幅広いゲインコントロールに対応したというモデルですね。

Volume、Gain、Bass、Middle、Trebleコントロール。シンプルな3バンドEQ搭載のディストーションですね。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Straight To Hell Distortion VS-10

ENGL Straight To Hell Distortion [VS-10]
価格:13651円(税込、送料別)

そしてこちら。さらにディストーションです。「地獄一直線」という素晴らしいモデル名ですね。ヴィクター・スモールスキとの協力で完成したというアグレッシブディストーション。ヘヴィなENGLらしいトーンが特徴のペダルです。

コントロールはVolume、Gain、Bass、Middle、Treble。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Compressor BF-10

ENGL Compressor [BF-10]
価格:14688円(税込、送料別)

次はコンプレッサーです。モダンなコンプレッサーで、ナチュラルコンプからハードなコンプレッションまで広く音を設定できるとのこと。

コントロールはLevel、Tone、Attack、Sustainとなっています。

サンプルムービー

ENGL Chorus CH-10

ENGL Chorus [CH-10]
価格:13651円(税込、送料別)

次はコーラスです。こちらはBBDを使用したアナログコーラスということですね。

コントロールはSpeed、Depth、Detune、そしてVibr/Chor切り替えスイッチでコーラスとヴィブラートを切り替えることができます。

サンプルムービー

ENGL Delay DM-60

ENGL Delay [DM-60]
価格:13651円(税込、送料別)

最後にこちら。ディレイです。デジタルディレイペダルで、スラップバックエコーからロングディレイにまで対応。最大ディレイタイムは640msとのことです。

コントロールはLevel、Repeat、D.Time、そしてX1/X2切り替えスイッチ。スイッチでD.Timeの可変幅を切り替えます。

サンプルムービー

 

ということで、ENGLのコンパクトエフェクター6機種でした。

ディストーションが3つもあるのはENGLらしいとして、それ以外は全体的にスタンダードでシンプルなスタイルですね。ノブ配置などもクラシカルで、アンプメーカーのエフェクターという感じです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-24

「Friday Club」!金曜日のテンションをいつでも。Mr.Blackのジャック・デヴィル氏による手頃でシンプルなペダル!

Friday Club el Cardinale フライデークラブ エルカルディナーレ 国内正規品 Friday Club Fury 6-Six フライデークラブ フューリーシックス 国内正規品 Friday Club BlackBird フライデークラブ ブラックバード 国内正規品 Friday Club Fuzwami フライデークラブ ファズワミ 国内正規品 Friday Club ED-450b フライデークラブ イーディー450ビー 国内正規品

アメリカから、新しいエフェクターブランドが上陸です。

この「Friday Club」は、アメリカ、オレゴン州ポートランドのハンドメイドエフェクターブランドです。

制作はジャック・デヴィル氏。かつてJack Deville Electronics、今ではMr.Blackの主宰も行っているビルダーですね。独特の感性でヴィンテージスタイルのサウンドのペダルを中心に制作しています。

そんなジャック・デヴィル氏の新ブランドが、今回のFriday Clubというわけですね。

ラインナップは5種類、どれもシンプルで手頃なモデルばかりです。それぞれ見てみましょう。

Friday Club el Cardinale

まずはこちら。オーバードライブペダル「エル・カルディナーレ」です。スペイン語系の、ヒスパニックな香り漂う語感ですね。ちなみに意味は分かりません。カルディナーレというのはよくある人の姓のようですが・・・。

Volume、Hights、Driveコントロールを搭載。シンプルでスタンダードなスタイルのペダルです。サウンドとしてはバランスの良いスタンダードなドライブということです。

サンプルムービー

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fury 6-Six

続いてこちら。ディストーションペダルです。

LEVEL、FREQ.、DIST.のシンプルなコントロール。高いレスポンスでハイゲインにまで対応するディストーションです。クリアなトーンが特徴のペダルということですね。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club BlackBird

続いて、もう1つディストーションです。

こちらは先ほどのel Cardinaleの兄弟機で、よりダークで重たいディストーションサウンドを作るペダルです。コントロールはVOL、TONE、DISTです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fuzwami

次はファズペダルです。

こちらは「地球上で最もラウドなファズ」かもしれないということです。「ファズとサステインを強化し、コードでも音が混ざってしまわない」サウンドで、地を這うような轟音が特徴とのことですね。コントロールは音量を調整するBOOM、音色を調整するSLICE、ゲインを調整するBANGとなっています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club ED-450b

最後にこちら。ディレイペダルです。PT2399ディレイチップを使用したディレイで、リピートを重ねるごとに音がかすんでいくヴィンテージスタイルのサウンド。アナログディレイではなくテープエコー的な、ブライトなリピートが特徴ということです。コントロールはLVL、FBK、TME。それぞれレベル、フィードバック、タイムです。ディレイタイムは最大450ms程度とのことです。バイパスはバッファードで、OFFにしても最後のディレイが残るタイプ。発振させることもできるということです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

 

こんな感じです。出来るだけシンプルかつクラシックなスタイルのサウンドを作るペダル、という感じですね。最近は低価格なペダルでもハンドメイド系を元にしたものが多かったりする中で、こういう、スタンダードなペダルって珍しい感じですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy