ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-05-10

「Mr. Black Deluxe DeluxePlus」「BloodMoon」!ミスターブラックからトレモロ/リバーブを組み合わせたペダルと幻想的リバーブペダル!

Mr.Black Deluxe DeluxePlus Mr.Black BloodMoon

特に空間系ペダルを多く制作するMr.Blackから新製品が登場です。

Mr.Black Deluxe DeluxePlus

まずはこちら。トレモロとリバーブを組み合わせたペダルです。トレモロはハーモニックトレモロ、リバーブはスプリングリバーブ。つまりヴィンテージフェンダーアンプのエフェクトのような感じです。先に発売されたDeluxe Plusのデラックスバージョンですね。なのでデラックスデラックスですw

2つのフットスイッチでトレモロとリバーブを個別にON/OFFできるモデルです。コントロールはトレモロがIntensity、Speed、リバーブがReverbのみでシンプルな操作となっています。

サンプルムービー

Mr.Black BloodMoon

そしてこちら。ブラッドムーン。こちらも先に発売されたSupermoonの別バージョンです。具体的にはフルウェット、キルドライの設定ができるようになっています。

コントロールはReverb、Sway、Decay。最大で30秒を越えるディケイに設定でき、どこまでも続くリバーブサウンドを作ることができる幻想的なモデルです。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-05-02

「Neunaber Audio Effects Inspire Tri-Chorus Plus」「Immerse Reverberator」「Iconoclast Speaker Emulator」!8タイプのコーラス、8タイプのリバーブ、そしてキャビシミュ!

1台のペダルがいろいろなエフェクトとして使える、独特のスタイルのペダルを制作するNeunaber Audio Effectsから、新しいペダルが登場です。

この「Inspire Tri-Chorus Plus」は、ソフトウェアでの操作等はなく、ペダルだけで完結するスタイルのエフェクト。クラシカルなラックコーラス「Tri-Chorus」を基本とした8種類のコーラスエフェクトを収録したペダルです。

Mix、Depth、Rate、およびToneやVibe、Detune、Timeコントロールとして使えるノブを搭載しています。

サンプルムービー

続いての「Immerse Reverberator」は、NeunaberのWet Reverbを基本としたリバーブエフェクトを8種類収録したペダル。ホール、プレート、スプリング、シマーなどのリバーブを選択できるコンパクトペダルです。

fx level、tone、depth、そして選んだリバーブタイプによって変わるコントロールを搭載しています。

サンプルムービー

最後にキャビネットシミュレーター。こちらはフィルタータイプのデジタルキャビネットシミュレーターですね。ヘッドフォンアウトボリュームとLow、Mid、High、Gateコントロールを搭載。Gateはノイズゲートです。

ステレオインプット、ステレオアウトプット、ヘッドフォンアウト、USBを搭載。ステレオでキャビネットシミュレーターをかけたり、片方はダイレクトにしたりすることも可能。ソフトウェアから制御することで、モノラルをステレオに出力するステレオエンハンサを使うこともできます。

また、面白いのがこのペダル、ソフトウェアで「IRをロード」することができるんですが、ロードしてIRをキャビネットシミュレーターとして使うのでは無く「特性を表示」します。その上で、Iconoclast本体側の設定をIRに近づける、というスタイルのペダル。あくまでフィルタリングによるキャビネットシミュレーターにこだわりつつ、気に入ったIRのサウンドに似せた設定もできるようになっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-04-26

「Zahnrad by nature sound 3×2」「REV」!ブラックフェイスアンプのVolumeとReverbノブを取り出したミニペダル!

nature soundによる新しいブランド、Zahnrad by nature soundから、面白そうなペダルが登場です。

Zahnrad by nature sound 3x2

まずはこちら。ブラックフェイス期のアンプを分析し、そのVolumeノブを取り出したというモデル。「ナチュラルな質感を失わずに絶妙な艶を付加し、定番のAMPでヴィンテージサウンドを再現」するということです。

Zahnrad by nature sound REV

そしてリバーブ。こちらもブラックフェイス期のリバーブサウンドを分析して作られたモデルです。なのでスプリングリバーブサウンドですね。

 

どちらも1ノブのシンプルなモデル。nature soundらしくコンポーネンツにもこだわって作られたモデル。ミニサイズ、1ノブで雰囲気もある良い感じのペダルですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-04-15

「Mad Professor Little Tweedy Drive」「KOSMOS FAC」!マッドプロフェッサーから小さめフェンダーサウンドとモダンリバーブ!

多数のペダルを制作するフィンランドのエフェクターブランド、Mad Professorから新製品が登場です。

Mad Professor Little Tweedy Drive

まずはこちら。Tweed Deluxeのサウンドを再現したというモデルですね。Volume、Drive。Treble、Bassコントロールを搭載。先に発売されているBig Tweedy Driveと対となるようなペダルです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

Mad Professor KOSMOS FAC

続いてこちら。モダンなリバーブサウンドを作るペダルです。11種類のリバーブサウンドを選択できるペダルです。P、R、S、H、SH1、SH2、SH3、RSB、RM、SW1、SW2からリバーブを選択し、それぞれLevel、Time、Tone、Controlで音をコントロールします。

Pがプレート、Rがルーム、Sがスプリング、Hがホール、SHはシマーで3種類、SWはスウェルで2種類、RSB、RMはリバーブ+ディレイのサウンドということです。

幻想的なサウンドや個性的なリバーブからスタンダードなリバーブまでいろいろ収録されたペダルですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-04-13

「Hotone Binaryシリーズ」!ホットトーンからジャンル別に分かれたコンパクトマルチ!

小さなサイズのペダルを主に展開する中国のHotoneから、Xtompと同じHotoneモデリングテクノロジー、CDCMを用いたペダルが登場です。

まずはこのペダル「Hotone Binary MOD」は、コーラス、フランジャー、トレモロ、フェーザー、デチューン、ロータリースピーカー、オートワウ、リングモジュレーター、LoFi等の24種類のエフェクトを収録。コンパクトサイズのマルチエフェクターです。デュアルDSPにより高いサウンドクオリティを実現しています。

E.LEVEL、A、B、DEPTH、RATEコントロールを搭載。AとBはエフェクトによって変わるパラメータです。また+、-、Grobal、Save/Presetのボタンを搭載。ペダルには5バンク×2プリセットの10種類のプリセットを保存することも可能です。

1インプット、2アウトプットのステレオアウトに対応し、エクスプレッションペダル端子もあります。全てのパラメータをペダルに割り当てることができます。またUSB端子があり、PC/Macからソフトウェアでコントロールすることもできます。フットスイッチはON/OFFとタップテンポとなっています。


続いてこちら。「Hotone Binary EKO」。こちらは17種類のディレイを収録し、リピート音にLofi、トレモロ、スィープフィルター、リングモジュレーター等をかけたプリセットも収録しています。

MIX、A、B、F.BACK、TIMEコントロールを搭載。プリセットやステレオアウト、EXPなどの機能は共通です。

そしてこちら。「Hotone Binary AMP」はアンプシミュレーターです

。16種類のアンプモデリングを収録し、VOL、GAIN、BASS、MIDDLE、TREBLEコントロールを搭載。2つのフットスイッチはプリセットの選択に使用します。

最後にこちら。「Hotone Binary CAB」。キャビネットシミュレーターです。ギター用やベース用を合わせた100種類のIRキャビネットシミュレーターを収録し、さらにサードパーティーのIRを読み込むこともできます。VOL、MIC TYPE、X、Y、Zコントロールを搭載。Aux IN、Headphone Outも搭載しています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加</a

2018-04-03

「WAY HUGE SMALLS RUSSIAN-PICKLE」「BLUE HIPPO」「AQUA-PUSS」!ウェイ・ヒュージのモデルがコンパクトになって登場!

伝説的なエフェクターブランドであり、現在はDunlopのブランドの1つとしてラインナップされるWay Hugeから、コンパクトなスタイルのペダルが登場です。

Wayu Huge Smalls RUSSIAN-PICKLE

Russian-Pickleのコンパクトバージョンです。

Volume、Tone、Distortionコントロールを搭載。クリーミーで図太いボトムを持ったペダル。Way Hugeのマフ系ペダル、Swollen Pickleにロシアンマフな風味を追加したようなペダルです。

サンプルムービー

Wayu Huge Smalls BLUE HIPPO

以前限定で製作されたBlue Hippoのコンパクトバージョン。オリジナルBlue Hippoはアナログコーラスペダルで、ロータリースピーカー的な音色を作ることも出来るペダルでしたが、こちらはオリジナルモデル同様、SpeedとDepthのみのシンプルなコントロールを継承し、さらにVibeモードを追加し、ヴィブラートトーンを作ることも可能となっています。

サンプルムービー

Wayu Huge Smalls AQUA-PUSS

最後にこちら。ディレイです。Aqua Pussのコンパクトバージョンですね。

コントロールはDelay、Feedback、Blend。20〜300msのディレイタイムを持った暖かなサウンドのモデルですね。

通常サイズのインプレッション

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-03-27

「BANANANA effects ABRACADABRA」!ミニサイズの中に圧巻の機能を凝縮した個性派リバーブペダル!

主に個性的なペダルを中心に、独特の存在感を持つエフェクターブランド、BANANANA effectsから、ミニサイズの多機能リバーブペダルが登場です。

BANANANA effects ABRACADABRA」。

この小さな筐体に、3つのトグルスイッチ、5つのコントロールノブ、そして8タイプのモード選択ノブを搭載。多彩なサウンドを作ることができます。

3つのトグルスイッチは、アンラッチ、テイル、キルドライで、それぞれフットスイッチを踏んでいる間だけONにするモード、エフェクトOFF時に最後の音を残すモード、ドライをカットするモードとなります。

コントロールはVolは全てに有効、残りの4つは選択されたモードにより切り替わります。

選択できる8つのモードは、下記のとおりで、それぞれ()内に4つのコントロールを左上から順に乗せています。

  • Exotic Oct Up:残響にオクターブ上の倍音付加(Harmonix、Reverb、Filter、Sensitivity)
  • Exotic 5th:残響に5度上の倍音付加(Harmonix、Reverb、Filter、Sensitivity)
  • Oct Up+Vib:オクターブ上リバーブ+ヴィブラート(Rate、Reverb、Depth、Octup/5th)
  • Shimmer +5th +Vib:シマーリバーブに5度上を加えてヴィブラート(Rate、Reverb、Depth、Octup/5th)
  • Infinity+Chorus+Oct Up:エフェクトON時の音をフリーズさせてコーラスとオクターブ上を付加(Rate、Depth、Decay、Octup/Octdown)
  • Infinity+Chorus+Oct Down:エフェクトON時の音をフリーズさせてコーラスとオクターブ下を付加(Rate、Depth、Decay、Octup/Octdown)
  • Error Delay:ディレイと倍速リバースディレイを交互に出力(Forward Time、Feedback、Reverse Time、Forward-Reverse)
  • SH+Noise:2種類のノイズを融合したサウンド(SH Intensity、Reverb、Noise Vol、Clean-SH)

となっています。

選択できる8つのリバーブが全部変態ってのもさすがバナナナ。これはちょっと欲しいですね。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy