ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-06-26

「ENGL Pedals」!エングルからエフェクターが登場!

ENGL エングル ディストーション RS-10 Retro Distortion ENGL エングル ディストーション BC-10 Reaper Distortion ENGL エングル ディストーション VS-10 Straight To Hell Distortion ENGL エングル コンプレッサー BF-10 Compressor ENGL エングル コーラスエフェクター CH-10 Chorus ENGL エングル デジタルディレイ DM-60 Delay

ドイツの名門アンプメーカー、ENGLからコンパクトエフェクターが登場です。

6機種出ています。それぞれ見て・・・・・・の前に、このペダルボードを載せておきます。

ENGL PB-6 SCS Pedal Board

ENGL PB-6 SCS Pedal Board 【受注生産品】
価格:9936円(税込、送料別)

ENGLのペダルボードです。このペダルボードは、電源供給と入出力をまとめて行うSCS端子に対応するペダルボードです。パッチケーブルを使うことなく、対応したペダルを接続することが出来ます。

今回発売された6機種はすべて、このペダルボードに対応しており、ペダル底面にSCS端子がついています。

では、改めて今回のペダル6機種を見てみましょう。

ENGL Retro Distortion RS-10

ENGL Retro Distortion [RS-10]
価格:15984円(税込、送料別)

まずはこちら。ディストーションペダルです。レトロというだけあって、クラシックなディストーションです。レスポンスが高く、ヴォリュームやピッキングで高い表現を行うことが出来るペダルです。

コントロールはVolume、Dist、Low-Cut、Bass、Trebleコントロール、およびBrightスイッチとなっています。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Reaper Distortion BC-10

ENGL Reaper Distortion [BC-10]
価格:13651円(税込、送料別)

続いてもディストーションです。こちらは幅広いゲインコントロールに対応したというモデルですね。

Volume、Gain、Bass、Middle、Trebleコントロール。シンプルな3バンドEQ搭載のディストーションですね。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Straight To Hell Distortion VS-10

ENGL Straight To Hell Distortion [VS-10]
価格:13651円(税込、送料別)

そしてこちら。さらにディストーションです。「地獄一直線」という素晴らしいモデル名ですね。ヴィクター・スモールスキとの協力で完成したというアグレッシブディストーション。ヘヴィなENGLらしいトーンが特徴のペダルです。

コントロールはVolume、Gain、Bass、Middle、Treble。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Compressor BF-10

ENGL Compressor [BF-10]
価格:14688円(税込、送料別)

次はコンプレッサーです。モダンなコンプレッサーで、ナチュラルコンプからハードなコンプレッションまで広く音を設定できるとのこと。

コントロールはLevel、Tone、Attack、Sustainとなっています。

サンプルムービー

ENGL Chorus CH-10

ENGL Chorus [CH-10]
価格:13651円(税込、送料別)

次はコーラスです。こちらはBBDを使用したアナログコーラスということですね。

コントロールはSpeed、Depth、Detune、そしてVibr/Chor切り替えスイッチでコーラスとヴィブラートを切り替えることができます。

サンプルムービー

ENGL Delay DM-60

ENGL Delay [DM-60]
価格:13651円(税込、送料別)

最後にこちら。ディレイです。デジタルディレイペダルで、スラップバックエコーからロングディレイにまで対応。最大ディレイタイムは640msとのことです。

コントロールはLevel、Repeat、D.Time、そしてX1/X2切り替えスイッチ。スイッチでD.Timeの可変幅を切り替えます。

サンプルムービー

 

ということで、ENGLのコンパクトエフェクター6機種でした。

ディストーションが3つもあるのはENGLらしいとして、それ以外は全体的にスタンダードでシンプルなスタイルですね。ノブ配置などもクラシカルで、アンプメーカーのエフェクターという感じです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-24

「Friday Club」!金曜日のテンションをいつでも。Mr.Blackのジャック・デヴィル氏による手頃でシンプルなペダル!

Friday Club el Cardinale フライデークラブ エルカルディナーレ 国内正規品 Friday Club Fury 6-Six フライデークラブ フューリーシックス 国内正規品 Friday Club BlackBird フライデークラブ ブラックバード 国内正規品 Friday Club Fuzwami フライデークラブ ファズワミ 国内正規品 Friday Club ED-450b フライデークラブ イーディー450ビー 国内正規品

アメリカから、新しいエフェクターブランドが上陸です。

この「Friday Club」は、アメリカ、オレゴン州ポートランドのハンドメイドエフェクターブランドです。

制作はジャック・デヴィル氏。かつてJack Deville Electronics、今ではMr.Blackの主宰も行っているビルダーですね。独特の感性でヴィンテージスタイルのサウンドのペダルを中心に制作しています。

そんなジャック・デヴィル氏の新ブランドが、今回のFriday Clubというわけですね。

ラインナップは5種類、どれもシンプルで手頃なモデルばかりです。それぞれ見てみましょう。

Friday Club el Cardinale

まずはこちら。オーバードライブペダル「エル・カルディナーレ」です。スペイン語系の、ヒスパニックな香り漂う語感ですね。ちなみに意味は分かりません。カルディナーレというのはよくある人の姓のようですが・・・。

Volume、Hights、Driveコントロールを搭載。シンプルでスタンダードなスタイルのペダルです。サウンドとしてはバランスの良いスタンダードなドライブということです。

サンプルムービー

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fury 6-Six

続いてこちら。ディストーションペダルです。

LEVEL、FREQ.、DIST.のシンプルなコントロール。高いレスポンスでハイゲインにまで対応するディストーションです。クリアなトーンが特徴のペダルということですね。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club BlackBird

続いて、もう1つディストーションです。

こちらは先ほどのel Cardinaleの兄弟機で、よりダークで重たいディストーションサウンドを作るペダルです。コントロールはVOL、TONE、DISTです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fuzwami

次はファズペダルです。

こちらは「地球上で最もラウドなファズ」かもしれないということです。「ファズとサステインを強化し、コードでも音が混ざってしまわない」サウンドで、地を這うような轟音が特徴とのことですね。コントロールは音量を調整するBOOM、音色を調整するSLICE、ゲインを調整するBANGとなっています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club ED-450b

最後にこちら。ディレイペダルです。PT2399ディレイチップを使用したディレイで、リピートを重ねるごとに音がかすんでいくヴィンテージスタイルのサウンド。アナログディレイではなくテープエコー的な、ブライトなリピートが特徴ということです。コントロールはLVL、FBK、TME。それぞれレベル、フィードバック、タイムです。ディレイタイムは最大450ms程度とのことです。バイパスはバッファードで、OFFにしても最後のディレイが残るタイプ。発振させることもできるということです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

 

こんな感じです。出来るだけシンプルかつクラシックなスタイルのサウンドを作るペダル、という感じですね。最近は低価格なペダルでもハンドメイド系を元にしたものが多かったりする中で、こういう、スタンダードなペダルって珍しい感じですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-16

「Hungry Robot Pedals Starlite V2」!世界初のタップテンポモジュレーションリバーブがアップデート!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Hungry Robot Pedalsが開発した、世界初のタップテンポ対応コンパクトモジュレーションリバーブ、Starliteが新しくなりました。

この「Hungry Robot Pedals Starlite V2」は、タップテンポでモジュレーションスピードを設定できるコンパクトリバーブペダルです。

異世界的な残響を作るコンパクトな単品モジュレーションリバーブで、自己発振させることも可能です。

コントロールはこれまでのモデルにもあったMix、Decay、Modulationに加え、新たなノブを搭載。LFOのランプアップ/ランプダウン(波形の登りと下り)のバランスを変えることができるもので、左に回せばゆっくり上がって早く下る、右に回せば早く上がってゆっくり下るような波形に調整できるようになっています。

旧モデルのサンプルムービー

基本的な音は変わっていないみたいですね。より幅広いモジュレーション設定ができるようになったペダルです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-15

「Hungry Robot Pedals Wash」「Karman Line」!ハングリーロボットから新時代のディレイとジョイスティック付き個性派ディレイが登場!

Hungry Robot Pedals Wash ハングリーロボットペダルズ ウォッシュ 国内正規品 Hungry Robot Pedals Karman Line ハングリーロボットペダルズ カルマンライン 国内正規品

アメリカのエフェクターブランド、Hungry Robot Pedalsから、新しい独創的なディレイが2モデル登場です。Hungry RobotはSymphonic Devicesの制作も行う、ちょっと変わったブランドですね。それぞれ見てみましょう。

Hungry Robot Pedals Wash

まずはこちら。Washというペダルです。ハングリーロボットが提唱する「ウォッシュエフェクト」を作ることの出来るディレイペダルです。

アナログライクなサウンドのタップテンポディレイと、独自のウォッシュ回路を内蔵するペダルです。ディレイ回路は1000ms以上のディレイタイムにも対応するとのことですね。そしてウォッシュ回路。リバーブをシグナルに加えることで複雑でヴィンテージな空間系エフェクトを作ります。

コントロールはディレイ用のディレイレベル、フィードバックをコントロール。ディレイタイムはタップテンポで設定します。ウォッシュ回路はそのレベルと音の乱反射を設定するRippleコントロール、そして残響の長さをコントロールするResonanceコントロールを備えます。左側でエフェクトのON/OFF、中央でタップテンポ、右側でウォッシュ回路のON/OFFを行います。ウォッシュ回路は単体で使うものでは無く、ディレイと組み合わせるかどうかを切り替えるものです。

サンプルムービー

リバーブパッド等と呼ばれる、残響が音の後ろを埋め尽くすような幻想的な音を作るペダルですね。

Hungry Robot Pedals Karman Line

もう1つがこちら。ジョイスティックコントロールを備えたディレイペダルです。

Hungry Robot Pedals Karman Line ハングリーロボットペダルズ カルマンライン 国内正規品

実際に使うときはこんな感じ。横向きに文字が書かれているのもちょっと変わっています。

中身はモジュレーションディレイ。コントロールノブはフィードバックコントロールとMixコントロール、およびモジュレーションのDepthコントロールです。中央のフットスイッチを踏むと踏んでいる間だけ発振させることが出来、右側のフットスイッチは踏めば発振、もう一度踏めば通常に戻ります。この右側のフットスイッチで発振させているときはMixコントロールに変わりO.Mixノブが有効になり、発振音のレベルだけをコントロールできます。

そしてジョイスティック。ここはディレイタイムとモジュレーションスピードをXY軸でコントロール。スティックを動かすことでディレイタイムが大きく変わり、音をワープさせるような効果が得られるとのこと。発振中に動かしてもまた変わった音を作れるということです。

内部にはGuitarとBass切り替えスイッチがあり、Bassモードではディレイタイムが最大1000ms、ギターモードでは500ms程度となります。

このペダルの動画等はまだ無いみたいですね。

 

幻想的な空間系と独創的なディレイ。どちらも面白そうなペダルだと思います。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Symphonic Devices Symphonic Resonance」!ハイとローのリバーブをパラレルで接続するデュアルリバーブペダル!

かつて科学者としてアメリカにやってきて、怪しい研究に没頭し、謎の回路を残したエリアス・ヴェドラルのデバイスを元に製作されるエフェクター、という架空の物語を持つ独特のエフェクターブランド、Symphonic Devicesから、新しいリバーブペダルが登場です。

Symphonic Devices Symphonic Resonance」。このペダルは、一見スタンダードに見えますがかなり変わったスタイルのリバーブです。

内部にはブラックとホワイトの回路を搭載。ブラック回路はローエンドなリバーブ、ホワイト回路はブライト、トップエンドなリバーブです。この2つの回路は内部でパラレルに接続されており、個別に、または同時に使用して広大で立体的なサウンドを作ることができます。それぞれの回路にはMix、Decayコントロールを搭載します。左のフットスイッチはエフェクトのON/OFF、右側のフットスイッチはシングルチャンネルとデュアルチャンネルの切り替え。デュアルチャンネルはホワイトとブラックの両方を使う状態です。そして中央のトグルスイッチ。こちらはシングルチャンネルで使用する際、ブラックとホワイトのどちらを使うかを決めるスイッチです。

サンプルムービー

リバーブサウンドで高域と低域を個別に使ったり、会わせてもそこを濁らないようにパラレルで接続されていたり、新しいスタイルのリバーブですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-13

「Recovery Effects THE GRIZZLED MIGHTY」「BAD COMRADE」「CUTTING ROOM FLOOR」「EXMIC」!リカバリーエフェクトの個性派ペダルとマイク!

Recovery Effects THE GRIZZLED MIGHTY アルティメット・ローエンド・ファズ リカバリーエフェクツ ザグリズルドマイティー 国内正規品 Recovery Effects BAD COMRADE グリッチ・ピッチ・スライス・ダイス。 リカバリーエフェクツ バッドコムラード 国内正規品 Recovery Effects CUTTING ROOM FLOOR グリッチ・ピッチ・エコー・モジュレート。 リカバリーエフェクツ カッティングルームフロアー 国内正規品 Recovery Effects EXMIC ローファイマイクロフォン リカバリーエフェクツ イーエックスマイク 国内正規品

アメリカのエフェクターブランド、Recovery Effectsから、個性的なエフェクターとマイクが登場です。それぞれ見てみます。

Recovery Effects THE GRIZZLED MIGHTY

まずはこちら。ファズペダルです。ローエンドをしっかりと出すことの出来るペダルで、Volume、Tone、Compression、Grizzleコントロールを搭載。Grizzleはゲインコントロール。それとは別にコンプレッションもコントロールできます。

分厚いローエンド、強いコンプレッション、ファズらしい音色を作るペダルで、ギターでもベースでも使えるペダルです。

サンプルムービー

Recovery Effects BAD COMRADE

続いてこちら。とても変わったペダルです。歪みやディレイなどを組み合わせ、さらにゲートやスタッタースイッチを搭載しています。

3つのノブ、TIME、GLITCH、VOLUMEはそれぞれディレイタイム、ゲートの強さ、音量を調整。

3つのフットスイッチは右側がON/OFF、左側が音のサステインをカットするSTUTTER、そして中央の赤いスイッチが木綿たりーで、踏んでいる間、シグナルをスライス、グリッチします。このグリッチのレートはディレイタイムに依存するということです。

サンプルムービー

歪みそのもののコントロールはありませんが、ローファイなスタイルのためか、音自体もファズっぽい音になっています。

Recovery Effects CUTTING ROOM FLOOR

続いてこちら。こちらも個性的なペダルです。モジュレーション、ディレイ、フリーズ、スタッターを組み合わせたペダルです。コントロールはディレイタイムのTIME、モジュレーションの強さを調整するINTENSITY、モジュレーションレベルを調整するMODULATION、クリーンシグナルをコントロールするBLEND、そして音量を調整するVOLUMEとなっています。

また、STUTTER/REVERB切り替えのトグルスイッチで、音の反響が1回のみか複数回かを切り替えます。フットスイッチは右側がON/OFF、左側はモメンタリースイッチで、踏んでいる間シグナルをフリーズできます。グリッチのレートはディレイタイムに依存します。

サンプルムービー

Recovery Effects EXMIC

最後にこちら。受話器です。じゃなくて、マイクです。

NOSのアメリカ軍用受話器を筐体として使用したダイナミックマイクで、1/4インチフォン端子のアウトプットを搭載しています。

Recovery Effects EXMIC ローファイマイクロフォン リカバリーエフェクツ イーエックスマイク 国内正規品

サンプルムービー

ライブパフォーマンスなどで活躍しそうなマイクですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-04

「Mad Professor 1」!ブラウンサウンドを再現する歪み+リバーブペダル、ついに登場!

MAD PROFESSOR 1
価格:25920円(税込、送料別)


フィンランドの人気エフェクターブランド、Mad Professorから、ブラウンサウンドと呼ばれる、EVHのサウンドを再現するペダルが登場です。

この「Mad Professor 1」。もともと2013年にアメリカの一部楽器店専売モデルとして登場し、世界的に話題になったものの、専売モデルなので国内では販売されていませんでした。その専売期間が過ぎ、今回発売となったということのようです。

コントロールはLevel、Brown、Presence、Reverb。Brownノブがいわゆるゲインコントロールですが、歪みと同時に倍音成分の出方も変えることができるとのこと。Presenceコントロールはアンプのプレゼンスと同等の帯域を調整するもので、いわゆるトーンコントロールよりもトップエンドの出方を調整するものです。

そして、Reverb。これはリバーブのレベルを調整するもので、EVHサウンドに欠かせないリバーブサウンドを加えることが可能。また、内部にあTimeとToneトリムポットがあり、それぞれリバーブの長さとトーンをコントロールできます。

インプットインピーダンスがギターから直接接続した状態で最適になるよう調整されており、前段にバッファは入れない方が良いだろうとのことです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-01

「Chase Bliss Audio Tonal Recall」!すさまじい機能満載、BBD使用のコンパクトアナログディレイ!


アナログエフェクトにデジタルコントロールを組み合わせ、コンパクトサイズに凝縮したペダルを制作するアメリカのエフェクターブランド、Chase Bliss Audioから、ついにアナログディレイが登場です。

この「Chase Bliss Audio Tonal Recall」は、本物のBBDを使用したアナログディレイペダル。そこにデジタルコントロールを組み合わせることで、そこらのコンパクトデジタルディレイを圧倒的に超えた操作、機能を加えたペダルです。

コントロールはTONE、MIX、TIME、REGENとRATE、DEPTH、さらにタップテンポの割合を切り替えるスイッチ、ディレイタイムレンジを切り替えるスイッチ、モジュレーションの波形スイッチとなっています。

ディレイタイムは最大550ms。モジュレーションはDepthを最小にすることで完全に切ることができます。

フットスイッチはバイパスとタップテンポ、およびスイッチ間のスイッチで2つのプリセットを保存/呼び出しができます。タップテンポスイッチはホールドすることでフィードバックを最大にして発振させることもできます。

Chase Bliss Audio Tonal Recall 本物のコンパクトアナログディレイに超絶機能を搭載 チェイスブリスオーディオ トーナルリコール 国内正規品

そして、Chase BlissおなじみのDIPスイッチによる設定もあります。

エクスプレッションペダル、またはTONE(RAMP)ノブに好きなパラメータを割り当て、その操作幅を設定可能。エクスプレッションペダルを使用しない場合には、割り当てたパラメータを揺らして別の音を作ることもできます。また、バイパススイッチはトゥルーバイパスとバッファードバイパスを設定可能。バッファードバイパス時にはシームレスディレイをつくるTrailsがONになります。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル/CVペダル、外部タップテンポスイッチを接続可能。さらに専用の変換を行ったMIDIを使用すれば122のプリセットを保存/読み出ししたり、各コントロールをCCで操作することもできます。

Chase Bliss Audio Tonal Recall 本物のコンパクトアナログディレイに超絶機能を搭載 チェイスブリスオーディオ トーナルリコール 国内正規品

内部はこんな感じ。相変わらずとんでもない詰め込み具合。電池は使えません。

Chase Bliss Audio Tonal Recall 本物のコンパクトアナログディレイに超絶機能を搭載 チェイスブリスオーディオ トーナルリコール 国内正規品

木箱が付いてくるのもアナログエフェクトな感じがして良いですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

サンプルムービー4

音はいわゆるアナログディレイで、モジュレーションはテープエコーっぽい感じですが、音そのものの品質がかなり高いのもポイントですね。ただ機能が良いだけでなく、音にもこだわったペダルです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy