ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-08-05

Free The Toneが新作イコライザー「PE-1Q Programable 10 Band EQ」開発中!

f:id:toy_love:20170805234307j:image

様々なスイッチャーやケーブル、そしてエフェクターなどを制作するFree the Toneが、twitterで新作を公開しています。

プログラマブル10バンドイコライザー。モデル名は「Free The Tone PE-1Q Programable 10 Band EQ」となるようです。

1ノブのみのシンプルな操作系。各バンドは31、62、125、250、500、1k、2k、4k、8k、16kとなっていて、全体の音量も調整できます。

見た感じプリセットは4つは可能。ですが左上のPRESETディスプレイが2桁なので、もっと保存できるのかもしれません。

詳細はまた出てきたら載せようと思います。普通に使いやすそうなEQですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-07-11

「BOSS BOX-40 40TH ANNIVERSARY BOX SET」!ボス最初のコンパクトシリーズ、OD-1、SP-1、PH-1をハンドワイヤードで復刻!限定セットボックス!

ついに・・・復刻です。

BOSSが1977年に発売した、最初のコンパクトシリーズ3機種を限定で復刻したボックスセットが登場です。

BOSS BOX-40」。

BOSSのコンパクトシリーズは、OD-1 Overdrive、SP-1 Spectrum、PH-1 Phaserの3機種からはじまりました。

当時は組み込みも手作業で行われていましたが、今回のボックスセットはそれらの3機種を、当時と同様に手作業で組み込んで作られるモデルとなっています。

サウンドや回路ももちろん当時のものを再現。違いは筐体(当時の筐体はもう少し丸みを帯びていました)、ネジ(現在の銀ネジとなっています)、そしてLEDの仕様です。当時のモデルはLEDは完全にバッテリーチェッカーで、エフェクトON時に一瞬光ってすぐに消えていました。今回のものは、現在の一般的な、エフェクトON時に点灯、OFF時に消灯する形となっています。

OD-1は言うまでも無くオーバードライブ。Level、Over Driveコントロール、SP-1はシンプルなパライコの一種で、Balance、Spectrumコントロールを搭載。PH-1はフェイザーでRate、Depthコントロールとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-06-14

「J.Rockett Audio Designs(JRAD) I.Q.Compressor 」!広くトーンシェイピング可能な6バンドグライコ搭載のコンプレッサー!

ArcherでおなじみのJ.Rockett Audio Designsから、新しいペダルが登場です。

この「J.Rockett Audio Designs I.Q.Compressor」は、コンパクトな筐体にコンプレッサーとグラフィックEQを組み合わせ、幅広く音を調整できるペダルですね。

100、200、400、800、1.5K、3.2Kの帯域を中心に±18dBの範囲でコントロールできるEQに加え、Vol、Mixコントロールでコンプレッサーの強さを調整。また、EQが強くかかった帯域にはコンプレッサーも強くかかるということで、マルチバンドコンプっぽく使うこともできるようになっています。

サンプルムービー

スタンダードなコンプレッサーですが、EQと組み合わせることでかなりいろんなトーンを作れるペダルとなっています。補正にも、音作りにもけっこう使えそうなペダルかもですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-02

「 MXR M108S 10 Band Graphic EQ 」! MXRの10バンドEQペダルがアップデート!ノイズリダクション搭載!

定番エフェクターブランド、MXRのイコライザーペダル、M108 10 Band Graphic EQが新しくなりました。

この「MXR M108S 10 Band Graphic EQ」は、31.25、62.5、125、250、500、1K、2K、4K、8KHz、16KHzの各バンドと全体のVOL、GAINを±12dBの範囲で調整可能。さらにノイズリダクションも搭載しています。

2つのアウトプットがあり、パラレル出力可能。そしてトゥルーバイパスとなっています。

サンプルムービー

これまでのM108のサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-01-10

「 Amptweaker DeFizzerator 」! トップエンドを削ってサウンドを丸くできるパッシブEQ!

5150アンプなどを開発したアンプビルダー、James Brown氏がエフェクターを開発するAmptweakerから、変わったペダルが登場です。

この「Amptweaker DeFizzerator」は、接続するだけでトップエンドをカットできるパッシブローインピーダンスイコライザーです。

Fizz、Buzz、Crackleの3つのモードを選択できるスイッチでカットする周波数帯を設定し、ZapノブでZapZap・・・じゃなくて周波数帯をカットします。パッシブなのでブーストはできません。その代わり電源も不要です。

ローインピーダンスインプットのため、余計なノイズが入らない設計。エフェクターの後段やアンプのエフェクトループに接続することを想定しており、またAmptweakerペダルのエフェクトループなどにも接続することができます。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

トップが強い煌びやかな音色のアンプを小音量で歪ませたい時や、リードで音を丸くしたいときなどに使えるEQです。、

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-12-24

「 MXR M109S 6-Band Graphic EQ 」! MXRのコンパクト6バンドEQが新しくなりました。

定番エフェクターブランド、MXRの、定番6バンドEQが新しくなりました。

MXR M109S 6-Band Graphic EQ」は、これまで制作されてきたMXR M109 6BAN GRAPHIC EQのニューバージョンですね。

6つのバンドの中心周波数は100Hz、200Hz、400Hz、800Hz、1.6kHz、3.2kHz。それぞれを±18dBのスライダーとなっています。これはこれまでのモデルと同様ですね。

ちなみにSamAshとかの海外情報では今回のアップデートで筐体がより軽量に、トゥルーバイパスに、そしてノイズリダクションが搭載されているそうです。表にコントロールはないので、もしかしたら内部トリムポットとかでノイズリダクションの調整とかできたりするのかもしれませんね。

これまでのモデルのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-07-17

「E.W.S. BMC2 (Bass Mid Control 2) "Black"」!EWSのベース用ミッドコントローラーに限定カラーモデルが登場!

いろいろなエフェクターやワウ用のボトムなどを制作するAC Boosterから発売されているベース用ミッドコントローラー、BMC2(Bass Mid Control 2)に、IKEBE GRANDEYのオーダーモデルということで限定カラーバージョンが登場です。

この「E.W.S. BMC2 (Bass Mid Control 2) "Black"」は、使いやすいベース用ミッドコントローラーとして知られるBMC2の筐体をブラックカラーにしたバージョンです。グリーンカラーに濃さの違うグリーンのカラーが描かれるオリジナルモデルとはちがい、よりはっきりとしたコントラストのモデルとなっていますね。

機能やサウンドは通常モデルと同じで、大きなFrequencyノブと小さなMiddle、Volumeノブを搭載。新たにマスターヴォリュームコントロールが加わった形となります。さらにトグルスイッチによりインプットステージで+10dBのゲインブーストも可能。Volumeノブはセンタークリック付で、センター位置でユニティゲイン、そこから時計回りで最大+6dB程度のブーストにも対応します。

9〜18V駆動に対応し、18Vでは歪みが少なくワイドレンジなトーンが得られるということです。

通常モデルのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy