ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-12-05

「 MUSIC MAN StingRay 40th 」! スティングレイベースに40周年記念モデルが登場!

Musicmanの代表モデル、パワフルなベースサウンドで人気のSting Rayベースに発売40周年を記念するモデルが登場です。

1976年に発売されたスティングレイは2016年に40周年。ギリギリですが、国内でも年内に発売となったようです。

MUSIC MAN StingRay 40th」。現MusicmanのCEO、スターリン・ボールが所有する#26プロトタイプを再現したモデルです。

ボディはアルダー。ネックは厳選されたメイプルネック、指板も同様にメイプルです。

ヘッドはアーニーボールロゴの無い初期の仕様となっています。

ピックアップは初期のスムースなサウンドを再現するハムバッカーを搭載。Vol、Treble、Bassの2バンドEQを搭載したアクティブプリアンプを内蔵しています。

ブリッジはミュートパーツ付ヴィンテージスティールサドルのブリッジです。

サンプルムービー

こういう記念碑的なモデルって良いですよね。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-25

「 Darkglass Electronics Microtubes 900 」! ダークグラスから900Wの本格ベースアンプが登場!

フィンランドでハイクオリティなベース機器を製作するDarkglass Electronicsから、初のベースアンプが登場です。

この「Darkglass Electronics Microtubes 900」は900Wという大出力のベースアンプですね。

オールアナログプリアンプとクラスDパワーアンプを組み合わせたスタイルのベースアンプヘッドです。900W RMS(4Ω) / 500W RMS(8Ω)の出力に加え、2Ωモードを備えていて、900W RMS(2Ω) / 500W RMS(4Ω) / 350W RMS(8Ω)のアンプとして使うことも可能。これは900Wだとスピーカーが飛んでしまうようなキャビネットも多く存在するため、それらと組み合わせて使う際に選択するためということです。

コントロールノブは左右のセクションに分かれています。右側がクリーン、左側がb3kb7kなどと共通する「Microtubes」エンジンのコントロールセクションです。

まず右側のクリーンセクション。ここにはGain、MasterとLow、Low Mids、Hi Mids、Trebleの4バンドEQを搭載。Low Midsは250、500、1kHz、Hi Midsは750、1.5k、3kHzの中から中心周波数を選択可能。4バンドアクティブEQで多彩な音の設定が可能となっています。

左側のMicrotubesセクションは歪みのコントロール。Drive、Tone、Level、Blendコントロールを搭載し、Blendノブでクリーンセクションのミックスも可能。歪みのサウンドはVintage Microtubes(VMT)とb3k(B3K)モードを切り替えて使うことができます。

インプットにはパッシブとアクティブの切り替えスイッチ、Microtubes(歪み)のON/OFFスイッチ、そしてミュートスイッチも搭載。フットスイッチが付属していて、スイッチを踏めばMicrotubes(歪み)のON/OFFが、長押しすればミュートが可能となっています。

背面にはスピコンとフォンのコンボ端子によるスピーカーアウト、駆動モードを4Ωと2Ωで切り替えるスイッチ、プリアンプアウトとパワーアンプイン端子、フットスイッチ端子と、グラウンドリフトスイッチ付のXLR DIアウトを搭載。ラインレコーディングなども可能となっています。

発表当初は700Wだったモデルですが、900Wへとパワーアップ。エフェクター的な視点を備えた、ちょっと変わったコントロール系統も特徴的なベースアンプです。

サンプルムービー

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-20

「 dragonfly CS-4 CUSTOM 吉野杉 」! 楽器フェア2016特注モデル!吉野杉を使ったドラゴンフライ、CS-4ベース!ダークグラスのプリアンプ内蔵!

モダンなスタイルのハイクオリティなギター/ベースを制作するdragonflyから、MUSICLAND KEY 渋谷店が楽器フェア2016で特注したモデルが登場です。

dragonfly CS-4 CUSTOM 吉野杉/L.ASH/NAT w/Darkglass Active Circuit 」。日本三大美林の1つ、奈良県吉野特産の杉を使用したベースです。

「吉野杉の中でも際立った杢目の最高級吉野杉」をボディトップに、バックにはライトアッシュ、メイプルネック、ココボロ指板。フレットはクライオ処理したステンレスフレットの24F仕様。Darkglass Electronics Tone Capsuleプリアンプ(発売時の記事)を内蔵したモデルとなっています。

ピックアップは詳細がありませんが、たぶんDragonfly dfsb-5N/5Bだと思います。

吉野杉、めっちゃ生えてるのを見たことはありますが、こうして材になっているのはなかなか見ないのでちょっと面白いです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-19

「 Mesa Boogie Subway Bass DI-Preamp 」! メサブギーからベースプリアンプペダル!Subway D-800のプリアンプをコンパクト化!

カリフォルニアの老舗アンプメーカー、Mesa/Boogieから、コンパクトベースプリアンプが登場です!

この「Mesa Boogie Subway Bass DI-Preamp」は、同じくメサブギーの制作するベースアンプ、Subway D-800のプリアンプ部を取り出したというペダルです。

INPUT、MASTER、LOW、Lo Mid、Hi Mid、Trebleの4バンドEQ、そしてVoicingコントロールを搭載。さらにアクティブ/パッシブ切り替えスイッチとDeepスイッチがあります。

4バンドEQは各バンド±12dBのアクティブEQ、Voicingコントロールはフラットからヴィンテージスタイルへのヴォイシングコントロールとなっています。アクティブ/パッシブはインプットインピーダンス、Deepスイッチはローエンドのエンハンススイッチです。

入出力端子も豊富です。インプット、スルーアウト、ラインレベルのアンバランスドアウトプットに加え、2つのバランスドアウトを搭載。それぞれにグラウンドリフトスイッチがあるプリアンプアウトとダイレクトアウトを備え、ダイレクトアウトはプリEQスイッチが付いています。

サンプルムービー

駆動は電池かアダプターに対応。XLRアウトにはPhantom電源のプロテクターが付いているので、Phantom電源駆動には対応していませんが仮に電源が供給されていても壊れることはないということです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-16

「 Phil Jones Bass (PJB) D-400 Red 」!フィルジョーンズの小型ベースアンプ、D-400にレッドフロントパネル+スピーカーケーブル付限定モデル!

コンパクトなベースアンプのパイオニア、Phil Jones Bassの小型ベースアンプ、D-400に限定モデルが登場です。

この「Phil Jones Bass (PJB) D-400 Red」は、横幅25cmを切る小型軽量ボディに350W(4Ω)、200W(8Ω)のパワーを実現したベースアンプヘッドです。

  • 10〜+15dBのLevelコントロール、3モードのクリップスイッチ、Lo Bass、Hi Bass、Lo Mid、Hi Mid、Trebleの5バンドEQ、Limiter、リミッターON/OFFスイッチ、Volumeコントロールを搭載。

キャノン端子のスピーカーアウトの他、エフェクトループ、プリアンプアウト、ヘッドフォンアウト、EQプリ/ポストとグラウンドリフトスイッチを搭載したXLRアウトを搭載しています。

コンパクトで大出力、リミッターも搭載する現代的なベースアンプです。

通常モデルのサンプルムービー

限定モデルではフロントパネルが赤くなり、0.9mスピーカーケーブルが付属。20台のみの数量限定ということです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-15

「 Bassics BPA-1 」!伝説のレコーディングエンジニア、マルコム・トフト氏がデザインする新たなアプローチで音を作る多機能ベースプリアンプ!

英国から新たな多機能ベースプリアンプが登場です。

この「Bassics BPA-1」は、David BowieT.Rexなどを手がけた伝説のレコーディングエンジニア、マルコム・トフト氏が設計を手がけたベースプリアンプです。

ミュートスイッチ、コンプレッサー、アッパーベース、ミッドベース、ローベース、EQバイパスのフットスイッチを搭載。コンプレッサーセクションはOUTPUTとCOMPRESSORコントロール、およびプリEQスイッチ、そしてそれぞれLEVELとFREQUENCYコントロールを搭載し、それぞれフットスイッチでON/OFFできる3バンドパラメトリックEQ、そしてINPUTコントロールとINPUT2スイッチを搭載。

入出力端子も豊富で、2つのインプットジャックを搭載。インプット1はインピーダンス切り替えスイッチ、インプット2はインプットレベルコントロールを別に搭載。アウトプット、エフェクトループ(SENDはチューナーアウトとしても機能)、およびプリEQとポストEQのDIアウトを搭載。DIアウトはXLRとTRSの端子がそれぞれに付いていて、グラウンドリフトスイッチもあります。

3バンドパラEQは「"Low"は45〜250Hz、"Mid"は150〜800Hz、"High"は500〜3KHz」の周波数帯に対応。コンプレッサーはスタジオクオリティのVCAコンプレッサー。エフェクトループはEQ前段に設置したいエフェクトを接続するスタイルです。

駆動はコンセント。なので高い電圧で余裕のあるサウンドを作ることができます。

サンプルムービー

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-10

「 Palmer Pocket Amp Bass 」!パルマーからベース用プリアンプペダルが登場!

数多くのスピーカーシミュレーターを中心にエフェクターやキャビネットなども制作するドイツ、Pamerから、新たにコンパクトなベースプリアンプが登場です。

Palmer Pocket Amp Bass」。「広範囲なサウンドメイク」が出来るというベースプリアンプですね。

コントロールはVol、Drive、Blend、Saturate、そしてBass、Highs、およびLevel、FreqのMidコントロール。中域がセミパライコになった3バンドEQと、クリーンブレンドやサチュレーションコントロールで音色を細かく調整できます。

さらにファズ/オーバードライブ/クリーンの3モードスイッチ、DIアウトの位置(EQのプリ/ポスト)、フットスイッチの役割(バイパス/ミュート)、キャビネットシミュレーター(フラット/モダン/ヴィンテージ)を選択するスイッチを搭載します。

Palmer Pocket Amp Bass

アウトプットはDIアウトとアンバランスドアウトの2種類。グラウンドリフトもできます。さらにTRS(ステレオ)端子を使用したエフェクトループまで搭載。コンパクトサイズに数多くの機能を詰め込んだベースプリアンプですね。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy