ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-02-15

「 MXR M287 sub octave bass fuzz 」! ベース用オクターバー+ファズ!

定番エフェクターブランド、MXRから、ベース用のオクターバーとファズを組み合わせたペダルが登場です。

MXR M287 sub octave bass fuzz」。

MXRのサブオクターバー、Bass Octave DeluxeのGrowlセクションに、「long-forgotten fuzz circuit」を組み合わせたというペダル。このファズ回路が何かよく分からないんですが、ヴィンテージなファズ回路とサブオクターバーを合わせたことでいろいろなファズのフレイバーを作ることができるということですね。

コントロールはファズセクションがGain、Fuzz、Bass、Treble。サブオクターブセクションがOctave、そして独立したDryコントロールとMid+Levelコントロールが付いています。ナチュラルなベースの音を犠牲にせず、さらにMIDを強調することもできるということです。

ちなみに、オクターブファズって書かれていたりしますが、オクターブファズなのか?というのはちょっと謎です。オクターバー+ファズとオクターブファズは違う感じがしますが、もしその「long-forgotten fuzz circuit」がオクターブファズ(オクターブ上を作れるファズ)だとすれば面白いかもですが・・・w

現時点でサンプル動画等は出ていなくて、また発売もまだ先ですので、発売になったらまた改めて載せたいと思います。その時にはファズ回路の辺りも詳しく分かるのでは無いかと思います。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-09

「 TRICKFISH BULLHEAD1K 」「 SM112 」! コンパクト軽量な1000Wの大出力クラスDベースアンプ!

2014年に設立された新鋭ベースアンプメーカー、TRICKFISHから、クラスDでコンパクト、軽量な1000Wのベースアンプが登場です。SWR、JBL、KRK等で25年以上にもわたる開発者としてのキャリアを持つリチャード・ルースのブランドです。

TRICKFISH BULLHEAD1K

こちらがアンプヘッドです。サイズは86.06 x 384.15 x 203.2mm、重さ2.8kg。そして1000W出力。Gain、Bass、Lo Mid、Hi Mid、Treble、Masterコントロール、Hi/Loインプット切り替えを搭載。インプットとヘッドフォン端子、Line Inがフロントパネルにあります。

リアパネルには最小4Ωのスピーカーアウト、グラウンドリフトやシリーズ、パラレル切り替えの付いたエフェクトループ、チューナーアウト、ミュートスイッチ端子、そしてLevelコントロールとPre/Post切り替え、グラウンドリフトスイッチのついたXLR端子のDIアウトが付いています。

TRICKFISH SM112

そしてキャビネットも登場。12インチEminenceスピーカーと3インチボイスコイルを搭載。378 x 483 x 445mm、16.3kgのキャビネットです。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-07

「 ESP×バンドリ! Collaboration Series 」! ESPとBanG Dream!のコラボレーションギター/ベース/他が登場!

今年1/21よりアニメで放送されているBanG Dream!(バンドリ!)と、日本を代表するギターメーカーの1つ、ESPのコラボレーションモデルがいろいろ出ています。

順に見てみましょう。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Kasumi Toyama Signature Model ESP RANDOM STAR Kasumi -LED-

まずはこちら。劇中で実際使用するギターを再現したESPの受注生産モデルです。

ギター&ボーカルの戸山香澄が使用するランダムスターを再現したギターですね。アルダーボディ、3ピースハードメイプルネック、ローズ指板22F仕様。フレットはJESCAR FW57110-NSを使用しています。

ピックアップはフロントにSeymour Duncan SH-1n、リアにSeymour Duncan SH-4を搭載し、1Vol、1Tone、3Wayセレクターを搭載。さらに★の部分にLEDが入っていて、そのLEDのON/OFFスイッチも付いています。

ブリッジはGotoh GE101ZGotoh GE103B-Tのストップテイルピース+TOMブリッジ。ペグはGotohのSG360-07 MG-Tとなっています。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Kasumi Toyama Signature Model ESP RANDOM STAR Kasumi

続いてこちら。LEDなしのバージョン。基本は同じ。LED ON/OFFスイッチがキルスイッチに変更されています。

BanG Dream! / ESP×バンドリ! Collaboration Series Kasumi Toyama Signature Model BanG Dream! RANDOM STAR Kasumi

こちらはより手頃なモデル。アルダーボディ、ハードメイプル3Pネック、ローズ指板22F。

GH-1Gピックアップが2つ、1Vol、1Tone、3Wayセレクター、キルスイッチにストップテイルピース+TOMブリッジとなっています。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Tae Hanazono Signature Model ESP SNAPPER Tae

続いてスナッパー。ギターの花園たえが使用するモデルを再現したものです。アルダーボディ、ハードメイプルネック、ローズ指板22F。フレットにはJESCAR FW55090-NSを使用。

ピックアップはフロントとセンターにシングルコイルのSeymour Duncan SSL-6、リアにはシングルハム、Seymour Duncan SHR-1bを搭載。コントロールは1VOl、2Tone、5Wayセレクター。リアToneは引き上げるとコイルタップも可能です。ブリッジはESP FLICKER-II、ペグはGOTOH SG360-07 MG-Tを搭載。受注生産モデルです。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Tae Hanazono Signature Model BanG Dream! SNAPPER Tae

より手頃なモデル。アルダーボディ、ハードメイプルネック、ローズ指板22F。ピックアップはシングルコイルGS-1G×3、1Vol、2Tone、5Wayセレクター。Toneコントロールはフロントとセンター用で、リアはトーンバイパスです。ブリッジはBS202です。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Rimi Ushigome Signature Model ESP VIPER BASS Rimi

続いてベース。牛込りみが使用しているモデルを再現したモデルです。

マホガニーボディ、1ピースハードメイプルネック、ローズ指板22F。フレットにはJESCAR FW47104-NSを使用。

ピックアップはSeymour Duncan SSB-4nSeymour Duncan SSB-4bのセット。1Vol、2バンドEQ、PUセレクターを搭載。VolコントロールはEQバイパススイッチとしても使用可能です。ブリッジはHIPSHOT Style"A"Brass、ペグはGOTOH GB707Eです。こちらは受注生産。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Rimi Ushigome Signature Model BanG Dream! VIPER BASS Rimi

続いてより手頃なバージョン。アルダーボディ、ハードメイプル3Pネック、ローズ指板22F。SB-4ピックアップ×2を搭載し、2Vol、1Tone、ダミーPUセレクターコントロールで、Custom Bass Bridgeとなっています。

ESP×バンドリ! Collaboration Series BanG Dream! Strap

バンドPoppin' Partyが、実際に劇中で使用しているものと同じ柄のストラップです。

ESP×バンドリ! Collaboration Series Poppin'Party Character Pick

キャラクターのピックも出ています。

ESP×バンドリ! Collaboration Series BanG Dream! Cloth

そしてロゴ入りのクロスもあります。

 

ということで、ESPとバンドリ!のコラボモデルでした。

かなり力を入れて作られている感じですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-01-20

「 One Control Sonic Silver Peg 」! ワンコントロールから、アンペグV4Bアンプを再現するAIABペダルが登場!

様々なBJFデザインのエフェクターを制作し、最近はアンプライクなドライブペダル、いわゆるAIABペダルを多く制作しているOne Controlからベースアンプを再現したペダルが登場です。

One Control Sonic Silver Peg」。

1970年代にAmpegが発売した100Wのベース用チューブアンプ、Ampeg V4を再現します。

コントロールはVolume、Tone、Mid。さらに0dB/-15dBスイッチも搭載。Midコントロールは800Hzを中心に±15dBのブースト/カットできるアクティブコントロールで、Toneは300Hz〜10kHzをスウィープできるローパスフィルター。そしてオリジナルアンプの2つのインプットを再現した0dB/-15dBスイッチを搭載。このスイッチで歪みの強さも大きく切り替えることができます。

ミニサイズケースで、アダプターだけでなく電池駆動も可能なペダルとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 pandaMidi Solutions Future Impact I. 」! 伝説のベースシンセ、AKAI Deep Impact SB1が大幅に進化して登場!

かつてAKAI Professionalが発売した、伝説のベースシンセ、「Deep Impact SB1」。その回路を設計したアンドラーシュ・サライ氏によるハンガリーのブランド、pandaMidi Solutionsから、その実質的な後継機種が登場です。

pandaMidi Solutions Future Impact I.」。

かつてのDeep Impact SB1のサウンドを再現しつつ、さらに大幅に機能や性能を向上させたモデルです。

pandaMidi Solutions Future Impact I. パンダミディソリューションズ フューチャーインパクト ワン 国内正規品 AKAI Deep Impac SB1後継!

pandaMidi Solutions Future Impact I. パンダミディソリューションズ フューチャーインパクト ワン 国内正規品 AKAI Deep Impac SB1後継!

内部にはエフェクトブロックとシンセブロックを搭載。4つのVCOとVCF、VCAを搭載するシンセブロックと、ハーモナイザー、LPF、BPF、ディストーション、EQ、ノイズゲート、さらにコーラスやディレイなどを作るモジュレーションディレイを選択することができます。

本体にはInput、Level、Output Level、ParameterとEdit/Bankコントロール、およびON/OFFとPrpgramスイッチを搭載しています。インプットレベルとアウトプットレベルの他、Parameterノブでは全プリセットに共通するNote Off LevelとNote On Level、そしてプリセットごとに独立したAttack、Decay、Envelope、Dynamics、Cutoff、Resonance、Balance、Level、Effectsのパラメータを選択でき、そのパラメータはEDITノブを動かして各10段階で設定することができます。

プリセットは99種類。バンク0には9つのプリセットがあり、デフォルトではこの9つはDeep Impactに搭載された9つの音色をそのまま再現。もちろん自由に調整したり新しいプリセットを入れることもできます。バンク1〜9には各10プリセットごと設定できます。

pandaMidi Solutions Future Impact I. パンダミディソリューションズ フューチャーインパクト ワン 国内正規品 AKAI Deep Impac SB1後継!

入出力端子はインプット、アウトプット、MIDI IN/OUTとなっています。

pandaMidi Solutions Future Impact I. パンダミディソリューションズ フューチャーインパクト ワン 国内正規品 AKAI Deep Impac SB1後継!

そして、MIDI端子とPCを接続することでWindowsやMacからエディットできるデスクトップエディタもあります。本体では13のパラメータをコントロールしますが、デスクトップエディタを使えば100以上の全てのプリセットにアクセスし、コントロール可能となっています。

4弦、5弦、6弦ベースのレンジを全てカバーし、24bit AD/DAコンバータ、512kHzオーバーサンプリングのオシレーター、128khzオーバーサンプリングのディストーションを搭載し、Deep Impactと比較すると圧倒的な高音質を実現。同時に、当時のサウンドを再現するプログラムも入っていて、当時のスペックでは回避できない高域の音質低下を再現することもできます。駆動は9Vアダプターのみとなります。

サンプルムービー

Deep Impactとの比較

ちなみに、ベースマガジンの企画で、デジマートでも販売されたりしていましたが、今回ついに一般の楽器店にも流通するようになったようです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 ZOOM B3n 」! ベース用コンパクトマルチエフェクターがさらに進化!

Zoomのベース用コンパクトマルチエフェクターが進化を遂げました!

新しくなった「Zoom B3n」は、ギター用として発売されているG3nのベースバージョンですね。

3つのエフェクトが並んだようなスタイルの、アナログ感覚の操作ができるシンプルなマルチエフェクターです。中には19種類のダイナミクス/フィルター系エフェクト、15種類のオーバードライブ/ディストーション系エフェクト、17種類のモジュレーション系エフェクト、11種類のディレイ/リバーブエフェクト、図太く重厚な3種類のベースシンセなどを含む70種類のエフェクトを収録。中にはモデリングなども多く含まれており、Urei 1176コンプやSeek WahDarkglass B7kのモデリングなど、現代的なペダルやスタジオエフェクトのモデリングなども入っています。

そして、Ampeg SVT、Fender Bassman 100、SWR SM-400、Trace EliotAH400SMX、Aguilar DB750のアンプモデリングと、それぞれに合わせたキャビネットモデリングを収録。キャビネットモデリングにはIRを使用しています。(IRとは

そして、これらのアンプやエフェクトは最大7種類まで同時使用可能。自在に接続順を設定してプリセットすることができます。ユーザーオリジナルのエフェクト設定は最大150種類まで保存でき、さらに75種類のファクトリープリセットも用意されています。

外観も変更。まず液晶画面がよりすっきりとして左右に大きくなり、1つの画面に4つのパラメータが見えるようになりました。視覚的にペダルの形を表示するのではなく、エフェクトジャンルを左上、アルゴリズム名を右上に表示し、下段は4つのパラメータとその設定値をグラフの形で表示することで操作性を高めています。各エフェクトセクションのノブも4つになりました。ノブ下のTYPEボタンでエフェクトタイプを選択できる形となっています。3つの機械式風なフットスイッチに加え、手前に3つのプラスチック型フットスイッチを装備。エフェクトモデルのスクロールやバンク切り替え、チューナーの起動やタップテンポを行うことが出来る形となっています。このサイズながら2段6つのフットスイッチを装備している形です。

68種類のリズムパターンを内蔵したリズムマシンも搭載。最長80秒のフレーズをレコーディングできるルーパー機能も付いているので、練習や様々なパフォーマンスに使うことも可能。

ZOOM B3n ベース用マルチエフェクター

入出力端子は入出力端子はインプット、ステレオアウト、Aux In、Control端子とUSB、DCインプット、電源スイッチとなっています。ステレオアウトのL端子はヘッドフォンアウトとしても機能します。コントロール端子は外部エクスプレッションペダル、FP02Mを接続できます。USB端子でPCと接続すればMac/Win対応アプリケーション、Guitar Labを使用することで追加のアンプモデルやエフェクトタイプを無料でダウンロードすることも可能です。

収録エフェクト一覧(pdf)

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-01-17

ワンコントロールからベース用アンペグAIABペダル!「 One Control Sonic Silver Peg 」発表!

f:id:toy_love:20170117232138j:image

様々なエフェクター、AIABペダルやスイッチャーなどを制作するOne Controlから、新たなAIABペダルが発表されました。

今度はベース用AIABです。1970年代にAmpegが発売した100W出力の真空管ベースアンプ、Ampeg V4を元にしたAIABペダルです。

コントロールはVolume、Tone、Mid。さらに0dB/-15dBスイッチも搭載しています。Midコントロールは800Hzを中心に±15dBのブースト/カットできるアクティブコントロールで、Toneは300Hz〜10kHzをスウィープできるローパスフィルターとなっています。0dB/-15dBスイッチはオリジナルにある2つのインプットのサウンドの切替えで、クリーンからフルゲインまでカバーしています。5弦や6弦ベース、ピエゾPUにも対応し、ミキサーなどに直接出力してプリアンプのように使うこともできるということです。

f:id:toy_love:20170117232137j:image

ミニサイズアルミ削り出しケースで電池駆動も可能。トラディショナルなベーストーンをまとめてカバーできるペダルということです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-01-04

「 Gibson USA EB Bass 2017 」! 2017年モデルのギブソンEBベースは24F仕様!24Fの4弦と5弦が手頃な価格で!

Gibsonから2017年モデルのEB Bassが登場です!

Gibson USA EB 4 Bass 2017

2017年モデル、新しくなったEB Bassは24F仕様です。

ボディはスワンプアッシュ、そこにラウンドプロフィールのメイプルネックをセット。ローズ指板24F仕様です。24Fになり、ボディのカッタウェイも深くなっています。スケールは34インチです。

ピックアップはEBハムバッカー×2。コントロールは2Vol、1Tone。Push/Pullでピックアップのシリーズとパラレルを切り替えられます。ブリッジはBabicz Full Contactです。

Gibson USA EB Bass 5String T 2017

5弦ベースもあります。基本的なスペックは同じで、5弦スタイルになっています。

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-12-08

「 Darkglass Electronics Microtubes 900 + Super Symmetryセット 」! ダークグラスのベースアンプとコンプレッサーのセット!

ハイクオリティなベース機材を制作するフィンランドのDarkglass Electronicsから、発売されたばかりのベースアンプ、MicroTubes 900とナチュラルコンプレッサー、Super Symmetryのセットが登場です。

MicroTubes 900はオールアナログプリアンプとクラスDパワーアンプを組み合わせたスタイルのベースアンプヘッドです。900W RMS(4Ω) / 500W RMS(8Ω)の出力に加え、2Ωモードを備えていて、900W RMS(2Ω) / 500W RMS(4Ω) / 450W RMS(8Ω)のアンプとして使うことも可能。Gain、MasterとLow、Low Mids、Hi Mids、Trebleの4バンドEQを搭載したクリーンセクションとDrive、Tone、Level、Blendコントロールを搭載したMicrotubesセクションに分かれ、Blendノブでクリーンセクションのミックスも可能。歪みのサウンドはVintage Microtubes(VMT)とb3k(B3K)モードを切り替えて使うことができます。

そしてSuper SymmetryはCompression、Input、Blend、Release、Attack、Outputの6ノブ。インプットゲイン、アウトプットヴォリューム、ブレンドコントロールなども搭載し、広く音を作ることができるペダルとなっています。

筐体はオリジナルのアルミ削り出し。専用のLEDトンネルを内部に持ち、LEDを使ったレベルメーターも搭載。超クリーンでナチュラルなコンプレッサーですね。(試奏レポート

これらを合わせることで、Darkglassの考えるベースサウンドを作ることができるということです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy