ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-04-25

「JHS Pedals The Milkman」!JHSとMilkman Soundのコラボレーションによるブースト+スラップバックエコーペダル!

アメリカの人気エフェクターブランド、JHS Pedalsから新しいペダルが登場です。

この「JHS Pedals The Milkman」はブーストセクションとスラップバックエコーセクションを組み合わせたペダルです。ブーストセクションはBoostスイッチとBoostノブ、スラップバックエコーはSlapフットスイッチとSlap、Mix、Repeat、EQコントロールを搭載。ブーストセクションはユニティゲインで使えばエンハンサのように使用可能。そしてスラップバックエコー側は「テープエコーとアナログBBDディレイのハイブリットをエミュレート」したサウンド。ディレイタイムは短く、スラップバックエコー的な残響を作ることができます。Mixは0〜100%までの範囲でウェット/ドライミックスを設定可能。Repeatは最大で4〜5回程度のリピートまでに限定。EQはディレイ音の暖かさを調整します。

クラシックな音だけに限定したエコー/ブーストペダル。かなり絞ったペダルですが、こういうのも面白いですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-24

「Xotic Soul Driven」! アレン・ハインズモデルとして作られた限定モデルがレギュラー化!

アメリカの人気エフェクターブランド、Xoticアレン・ハインズのシグネチャーモデルとして制作したオーバードライブ、Soul Driven AHがレギュラーモデルとなりました。

Xotic Soul Driven」は、AC Boosterを元に「よりミッドレンジが豊かなサウンドを作りたい」という要望から作られたペダル。Gain、Volume、Tone、Mid Boostコントロールで、ミッドの出方によりフォーカスした音作りが出来るペダルとなっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-22

「Friedman Motor City Drive」「Fuzz Fiend」!フリードマンアンプから真空管搭載のオーバードライブとファズが登場!

Friedman [フリードマン] Motor City Drive Friedman [フリードマン] Fuzz Fiend

ハイエンドなアンプメーカー、Friedman Ampから、真空管搭載のエフェクターが登場です。

オーバードライブとファズ、それぞれ見てみましょう。

Friedman Motor City Drive

まずはオーバードライブ。Drive、Bass、Middle、Treble、Volumeコントロールを搭載。12AX7Aを220Vで駆動させる真空管搭載オーバードライブで、チュラルでアンプライクなサウンドが特徴。

ハイエンドアンプらしいプリアンプ的なドライブサウンドを作るペダルとなっています。

サンプルムービー

Friedman Fuzz Friend

続いてファズ。こちらも真空管12AX7A搭載。コントロールはFuzz、Bass、Mid、Treble、Volumeコントロール。3バンドEQでアンプ同様のコントロールができます。

RAGEフットスイッチを搭載し、踏んでいる間サステインとノイズを永続。個性的なサウンドを作ることもできるペダルですね。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-20

「ERNIE BALL Expression Overdrive」「Ambient Delay」!アーニーボールからフットペダルタイプのオーバードライブとディレイが登場!

弦からギター(Musicman)まで、数々の製品を発売するERNIE BALLから、新しいエフェクターが登場です。

アーニーボールは基本的にエフェクターを制作しておらず、そのほぼ全てがボリュームペダルでした。今回は、そんなボリュームペダル筐体を使用したフットペダルタイプのエフェクターになります。

ERNIE BALL Expression Overdrive

まずはこちら。オーバードライブです。真空管的なサウンドのナチュラルなドライブペダルとのことですね。

コントロールはDrive、Tone、Boost。そしてフットペダルでは「オーバードライヴ量を自由にアップ/ダウン」可能。これだけ見るとDriveコントロールのエクスプレッションかと思いますが、実際はクリーンレベル。つまりDry/Wetのコントロールのようですね。

ケンタウロスのGainが歪みとクリーンレベルを同時にコントロールするタイプですが、それがさらに分かれたような感じ。意外とクリーンミックスが調整できるオーバードライブって少なかったりします。特にギター用だと。

ちなみにペダルは常時ON。バイパスモードは存在せず、ペダルを手前まで下げればクリーン100%となる設計となっています。

サンプルムービー

ERNIE BALL Ambient Delay

続いて残響系。モデル名からディレイペダルと思うかもしれませんが、実際はディレイ+リバーブペダルです。プレートリバーブとデジタルディレイを組み合わせたサウンドが特徴のペダルですね。

コントロールはReverb、Feedback、Time。さらにタップテンポ端子を搭載し、外部フットスイッチからタップテンポ設定も可能です。ディレイタイムは50ms〜1sで設定可能。

そしてフットペダル。こちらはオーバードライブ同様、WetとDryのミックスを調整します。

エフェクトは常時ONで、ペダルを手前に倒せばドライ100%となります。ヴァイオリン奏法みたいな使い方をすればキルドライディレイのように使うこともできるとのこと。さらにリバーブもかかるので、ちょっとふわっとした空間的な音を出せるペダルとなっています。

サンプルムービー

ゴールドのオーバードライブ、カッパーのディレイと、派手な見た目のペダルです。ボリュームペダルと合わせれば金銀銅ですねw

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-13

「Tapestry Audio FAB SUISSE」!タペストリーオーディオからブルースブレイカーベースのオーバードライブが登場!

以前細いヴォリュームペダルを発売し、話題となったTapestry Audioから、オーバードライブペダルが登場です。

Tapestry Audio FAB SUISSE」。

ブルースブレイカーを元に作られたオーバードライブで、Volume、Gainとマーシャルスタイルの3バンドEQを搭載。各ノブには同ブランドオリジナルのノブ固定機構「Knob Stop」を搭載しています。

また、中央の3モードスイッチでクリッピングを切り替え可能。左から順にハードクリップ、ブーストモード、ソフトクリップとなっています。

ブルースブレイカー系ペダルらしく、ハイレスポンスでアンプライクな響き。主にクランチ的なローゲインサウンドを得意としたペダルです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-12

「320design Sunakake」!320デザイン久々の新作オーバードライブが登場!ジりっとしたサウンド!

独特のデザインで存在感を放つ人気オーバードライブ、Landmightyやディストーション、Brown Featherを制作する320designから、久々の完全新作オーバードライブが登場です。

この「320design Sunakake」は、ジリっとしたサウンドが特徴のオーバードライブということですね。

ジリっとした音って、英語だとgrittyっていう表現を使ったりします。これを日本語にすると「砂のような」とかそんな感じの言葉になります。Sunakake(砂かけ)というモデル名は、そこからきているのではないかと思ったりします。

コントロールはVolume、Bass、Tone、Gain。独立して低域をいじれるのが使いやすそうです。「ジリジリとした真空管が飽和するようなクランチサウンド」を作るペダルですが、クリーンブーストからファズのようなサウンドまで作れるということで、ゲインレンジも広そうな感じだと思います。

まだサンプル等はでていないみたいですが、音の評判の良い320designなので、期待できそうですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-08

「 Walrus Audio WARHORN 」「 JUPITER V2 」!ウォルラスオーディオ新作!オーバードライブとファズ!

今勢いのあるアメリカのエフェクターブランド、Walrus Audioから新作です。

2機種。まず1つめはオーバードライブです。

「Walrus Audio WARHORN」。ミッドレンジオーバードライブということです。Level、Drive、Bass、Trebleコントロールを搭載。中央に2モードの切り替えスイッチが付いています。ドライシグナルをブレンドする形のオーバードライブで、「明瞭な音の輪郭や立体感」が特徴ということです。スイッチポジションでクリーンのブレンドレベルが変更され、ちょうど良く調整されているということです。

サンプルムービー

続いてファズペダル。「Walrus Audio JUPITER V2」です。先に発売されていたJupiterのアップデートバージョンですね。

「マルチクリップ式の轟音ファズ」。Level、Tone、Fuzzコントロールを搭載し、ModeとBass切り替えスイッチを搭載。ゲイン幅を広げ、Levelコントロールはユニティレベルに調整しやすく、そしてToneは高域のレスポンスを改善したということですね。

バンドアンサンブルの中やミックスの中でも埋もれないファズサウンドです。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy