ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-06-29

「Leqtique Rochechouart」!レクティーク、次の新作はトランスペアレント系!

こだわりのパーツとアルミ削り出しケースを合わせたハイクオリティなペダルを手頃な価格で提供する、人気のハンドメイドエフェクターブランド、Leqtiqueから、久々の新作オーバードライブが登場です。

この「Leqtique Rochechouart」は、ロー〜ミディアムゲインのトランスペアレントオーバードライブペダルです。

4つのノブはVol、Gain、Trebleと小さなLow-Cutコントロール。2バンドEQはパッシブで、透明かつハイレスポンス。ミッドレンジは音楽的なサウンドに固定し、上下の帯域を調整することで音を作り出していくモデルとなっています。

9/9と同じ高解像度Opamp、LT1498を使用。さらにクリッピングには角の取れたスムースな歪みを作るという1N4150ダイオードを採用しています。

相変わらず細部までこだわったスタイルにSwirlペイントの筐体を使用。

6〜18Vの電圧で駆動するということで、18Vアダプターを使ってのサウンドもまた楽しみですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Lovepedal SUPER SIX GREY GHOST "Flat Mids" mod」!フェンダーアンプのマジック6サウンドを作るペダルのモディファイバージョン!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Lovepedalから、フェンダー系のアンプサウンドを作るペダルのモディファイバージョンが登場です。

この「Lovepedal SUPER SIX GREY GHOST "Flat Mids" mod」は、フェンダーマジック6と呼ばれるサウンドを再現するオーバードライブを、よりフラットにしたモデルです。初期ブラックフェイスアンプにおける、ヴォリューム(いわゆるゲイン)6、トレブル6、ミドル3、ベース2の設定、それがマジック6と呼ばれるセッティングです。

ペダルのコントロールはLevel、Drive、Treble、Bass。多くの楽器に合わせて使えるペダルとなっています。

先日発売されたSuper Six Stevie Modのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-28

「TDC TDC-007 CREAMY DRIVE IKEBE ORIGINAL COLOR」!多彩なコントロールのオーバードライブに限定カラー!

TDC TDC-007 CREAMY DRIVE 【IKEBE ORIGINAL COLOR】
価格:32832円(税込、送料無料)

こだわりの作り、多彩なコントロールを搭載したエフェクターを制作するTDC。その代表的なオーバードライブペダル、TDC-007 CREAMY DRIVEに限定モデルが登場です。

この「TDC-007 CREAMY DRIVE IKEBE ORIGINAL COLOR」は、イケベ楽器限定カラーで作られるTDC-007です。機能は通所モデルと同じで、大きな白いノブがLevelとGain。そして奥に並ぶ4つのノブがHF、MF、M FREQ、LFとなっていて、HFが高域、LFが低域のコントロール、そしてMF、M FREQはミッドレンジを調整するパライコとなっています。かなり深い歪みを作ることができますが、全体的にスムーズで、名前の通りクリーミーなサウンドなので激しいサウンドではなく、むしろリードトーンに向いた音色が特徴。EQは強力で、例えばリアPUでフロントPUみたいな音を作ることも簡単にできます。

通常モデルのレビュー

通常モデルのサンプルムービー

高い実力のペダルです。限定カラーでまた雰囲気が変わっていますね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-25

「JHS Pedals The AT Inverted Color」!JHSのアンディ・ティモンズモデルに限定カラーモデルが登場!

JHS PEDALS The AT Inverted Color
価格:34020円(税込、送料無料)

アメリカの人気エフェクターブランド、JHS Pedalsから発売されている、アンディ・ティモンズのシグネチャーモデル「JHS Pedals the AT」(試奏レポート)に、限定カラーモデルが登場です。

この「JHS Pedals The AT Inverted Color」は、赤黒のカラーを反転させたブラックボディに赤いロゴが入るモデルとなっています。

機能やサウンドは通常モデルと同じ。コントロールはVolume、Drive、Air、EQコントロールと3モードスイッチを搭載。EQはいわゆるトーンコントロールで、ハイパスフィルタです。Airはもう1つのハイパスフィルタで、ハイトレブルを強調。3モードスイッチはヘッドルームの切替で、100W/50W/25Wのモードを選択可能。100Wは音が大きく、クリーンなトーン、50Wが中間で、25Wが音量は下がるもののゲインが高いサウンドとなっています。9〜18V駆動に対応しています。

通常モデルのサンプルムービー

通常のAngry Charlieと通常モデルの比較

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-24

「Friday Club」!金曜日のテンションをいつでも。Mr.Blackのジャック・デヴィル氏による手頃でシンプルなペダル!

Friday Club el Cardinale フライデークラブ エルカルディナーレ 国内正規品 Friday Club Fury 6-Six フライデークラブ フューリーシックス 国内正規品 Friday Club BlackBird フライデークラブ ブラックバード 国内正規品 Friday Club Fuzwami フライデークラブ ファズワミ 国内正規品 Friday Club ED-450b フライデークラブ イーディー450ビー 国内正規品

アメリカから、新しいエフェクターブランドが上陸です。

この「Friday Club」は、アメリカ、オレゴン州ポートランドのハンドメイドエフェクターブランドです。

制作はジャック・デヴィル氏。かつてJack Deville Electronics、今ではMr.Blackの主宰も行っているビルダーですね。独特の感性でヴィンテージスタイルのサウンドのペダルを中心に制作しています。

そんなジャック・デヴィル氏の新ブランドが、今回のFriday Clubというわけですね。

ラインナップは5種類、どれもシンプルで手頃なモデルばかりです。それぞれ見てみましょう。

Friday Club el Cardinale

まずはこちら。オーバードライブペダル「エル・カルディナーレ」です。スペイン語系の、ヒスパニックな香り漂う語感ですね。ちなみに意味は分かりません。カルディナーレというのはよくある人の姓のようですが・・・。

Volume、Hights、Driveコントロールを搭載。シンプルでスタンダードなスタイルのペダルです。サウンドとしてはバランスの良いスタンダードなドライブということです。

サンプルムービー

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fury 6-Six

続いてこちら。ディストーションペダルです。

LEVEL、FREQ.、DIST.のシンプルなコントロール。高いレスポンスでハイゲインにまで対応するディストーションです。クリアなトーンが特徴のペダルということですね。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club BlackBird

続いて、もう1つディストーションです。

こちらは先ほどのel Cardinaleの兄弟機で、よりダークで重たいディストーションサウンドを作るペダルです。コントロールはVOL、TONE、DISTです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fuzwami

次はファズペダルです。

こちらは「地球上で最もラウドなファズ」かもしれないということです。「ファズとサステインを強化し、コードでも音が混ざってしまわない」サウンドで、地を這うような轟音が特徴とのことですね。コントロールは音量を調整するBOOM、音色を調整するSLICE、ゲインを調整するBANGとなっています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club ED-450b

最後にこちら。ディレイペダルです。PT2399ディレイチップを使用したディレイで、リピートを重ねるごとに音がかすんでいくヴィンテージスタイルのサウンド。アナログディレイではなくテープエコー的な、ブライトなリピートが特徴ということです。コントロールはLVL、FBK、TME。それぞれレベル、フィードバック、タイムです。ディレイタイムは最大450ms程度とのことです。バイパスはバッファードで、OFFにしても最後のディレイが残るタイプ。発振させることもできるということです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

 

こんな感じです。出来るだけシンプルかつクラシックなスタイルのサウンドを作るペダル、という感じですね。最近は低価格なペダルでもハンドメイド系を元にしたものが多かったりする中で、こういう、スタンダードなペダルって珍しい感じですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-23

「Pedal diggers 819 twin」!ランドグラフ開発の「Pedalman 818」再現ペダル2つを連結したツインTSペダル!

Pedal diggers/819 twin【在庫あり】
価格:49680円(税込、送料別)

様々なペダルを元にハンドメイドでエフェクターを制作するPedal Diggersの人気TS系ペダル、Pedal Diggers 819を2つまとめた贅沢なペダルが登場です。

この「Pedal Diggers 819 twin」は、通常の819の販売が200台を超えたことを記念したモデルです。819の回路を2つ搭載。さらに、後にランドグラフの代名詞ともなった3モードクリッピングスイッチをそれぞの回路に搭載しています。クリッピングはオリジナル819、クリッピングバイパス、LEDクリッピングで、ランドグラフ的なスタイルですね。

それぞれを個別に、セッティングを変えて使うことも可能で、両方をONにすることも出来ます。両方をONにするとTSを2つ連結したSRV的なスタイルのセッティングもできますね。

内部はシンプル。電池駆動もできます。

通常の819のサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-22

最近のプレキシ・ペダル特集!! 後編

ONE CONTROL / PURPLE PLEXIFIER [オーバードライブ] ワンコントロール Two notes ツーノート ギター・プリアンプ・ペダル Le Crunch 【国内正規輸入品】 Wampler Pedals [ワンプラーペダル] Plexi-Drive Deluxe

ヴィンテージマーシャルアンプのサウンド、すなわちプレキシサウンドを求めるペダル。これまでも様々なモデルが発売されていますが、ここ最近またいろいろなモデルが出始めている感じがあります。そこで2015年以降に発売されたプレキシペダルをまとめるこのシリーズ、今回は前編に続き、後編です。

前回はA〜Jから始まるブランドのペダルを載せました。今回はK・・・から始まるブランドは出ていなかったので、Lから始まるブランドのプレキシペダルを載せていきたいと思います。ではいってみましょう!

Lovepedal Purple Plexi LE

数多くのエフェクターをラインナップするアメリカのエフェクターブランド、Lovepedalのプレキシペダルです。以前から発売されていたPurple Plexiのニューバージョンですね。

DriveコントロールをDrive AとDrive Bに分け、A/Bフットスイッチを追加。フットスイッチ1発でゲインを切り替える2ch仕様としたモデルですね。Drive AとDrive BでJCM800〜JTM45あたりの音を切り替えて使うことができるということです。ギターのヴォリュームへのレスポンスが高く、ゲインをギター側でコントロールできるペダルとなっています。Toneコントロールでも60年代のプレキシからJCM800サウンドまで調整できます。

サンプルムービー

Manlay Sound M-200

スペインのハンドメイドエフェクターブランド、Manlay Soundのプレキシペダルです。プレキシといってもかなり珍しいスタイルのモデルですね。

このペダルの元になっているのはMarshall Majorという200W出力のプレキシアンプのサウンドを元にしています。コントロールはMASTER VOLUME、BASS VOLUME、TREBLE VOLUME。さらにBrightスイッチを搭載しています。オリジナルアンプと同様の回路構成を持ち、TrebleとBassで独立した増幅段をミックスするスタイルのペダルとなっていて、Majorのサウンドを再現しています。

サンプルムービー

オリジナルMarshall Majorのサウンド(ギターとベース)

One Control Purple Plexifier

様々なエフェクターやスイッチャー、ケーブル等を制作するOne Controlのプレキシペダルです。

コントロールはVOL、DIST、TREBLEの3ノブ。さらに側面にMidrangeトリムポットを搭載。本物のプレキシアンプ、すなわちヴィンテージマーシャルには3バンドEQを搭載しますが、このペダルはミニサイズのエフェクターとしての操作性を高めるため、低域を固定し、ミッドレンジの出方をまず調整し、好みに合わせてからトレブルをコントロールするというスタイル。「クリーンからディストーションまで、広いゲインレンジを持ったアンプライクなペダル」で、BJFデザインらしくギター側で歪みをコントロールできるレスポンスも備えています。「ホットロッドなカスタムが施された」プレキシアンプのトーンを基本としているということで、クリーンからブルース、ハードロック、EVHのブラウンサウンドまでをカバーします。

試奏レポート

サンプルムービー

Pedal Diggers Cranked 45

兵庫にある楽器店、Tone Blueのオリジナルブランドとして知られるPedal Diggersのプレキシペダルです。

MXRサイズで作られるマーシャル系オーバードライブ/ディストーションで、Vol.、Tone、Gainのシンプルな3ノブペダルです。「JTM45をブースターなどで少しプッシュした実際にライブやレコーディングで聞ける図太く音圧感のある王道のロックサウンド」を再現しています。

サンプルムービー

Pedal Tank Plexi Drive

続いてタイ王国で長くハンドメイドエフェクターを制作するPedal Tankのプレキシペダルです。

シンプルなLevel、Gain、Toneコントロールで構成されるオーバードライブ/ディストーションペダルで、「プレキシマーシャルの持つクランチ、レスポンス、フィーリング」が得られ、さらにプレキシだけでなく歴代マーシャルサウンドを得られます。

サンプルムービー

Ramble FX Marvel Drive

Ramble FX/Marvel Drive V3 Purple【在庫あり】
価格:24840円(税込、送料別)

アメリカ、ミシガン州のエフェクターブランド、Ramble FXのプレキシペダルです。

VOLUME I、VOLUME II、MASTER、およびPRESENCEミニノブを搭載し、LEDにはINDICATORのラベルが付いています。マーシャルのフロントパネルをリスペクトしたデザインで、1960年代中〜後半に生産された2チャンネル仕様のMarshallプレキシの音を再現。4系統のJFET増幅段を使用した構造です。4インプットで2チャンネル仕様のプレキシマーシャルの、チャンネルリンクをさせた音を作るためのペダルで、VOLUME IとVOLUME IIノブによって2つのチャンネルを自在にブレンド可能。片方のVOLUMEを0にすれば、オリジナルのHIGH TREBLEとNORMAL、それぞれの個別のチャンネルの音を作ることも可能です。

Ramble FX/Marvel Drive V3 Red【在庫あり】
価格:24840円(税込、送料別)

いろいろなカラーが出ているのも特徴です。

サンプルムービー

Two Notes Le Crunch

Two Notes / Le Crunch
価格:43027円(税込、送料無料)

様々なアンプモデリングやキャビネットモデリング機器を製作するフランスのTwo Notesから発売されたプリアンプペダルです。クランチサウンドを基本としたペダルで、ヴィンテージプレキシアンプのサウンドを目標にしています。“プレキシクランチ”“クラシックロック”“パンクロック”“ハードロック”までをカバー。AとBの2つのチャンネル、および両方のチャンネルが直列、または並列に接続されるモード、合わせて4つのサウンドを作ることができるプリアンプです。

200Vで駆動させる真空管を内蔵するプリアンプで、多彩なコントロールを搭載。AチャンネルはGain、Volume、Treble、Bassコントロール、BチャンネルにはGain、Volume、Sweep、Treble、Mid、Bass、Fusionコントロールを搭載。FusionコントロールはFusionモードのコントロールで、このモードはAとBのチャンネルを組み合わせるモードです。ここにはHotとColdの2種類を選択でき、HotモードではAとBを直列、ColdモードではAとBを並列に接続します。

入出力端子も豊富で、インプット、アウトプット、センド(AUXアウト)、リターン、ヘッドフォンアウト、MIDI IN、MIDI OUT、さらにグラウンドリフトやスピーカーシミュレータを搭載するXLRのDIアウトを搭載しています。

ラインドライバー、プリアンプ、さらにオーバードライブやブースターとしても使うことのできるペダルとなっています。

サンプルムービー

Wampler Pedals Plexi-Drive Deluxe

世界的に人気の高いエフェクターブランド、Wampler Pedalsのプレキシペダルです。

JTMシリーズのサウンドを再現します。以前から発売されていたPlexi Driveをさらに拡張したペダルですね。コントロールは、まず新しく開発されたアクティブ3バンドEQのBass、Middle、TrebleとLevel、および特に低音量でも4発キャビネットのサウンドを作るためのベースブーストスイッチと、高音域を強調するトレブルブーストスイッチを搭載しています。そして、Pre GainとPost Gainの2つのゲインコントロールを搭載し、フットスイッチも右側がPre Gain、左側がPost Gainとなっています。

このペダルの場合、通常の「ON」、つまりマーシャルサウンドそのままを作る場合が「Post Gain」となります。Pre Gainは、マーシャルサウンドにさらにTSタイプの歪みを加えることができるという仕組みですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

Xotic SL Drive Chrome Bundle

人気の老舗エフェクターブランド、Xoticから、ミニサイズのプレキシ系ドライブペダル、SL Driveレビュー)の限定モデルです。クロムカラーのSL Driveに、小型昇圧器、XVD-1 Voltage Doublerをセットにしたタイプですね。電池の入るミニサイズペダルのオーバードライブで、コントロールはDrive、Toneと小さなVolumeノブの組み合わせ。Marshall 1959のサウンドを元に製作されたモデルで、ペダル内部のスイッチでSuper LeadとSuper Bassのサウンドを切り替え可能なモデルです。9〜18Vのアダプタ駆動に対応します。

通常モデルのサンプルムービー

XVD-1 Voltage Doublerは、9Vの入力を15V、または18Vの出力に変換するもので、最大80mAの電流を供給できます。

Xoticペダルの中では、15Vモードを推奨するのがAC BoosterRC BoosterBB PreampBB Preamp MBBB Preamp CompBass RC BoosterBass BB Preamp

18V駆動を推奨するのがEP BoosterSL DriveSP CompressorAC PlusBB PlusAC-Compです。

これをセットにしたことで、より高いダイナミクスレンジのサウンドを作ることができるようになっています。

 

ということで、前編と合わせて18機種のプレキシペダルを見てきました。すべて2015年以降に国内発売されたペダルです。ほぼ毎月1つくらいは出ていたという感じですね。

改めて見ると、かつてのモデルの発展系などもけっこうありますが、同様に新作もあります。それぞれのこだわり、それぞれのペダルが目指すところ、それぞれのペダルのスタイル。こうして並べて見てみると面白いですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-20

最近のプレキシ・ペダル特集!! 前編

Bogner La Grange ギターエフェクター Gurus Amp グルズ アンプン / 1959 Double Decker JHS Pedals ジェイエイチエスペダルズ オーバードライブ Charlie Brown V4 【国内正規品】

プレキシサウンド。ヴィンテージマーシャルアンプを意味する表現であり、多くのギタリストにとって特別な意味を持つ、そんな言葉です。

昨今、そんなヴィンテージマーシャルアンプサウンドを作るペダル、いわゆるプレキシ系ペダルが増えてきているように思います。

今回は、2015年以降に発売(日本国内で)となったペダルをまとめてみたいと思います。1年半程度の期間でどんなペダルが出てきたのか、改めて見てみましょう。

今回は前編ということで、A〜Jから始まるブランドのペダルを載せていきます。では、行きましょう。

Analog Alien Bucket Seat

Analog Alien Bucket Seat
価格:26784円(税込、送料無料)

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Analog Alienのプレキシ系ペダルです。同ブランドの制作するロカビリーをイメージしたアナログマルチエフェクター、Rumble Seatのオーバードライブセクションをコンパクト化したモデルとなっています。

1969年製のプレキシアンプサウンドを基本として制作されており、Gain、Tone、Outputコントロールを搭載。Gainを高く設定してもスムースかつハイレスポンスなサウンドが特徴とのこと。2時あたりでゲインが最大となり、そこからさきはコンプレッションが増していくというスタイルのコントロールとなっています。

Rumble Seatのサンプルムービー

Blackberry JAM Lemonpie

アンプライクなサウンドの歪みを中心に展開する日本のハンドメイドエフェクターブランド、Blackberry JAMのプレキシ系ペダルです。初期のJTM45を再現したというペダル、レモンパイです。

マーシャルアンプが元々Bassmanを発展させたものだということはよく知られていますが、そのサウンドの色が強い、太く重たい、プレキシ以前の最初期、オフセット期のJTM45を再現したモデルです。コントロールはVolume、Gain、Treble、Bass。フルアップにするとプレキシ的な音色になります。

Blackberry JAM macaron

Blackberry JAM/macaron【在庫あり】
価格:27000円(税込、送料別)

もう1つ、Blackberry JAMから。「マカロン」と名付けられ、その色合いも可愛らしいペダルです。

こちらはマーシャルのプレキシ期を代表するJMP時代のSuper Bassを元にしたモデルです。このサウンドといえばSL DriveのDIP切替でも似たサウンドが得られることが知られています。

コントロールはVolume、Gain、Treble、Bass。構造的にも先にご紹介したレモンパイと近く、よりしっかりとしたローエンドが特徴。ギターはもちろんベースで使うこともできます。

Bogner La Grange

Bogner La Grange 【新製品AMP/FX】
価格:32832円(税込、送料無料)

アメリカのハイエンドアンプメーカー、Bognerの作るプレキシペダルです。コントロールは、Volume、Tone、Ch.Blend、Gain、BoostノブとGain、Variac、Presence、Structureトグルスイッチ、OnとBoostフットスイッチを搭載。

Gainスイッチは3モードのゲインレベル切り替え、VariacスイッチはONにすると、アンプの電圧を下げたときのサウンドを再現し、Presenceスイッチはオープンで明るいトーンとマイルドで太いトーンを切替、Structureスイッチはローエンドのタイトなサウンドとルーズなサウンドを選択します。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル端子、アダプター端子を搭載。エクスプレッションペダルはここにヴォリュームペダルを接続することでVolumeとGainをリアルタイムにコントロール可能。

公式ティーサー

サンプルムービー

Carl Martin Plexi Tone Single Channel LO-GAIN

デンマークの老舗エフェクターブランド、Carl Martinが発売しているシンプルなプレキシ系オーバードライブ、Plexi Tone SINGLE CHANNELのローゲインバージョンです。

カールマーチンの多機能プレキシ系ペダル、Plexi Toneのローゲインチャンネルを元に作られたモデルです。コントロールはLevel、Gain、Toneのみのシンプルなスタイル。何も考えずにプレキシなクランチトーンが作れるペダルです。

サンプルムービー

これまで発売されていた通常バージョンのサンプルムービー

flying teapot 59 pre amp

flying teapot/59 pre amp【在庫あり】
価格:28000円(税込、送料別)

ニアックなペダルをリリースする日本のエフェクターブランド、flying teapotのプレキシペダルです。

2chのプリアンプペダルで、各チャンネルには2つのインプットがあり、「たすき掛け」によるチャンネルリンクによるサウンド作りにも対応しています。コントロールはMASTERとCh1用のLOUDNESS1(HIGH TREBLE)、Ch2用のLOUDNESS2(NORMAL)、そしてTREBLE、MIDDLE、BASSの3バンドEQDを搭載。

ON/OFFスイッチは無く、まさにプリアンプとして使用するペダルとなっています。

Gurus Amp 1959 Double Decker

イタリアのハンドメイドエフェクターブランド、Gurus Ampのプレキシペダルです。

Floor1、Floor2、2つのチャンネルに加え、ソロ用の音量設定を個別に設定できるペダルで、12AX7/ECC83真空管を搭載しています。Volume1、Gain1、Volume2、Gain2、そしてTreble、Middle、Bassコントロールをチャンネルごとに、そしてSoloボリュームコントロールを搭載しています。入出力も豊富。インプット、アウトプット、エフェクトループ、DIアウト、そして2つのリモートスイッチを搭載。エフェクトループはシリーズとパラレルで切り替えることが出来、DIアウトはスピーカーエミュレートのON/OFFを切り替えられます。

サンプルムービー

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS .45 Caliber

Rockett Pedalsなどで知られるJ.ROCKETT AUDIO DESIGNS。その中でも手頃でコンパクトなペダルをラインナップするTour Seriesのプレキシペダルです。

マーシャルの1962 JTM 45アンプを再現したペダルで、Loud、Gain、Treble、Bassコントロールを搭載しています。

サンプルムービー

JHS Pedals Charlie Brown V4

アメリカの人気エフェクターブランド、JHS Pedalsのプレキシ系オーバードライブペダル、Charlie Brownに、3バンドEQを搭載してアップデートされたニューバージョンです。Volume、Drive、Bass、Middle、Trebleコントロールを搭載。本物のヴィンテージアンプに搭載されるものと同様のトーンスタックによる3バンドEQにより、音作りをより詳細に行えるようにしたというモデルです。

サンプルムービー

以前のモデルのサンプルムービー

以前のモデルの試奏レポート

 

ということで、今回はこのあたりです。プレキシペダル。けっこう出尽くした感があるようにも思うかもしれませんが、まだまだ新たなモデルが出ています。やはり伝説的なサウンドはいつまでも求められるものなんですね。

後編へ続く

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy