ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-07-17

「Flying Teapot 088OverDrive」!あえて今作られる、3モードのTS系オーバードライブ!

独特のスタイルでハイクオリティなサウンドを作るFlying Teapotから、新しいオーバードライブが登場です。

Flying Teapot 088OverDrive」。

チューブスクリーマーのスタイル、いわゆるTS系のオーバードライブです。

Level、Gain、ToneコントロールとF、B、Vの3モード切り替えスイッチを搭載。ToneコントロールにはWカーブを使うことで全体域をスムースに可変可能。3つのモードはブライト(B)、ヴィンテージ(V)、ファット(F)の3つで、Vモードが最も基本的なスタイル、Bが高域強調、Fが低域強調のタイプとなります。

分かりやすく、使いやすい歪みを作ることができるペダル、ということですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-07-15

「Pedal Tank Delicate 2」「Time Capsule 2」!ペダルタンクの新たなオーバードライブとディレイ!

タイのハンドメイドエフェクターブランド、Pedal Tankから新しいオーバードライブとディレイが登場です。

Pedal Tank Delicate 2

まずはオーバードライブ。こちらはTS系回路のオーバードライブです。

LEVEL、DRIVE、TONEコントロールとbright/warm、classic/modern切り替えスイッチを搭載。classic/modernはクリッピング、bright/warmは音の明るさを切り替えます。

スタンダードなタイプでクラシック、それでいてけっこう広く音を作れそうなペダルです。

サンプルムービー

Pedal Tank Time Capsule 2

続いてこちら。ディレイです。アナログライクなディレイペダルですね。

Time、Feedback、Wet、Input Levelコントロールを搭載。デジタルディレイですがアナログライクなサウンドを作るペダルです。

旧バージョンのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-07-12

「WAY HUGE WM28 Overrated Special」!ウェイ・ヒュージのジョー・ボナマッサモデル、限定コンパクトバージョン

Way Hugeから発売されているジョー・ボナマッサモデル、「WHE208 OVERRATED SPECIAL」に限定でコンパクトサイズバージョンが登場です。

WAYHUGE WM28 Overrated Special」。

Green Rhinoを発展させて作られたペダルです。

Volume、DriveとTone、および500Hzコントロールを搭載。ミッドレンジをさらに強く、そして500Hzコントロールによりローエンドのパンチを追加することができるようにしたモデルです。

WHE208のサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-07-01

「LUNASTONE」新製品!歪み系4機種!クラシカルで扱いやすそうなペダルが登場!

独特のシンプルなデザインで作られるデンマークのエフェクターブランド、LUNASTONEから、コンパクトでスタンダードなスタイルの歪み系が4機種登場です。

LUNASTONE Blue Drive 1

まずはオーバードライブ。名前の通り、ブルージーなトーンを作るというモデルです。ゲインレンジも広く、応答性も高く、透明感のあるサウンドが特徴ということですね。

コントロールもVolume、Tone、Driveとシンプルです。

サンプルムービー

LUNASTONE Smooth Drive 1

続いてもオーバードライブ。「シルキー且つなめらかで少しエッジの効いた」サウンドということですね。ミドルゲインで直列されたゲインステージを持つというモデル。単に音の説明だけ聞くとTSよりなのかな、と思ったりしますが、フュージョンなんかにもいけるということで、よりすっきりしたサウンドという感じなのかもしれませんね。

コントロールはVolume、Tone、Driveです。

サンプルムービー

LUNASTONE Distortion 1

次はディストーションです。EVHライクなハードロック系サウンドが特徴ということです。コントロールはVolume、Tone、Dist。

シンプルかつクラシックでスタンダードな感じですね。

サンプルムービー

LUNASTONE Red Fuzz 1

そしてファズ。ヘンドリクスライクなトーンからシンセファズのような音まで作れるということです。ブリティッシュ系のファズからハイゲインまで、みたいな感じでしょうか。ヴィンテージなファズトーンを基本としながら、今の時代にも使いやすく作られているということですね。コントロールはVolume、Lowcut、Fuzzとなっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-06-28

「Rockett Pedals J.Rockett Audio Designs ”ARCHER CLEAN”」!あのKLONEペダルにクリーンバージョンが登場!

伝説的オーバードライブ、Klon Centaurを再現したペダルの中でも代表的なモデルとして人気のJ.Rockett Audio Designs ARCHERに新たなバリエーションモデルが登場です。

J Rockett Audio Designs (JRAD) Archer Clean」。ケンタウロスを元にしたローゲイン、クリーンブーストペダルです。

コントロールはOoutput、Treble、Color。Colorコントロールはミッドレンジを中心にコントロールできるということです。ちゃんとゲルマダイオードによるクリッピングも付いて、ゲインを大きく可変することなく音色を調整できるということです。

サンプルムービー

もともと「ブースター系OD」として人気のケンタウロス。それをさらにブースター〜ローゲインに特化させたモデルですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-06-17

「Fulltone FULL-DRIVE 1」!ブーストなしのコンパクトなフルドライブ!

長年にわたりハンドメイドエフェクターを制作しているFulltoneから、新しいペダルが登場です。

Fulltone FULL-DRIVE 1」。フルトーンを代表するTS系オーバードライブペダル、Fulltone Full-Driveシリーズのドライブ部だけをコンパクト化したペダルですね。

フルドライブは、最初期の90年代からブースト付オーバードライブでした。

最初は3ノブで、ブーストレベルが固定されたタイプ、その後「Full Drive 2」の名前になりブーストノブがつきました。

f:id:toy_love:20180617235845j:image

うちにあるフルドライブはその時期のもの。その後、有名な青い筐体となり、細かなアップデートを重ね、現在はFull-Drive 3まで出ていますね。

今回のモデルは、「1」ということで、今まではなかったブーストのないコンパクトなスタイルとなっています。コントロールはVolume、Tone、Overdrive、CC/V/FMの3モードスイッチを備えています。スイッチはそれぞれコンプカット、ヴィンテージ、フラットミッドを表しています。

サンプルムービー

フルドライブらしい上品なTS系サウンドという感じ。シンプルでボードにも設置しやすくなったモデルですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-06-16

「Old Blood noise Endeavors」!新製品5モデル登場!

モダンなスタイルの幻想的な空間系ペダルを中心にエフェクターを制作するOld Blood noise Endeavorsから、新製品が多数登場です。それぞれ見てみましょう。

Old Blood Noise Endeavors Fault

まずはこちら。オーバードライブ/ディストーションペダルです。

2つのゲインステージを持つ歪みです。Gain1、Gain2、Volume、Low、Mid、High。右側のフットスイッチがON/OFF、左側がゲインステージ2のON/OFFです。3バンドEQを搭載したモデルですね。

サンプルムービー

Old Blood Noise Endeavors Excess

続いてこちら。歪みとコーラス/ディレイを組み合わせたペダルです。ディストーションセクションと空間系セクションに分かれた構造で、それぞれをシリーズ、またはパラレルで使うことができます。

ディストーションセクションはDist Vol、Dist Tone、Distコントロールを搭載。空間系セクションはフットスイッチでコーラスとディレイを切り替えることができます。Rate/Time、Depth/FBK、Mod Volコントロールを搭載。および両セクションのシリーズ/パラレル切り替えスイッチとなっています。

サンプルムービー

Old Blood Noise Endeavors Flat light

続いて変わったフランジャーです。Rate、Depth、Shift、Mixコントロールを搭載。Detune/Resonate/Echoの3モードで、ピッチシフトとフランジャーを組み合わせた音やフィードバックが強くなるフランジャー、ディレイ付のフランジャーを選ぶことができます。エクスプレッションペダルをRateまたはShiftに割り当てることができ、TILTフットスイッチはRateまたはShiftを踏んでいる間だけ最大にすることができます。それぞれの割り当ては内部スイッチで同時に行います。また、内部にボリュームトリムポットがあります。

サンプルムービー

Old Blood Noise Endeavors Mondegreen Delay

続いてディレイペダル。モジュレーションエフェクト+ディレイというスタイルのモデルです。

Time、Feedback、Mix、MorphコントロールとStutter、Whirl、Sheerのモード切り替えスイッチを搭載。モードはディレイにトレモロがかかるエフェクト、強めのモジュレーションディレイ(コーラス)、オクターブがかかるディレイとなっています。

エクスプレッションペダルはTimeまたはMorphを割り当てることができ、内部スイッチで切り替え可能。また内部にボリュームコントロールがあります。

サンプルムービー

Old Blood Noise Endeavors Mondegreen DelayEQ + Buffer

最後にシンプルなモデル。常時バッファのかかる3バンドEQです。それぞれ100Hz、500Hz、2kHzあたりをコントロールするEQです。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy