ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-12-05

「 Cusack Music 」日本再上陸!

Cusack Music Screamer V2 キューザックミュージック スクリーマーブイツー オーバードライブ 国内正規品 Cusack Music Screamer Fuzz V2 キューザックミュージック スクリーマーファズブイツー オーバードライブファズ 国内正規品 Cusack Music Screamer Bass キューザックミュージック スクリーマーベース ベースオーバードライブ 国内正規品

アメリカで長年エフェクターを制作し、アメリカでは大手エフェクターブランドとなっているCusack Musicが、また日本に入ってくるようになったようです。クリックレススイッチのトゥルーバイパスを採用し、多くのエフェクターブランドに機構やパーツの提供なども行っているのがCusackです。オリジナルペダルも多く制作しています。

今回は3機種入ってくるようですね。

Cusack Music Screamer V2

まずはこちら。Cusackを代表するTS系オーバードライブです。10年前に試奏レポートを書いたりしましたが、今は新しいバージョンになっています。

コントロールはLevel、Tone、Drive。そしてスタンダード、クラッシュ、非対称LEDの3つのクリッピングを切り替えるスイッチを搭載しています。非対称LEDではクリッピングの様子を外から見ることができます。

サンプルムービー

Cusack Music Screamer Fuzz V2

そしてこちら。Cusackの独創的なオーバードライブ/ファズです。TSとファズを混ぜることが出来、独特のディストーションライクなファズドライブを作るペダルですね。コントロールはLevel、Fuzz、Scream。Fuzzがファズ、Screamがオーバードライブのゲイン設定で、それぞれ最小にすると純粋にオーバードライブやファズペダルにもなります。オーバードライブはスタンダード、クラッシュ、非対称LEDの3つのクリッピングを選択可能です。

サンプルムービー

Cusack Music Screamer Bass

そしてこちら。ベース用のScreamerです。ベースの帯域に合わせ、ローエンドを逃さずに出力できるとのこと。コントロールはLevel、Tone、Drive。そしてスタンダード、クラッシュ、非対称LEDの3つのクリッピングを切り替えるスイッチを搭載します。

サンプルムービー

 

全モデル、クリックレスのトゥルーバイパスを搭載。バイパス時はLEDが緑に点灯しますが、フットスイッチを長押しすることでバイパス時にLEDが消灯するスタイルに変更することも可能となっています。

電池駆動にも対応。電池駆動時は電池の電圧が下がっていると電源を入れたときにLEDが点滅して交換時期を教えてくれるということです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-12-01

「 L' Roch 」「 9/9 」! レクティークのトランスペアレントODとオリジナルディストーションがミニサイズ化!

先月発表され、話題となったブランドが登場です。

「L'」。あのLeqtiqueの新ブランドです。

ラインナップは手頃なミニサイズペダル。独特のデザインが目立つペダルです。電池は入りませんが、ミニサイズに4つのノブを搭載したスタイルがShun Nokina Designを思わせるスタイルです。

L' Roch

まずはこちら。トランスペアレントオーバードライブ、Rochechouartをベースとしたペダルです。

Vol、Gain、Treble、Low-Cutコントロールを搭載。、ロー〜ミディアムゲインのトランスペアレントオーバードライブペダルで、透明かつハイレスポンス。ミッドレンジは音楽的なサウンドに固定し、上下の帯域を調整することで音を作り出していくモデルとなっています。

高解像度Opamp、LT1498を使用。さらにクリッピングには角の取れたスムースな歪みを作るという1N4150ダイオードを採用。PRP抵抗や、CC抵抗、WIMA MKSシリーズといったRochechouartと同様のパーツはもちろん、さらに国産シルバードマイカコンデンサをシグナルに搭載。よりクリアなトーンを実現したということです。

オリジナルRochechouartのサンプルムービー

 

L' 9/9

続いてこちら。Shun Nokina Design初のフルオリジナルディストーションで、Leqtiqueでも発売されている9/9です。

DMOSFETやハイファイOpamp、LT1498を組み合わせ、C-Loadという技術を用いることでクリアな音像とソリッドでタイトなサウンドを両立。コントロールはVolumeとGain、Treble、Bottomとなっていて、また、内部にMid Cutコントロールを搭載。トリムポットではなく手で回せるポットとなっているということです。

メタル、ロック、フュージョンなど幅広い音をカバーするディストーションです。

Leqtique 9/9のサンプルムービー

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-26

「 HUMAN GEAR FINE ODN WE 」! イケベ楽器ギターズステーションのカスタムオーダーモデル!

長年エフェクターを制作したり、代理店を務めるHuman Gearから、渋谷IKEBE楽器村にも参加するギターズステーションのオーダーモデルが登場です。

「HUMAN GEAR FINE ODN WE」。ベースはFINE ODです。モデル名に追加された「N」はナチュラル、そして「WE」はWestern Electricです。

コントロールはVol、Tone、Drive。2つのスイッチは対称と非対称クリッピングの切り替え、およびトレブルを強調するスイッチとなっています。これはオリジナルモデル同様。

今回のモデルでは、よりナチュラルさを高めたスタイルのサウンドで、配線材にWestern Electric社のものを使用。「よりブリリアントで尚且つロングサスティーンも獲得」したとのことです。

通常のFINE ODのサンプルムービー

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-24

「 Skreddy Pedals Hybrid Overdrive 」「 Dynamic Mids Enhancer 」! スクレディからローゲインなブリティッシュODとマニアックなエンハンスブースト!

Skreddy Pedals Hybrid Overdrive スクレディペダルズ ハイブリッドオーバードライブ 国内正規品 Skreddy Pedals Dynamic Mids Enhancer スクレディペダルズ ダイナミックミッズエンハンサー 国内正規品

アメリカのこだわり高いエフェクターブランド、Skreddy Pedalsから、新しいエフェクターが登場です。

今回のモデルはSMT、表面実装パーツを抵抗と一部のコンデンサに使用し、必要なコンデンサとトランジスタはスルーホールパーツを使用した「Precisionシリーズ」からのモデル。一部はんだを自動化し、それに合わせた開発を行うことで今までよりも手頃な価格で、ノイズも少なく、音も良いというシリーズですね。

2モデル、それぞれ見てみましょう。

Skreddy Pedals Hybrid Overdrive

まずはこちら。ローゲインでオープンなブリティッシュオーバードライブです。このペダルはマーシャル系のオーバードライブで、Animals Pedal Major Overdriveのローゲイン、ハイダナミクスバージョンということです。

コントロールはVol、Tone、Gain。圧倒的なダイナミクスを実現したブリティッシュスタイルのペダル。どんなピックアップとも相性が良く、バランスが良いサウンドで歯切れのよいカッティングにも最適ということです。

Skreddy Pedals Hybrid Overdrive スクレディペダルズ ハイブリッドオーバードライブ 国内正規品

内部はこんな感じになっています。

 

Skreddy Pedals Dynamic Mids Enhancer

続いてこちら。ブースター/エンハンサーです。かなりマニアックなペダルです。

コントロールはLevelとFat、Cut、Chimeの小さなノブ。3つの小さなノブはすべてミッドレンジをコントロールします。順にローミッド、ミッド、ハイミッド辺りを微調整するもので、どれも大きく音を変えるものではないようですね。多くのギタリストが愛用する「エンハンサー」的なマジックブースターをイメージし、それらを細かくコントロールできるようになっています。

Levelは最小でもユニティより少し音量が上がるように作られていて、オーバードライブやファズの後段に最適とのことですね。9〜18Vの電源で駆動でき、電圧が上がるとダイナミック、パンチのあるサウンドとなり、音量も高まるということです。

Skreddy Pedals Dynamic Mids Enhancer スクレディペダルズ ダイナミックミッズエンハンサー 国内正規品

内部はこんな感じ。中のトリムポットはFET調整用なので触らないで、ということです。

両モデルとも、サンプルムービー等はまだ出ていないみたいです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-21

Leqtiqueが新ブランド「L'」発表!ミニサイズペダル「 Roch 」「 9/9 」12月発売予定!

f:id:toy_love:20161121232608j:image

ハイクオリティで手頃な価格で知られるLeqtiqueが、新たなブランドを発表です。

「L'」という新ブランドは、Shun Nokina Designを思わせる4ノブミニサイズペダルを制作する形となるようです。

12月に発売する予定というペダルは2機種。「Roch」と「9/9」です。後者はおそらくLeqtique 9/9のミニサイズバージョン。「Roch」の方はまだ詳細等不明。読み方もロックなのかロッホなのかロッチなのか分かりません。TrebleとLow Cutコントロールがあることしか分かりません。(Rochechouartベースでロッシュって話を聞きました。)

公式Twitterによると・・・

L' Roch & 9/9 SNDライクなミニチュアデザインですが、仕掛けが満載でオリジナルLeqtiqueに勝るとも劣らないサウンドです。価格は12980円にて全国楽器店様にて12/1より発売予定です。

とのことです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-18

「 SHINOS amplifier company Naughty Brain 」「 The Blast 」!シノーズ初のコンパクトペダル「ブルータンシリーズペダルス」!

SHINOS / Naughty Brain [BLUE TONGUE SERIES PEDALS] [オーバードライブ] ノーティブレイン シノーズ SHINOS / The Blast [BLUE TONGUE SERIES PEDALS] [オーバードライブ] ブラスト シノーズ

2006年に篠原 勝氏が立ち上げた国産ハイエンドアンプメーカー、SHINOS amplifier companyから、コンパクトエフェクターが登場です。

SHINOSからは以前Vacuum Tube Drive VTDというオーバードライブが出ていましたが、こちらはけっこう大きな筐体のペダルでした。

今回はスタンダードなMXRサイズの筐体を用いた、シノーズ初のコンパクトペダル「ブルータンシリーズペダルス」というモデル。オーバードライブが2つ登場です。このシリーズの説明は下記の通り。

SHINOS(シノーズ)はこれまでに、真空管を使用したアンプやエフェクターを作ってきた。しかし、真空管仕様だとコンパクト化が難しく、多くのミュージシャンやお客様から持ち運び便利なコンパクトエフェクターの要望が増えてきた。そこで、SHINOS初のコンパクトエフェクターBLUE TONGUE SERIES PEDALS(ブルータンシリーズペダルス)を開発し、ICを使用したコンパクトエフェクターを作り上げたのだ。
 製造方法はこれまでと同じ、こだわりのハンドメイド製作、ポイント・トゥー・ポイントで組み込まれている。音のキャラクターの決め手となるコンデンサーやICや抵抗等は、SHINOS製品のデモ演奏を手掛けてくれている作曲家、プロギターリストのCOZZi氏が実際に音を聞きながら、ギターリストの視点から何百種もある部品の中から選び抜き、音にツヤとはりが出る様に何度も試奏を繰り返し製作した。それにより、このエフェクターはギターリストが求めるレスポンス、サスティーン、ドライブ感、トーンバランスを実現することができた。弾き手の立場になってパーツを選び抜いた回路構成がなされているエフェクターなのだ。動作電圧は、電源回路内のDCコンバータで供給電圧DC9ボルトをDC18ボルトに昇圧しているため、より広いヘッドルームを確保でき、プレイヤーの繊細なタッチにももたつく事なく反応し、ストレスを感じる様な事はない。サウンドの反応の速さが実感できるだろう。

それぞれ見てみましょう。

SHINOS amplifier company Naughty Brain

まずはこちら。ブリティッシュスタイルのオーバードライブということです。コントロールはLevel、Drive、Presence、そしてDeep/Tight切り替えスイッチとなっています。ゲイン幅が広く、アンプをプッシュするブーストから深い歪みまでをカバー。Tightモードはバッキング、Deepはシングルコイルでのリードにも最適とのことです。

 

SHINOS amplifier company The Blast

続いてもう1つ。こちらはトランスペアレントオーバードライブです。Level、Gain、Presence、Ledgeの4ノブ。Ledgeは棚、みたいな意味です。そしてDeep/Tight切り替えスイッチを搭載。音を壊すこと無く、常にナチュラルで透明なドライブサウンドを作るということです。

 

両モデルとも受注生産とのことです。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-17

「 Lovepedal Champ 」!1ノブでフェンダーチャンプを再現するペダル!

アンプライク系のペダルをはじめ、ハイクオリティなペダルで人気のLovepedalから、最もシンプルなアンプの1つ、Fender Champを再現するペダルが登場です。

チャンプは音が大きく、夜中にプレイできない・・・そんな悩みを解決すべく作られたペダルということですね。

シンプルな1ノブペダル。コントロールはLevelのみです。マスターヴォリュームをコントロールします。タッチセンシティブなペダルです。9〜22Vまでの駆動に対応していて、高電圧駆動にも対応しているようです。今のところサンプルはまだ出ていないみたいですね。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy