ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-01-15

「Xotic EP-Booster Red」「SL Drive Red」「SP Compressore Red」「XW-1 Red」!エキゾチックのミニペダル各種と人気ワウに限定レッドカラーバージョン!

アメリカの人気エフェクターブランド、Xoticから、限定モデルが登場です。

Xotic EP-Booster Red

まずはこちら。定番のブーストペダルであり、「エコープレックスのプリアンプ」を元にした系エフェクターを定番化させたモデル、EP Boosterの限定モデルです。ディスクリート回路により、最大+20dBまでのブーストが可能。内部DIPスイッチでブースト周波数と高域の出方を切り替えることも可能です。

通常モデルのサンプルムービー

通常モデルのレビュー(One Control GGBの比較としてレビュー)

Xotic SL Drive Red

続いてこちら。プレキシサウンドを作るペダル、SL Driveの限定バージョンです。

SL DriveはMarshall 1959 Super Leadのサウンドを再現。4つのDIPスイッチでSuper LeadだけでなくSuper Bassのサウンドなども作ることができます。Volume、Drive、Toneコントロールを搭載。

通常モデルのサンプルムービー

通常モデルのレビュー

Xotic SP Compressor Red

続いて、OTAベースのミニサイズコンプ、SP Compressorの限定バージョン。

Blend、VolumeコントロールとHi/Mid/Loのコンプの強さを切り替えるスイッチを搭載。ナチュラルコンプから強めのコンプまで作ることができ、内部スイッチでアタックを切り替え可能。ブーストもできるペダルです。

通常モデルのサンプルムービー

Xotic XW-1 Red

続いて、こちらも人気の高いワウペダル、Xotic XW-1の限定バージョン。

967〜1968年に製造されたイタリア製のVox Clyde McCoy Wahを元にし、通常のワウよりも小型の筐体を使用したペダル。Bias、Wah-Q、Treble、Bassの4つのコントロールを搭載し、さらに内部には4つのDIPスイッチとトリムポットがあります。スイッチではワウを奥まで踏み込んだときの高域、インプットゲイントリマの有効/無効、プレゼンスの出方とローの強調を切り替えることができ、トリムポットはインプットゲイン。フットスイッチはトゥルーバイパスとなっています。

通常モデルのサンプルムービー

 

全て赤いカラーで登場。赤い機材を使っても3倍速くプレイできるわけではないですが、テンションは上がりそうですね。3倍くらい。

ワウは世界600台、他は1000台のみの限定モデルとなります。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-01-13

「EarthQuaker Devices Colby Fuzz Sound」「The Warden」「Hummingbird」!EQDのファズ、コンプ、トレモロが再登場!

長年ハンドメイドエフェクターを制作する人気ブランド、EarthQuaker Devicesから、3つのペダルがリネームやデザインなどを変えて再登場です。

EarthQuaker Devices Colby Fuzz Sound

まずはこちら。ジム・マーシャルの設立したPark Amplificationのファズペダルを再現した「Park Fuzz」のリネームバージョンです。Colby Amprlificationと協力して制作されたことでこの名前となっています。

コントロールはVolume、Fuzz、Treble/Bass。Fuzzコントロールはオリジナルモデルの範囲を超え、より幅広く設定が出来るようになっているとのことですね。トゥルーバイパススイッチを採用し、また、PNPゲルマニウムトランジスタを使用しながら、現代のスタンダードなペダルの仕様、センターマイナス、ネガティブグラウンドに合わせたモデルです。

サンプルムービー

Earthquaker Devices The Warden

続いてこちら。以前発売されたモデルで、カラーが濃くなった感じですね。

スタジオクラスのハイクオリティコンプレッサーです。コントロールはTone、Attack、Releace、Level、Sustain、Ratio。内部で18Vに昇圧し、ダイナミクスレンジを確保し、オプティカルコンプレッサーならではの特色を出しながら高い音質を実現しています。

サンプルムービー

EarthQuaker Devices Hummingbird

最初期から作られているモデルの最新バージョン(V3)。こちらも色が濃くなった感じがします。

Voxリピートパーカッションを再現したトレモロペダルですね。ブライトなトレモロから超高速パルスサウンドまで多くのサウンドを作ることができます。コントロールはLevel、Rate、Depthと1/2/3のモード切替が出来るスイッチを搭載。このモードは1から3にかけ、スピードレンジが早くなっていきます。側面にあるジャックはエクスプレッションペダルジャックで、Rateコントロールをペダルで操作出来ます。

サンプルムービー

 

モデル名の変わったColby以外は再登場したという感じですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-01-10

NUXが発表した新製品、「Masamune」「ATLANTIC」「Solid Studio」。すごくあれっぽい。

f:id:toy_love:20180110235035j:image:w200 f:id:toy_love:20180110235027j:image:w200 f:id:toy_love:20180110235043j:image:w200

主にデジタルペダルを展開する中国のエフェクターブランド、NUXが新製品を発表しました。

筐体のデザインにびっくりしたので、国内入荷があるのか、いつごろなのか等はわかりませんが、載せたいと思います。

NUX Masamune Booster & Kompressor

f:id:toy_love:20180110235035j:image

マサムネという日本語をモデル名にしたブースター/コンプレッサーです。

Boost Level、Komp Level、Blend、Drive、Sustainとクリップ、ハイカットスイッチを搭載。ブーストとコンプをパラレルで使ったり、順序を変えて接続したりも可能と機能的なモデルとなっています。それぞれ個別にON/OFFスイッチを搭載します。

NUX Atlantic Delay & Reverb

f:id:toy_love:20180110235027j:image

こちらはディレイとリバーブを組み合わせたペダル。ディレイはLevel、Time、Repeat、リバーブはLevel、Decayコントロールがあり、それぞれ3タイプのサウンドを選択可能。

ディレイとリバーブをパラレルで使ったり、好きな順序で接続することもできます。タップテンポやシマーも備えています。

NUX Solid Studio IR & Power Amp Simulator

f:id:toy_love:20180110235043j:image

そしてこちら。IRを使ったスピーカーシミュレーターとパワーアンプシミュレーターを組み合わせたペダル。

8タイプのキャビネット、8タイプのマイク、9タイプのパワーアンプシミュレーターを内蔵し、組み合わせて使用可能。キャビネット、マイク、パワーアンプのシミュレーション選択とMaster、Drive、Pres.コントロールを搭載します。

インプット、スルーアウト、ヘッドフォンアウト、XLRアウトと、多彩な接続にも対応します。

 

それぞれしっかり作られたペダルって感じです。それにしてもこの筐体のスタイル、ノブとスイッチの配置は、まぁ間違いなくあれを意識してますよね。

ものはなかなか良さそうなので、手頃な価格で入ってくるなら面白そうなペダルだと思います。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-21

「Providence VLC-1TK」!プロヴィデンス20周年、Velvet Comp累計5,000台突破記念、限定の特別仕様が登場!

多くのエフェクターやケーブル等を制作するProvidenceから発売されているコンプレッサー、Velvet Comp今剛氏の使用でも知られるペダルです。

今回Providenceブランド20周年とVelvet Compの累計5000台突破を記念して限定モデルが登場です。

Providence VLC-1TK」。250台のみ制作される限定モデルです。

Level、Sustain、Attackコントロールを搭載。機能は通常と同じで、クロムメッキ加工の筐体、ブラック基板、金メッキ接点の入出力ジャックを搭載しています。

ヴェルヴェットのような質感を求めて作られたコンプレッサーで、ATTACKコントロールによってアタックタイムを調整し、早い立ち上がりのカッティングからロングトーンまでを、リミッターから強いコンプまで可能な幅広いSUSTAINコントロールとあわせて調整可能となっています。

通常モデルのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-10-29

「Flying Teapot Fcon-V」!スタジオライクなコンプレッサー!

様々なペダルをラインナップする国産ハンドメイドエフェクターブランド、Flying Teapotから新しいコンプレッサーが登場です。

Flying Teapot Fcon-V」。スタジオクラスのハイクオリティコンプレッサーを意識したペダルということです。

コントロールはVolume、Gain、Threshold、Ratio、Limitノブ、およびSens.スイッチとなっています。レベルメーターも付いています。Sens.はピッキングへの感度を切り替えるスイッチとなっています。

常時ONでも使えるナチュラルなコンプレッサーということです。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-10-02

「Soul Power Instruments Boss BC-1X "2CH Mod." 」!BC-1Xを2チャンネル仕様に!

様々なペダルやモディファイを制作するSoul Power Instrumentsから、ボスのベースコンプレッサー、BOSS BC-1X Bass Compのモディファイペダルが登場です。

Soul Power Instruments Boss BC-1X "2CH Mod."」は、BC-1Xを2チャンネル化し、フットスイッチで2つの設定を切り替えられるようにしたペダルです。

側面にある4つのノブが本体のLevel、Release、Ratio、Thresholdと対応。2つめのチャンネルの設定として使えるというスタイルです。

BC-1Xはマルチバンドコンプレッサー。内部で18Vに昇圧し、デジタル技術を用いたコンプレッサーです。バイパスはバッファードバイパス、スタジオクラスのマルチバンドコンプレッサーで、「どの帯域、演奏ニュアンスにもベースの原音のキャラクターを維持したまま反応する、自然なコンプレッサー」です。

 

通常モデルのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-09-07

「ORIGIN EFFECTS Cali76-CD Union Jack」!ヴィンテージ1176コンプを再現するペダルに限定ユニオンジャックモデル!

英国のハンドメイドエフェクターブランド、ORIGIN EFFECTSの制作する、コンパクトな1176コンプレッサー再現ペダル、Cali76-CDに限定モデルが登場です。

この「ORIGIN EFFECTS Cali76-CD Union Jack」は、ユニオンジャックをデザインしたコンパクトコンプレッサーです。

IN、OUT、DRY、RELEASE、ATTACK、RATIOコントロールを搭載。6つのノブでより詳細なコントロールが可能となっています。大型のインジケータを搭載していて、これが3色のカラーでコンプレッションの強さを表示できるGRメーターとなっています。9〜18Vアダプタで駆動させることができます。

通常バージョンのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy