ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-04-06

「 FOEHN PL-09 BLACK BUNNY -黒兎- 」! ペダルボードを照らすUSBライト付ペダルチューナー!

公式ショップをはじめ、楽天のchuya-onlinechuya-online FUKUOKAUSED・OUTLET chuya-onlineなど多彩なオンラインショップを展開するチューヤオンラインのオリジナルブランド、FOEHNから、新たなチューナーが登場です。

先に発売されているFOEHN FPT-06に続いてチューナーです。

が、今回のチューナーはまた違っています。

この「FOEHN PL-09 BLACK BUNNY -黒兎-」。

MXRサイズのスタンダードなペダルチューナー・・・に見えます。

A0(27.5Hz)-C8(4,186Hz)の範囲に対応する±1セントのチューナーで、-3度までのフラットチューニングに対応します。

そして、インプット、アウトプットに加えUSB端子を搭載。

ここに付属のUSBライトを接続し、ペダルボードを照らすライトとしても活用できるペダルとなっています。

暗い中ボードを照らすこともできるチューナーですね。なかなかインパクトのあるペダルチューナーです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-04-01

「 BOSS TU-3W(J) Chromatic Tuner 」! ボスの技クラフトチューナーが日本製に!銀ネジバージョン!

定番エフェクターブランド、BOSS技クラフトシリーズで制作するチューナー、TU-3Wが新たに日本製となりました。

BOSS TU-3W(J)」。

電池ボックスのサムスクリューが銀ネジになっています。

ブラック筐体で青LEDやセグメントディスプレイ搭載。

0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えます。そしてアダプター駆動時は電源供給も可能です。そしてこのアダプター端子左側にある小さなスライドスイッチで、トゥルーバイパスと高品位なバッファードバイパスを選択可能。機能はこれまでのモデルと同じですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-01-30

「 JOYO Power Tune JF-18R 」! JOYOからミニサイズ、パワサプ搭載のチューナーが登場!

低価格でクオリティの高いエフェクターを制作するJOYOから、ミニサイズのチューナーが登場です。

JOYO Power Tune JF-18R」。ミニサイズのチューナーに本格パワーサプライが付いたモデルです。チューナーは12Hz-4186Hzの範囲で検出できるチューナーで、フラットチューニングにも対応します。スイッチはトゥルーバイパス。

【正規品メーカー保証付】 JOYO POWER TUNE チューナー内臓パワーサプライ JF-18R アダプター無し

そしてパワーサプライは100mAの出力が6つ、500mAの出力が2つ付いています。電源ケーブル8本 マルチプラグ4ケーブル 位相変換ケーブル2本が付属します。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-12-13

「 Ibanez BIGMINI 」! アイバニーズからシンプルなミニサイズペダルチューナーが登場!

日本を代表するギターメーカーであり、エフェクターなども多く制作するIbanezから、ミニサイズチューナーが登場です。

この「Ibanez BigMini」は、±1セント精度のシンプルなペダル型チューナーですね。

ニードルモード(通常のチューナーモード)とストロボモードの表示切り替えが可能なミニサイズチューナーで、A0 (27.5 Hz) 〜 C8 (4186 Hz)の範囲をカバー。2音下げ(4半音)までのフラットチューニングに対応しています。435Hz〜445Hz範囲でのキャリブレーション設定も可能となっていますね。

右側のボタンがキャリブレーション、左側がフラットチューニングとディスプレイ切り替え。フットスイッチはトゥルーバイパスで、ON時にはミュートされる仕組みとなっています。ミニサイズなので電池駆動はできません。LED11灯のメーターを装備しています。

定番の Pitchblack miniPolytune 2 miniをはじめ、ミニサイズチューナーもいろいろ出ていますね。Ibanezのチューナーは低価格でシンプル志向です。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-27

「 Roadie Automatic Guitar Tuner 」! スマホアプリと連動して自動でギターチューニングが出来るペグワインダー型オートチューナー!

個性的なスタイルのギターチューナーが登場です。

この「Roadie Automatic Guitar Tuner」は、Ernie Ball Power Pegのようなペグワインダー型のチューナーです。

Android、またはiOS用のアプリとBluetoothで連携。弦を弾き、その音を端末側で聞き取り、それに合わせてペグを回して自動でチューニングを完遂します。

こんな感じでペグを回します。

USBケーブルとアダプターケーブルが付属。本体のマイクでも音を拾いますが、ケーブルを接続してギターのアウトプットから音をラインで送ることも出来ます。本体はUSBケーブルで充電します。エレキギター、アコースティックギター、さらに7弦や12弦ギターにも対応しているということですね。

アプリにはカスタムチューニングを登録することが出来るほか、「弦の状態をユーザーに通知し、音質が劣化するとすぐに弦を交換するようアドバイス」を表示させることも可能となっています。

イントロダクションムービー

もともと2013年頃にKickstarterで発表され、話題になったモデルです。今のところまだ正規代理店があるわけでは無いみたいですが、国内でも普通に買えるようになってきたみたいなので載せてみました。

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-18

「 TC Electronic PolyTune Clip Black 」!レスポンスの良い和音対応クリップチューナーにブラックバージョンが登場!

定番クリップチューナーの1つ、TC ElectronicPolyTune Clipに、ブラックバージョンが登場です。

f:id:toy_love:20151229201306j:image

PolyTune Clipは私も使っていますが、和音に対応したポリフォニックチューナーです。ただそれ以上にレスポンスが早くてすごく使いやすいチューナーで、おすすめです。

ちなみにストランドバーグでも使えます


今回の「TC Electronic PolyTune Clip Black」は、そのブラックバージョンです。

ポリフォニック、クロマチック、ストロボの3つのモードを備えたクリップチューナーで、表示は角度を検出し、自動で回転させたり、クロマチックモードでは±0.5セント、ストロボモードでは±0.02セントの精度でチューニングに対応していたり、キャリブレーションはA4=435〜445Hzを1Hz刻みで設定できたり、フラット、カポチューニングも可能なモデルです。

通常モデルのイントロダクションムービー

 

Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-03

「 KORG PB-AD Pitchblack Advance 」!コルグの定番チューナー、ピッチブラックがニューモデルに!

ペダルボードに設置するチューナーの定番モデル、KORGが制作するPitchblackが次世代モデルへと進化を遂げます。

かつて、ペダルボードに設置するチューナーといえば、KORG DT-10とBOSS TU-2が2大定番でした。

しかし、2008年にPitchblackが発売(当時のレビュー)されると、一気に足下のチューナーが置き換わりはじめました。

2009年、後を追うようにBOSS TU-3が発売されましたが、トゥルーバイパスのPitchblackとバッファードバイパスのTU-3。どちらも意味がある仕様ですが、結果的にPitchblackが圧倒的な人気となり、今でも定番モデルとして知られています。

特に2010年にPolytuneが発売されるまではチューナーはKORGの1強という状況が生まれるまでになりました。今ではBOSSもTU-3Wというトゥルーバイパス選択可能なモデルを出すなど、アップデートされたりしています。

さて、今回新たに登場する「KORG PB-AD Pitchblack Advance」は、そんな定番チューナーのアップデートモデルです。

本体の形状はこれまでのモデルを継承しつつ、ディスプレイ形状を一新。レギュラー、ストロボ、ハーフストロボ、ミラーモードの表示モードを選択でき、ストロボモードでは±0.1セントのチューニングにも対応。このストロボモードのみというのがポイントで、ステージではそこまでの精度は不要。ですがイントネーション調整などではより精度をもとめたチューニングが可能、という形になるわけですね。

もちろんトゥルーバイパス。DCアウトも搭載し、他のペダルに電源を供給する際は「電流の急激な変化を抑える回路の搭載や、ソフトウェアでの制御により」ノイズも低減するということです。

イントロダクションムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy