ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-04-22

「Animals Pedal I WAS A WOLF IN THE FOREST DISTORTION」!NV PedalsのディストーションがAnimals Pedal名義で復活

かつてNinevolt Pedals名義で作られていたディストーションペダルがAnimals Pedal名義で復活です。

Animals Pedal I WAS A WOLF IN THE FOREST DISTORTION」。長い名前のディストーションです。

スタンダードなクラシックディストーションペダルで、ブリティッシュな風合いをもつサウンドが特徴ということです。歪みは「軽いクランチがかかる歯切れのよい歪みから、クリーミーなオーバードライブトーン、そしてザクザクとしたクラシックディストーションまで」ということで、ハイゲインなトーンよりも低めのゲインを狙ったスタイルのディストーションという感じですね。

コントロールはVolume、Tone、Driveとシンプルですが、内部にPresenceとBassトリムポットを搭載。「パワーアンプにあるプレゼンスやディープコントロールのような音色の微調整」が可能。トゥルーバイパスでアダプターと電池駆動に対応しています。

NINEVOLT PEDALS時代のサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-04-17

「Lovepedal TCHULA BILLE」「JUBILEE PLUS BOOST」!ラブペダルからTCHULAが復活、さらにブースト付Jubileeが登場!

長年、独自のこだわりでエフェクターを制作するLovepedalから、新製品が登場です。2機種それぞれ見てみましょう。

Lovepedal TCHULA BILLE

まずはこちら、オーバードライブです。以前Josh Smithのために作られたオーバードライブの復活です。

COT50を元に作られたモデルで、コントロールはBias。右側のフットスイッチがバイパスで、左がさらなるBiasモードをONにするスイッチです。

COT50のサウンドを2段階で作ることができるペダルですね。

通常バージョンのサンプルムービー

Lovepedal JUBILEE PLUS BOOST

続いてこちら。モデル名の通り、80年代に作られたマーシャルアンプ、ジュビリーのサウンドを再現したペダルです。独立したブーストも搭載しています。右側がディストーションで、Volume、Tone、Driveコントロールを搭載。左側がブーストで、Boostコントロールとなっています。

通常のLovepedal Jubileeのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-04-08

「Vivie IRENE66」!Vivieから大村孝佳シグネチャーモデルが登場!

独特のデザインと高いクオリティで扱いやすいペダルを制作するVivieから、C4や神バンドなど多岐にわたる活動をするギタリスト、大村孝佳のシグネチャーモデルが登場です。

Vivie IRENE66」。ハイゲインディストーションペダルということですね。

既存のペダルでもトップクラスの歪みを作るということです。ブースト付のディストーションで、ブーストはエフェクトON時にのみ動作するタイプ。基本のコントロールはLevel、Tone、Gainとシンプルですが、JCとMSモードスイッチで、JC-120に合わせたモードとマーシャルアンプに合わせたモードを切り替え可能。また、MellowとGrowlのモードスイッチではGrowlの方がよりミッドレンジが強いシルキーなトーンになるということです。

左側のRiotersフットスイッチがブーストで、Violence Lvでブーストレベル、New Worldでブーストゲインをコントロールすることができます。

こちらは2018/5/25までの注文に入る初回限定カラーで、本人のシグネチャーモデル、ESP SNAPPER Ohmura Customのボディカラーに合わせたラメ入りのピンクとなっています。

Toneコントロールも、「ギターとアンプのキャラクターを大村孝佳サウンドへマッチさせることができるようよう設計」ということで、JCでもマーシャルでも、つねに大村サウンドを作るためのペダルということですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-03-16

「Fulltone Mas Malo」!NOSのBC184Cを搭載し、ジミーペイジのクランチからギルモアのリードまでを作るファズ/ディストーション!

Fulltoneから、新しいドライブペダルが登場です。

マイク・フラーが気に入っているというLAのメキシカンレストラン、Mas Maloからそのままモデル名を取ったというモデルです。

NOSのBC184Cを搭載したディスクリート回路のペダルで、V、D、C、H(Volume、Distortion、Color、Heat)コントロールを搭載。Dノブは12時あたりでオーバードライブ、3時を越えるとファズサウンドになるということです。Cは反時計回りでダークなトーン、時計回りで低域をカットするようなブライトサウンドになるということです。そしてHノブはBC184Cトランジスタのゲインコントロールで、Dノブと組み合わせることで歪みをコントロールするということです。ジミーペイジのクランチからギルモアのリードまで、基本的にクラシックなトーンで、広く音を作ることができるペダルですね。

9〜18Vアダプター、または9V電池で駆動します。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-03-10

「Leqtique 9/9+MAT」「MAT+9/9」!レクティークからMATと9/9を組み合わせたペダル!

Leqtiqueから、新しいペダルのシリーズが登場です。

「2in1 Pedal Series」。2つのペダルを1台にまとめたシリーズですね。9/9Maestosoを組み合わせたモデルとなっています。

「Leqtique MAT+9/9」は先にMATが接続されたモデル。

そしてLeqtique 9/9+MATは先に9/9が接続されたモデルです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-03-06

レクティーク、9/9とMATを組み合わせた2in1モデルを発表!

f:id:toy_love:20180307000113j:image

LeqtiqueTwitterで新製品を発表しました。

「MAT+9/9」と「9/9+MAT」。見ての通り、9/9Maestosoを組み合わせたモデルです。接続順で2つのモデルが出るみたいですね。

BJFEのコンボモデル的なスタイルのデザインとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-03-05

「Darkglass Electronics ALPHA.OMEGA ULTRA」!ダークグラスのアルファ・オメガにウルトラバージョン!外部IR読み込めるキャビシミュ内蔵!

モダンなベースサウンドを作ることで人気の高いDarkglass Electronicsから新製品が登場です。

Darkglass Electronics ALPHA.OMEGA ULTRA」。

Karnivoolのジョン・ストックマンと共同開発されたALPHA.OMEGAのウルトラバージョンです。

このモデルの特徴である、αとΩの2つのディストーションをミックスできるMODコントロール、さらにクリーンをミックスするBLENDコントロール、およびLEVEL、DRIVEコントロール。これらがノブで、さらにGROWLとBITスイッチを搭載。そして中央にはグラフィックEQがあります。

EQはMASTER、BASS(±12dB/80Hz)、MID(±10dB/250、500、1.5k、3kHz個別フェーダー)、TREBLE(±12dB/5kHz)の6バンドとなっています。BYPASSスイッチで全体のON/OFF、DISTORTIONスイッチで歪みのON/OFFが可能となっています。

インプット、アウトプット、DIアウト、グラウンドリフトスイッチ、キャビネットシミュレータースイッチ、ヘッドフォンアウトを搭載。さらにUSB端子を装備し、Darkglass Suiteソフトウェアを使うことで外部IRを読み込み可能。キャビネットシミュレーターに割り当てることができます。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

モダンなベースサウンド、そして現代的な機能を持ったプリアンプ/ディストーションペダルです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy