ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-06-26

「ENGL Pedals」!エングルからエフェクターが登場!

ENGL エングル ディストーション RS-10 Retro Distortion ENGL エングル ディストーション BC-10 Reaper Distortion ENGL エングル ディストーション VS-10 Straight To Hell Distortion ENGL エングル コンプレッサー BF-10 Compressor ENGL エングル コーラスエフェクター CH-10 Chorus ENGL エングル デジタルディレイ DM-60 Delay

ドイツの名門アンプメーカー、ENGLからコンパクトエフェクターが登場です。

6機種出ています。それぞれ見て・・・・・・の前に、このペダルボードを載せておきます。

ENGL PB-6 SCS Pedal Board

ENGL PB-6 SCS Pedal Board 【受注生産品】
価格:9936円(税込、送料別)

ENGLのペダルボードです。このペダルボードは、電源供給と入出力をまとめて行うSCS端子に対応するペダルボードです。パッチケーブルを使うことなく、対応したペダルを接続することが出来ます。

今回発売された6機種はすべて、このペダルボードに対応しており、ペダル底面にSCS端子がついています。

では、改めて今回のペダル6機種を見てみましょう。

ENGL Retro Distortion RS-10

ENGL Retro Distortion [RS-10]
価格:15984円(税込、送料別)

まずはこちら。ディストーションペダルです。レトロというだけあって、クラシックなディストーションです。レスポンスが高く、ヴォリュームやピッキングで高い表現を行うことが出来るペダルです。

コントロールはVolume、Dist、Low-Cut、Bass、Trebleコントロール、およびBrightスイッチとなっています。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Reaper Distortion BC-10

ENGL Reaper Distortion [BC-10]
価格:13651円(税込、送料別)

続いてもディストーションです。こちらは幅広いゲインコントロールに対応したというモデルですね。

Volume、Gain、Bass、Middle、Trebleコントロール。シンプルな3バンドEQ搭載のディストーションですね。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Straight To Hell Distortion VS-10

ENGL Straight To Hell Distortion [VS-10]
価格:13651円(税込、送料別)

そしてこちら。さらにディストーションです。「地獄一直線」という素晴らしいモデル名ですね。ヴィクター・スモールスキとの協力で完成したというアグレッシブディストーション。ヘヴィなENGLらしいトーンが特徴のペダルです。

コントロールはVolume、Gain、Bass、Middle、Treble。トゥルーバイパスです。

サンプルムービー

ENGL Compressor BF-10

ENGL Compressor [BF-10]
価格:14688円(税込、送料別)

次はコンプレッサーです。モダンなコンプレッサーで、ナチュラルコンプからハードなコンプレッションまで広く音を設定できるとのこと。

コントロールはLevel、Tone、Attack、Sustainとなっています。

サンプルムービー

ENGL Chorus CH-10

ENGL Chorus [CH-10]
価格:13651円(税込、送料別)

次はコーラスです。こちらはBBDを使用したアナログコーラスということですね。

コントロールはSpeed、Depth、Detune、そしてVibr/Chor切り替えスイッチでコーラスとヴィブラートを切り替えることができます。

サンプルムービー

ENGL Delay DM-60

ENGL Delay [DM-60]
価格:13651円(税込、送料別)

最後にこちら。ディレイです。デジタルディレイペダルで、スラップバックエコーからロングディレイにまで対応。最大ディレイタイムは640msとのことです。

コントロールはLevel、Repeat、D.Time、そしてX1/X2切り替えスイッチ。スイッチでD.Timeの可変幅を切り替えます。

サンプルムービー

 

ということで、ENGLのコンパクトエフェクター6機種でした。

ディストーションが3つもあるのはENGLらしいとして、それ以外は全体的にスタンダードでシンプルなスタイルですね。ノブ配置などもクラシカルで、アンプメーカーのエフェクターという感じです。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-24

「Friday Club」!金曜日のテンションをいつでも。Mr.Blackのジャック・デヴィル氏による手頃でシンプルなペダル!

Friday Club el Cardinale フライデークラブ エルカルディナーレ 国内正規品 Friday Club Fury 6-Six フライデークラブ フューリーシックス 国内正規品 Friday Club BlackBird フライデークラブ ブラックバード 国内正規品 Friday Club Fuzwami フライデークラブ ファズワミ 国内正規品 Friday Club ED-450b フライデークラブ イーディー450ビー 国内正規品

アメリカから、新しいエフェクターブランドが上陸です。

この「Friday Club」は、アメリカ、オレゴン州ポートランドのハンドメイドエフェクターブランドです。

制作はジャック・デヴィル氏。かつてJack Deville Electronics、今ではMr.Blackの主宰も行っているビルダーですね。独特の感性でヴィンテージスタイルのサウンドのペダルを中心に制作しています。

そんなジャック・デヴィル氏の新ブランドが、今回のFriday Clubというわけですね。

ラインナップは5種類、どれもシンプルで手頃なモデルばかりです。それぞれ見てみましょう。

Friday Club el Cardinale

まずはこちら。オーバードライブペダル「エル・カルディナーレ」です。スペイン語系の、ヒスパニックな香り漂う語感ですね。ちなみに意味は分かりません。カルディナーレというのはよくある人の姓のようですが・・・。

Volume、Hights、Driveコントロールを搭載。シンプルでスタンダードなスタイルのペダルです。サウンドとしてはバランスの良いスタンダードなドライブということです。

サンプルムービー

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fury 6-Six

続いてこちら。ディストーションペダルです。

LEVEL、FREQ.、DIST.のシンプルなコントロール。高いレスポンスでハイゲインにまで対応するディストーションです。クリアなトーンが特徴のペダルということですね。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club BlackBird

続いて、もう1つディストーションです。

こちらは先ほどのel Cardinaleの兄弟機で、よりダークで重たいディストーションサウンドを作るペダルです。コントロールはVOL、TONE、DISTです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

サンプルサウンド3
Download

サンプルサウンド4
Download

Friday Club Fuzwami

次はファズペダルです。

こちらは「地球上で最もラウドなファズ」かもしれないということです。「ファズとサステインを強化し、コードでも音が混ざってしまわない」サウンドで、地を這うような轟音が特徴とのことですね。コントロールは音量を調整するBOOM、音色を調整するSLICE、ゲインを調整するBANGとなっています。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

Friday Club ED-450b

最後にこちら。ディレイペダルです。PT2399ディレイチップを使用したディレイで、リピートを重ねるごとに音がかすんでいくヴィンテージスタイルのサウンド。アナログディレイではなくテープエコー的な、ブライトなリピートが特徴ということです。コントロールはLVL、FBK、TME。それぞれレベル、フィードバック、タイムです。ディレイタイムは最大450ms程度とのことです。バイパスはバッファードで、OFFにしても最後のディレイが残るタイプ。発振させることもできるということです。

サンプルサウンド
Download

サンプルサウンド2
Download

 

こんな感じです。出来るだけシンプルかつクラシックなスタイルのサウンドを作るペダル、という感じですね。最近は低価格なペダルでもハンドメイド系を元にしたものが多かったりする中で、こういう、スタンダードなペダルって珍しい感じですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-22

最近のプレキシ・ペダル特集!! 後編

ONE CONTROL / PURPLE PLEXIFIER [オーバードライブ] ワンコントロール Two notes ツーノート ギター・プリアンプ・ペダル Le Crunch 【国内正規輸入品】 Wampler Pedals [ワンプラーペダル] Plexi-Drive Deluxe

ヴィンテージマーシャルアンプのサウンド、すなわちプレキシサウンドを求めるペダル。これまでも様々なモデルが発売されていますが、ここ最近またいろいろなモデルが出始めている感じがあります。そこで2015年以降に発売されたプレキシペダルをまとめるこのシリーズ、今回は前編に続き、後編です。

前回はA〜Jから始まるブランドのペダルを載せました。今回はK・・・から始まるブランドは出ていなかったので、Lから始まるブランドのプレキシペダルを載せていきたいと思います。ではいってみましょう!

Lovepedal Purple Plexi LE

数多くのエフェクターをラインナップするアメリカのエフェクターブランド、Lovepedalのプレキシペダルです。以前から発売されていたPurple Plexiのニューバージョンですね。

DriveコントロールをDrive AとDrive Bに分け、A/Bフットスイッチを追加。フットスイッチ1発でゲインを切り替える2ch仕様としたモデルですね。Drive AとDrive BでJCM800〜JTM45あたりの音を切り替えて使うことができるということです。ギターのヴォリュームへのレスポンスが高く、ゲインをギター側でコントロールできるペダルとなっています。Toneコントロールでも60年代のプレキシからJCM800サウンドまで調整できます。

サンプルムービー

Manlay Sound M-200

スペインのハンドメイドエフェクターブランド、Manlay Soundのプレキシペダルです。プレキシといってもかなり珍しいスタイルのモデルですね。

このペダルの元になっているのはMarshall Majorという200W出力のプレキシアンプのサウンドを元にしています。コントロールはMASTER VOLUME、BASS VOLUME、TREBLE VOLUME。さらにBrightスイッチを搭載しています。オリジナルアンプと同様の回路構成を持ち、TrebleとBassで独立した増幅段をミックスするスタイルのペダルとなっていて、Majorのサウンドを再現しています。

サンプルムービー

オリジナルMarshall Majorのサウンド(ギターとベース)

One Control Purple Plexifier

様々なエフェクターやスイッチャー、ケーブル等を制作するOne Controlのプレキシペダルです。

コントロールはVOL、DIST、TREBLEの3ノブ。さらに側面にMidrangeトリムポットを搭載。本物のプレキシアンプ、すなわちヴィンテージマーシャルには3バンドEQを搭載しますが、このペダルはミニサイズのエフェクターとしての操作性を高めるため、低域を固定し、ミッドレンジの出方をまず調整し、好みに合わせてからトレブルをコントロールするというスタイル。「クリーンからディストーションまで、広いゲインレンジを持ったアンプライクなペダル」で、BJFデザインらしくギター側で歪みをコントロールできるレスポンスも備えています。「ホットロッドなカスタムが施された」プレキシアンプのトーンを基本としているということで、クリーンからブルース、ハードロック、EVHのブラウンサウンドまでをカバーします。

試奏レポート

サンプルムービー

Pedal Diggers Cranked 45

兵庫にある楽器店、Tone Blueのオリジナルブランドとして知られるPedal Diggersのプレキシペダルです。

MXRサイズで作られるマーシャル系オーバードライブ/ディストーションで、Vol.、Tone、Gainのシンプルな3ノブペダルです。「JTM45をブースターなどで少しプッシュした実際にライブやレコーディングで聞ける図太く音圧感のある王道のロックサウンド」を再現しています。

サンプルムービー

Pedal Tank Plexi Drive

続いてタイ王国で長くハンドメイドエフェクターを制作するPedal Tankのプレキシペダルです。

シンプルなLevel、Gain、Toneコントロールで構成されるオーバードライブ/ディストーションペダルで、「プレキシマーシャルの持つクランチ、レスポンス、フィーリング」が得られ、さらにプレキシだけでなく歴代マーシャルサウンドを得られます。

サンプルムービー

Ramble FX Marvel Drive

Ramble FX/Marvel Drive V3 Purple【在庫あり】
価格:24840円(税込、送料別)

アメリカ、ミシガン州のエフェクターブランド、Ramble FXのプレキシペダルです。

VOLUME I、VOLUME II、MASTER、およびPRESENCEミニノブを搭載し、LEDにはINDICATORのラベルが付いています。マーシャルのフロントパネルをリスペクトしたデザインで、1960年代中〜後半に生産された2チャンネル仕様のMarshallプレキシの音を再現。4系統のJFET増幅段を使用した構造です。4インプットで2チャンネル仕様のプレキシマーシャルの、チャンネルリンクをさせた音を作るためのペダルで、VOLUME IとVOLUME IIノブによって2つのチャンネルを自在にブレンド可能。片方のVOLUMEを0にすれば、オリジナルのHIGH TREBLEとNORMAL、それぞれの個別のチャンネルの音を作ることも可能です。

Ramble FX/Marvel Drive V3 Red【在庫あり】
価格:24840円(税込、送料別)

いろいろなカラーが出ているのも特徴です。

サンプルムービー

Two Notes Le Crunch

Two Notes / Le Crunch
価格:43027円(税込、送料無料)

様々なアンプモデリングやキャビネットモデリング機器を製作するフランスのTwo Notesから発売されたプリアンプペダルです。クランチサウンドを基本としたペダルで、ヴィンテージプレキシアンプのサウンドを目標にしています。“プレキシクランチ”“クラシックロック”“パンクロック”“ハードロック”までをカバー。AとBの2つのチャンネル、および両方のチャンネルが直列、または並列に接続されるモード、合わせて4つのサウンドを作ることができるプリアンプです。

200Vで駆動させる真空管を内蔵するプリアンプで、多彩なコントロールを搭載。AチャンネルはGain、Volume、Treble、Bassコントロール、BチャンネルにはGain、Volume、Sweep、Treble、Mid、Bass、Fusionコントロールを搭載。FusionコントロールはFusionモードのコントロールで、このモードはAとBのチャンネルを組み合わせるモードです。ここにはHotとColdの2種類を選択でき、HotモードではAとBを直列、ColdモードではAとBを並列に接続します。

入出力端子も豊富で、インプット、アウトプット、センド(AUXアウト)、リターン、ヘッドフォンアウト、MIDI IN、MIDI OUT、さらにグラウンドリフトやスピーカーシミュレータを搭載するXLRのDIアウトを搭載しています。

ラインドライバー、プリアンプ、さらにオーバードライブやブースターとしても使うことのできるペダルとなっています。

サンプルムービー

Wampler Pedals Plexi-Drive Deluxe

世界的に人気の高いエフェクターブランド、Wampler Pedalsのプレキシペダルです。

JTMシリーズのサウンドを再現します。以前から発売されていたPlexi Driveをさらに拡張したペダルですね。コントロールは、まず新しく開発されたアクティブ3バンドEQのBass、Middle、TrebleとLevel、および特に低音量でも4発キャビネットのサウンドを作るためのベースブーストスイッチと、高音域を強調するトレブルブーストスイッチを搭載しています。そして、Pre GainとPost Gainの2つのゲインコントロールを搭載し、フットスイッチも右側がPre Gain、左側がPost Gainとなっています。

このペダルの場合、通常の「ON」、つまりマーシャルサウンドそのままを作る場合が「Post Gain」となります。Pre Gainは、マーシャルサウンドにさらにTSタイプの歪みを加えることができるという仕組みですね。

サンプルムービー

サンプルムービー2

サンプルムービー3

Xotic SL Drive Chrome Bundle

人気の老舗エフェクターブランド、Xoticから、ミニサイズのプレキシ系ドライブペダル、SL Driveレビュー)の限定モデルです。クロムカラーのSL Driveに、小型昇圧器、XVD-1 Voltage Doublerをセットにしたタイプですね。電池の入るミニサイズペダルのオーバードライブで、コントロールはDrive、Toneと小さなVolumeノブの組み合わせ。Marshall 1959のサウンドを元に製作されたモデルで、ペダル内部のスイッチでSuper LeadとSuper Bassのサウンドを切り替え可能なモデルです。9〜18Vのアダプタ駆動に対応します。

通常モデルのサンプルムービー

XVD-1 Voltage Doublerは、9Vの入力を15V、または18Vの出力に変換するもので、最大80mAの電流を供給できます。

Xoticペダルの中では、15Vモードを推奨するのがAC BoosterRC BoosterBB PreampBB Preamp MBBB Preamp CompBass RC BoosterBass BB Preamp

18V駆動を推奨するのがEP BoosterSL DriveSP CompressorAC PlusBB PlusAC-Compです。

これをセットにしたことで、より高いダイナミクスレンジのサウンドを作ることができるようになっています。

 

ということで、前編と合わせて18機種のプレキシペダルを見てきました。すべて2015年以降に国内発売されたペダルです。ほぼ毎月1つくらいは出ていたという感じですね。

改めて見ると、かつてのモデルの発展系などもけっこうありますが、同様に新作もあります。それぞれのこだわり、それぞれのペダルが目指すところ、それぞれのペダルのスタイル。こうして並べて見てみると面白いですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-20

最近のプレキシ・ペダル特集!! 前編

Bogner La Grange ギターエフェクター Gurus Amp グルズ アンプン / 1959 Double Decker JHS Pedals ジェイエイチエスペダルズ オーバードライブ Charlie Brown V4 【国内正規品】

プレキシサウンド。ヴィンテージマーシャルアンプを意味する表現であり、多くのギタリストにとって特別な意味を持つ、そんな言葉です。

昨今、そんなヴィンテージマーシャルアンプサウンドを作るペダル、いわゆるプレキシ系ペダルが増えてきているように思います。

今回は、2015年以降に発売(日本国内で)となったペダルをまとめてみたいと思います。1年半程度の期間でどんなペダルが出てきたのか、改めて見てみましょう。

今回は前編ということで、A〜Jから始まるブランドのペダルを載せていきます。では、行きましょう。

Analog Alien Bucket Seat

Analog Alien Bucket Seat
価格:26784円(税込、送料無料)

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Analog Alienのプレキシ系ペダルです。同ブランドの制作するロカビリーをイメージしたアナログマルチエフェクター、Rumble Seatのオーバードライブセクションをコンパクト化したモデルとなっています。

1969年製のプレキシアンプサウンドを基本として制作されており、Gain、Tone、Outputコントロールを搭載。Gainを高く設定してもスムースかつハイレスポンスなサウンドが特徴とのこと。2時あたりでゲインが最大となり、そこからさきはコンプレッションが増していくというスタイルのコントロールとなっています。

Rumble Seatのサンプルムービー

Blackberry JAM Lemonpie

アンプライクなサウンドの歪みを中心に展開する日本のハンドメイドエフェクターブランド、Blackberry JAMのプレキシ系ペダルです。初期のJTM45を再現したというペダル、レモンパイです。

マーシャルアンプが元々Bassmanを発展させたものだということはよく知られていますが、そのサウンドの色が強い、太く重たい、プレキシ以前の最初期、オフセット期のJTM45を再現したモデルです。コントロールはVolume、Gain、Treble、Bass。フルアップにするとプレキシ的な音色になります。

Blackberry JAM macaron

Blackberry JAM/macaron【在庫あり】
価格:27000円(税込、送料別)

もう1つ、Blackberry JAMから。「マカロン」と名付けられ、その色合いも可愛らしいペダルです。

こちらはマーシャルのプレキシ期を代表するJMP時代のSuper Bassを元にしたモデルです。このサウンドといえばSL DriveのDIP切替でも似たサウンドが得られることが知られています。

コントロールはVolume、Gain、Treble、Bass。構造的にも先にご紹介したレモンパイと近く、よりしっかりとしたローエンドが特徴。ギターはもちろんベースで使うこともできます。

Bogner La Grange

Bogner La Grange 【新製品AMP/FX】
価格:32832円(税込、送料無料)

アメリカのハイエンドアンプメーカー、Bognerの作るプレキシペダルです。コントロールは、Volume、Tone、Ch.Blend、Gain、BoostノブとGain、Variac、Presence、Structureトグルスイッチ、OnとBoostフットスイッチを搭載。

Gainスイッチは3モードのゲインレベル切り替え、VariacスイッチはONにすると、アンプの電圧を下げたときのサウンドを再現し、Presenceスイッチはオープンで明るいトーンとマイルドで太いトーンを切替、Structureスイッチはローエンドのタイトなサウンドとルーズなサウンドを選択します。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル端子、アダプター端子を搭載。エクスプレッションペダルはここにヴォリュームペダルを接続することでVolumeとGainをリアルタイムにコントロール可能。

公式ティーサー

サンプルムービー

Carl Martin Plexi Tone Single Channel LO-GAIN

デンマークの老舗エフェクターブランド、Carl Martinが発売しているシンプルなプレキシ系オーバードライブ、Plexi Tone SINGLE CHANNELのローゲインバージョンです。

カールマーチンの多機能プレキシ系ペダル、Plexi Toneのローゲインチャンネルを元に作られたモデルです。コントロールはLevel、Gain、Toneのみのシンプルなスタイル。何も考えずにプレキシなクランチトーンが作れるペダルです。

サンプルムービー

これまで発売されていた通常バージョンのサンプルムービー

flying teapot 59 pre amp

flying teapot/59 pre amp【在庫あり】
価格:28000円(税込、送料別)

ニアックなペダルをリリースする日本のエフェクターブランド、flying teapotのプレキシペダルです。

2chのプリアンプペダルで、各チャンネルには2つのインプットがあり、「たすき掛け」によるチャンネルリンクによるサウンド作りにも対応しています。コントロールはMASTERとCh1用のLOUDNESS1(HIGH TREBLE)、Ch2用のLOUDNESS2(NORMAL)、そしてTREBLE、MIDDLE、BASSの3バンドEQDを搭載。

ON/OFFスイッチは無く、まさにプリアンプとして使用するペダルとなっています。

Gurus Amp 1959 Double Decker

イタリアのハンドメイドエフェクターブランド、Gurus Ampのプレキシペダルです。

Floor1、Floor2、2つのチャンネルに加え、ソロ用の音量設定を個別に設定できるペダルで、12AX7/ECC83真空管を搭載しています。Volume1、Gain1、Volume2、Gain2、そしてTreble、Middle、Bassコントロールをチャンネルごとに、そしてSoloボリュームコントロールを搭載しています。入出力も豊富。インプット、アウトプット、エフェクトループ、DIアウト、そして2つのリモートスイッチを搭載。エフェクトループはシリーズとパラレルで切り替えることが出来、DIアウトはスピーカーエミュレートのON/OFFを切り替えられます。

サンプルムービー

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS .45 Caliber

Rockett Pedalsなどで知られるJ.ROCKETT AUDIO DESIGNS。その中でも手頃でコンパクトなペダルをラインナップするTour Seriesのプレキシペダルです。

マーシャルの1962 JTM 45アンプを再現したペダルで、Loud、Gain、Treble、Bassコントロールを搭載しています。

サンプルムービー

JHS Pedals Charlie Brown V4

アメリカの人気エフェクターブランド、JHS Pedalsのプレキシ系オーバードライブペダル、Charlie Brownに、3バンドEQを搭載してアップデートされたニューバージョンです。Volume、Drive、Bass、Middle、Trebleコントロールを搭載。本物のヴィンテージアンプに搭載されるものと同様のトーンスタックによる3バンドEQにより、音作りをより詳細に行えるようにしたというモデルです。

サンプルムービー

以前のモデルのサンプルムービー

以前のモデルの試奏レポート

 

ということで、今回はこのあたりです。プレキシペダル。けっこう出尽くした感があるようにも思うかもしれませんが、まだまだ新たなモデルが出ています。やはり伝説的なサウンドはいつまでも求められるものなんですね。

後編へ続く

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-19

BJFデザインのプレキシペダル、「One Control Purple Plexifier」弾いてきたのでレポートします!

様々なエフェクターやスイッチャー、ケーブル等を制作するOne Controlの新作、BJFの設計によるプレキシペダル「One Control Purple Plexifier」を弾いてきたのでレポートしたいと思います。

では、いってみましょう。

One Control Purple Plexifier

こちらがそのPurple Plexifier(以下PP)です。コントロールはVOL、DIST、TREBLEの3ノブ。さらに側面にMidrangeトリムポットを搭載。

本物のプレキシアンプ、すなわちヴィンテージマーシャルには3バンドEQを搭載しますが、このペダルはミニサイズのエフェクターとしての操作性を高めるため、低域を固定し、ミッドレンジの出方をまず調整し、好みに合わせてからトレブルをコントロールするというスタイル。Amp in a boxを略したAIABペダル、というコンセプトのペダルです。

では、レポートしてみましょう。

 

  • セッティング 

Fender USA American Standard Stratocaster

One Control Purple Plexifier

f:id:toy_love:20160619230852j:image:h400

Roland JC-120

Roland JC-120

セッティングはいつものです。

 

  • 操作性

シンプルな3ノブ。そしてMIDトリムポット。使い方は特に迷うことは無いと思います。トリムポットは試奏なのでいじれないかと思ったらすぐに元に戻せるので動かして良いということでした。ちなみに初期設定は「+」がまっすぐになる状態ということです。

 

  • サウンドレポート

では、音について。まずはとりあえずトリムポットは触らず、TrebleとDistノブは12時の設定で。試奏なので音量は控えめです。

音を出してみると、なるほど、という感じ。厚みのあるまとまったミッドレンジ、しっかりと足下を支えるロー、そして少しジリっとした歪みのトレブルレンジ。まさに分かりやすいクラシックなロックトーンです。歪みもしっかりしていて、エッジも立っているのでとにかく扱いやすいです。

レスポンスの高さは相変わらず一級品。BJF回路らしいダイナミックレンジを備えていて、ピッキングやギターのヴォリュームで簡単にゲインの調整が出来ます。プレキシやマーシャル系ペダルはいろいろ触ってきましたが、ここまでのレスポンスを備えていたのはCatalinbread DLS初期モデルのレビュー)くらいです。

「ザ・マーシャル」的な色の濃さはそこまででもないです。実際のマーシャルアンプって、間違いなくマーシャルサウンドなんですけど、マーシャルエフェクターのように「その音しか出ない」ということはなく、もっとフレキシブルで扱いやすいアンプですよね。DLSもそんな感じでしたが、今回のPPもそれに近いですね。プレキシ系で定評のあるBORのようにローエンドがすさまじく厚いということもなく、サウンド全体のバランスが非常に高いです。

ちなみに、このペダルはプレキシマーシャルサウンドを基本としていますが、よりゲインの高い改造マーシャルサウンドやブラウンサウンドにも対応しています。実際に、DISTノブを高くすると相当歪みますね。ハイゲインディストーションほどではありませんが、オールドスクールなメタルあたりなら十分対応できるほどのゲインに届きます。この辺はオリジナルプレキシを再現したペダルでは設定できないこともありますね。

そしてMIDRANGEトリムポット。奥に回せばミッドカット、手前に回せばミッドブーストされます。ミッドブースト時のトーンはかなり癖がある音ですね。これはビッグマフなどのドンシャリなファズと合わせるときなどに音のバランスを取るのには良さそうだと思います。そうとうミッドが分厚くなるので、ビッグマフと合わせながらファズフェイスみたいな音、みたいな使い方ができるかもと思いました。

そしてミッドカット。こちらは相当メタリックな音になります。ブラウンサウンド的なサウンドはもちろん、LAメタルあたりの音も作れます。

そしてミッドをカットしても音がシャリシャリしないのもすごいです。エフェクターっぽくないというか、アンプで作るドンシャリサウンドに近いように思います。音そのものの塊がしっかり前に出てくる感じですね。

最後にTrebleノブ。このコントロールはMIDトリムポットの設定によって効き方が大きく変わります。MIDトリムポットが初期設定では、よくあるBJFトーンという感じで、利きはあまり強くない、微調整コントロールという感じです。MIDトリムポットでミッドブーストにするとTrebleは全然利かなくなります。逆にミッドカットするとTrebleノブは一般的なトーンコントロールのように広く設定を変えることができます。

これはおそらくですが、Trebleノブより後にMIDトリムポットがあるんだと思います。

トリムポットは音そのものの基本的な音像を決めることができるので、ここを中心に音を決め、あとはTrebleとDistで音を調整する形が良さそうですね。って公式説明文にも書いてありますけど。

一応One Controlの歪みはたいてい、弾いたことがありますが、その中でもダントツで使いやすく、バランスの良いペダルだと思います。音のキャラクターも分かりやすく、同時にそのキャラクターが主張しすぎないので、ギターサウンドの基本歪みとして使えるのではないかと思います。

マーシャルサウンドやクラシックロックサウンドが嫌いでなければ、是非1度試してみて良いペダルだと思います。

サンプルムービー

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-15

「Amptweaker FatMetal Pro」!人気の多機能メタルディストーションにファットバージョン!

5150アンプの開発者、James Brown氏によるエフェクターブランド、Amptweaerから、人気の多機能メタルディストーション、TightMetal Proのファットバージョンが登場です。

この「Amptweaker FatMetal Pro」は、ブライトなギターアンプ(Fenderとか)やシングルコイルギターでメタルサウンドを作ったり、よりファットなドゥームメタルやブラックメタルに合わせたFatMetalの多機能バージョンです。

コントロールはVolume、Low、Mid、High、Gain、Tight。さらにブーストスイッチを搭載し、ブースト時のVolumeとGainコントロールもあります。そしてブーストをミッドブーストに切り替えるMid Boostスイッチ、ミッドをカットするThrashスイッチ、音のエッジを切り替えるEdge/Smoothスイッチ、ノイズゲートのON/OFFスイッチ、さらにゲインを高くするHigh Gainスイッチが付いています。

エフェクトON時にONになるエフェクトループ、ブーストON時にONになるブーストエフェクトループ、さらにエフェクトOFF時にONになるサイドトラックエフェクトループを搭載。

Amptweaker FatMetal Pro アンプトゥイーカー ファットメタルプロ 国内正規品

そして、内部にはサウンドをファットにするFATスイッチ、エフェクトONとブーストONのエフェクトループを歪みの前/後で切り替えるスイッチ、電池駆動時の駆動電圧を9/18Vで切り替えるスイッチ、ノイズゲートの調整用トリムポットと、より強くノイズゲートをかけることのできるトリムポットを搭載します。

駆動は9〜18V。電池ボックスも2つあり、電池駆動だけで18V駆動ができます。

電池の消耗を抑える電源スイッチや、アダプタ駆動時にノブを照らすLEDなどももちろん搭載。

相変わらずの多機能モデルです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-06-07

「Daredevil Pedals Knuckle Duster」「Fearless」「Nova」!デアデビルから歪み系3機種登場!

Daredevil Pedals Knuckle Duster デアデビルペダルズ ナックルダスター 国内正規品 Daredevil Pedals Fearless Distortion デアデビルペダルズ フィアレスディストーション 国内正規品 Daredevil Pedals Nova Fuzz デアデビルペダルズ ノヴァ 国内正規品

アメリカ、シカゴのエフェクターブランド、Daredevil Pedalsから、歪み系ペダルが3つ登場です。それぞれ見てみましょう。

Daredevil Pedals Knuckle Duster


まずはこちら、オーバードライブペダルです。シンプルなディスクリートのオーバードライブペダルで、素直な「ギタートーンがそのまま歪んだようなサウンド」を作るペダルということです。

コントロールはPre、Post、Bright。Preがゲイン、Postがヴォリューム、Brightがトーンコントロールですね。スタンダードなスタイルです。

Daredevil Pedals Knuckle Duster デアデビルペダルズ ナックルダスター 国内正規品

シンプルな回路で、幅広いゲインセッティングに対応。ローエンドがしっかり出るのでベースでも使えるペダルです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

Daredevil Pedals Fearless Distortion


続いてディストーション。ハイゲインからローゲインまで、「ブリティッシュアンプを“11まで”クランクアップしたキラートーンから、暖かでブルージーなドライブまで」幅広く音を作ることのできるディストーションです。コントロールはVolume、Distortion、およびHiとLo切り替えスイッチ。迫力のあるネコがプリントされたかわいいペダルですね。

Daredevil Pedals Fearless Distortion デアデビルペダルズ フィアレスディストーション 国内正規品

シンプル、クラシックなスタイルのペダルですね。

https://www.youtube.com/watch?v=vA8vtxuSgNgtitle=サンプルムービー]

Daredevil Pedals Nova


最後にファズペダル。Daredevilが得意とする歪みです。このペダルはギタリストが使いやすいファズペダルを求めたモデルということです。リズムパートではタイトなトーン、リードパートでは長いサステインとエッジの立ったサウンドに。Saturationコントロール(ゲインコントロール)は、範囲を絞ることで全域で使えるよう設定され、Volumeコントロールはブーストレベルも高く設定できるということです。

Daredevil Pedals Nova Fuzz デアデビルペダルズ ノヴァ 国内正規品

回路はオリジナルということです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy