ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-04-17

MXRのリバーブ、「MXR M300 REVERB」、公式動画出てた

定番エフェクターブランド、MXRが今年発表し、もうすぐ日本にも入ってくると思われるリバーブペダル、「MXR M300 REVERB」。音の雰囲気が分かりやすい公式の動画が出ていたので、載せたいと思います。

公式サンプルムービー

この動画すごい作り込まれていて良い感じだと思います。

コントロールはDecay、Mix、Toneの3ノブ。そしてToneノブをプッシュすることで、Plate/Spring、Epic/Mod、Room/PADのサウンドを選択可能。6つのリバーブサウンドを切り替えられます。

Plateはスタジオ系のナチュラルなリバーブサウンド、Springはクラシックアンプに搭載されるスプリングリバーブを再現したもので、Toneコントロールで音色を大きく可変できます。Epicは複雑なモジュレーションとユニークなディレイラインが織りなす個性派エフェクト、Modはプレートリバーブにモジュレーションを付加したもの、Roomはいわゆるルームリバーブで、PADは上下オクターブにモジュレーションを加えて作られる幻想的なリバーブエフェクトとなっています。

エクスプレッションペダル端子も搭載し、Dunlop DVP4 VOLUME (X) MINI PEDALなどで「2種類のノブセッティングを切替/ブレンド」可能です。

これもまた楽しみなペダルですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-16

ボグナーのプレキシペダル、「Bogner La Grange」が遂に発売!

話題のペダルがついに入って来たようです。

Bognerが考えるプレキシペダル、Bogner La Grange。ついに発売ですね。

コントロールは、Volume、Tone、Ch.Blend、Gain、BoostノブとGain、Variac、Presence、Structureトグルスイッチ、OnとBoostフットスイッチを搭載。

Gainスイッチは3モードのゲインレベル競れrk宇土、VariacスイッチはONにすると、アンプの電圧を下げたときのサウンドを再現し、Presenceスイッチはオープンで明るいトーンとマイルドで太いトーンを切替、Structureスイッチはローエンドのタイトなサウンドとルーズなサウンドを選択します。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル端子、アダプター端子を搭載。エクスプレッションペダルはここにヴォリュームペダルを接続することでVolumeとGainをリアルタイムにコントロール可能。

公式ティーサー

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-09

ボグナーの考えるプレキシペダル!「Bogner La Grange」、間もなく!公式ティーサー動画も登場です。

もうすぐ、発売されます。

Bognerが考えるプレキシペダル、Bogner La Grangeです。

Volume、Tone、Ch.Blend、Gain、Boostコントロール、およびGain、Variac、Presence、Structureスイッチ、OnとBoostフットスイッチを搭載します。

Gainスイッチは3モードのゲインレベルを切り替えます。VariacスイッチはONにすると、アンプの電圧を下げたときのサウンドを再現。Presenceスイッチはオープンで明るいトーンとマイルドで太いトーンの切替、そしてStructureスイッチはローエンドのタイトなサウンドとルーズなサウンドを切替ることができます。また、変わったものとしてはCh.Blendコントロールで「67-69年の4インプットプレキシアンプの2つのチャンネルを再現」し、そのサウンドをブレンドできます。

インプット、アウトプット、エクスプレッションペダル端子、アダプター端子を搭載。エクスプレッションペダルはここにヴォリュームペダルを接続することでVolumeとGainをリアルタイムにコントロール可能ということです。

駆動はアダプターと電池に対応。電池駆動時、電圧が落ちる、つまり電池残量が減るとLEDが点滅し、バイパスになります。これで電池交換時期を知ることが出来ます。

公式ティーサー

ついに本日、Bogner公式のティーサームービーが登場です。

短い動画ですが、サウンドのイメージやエクスプレッションペダルを使ったときの音の変化がイメージできます。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-07

多彩なコントロールを可能とする2トラックルーパー、「BOSS RC-202 Loop Station」発表!

f:id:toy_love:20160407230636j:image:w400

BOSSから、新しいサンプリングルーパーが発表されました。

テーブルトップタイプのスタイルで、様々なパフォーマンスに対応するモデルです。

BOSSのテーブルトップタイプのサンプリングルーパーといえば、RC-505ですね。

今回のモデルはそのコンパクトバージョンとなっています。

2つのトラックを持つサンプリングルーパーで、最大3時間の録音時間、8バンク×8メモリーの64種類のループを保存することができます。

40種類のエフェクトを収録し、それぞれインプットとトラックエフェクトとして4種類ずつ、8種類までを同時に使用可能です(一部エフェクトはインプット用)。さらに変拍子を含む17のリズムトラックを収録していて、様々なパフォーマンスを実現します。

f:id:toy_love:20160407230635j:image:w400

入出力端子はマイク用のXLRインプットと楽器用のステレオインプット、Auxインプット、ヘッドフォンアウト、ステレオアウト、外部コントロール用のTRS端子、USB端子、MIDI端子、DCインプットとなっています。

駆動はアダプターのみとなっています。

イントロダクションムービー

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-04-06

アコギを弾き語るシンガーのためのマルチエフェクター!「BOSS VE-8 Acoustic Singer」発表!

f:id:toy_love:20160406230040j:image:w400

BOSSから、新しいマルチエフェクターが登場です。これはギタリストのためのものではなく、アコースティックをプレイするヴォーカリストのためのマルチエフェクターです。

「BOSS VE-8 Acoustic Singer」。ヴォーカルパートとギターパートのセクションに分かれたエフェクトを搭載するマルチエフェクターです。

ヴォーカルパートはエンハンス、ピッチコレクト(ピッチ補正)、7種類のハーモニー、ディストーション、エレクトリックリバーブ、3バンドEQ、ローカット。

ギターパートはアコースティックレゾナンス、コーラス、トレモロ、フェイザー、ディレイ、モジュレーションディレイ、オクターブ、スローギア、リングモジュレーター、リバーブ、3バンドEQ、ローカット、ノッチフィルター、フェイズ(位相)となっています。

さらに80秒のフレーズルーパーも搭載。これらを50種類のメモリーを保存可能です。

f:id:toy_love:20160406230037j:image:w400

入出力はファントム電源対応、マイクセンシティビティコントロール搭載のマイク用のXLRインプットとギター用のインプット、Auxインプット、アンバランスドステレオアウト、XLRステレオアウト、ラインアウト、グラウンドリフトスイッチ、メモリー切替用の外部スイッチ端子、USB端子、電源端子、電源スイッチとなっています。USBはオーディオインターフェイスとして使うこともできるようです。

f:id:toy_love:20160406231604j:image:w400

マイクに向かって歌うシンガーのため、足下をほとんど見なくても操作出来るような大きなフットスイッチを使用しているのもポイントですね。

駆動はアダプター、または単3電池6本。電池の場合、ファントム電源OFFで4.5時間、ONで2.5時間程度ということです。

イントロダクションムービー

遂に発売!

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

BOSS、省電力でシンプルなクリップチューナー「TU-01 Clip-on Chromatic Tuner」発表!

f:id:toy_love:20160406212335j:image:w400

トゥルーバイパス対応ペダルチューナー「TU-3W」、さらにペダルレスなフロアマウントチューナー「TU-3S」を発表したBOSSですが、さらにクリップチューナーも出るようです。

この「BOSS TU-01 Clip-on Chromatic Tuner」はシンプルなスタイルのクリップチューナーですね。おそらく低価格なモデルとなりそうです。

A0(27.5Hz)〜C8(4,186.0Hz)の範囲に対応する、A4=440Hz固定のクリップチューナーです。

クロマチック、ギター、ベース、ウクレレモードを搭載し、精度は±1セント。

電池はCR2032ボタン電池を使用し、連続で25時間程度の駆動が可能となっています。

バックライト付きで、7分程度で自動的にOFFになる機能も備えます。

BOSSのクリップチューナーといえば、すでにTU-10というモデルがありますが、今回のモデルはもっとベーシックなスタイルといえそうですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin


コンパクトなバッファとしても使用可能!BOSSが考える「ミニサイズ」なチューナー!「BOSS TU-3S Chromatic Tuner」発表!

f:id:toy_love:20160406182732j:image:w400

エイプリルフールかと思うようなモデルが発表されました。

BOSSが考えるミニサイズチューナーとは。

「BOSS TU-3S Chromatic Tuner」。スイッチレスのチューナーです。

こちらはスタンダードなTU-3

この、表示部だけを取り出し、フットスイッチを無くしたのが今回のモデルですね。

本体はバッファードバイパス。バイパススイッチが見あたりませんが、とりあえずアウトプットにバッファはかかるみたいです。ここ最近のバッファペダル特集に載せてもおかしくないような形状で、BOSSのシンプルなチューナー付バッファペダルと言うこともできそうです。

f:id:toy_love:20160406182726j:image:w400

なぜこの形を作ったか。それは、ES-8、そしてES-5の存在。

たしかにスイッチャーに使うなら、ペダルは常時ONでOK。なのでスイッチはいりませんよね、というのがBOSSの主張です。

チューナーとしての機能は、C0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。

針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えます。

f:id:toy_love:20160406182729j:image:w400

もちろん電源供給にも対応しています。

そして、このサイズとなったことで、電池駆動非対応です。

電流使用量の多いマルチエフェクターでさえ電池駆動に対応させるBOSSとして、これは驚き。まぁ常時ONだし入る場所もなかったって事なのかも知れませんが、思い切った決断をしたと思います。

非常に意欲的なモデル。この挑戦はおもしろいですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

BOSSの技クラフト、次はチューナー!!「BOSS TU-3W Chromatic Tuner」発表!トゥルーバイパス対応!

f:id:toy_love:20160406182734j:image:w400

BOSSが2014年に発売し、実質的なリイシュー、モディファイ的なモデルだと話題になった技クラフトシリーズのペダル。1月にはアンプヘッドまで発表して話題になったこのシリーズ、次はコンパクトチューナーです!

BOSSのペダルチューナーといえば、言うまでも無くTU-3。今回のモデルは、その技クラフトバージョンです。

f:id:toy_love:20160406182739j:image:w400

C0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。

針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えます。

そしてこのモデルでは遂に、バッファードバイパスとトゥルーバイパスを切り替え可能となりました。BOSSコンパクトでトゥルーバイパスは実は初ではないかと思います。

バッファもプレミアムなバッファを搭載している、と自信がありそうですが、それでもトゥルーバイパスモードを備えたのはプレイヤーの要望に応えてのことでしょうか。

f:id:toy_love:20160406182737j:image:w400

電源は電池、またはアダプターで、アダプター駆動時は他に電源を供給可能です。

 

ついにトゥルーバイパス対応のBOSSコンですよ。これはそのうち来るだろうと思っていましたが、まずはチューナーから、というのはちょっと予想外。でも順当な流れとも言えそうですね。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-03-18

Fender、国内正規品のオンライン販売を解禁

Fender

昨年3月20日、山野楽器が取扱を終了して以来、フェンダーミュージック株式会社が公式の代理店となって久しいFender

これまでオンラインでの販売を停止している、という噂が流れていました。私は事実確認をしていないので真偽は分かりませんが、たしかにこれまでオンラインでFenderの正規品が出ていなかったのも事実です。

今回、そのオンライン販売が解禁になったようです。

かなり、新製品なども含めて一斉に販売されるようになりました。

今後また、新製品などはゆっくりとご紹介していこうと思いますが、遂にFenderが全国どこでも買えるようになったということのようです。今回の解禁が一部のお店のみなのか、全国のお店全てなのかなど、細かいことは分かりませんが、事実として本日、一気にFenderの正規品がオンライン上に登録されました。

探していた人、待っていた人、是非見てみてください。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-03-17

あの「白ラット」、「ProCo RAT 2 WHITE “IKEBE 40th Anniversary”」が再生産により復活!

以前、イケベ楽器40周年を記念して作られた“アルビノ種のネズミ”、ホワイトボディのProCo RAT 2 WHITE “IKEBE 40th Anniversary”の再生産が決定しました。

この「ProCo RAT 2 WHITE “IKEBE 40th Anniversary”」は、スタンダードな定番ディストーションペダル、ProCo Rat2のホワイトバージョンです。

Distortion、Filter、Volumeコントロールを搭載。通常のRatとは逆の白いボディ、ブラックの文字、青LEDで作られるモデルです。

ペダルボードにあると目立つモデルですね。

通常のRat2のサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy