ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-07-20

「Skreddy Pedals Glasnost」!最初期ロシアンマフを再現し、パワーアップさせた限定モデル!

ハイクオリティなペダル、特にビッグマフ系ペダルには定評のあるSkreddy Pedalsから、限定のビッグマフ系ペダルが登場です。

この「Skreddy Pedals Glasnost」は、エレハモ(Sovtek)最初期のビッグマフ、Civil Warモデルや、その前身のモデル、MIKE MATTHEWS名義のRed Army Overdriveを再現。

当時のサウンドの良いところはそのままに、使いにくいところをより良くしたモデルということですね。「スウィートスポットを拡げ、よりクリーミーなトーンに」「ブーミーさを抑え、サステインを伸ばし、サウンドのバランス」を取ったということです。

当時のモデルと同様のドンシャリ傾向ながら、ミッドカットを少し抑えた形となっています。

限定モデルとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-07-18

「CAST Engineering Peace Drive」「GYPSY HAZE」!ローゲインオーバードライブとオクターブファズ!

 

アメリカ、アトランタのエフェクターブランド、Cast Engineeringから、新しいペダルが登場です。

CAST Engineering Peace Drive

まずはこちら。Mike Zitoと共に開発されたというオーバードライブです。

オーバードライブとブースターを組み合わせたペダルで、オーバードライブセクションはGain、Level、Tone。ブーストセクションはLevel、Gainコントロールを搭載。

ローゲインオーバードライブで煌びやかなクリーンからクランチまでをカバーするというペダルですね。

サンプルムービー

CAST Engineering GYPSY HAZE

こちらはオクターブファズです。オクタヴィア系のオクターブファズです。コントロールはLevel、Intensity。右側のフットスイッチでファズのON/OFF、左側のSVAスイッチがタップテンポとなっていて、オクターブのON/OFFをトレモロのように動かすことで独特の揺れを作ることができます。

サンプルムービー

サンプルムービー2

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-07-04

「Keeley Electronics Rotten Apple OpAmp Fuzz」!キーリーのOpampマフペダル!

長年、多数のエフェクターを制作するKeeley Electronicsから、新しいファズペダルが登場です。

Keeley Electronics Rotten Apple OpAmp Fuzz」。このモデル名とデザインから分かる人もいると思います。The Aeroplane Flies High。96年にリリースされたシングルボックスセット(2013年にも再販)ですね。あ、スマパンの話です。

スマパンのファズといえば、最も有名なのがOpamp期のビッグマフ。このペダルはそんな音を作るOpampファズです。

Loud、Tone、BuzzコントロールとEQ taperモードのスイッチを搭載しています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-06-22

「Ampeg Classic Analog Bass Preamp」「Scrambler Bass Overdrive」!アンペグのコンパクトプリアンプとスクランブラー!

定番ベースアンプメーカー、Ampegから、新たなペダルが登場です。

2モデル。それぞれAmpeg SCR-DIに搭載されたエフェクトをコンパクト化したモデルです。

Ampeg Classic Analog Bass Preamp

まずはこちら。コンパクトベースプリアンプです。Volume、Treble、Middle、Bassコントロールに加え、Ultra Hi、Ultra Loスイッチを搭載。3バンドEQはクラシックアンペグアンプのEQを再現したものとなっています。入出力はシンプルにモノラルイン/アウトです。エフェクターとしても、プリアンプ的にも使えるペダルということです。

サンプルムービー

Ampeg Scrambler Bass Overdrive

続いてこちら。ベースファズ/ドライブペダルですね。

クラシックなアンペグエフェクトとして知られるスクランブラーを再現したモデルです。

Drive、Blend、Treble、Volumeコントロールを搭載。ブレンドコントロールによりクリーンサウンドをミックスすることができます。内部ジャンパで-15dBにすることができ、アクティブ用の設定も可能となっています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-06-05

「Dr.No Effects TURD FUZZ」! アグレッシブなスタイルのソフト筐体を使用した、あまり踏みたくないファズペダル!

独創的なスタイルのペダルを多く制作するオランダのハンドメイドエフェクターブランド、Dr.No Effectsから、あまり踏みたくないスタイルのアグレッシブでソフトなファズペダルが登場です。

Dr.No Effects TURD FUZZ」。まぁ見ての通り。柔らかい筐体を使用しており、上から踏むことでON/OFFできます。

ファズ自体はNOSトランジスタを使用したクラシックなファズペダル。コントロールはVolumeのみで、トリムポットで調整します。

本体に付いている蠅の目が光ってエフェクトのON/OFFを表示する形です。いろいろとアグレッシブなスタイルのペダルですね。

サンプルムービー

質感がいい感じですね。あ、音のね。弦に触れたまんまの音というか。良い感じの緊張感のあるサウンドだと思います。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-05-25

「Way Huge Red Llama 25th Anniv. WHE206」!ウェイ・ヒュージからレッドラマの25周年記念モデルが限定で登場!

老舗ハンドメイドエフェクターブランドで、現在はダンロップ傘下となっているWay Hugeから、伝説的なファズドライブペダル、Red Llamaの限定モデルが登場です。

この「Way Huge Red Llama 25th Anniv. WHE206」は、かつて1992年に最初のRed Llamaが発売されてから25周年を記念した限定モデルです。

全世界1000台の限定モデル。以前の筐体よりスリムなタイプを採用。コントロールはVolume、Driveに加え、限定モデルとしてHi Cutコントロールを搭載しています。

サンプルムービー

ハイレスポンスで、ファズライクな歪みが特徴。ピッキングの強弱で表情を付けることが出来るペダルです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-05-22

「Bearfoot Guitar Effects Pink Purple Fuzz 4knob」!ベアフットの“ファズ黄金期”サウンドを作るペダルが4ノブ化!

BJFEのペダルをアメリカで制作するBearfoot Guitar Effectsから、新しいファズが登場です。

この「Bearfoot Guitar Effects Pink Purple Fuzz 4knob」は、これまでも作られていたPink Purple Fuzzの4ノブバージョンですね。

60年代から70年代にかけてのファズサウンドをまとめて作るという欲張りなペダルです。コントロールはVol、Fuzz、Bass、Treble。今回の4ノブ化で2バンドEQとなり、より幅広く音を調整できるようになっています。

「オーバードライブのようなマイルドなトーンからファズらしいジリジリしたサウンドまで」を作ることができ、ノイズも少なめなペダルということですね。8〜18Vで駆動するので、高電圧駆動でヘッドルームを広げるような使い方もできます。

3ノブバージョンのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy