ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2016-09-24

全てを青に染めろ!国産ハンドメイドブランドによる「Paint it Blue Limited Edition」登場!

本日、東京、市ヶ谷の一口坂ギャラリィにて開催されたイベント、「Paint it Blue」、および福岡、電気ビルみらいホールにて本日、明日と行われるFUKUOKA GUITAR FESTA 2016にて出展されている、国産ハンドメイドブランドの人気モデルを限定カラーで制作した「Paint it Blue Limited Edition」が、chuya-onlineで販売開始です。全部で6機種、それぞれ見てみましょう。

※ブランド名順に載せていきます。

320design Blue Feather - Paint it Blue Limited Edition -

こちらは国産ハンドメイドエフェクターブランド、320designの人気ディストーション、Brown Featherの限定モデルです。

フラッグシップ級のディストーションペダルですね。Volume、Wide、Narrow、Gainコントロールを搭載し、NarrowとWideのちょっと変わった2種類のEQを使用して音を変えていくことができます。

通常モデルのサンプルムービー

AED Blue Bee 復刻版 - Paint it Blue Limited Edition -

続いてこちら。chuya-onlineのオリジナルブランド、AEDのオーバードライブペダル、Blue Beeの限定ブルーカラーモデルですね。

TSスタイルのオーバードライブで、コントロールはVolumeとGainのみのシンプルな形。バッファレスのいわゆるSon of Screamer系のペダルかと思います。ハイレンジでレスポンスが高く、ナチュラルなサウンドが特徴です。

「ゲインを下げた状態でボリュームを上げると、ミッドブースト的な芯の太いサウンド。

ゲインを上げていくと、ややザラッとした質感がありつつも、独特の艶と太さを感じさせるオーバードライブサウンドとなります。」というペダルですね。

当時のモデルは電池駆動のみでON/OFFのLEDもないスタイルでしたが、復刻版ではLED付トゥルーバイパス、DCインプット端子も搭載しています。

初期モデルのサンプルムービー

m.o.e.fxp YAN Bloody Metal - Paint it Blue Limited Edition -

続いてこちら。“萌えエフェクター”というか“痛エフェクター”という感じの、キャラクターをプリントしたペダルで知られるm.o.e.fxpのハイゲインディストーション、“ヤンデレ風味”なYANの限定カラーモデルです。

倍音豊かでエッジのあるハイゲインペダル。Volume、Tone、Gainコントロールに、YANモードを搭載。Tone、Gainコントロールを無効とし、強烈なハイゲインサウンドを作ります。

通常モデルのサンプルムービー

Ovaltone 34-Xtreme - Paint it Blue Limited Edition -

そしてこちら。長年活動する国産エフェクターブランド、Ovaltoneのオーバードライブです。通常モデルは非常に人気が高く、なかなか通販でも出てきませんので、今回のモデルはチャンスですね。

モデル名の34はEL34を表しています。EL34を搭載するブリティッシュアンプや、その改造バージョン、つまりマーシャルブラウンサウンドを再現したドライブペダルですね。

コントロールはTone、Gain、Masterの3ノブ。さらにVoice、Chの2つの3モードスイッチを搭載。VoiceはM、F、H。順にミッド、フラット、ハイで、中域、全体、高域を強調したサウンドです。ChスイッチはB、F、Pモードで、Bはおそらくブラウン、中域を強調したハイゲインサウンドで、Fは、Fの意味は分かりませんが「王道のサウンドをそのままゲインアップしたようなワイルドな歪み」とのこと。Pはプレキシで、プレキシを意識したローゲイン〜ミドルゲインとなります。

通常モデルのサンプルムービー

TDC YOU TDC-007 CREAMY DRIVE - Paint it Blue Limited Edition -

続いて、多彩なコントロールを搭載したエフェクターを制作するTDCの代表的なオーバードライブ、TDC-007 CREAMY DRIVEの限定カラーモデルです。

大きな白いノブがLevelとGain。そして奥に並ぶ4つのノブがHF、MF、M FREQ、LFとなっていて、HFが高域、LFが低域のコントロール、そしてMF、M FREQはミッドレンジを調整するパライコとなっています。かなり深い歪みを作ることができますが、全体的にスムーズで、名前の通りクリーミーなサウンドなので激しいサウンドではなく、むしろリードトーンに向いた音色が特徴。EQは強力で、例えばリアPUでフロントPUみたいな音を作ることも簡単にできます。

通常モデルのレビュー

通常モデルのサンプルムービー

TOKYO EFFECTOR Black Swan - Paint it Blue Limited Edition -

最後にこちら。東京、六本木で主に国産エフェクターブランドのモデルを中心に、エフェクターと雑誌、さらにリペアなどを手がけるエフェクター専門店、東京エフェクターのオリジナルペダル、Black Swanの限定モデルです。オリジナルはファズですね。

バズアラウンド的な要素をもつ本格ファズペダルで、コントロールはVolume、Tone、Gainとシンプル。「アクがあって太く過激なファズ音からドンシャリなディストーション、さらには倍音の美しい膨よかなクリーントーンまで驚くほど多彩なサウンドを出力可能」です。

通常モデルのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-09-16

「WAY HUGE Camel Toe Overdrive」!超多彩TS系Green Rhino×センシティブファズRed Llama!

ダンロップ傘下での復活以来、数々のダンロップ/MXRモデルの開発も手がける鬼才ジョージ・トリップス氏のオリジナルエフェクターブランド、Way Hugeから新たなモデルが登場です。

この「WAY HUGE Camel Toe Overdrive」は、Green RhinoRed Llamaを融合したペダルです。Green Rhino(レポート)は非常に多彩な音を出せるTS系ペダルですね。一方、Red Llama(レビュー)はハイセンシティブなファズオーバードライブペダルですね。

本体右側がRed Llama、左側がGreen Rhinoとなっています。Red Llama側はDrive、Volume、Toneコントロール、Green Rhino側はVolume、Tone、Driveと100Hz、500Hz、およびClassicモードスイッチを搭載。そして中央にシリーズとパラレル接続を切り替えるスイッチを搭載。右側のフットスイッチがエフェクトON/OFF、左側がドライブセレクターとなり、シリーズモードではLlamaのON/OFF、パラレルモードではLlamaとRhinoを切り替える形となっています。

現行のGreen RhinoとRed Llamaは両方持っていますが、どちらも独特のサウンドで高いクオリティ。特にGreen RhinoはTS系ペダルとしてトップクラスの操作性だと思います。その2つを組み合わせたペダルということで、いろいろ面白そうなペダルですね。

サンプルムービー

ヴィンテージCamel Toneのサンプルムービー

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-09-15

「Formula B Elettronica」!独自のケースを使用したイタリアンハンドメイドエフェクターブランドが上陸!

Formula B Elettronica RatRace ヴィンテージラットディストーションを再現 国内正規品 Formula B Elettronica Mini Fuzz 2 フォーミュラビーエレットロニカ ミニファズツー 70sFuzz Face再現 国内正規品 Formula B Elettronica Mini Bender トーンベンダーMkIを再現! フォーミュラビーエレットロニカ ミニベンダー 国内正規品 Formula B Elettronica Mini Bender Professional MkII トーンベンダーMkIIを再現! フォーミュラビーエレットロニカ ミニベンダープロフェッショナルエムケーツー 国内正規品

イタリアから、新しいハンドメイドエフェクターブランドが上陸です。「Formula B Elettronica」。ヴィンテージペダルを再現したモデルを基本に、オリジナルケースを用いて現代的な操作性でペダルを制作しています。4つ入ってくるようなので、見てみましょう。

Formula B Elettronica RatRace

まずはこちら。ラットレースというディストーションです。どこからどう見てもRatですね。ヴィンテージラージボックスなスタイルを再現していますが、筐体はスタンダードなコンパクトサイズということです。ちょっと大きめのPhase100を横にしたタイプのサイズという感じですね。

コントロールはDrive、Tone、Volume。ヴィンテージRATを再現していますが、FilterではなくToneノブとなっていて、回す方向も通常の、時計回りで高域が出るタイプのトーンとなっています。

Formula B Elettronica RatRace ヴィンテージラットディストーションを再現 国内正規品

LM308を搭載した基板は手作業でパターンを引いているとのこと。Formula B初のエフェクターがこのペダルだそうですね。

サンプルムービー

Formula B Elettronica Mini Fuzz 2

次はファズフェイスです。70年代初期のブルーな筐体のファズフェイスをミニサイズで再現しているということですね。フットスイッチやノブの大きさを見れば分かるとおり、かなり小さな筐体を使ったペダルです。右下にインプット、左上にアウトプット、右上にDCインプット、左下にフットスイッチという配置で、筐体の空間をフルに活用してコンパクト化していますね。電池は使えないみたいです。

VとFはもちろんVolume、Fuzzコントロール。マッチングしたNOSトランジスタを使用しているということです。

1ノブだった旧モデルのサンプルムービー

Formula B Elettronica Mini Bender

続いてはこちら。Tone Bender MkIのサウンドを再現したペダルですね。このモデルは、オリジナル回路の開発者、あのゲイリー・ハーストが認めたペダルとのことです。オリジナルモデルの雰囲気を持つ筐体ながらコンパクトなサイズで作られているということで、BOSSペダルと同等の大きさとなっているようですね。コントロールはオリジナル同様、LEVELとATTACK。ですがLED付トゥルーバイパスでDCインプットも搭載しています。

Formula B Elettronica Mini Bender トーンベンダーMkIを再現! フォーミュラビーエレットロニカ ミニベンダー 国内正規品

中身も凝っています。

ゲイリー・ハースト氏も共演したデモの様子。イタリア語。

Formula B Elettronica Mini Bender Professional MkII

ラストはこちら。Tone Bender MkIIを再現したペダルですね。こちらもMkI同様のコンパクト筐体を使用したモデルとなっています。

コントロールはオリジナル同様のLEVEL、ATTACKで、LED付トゥルーバイパス、DCインプット搭載です。

Formula B Elettronica Mini Bender Professional MkII トーンベンダーMkIIを再現! フォーミュラビーエレットロニカ ミニベンダープロフェッショナルエムケーツー 国内正規品

こちらも内部はこんな感じ。本格的なヴィンテージスタイルの作りとなっています。

MkIとMkIIの比較

 

イタリアのエフェクターブランドって、個性が強いブランドがかなり多くて、ここもまたそんな感じですね。動画が「かっちり」していないのもイタリアンって感じがしてけっこう好きですw

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「MXR M236 Super Badass Variac Fuzz」!MXRのBadassシリーズにファズペダルが登場!ヴィンテージファズトーン!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz 【2016年末発売予定】
価格:18900円(税込、送料別) (2016/9/15時点)

MXRを代表するエンジニアが設計し、カスタムショップが制作するBadassシリーズにファズペダルが登場です。これまでオーバードライブとディストーション2機種が出ていたこのシリーズにファズのラインナップが追加された形ですね。

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz」は、ヴィンテージファズトーンを必要とするギタリストにとっては夢のファズ、ということです。モデル名に入る「Variac」とは、Variable Transformer(可変変圧器)を意味する言葉です。ファズなどのエフェクターで出てくれば、ようするに駆動電圧を可変出来るということを意味する感じですね。

このペダルにはGain、Tone、Outputに加え、Variacコントロールを搭載。5V〜15Vまで、駆動電圧を可変して音を変えることができます。電圧を下げれば電池が無くなりかけた時のファズ、上げれば昇圧されたファズサウンドとなる感じですね。サウンドは基本的にヴィンテージファズということですが、基本はユニークなサウンドの歪みを持つ「レアなヴィンテージ回路」をベースとしているとのこと。シリコントランジスタを使用した回路となっているようですね。元が何か、というのは特に明かされていません。

Summer NAMM SHOWでの様子

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-09-13

「BuGGFX Pedals Raincoat」!ダークなブースターから独特のファズサウンドまでを作るファズペダル!

アメリカの新鋭エフェクターブランド、BuGGFX Pedalsから新しいペダルが登場です。

この「BuGGFX Pedals Raincoat」は、「ダークなクリーンブースト、ダーティでファットなオーバードライブからオクターブが混ざるようなジリジリしたファズサウンドまで」を作るというペダルです。

BuGGFX Pedals Raincoat バグエフェクツペダルズ レインコート 独創的なファズペダル 国内正規品

中身はこんな感じ。トランジスタを4つ使ったディスクリートペダルですね。コントロールはVolume、Sustain、Toneとシンプルな構成です。「ゲインを低くすれば、70年代初期の“キーフ・リフ・ハード”なサウンド」ということで、70sストーンズなトーンからゲインを上げていくとクラシックロック、さらにファズディストーションへと変わっていくということです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Buffalo FX M1」!2バンドEQ搭載のラムズヘッドを進化させたファズ!

フランスのハンドメイドエフェクターブランド、Buffalo Fxから、ラムズヘッド期のビッグマフをさらに進化させたペダルが登場です。

この「Buffalo FX M1」は、6つのゲインステージを持つ構造で作られていて、多彩なサウンドを作るペダルとなっています。

コントロールはLevel、Sustain、Treble、Bass。アクティブ2バンドEQで、ラムズヘッドからロシアンマフのサウンドまでを作るということです。現代的なピックアップに合わせたインピーダンスで、ゲインステージを増やすことでノイズを減らしたモデルとなっています。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-09-06

「Foxpedal Defector」「Refinery V2」!フォックスペダルから、多彩なコントロール搭載のロシアンマフとコンプレッサーが登場!

Foxpedal Defector ロシアンマフが進化! フォックスペダル ディフェクター 国内正規品 Foxpedal Refinery V2 使いやすい良質コンプレッサー! フォックスペダル リファイナリーブイツー 国内正規品 クリーンミックス可能!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Foxpedalから、ファズとコンプレッサーが登場です。それぞれ見てみましょう。

Foxpedal Defector

まずはこちら。亡命者と名付けられたファズペダルです。ロシアンマフをベースに多彩なコントロールを搭載したものです。

冷戦時代、ソビエトのファズ専門の工作員が自由の国アメリカに亡命するため、国家機密のファズを持ち出してきた、というイメージで作られたファズです。エフェクターの説明でクレムリンって単語がでるとは思いませんでした。初期のゴルゴ13ならよく出てきますけどw

こちらはプリブースター搭載のロシアンマフペダルです。プリブースターは独立し、個別に使うことも可能。コントロールはLevel、Tone、Fuzz、Mids、PreとClipスイッチを搭載。Toneとは別にMidsコントロールで中域を調整でき、Clipではシリコンダイオード、LED、そして両方の3モードクリッピング切り替えスイッチを搭載。Preコントロールはブーストレベルの調整です。

Foxpedal Defector ロシアンマフが進化! フォックスペダル ディフェクター 国内正規品

内部にSaturationトリムポットがあり、これでファズの飽和感調整可能。さらに設定により発振させることも可能となっているとのことです。

サンプルムービー

サンプルムービー2

Foxpedal Refinery V2

続いてコンプレッサーです。こちらはOTAベースのスタンダード、クラシックなコンプレッサーで、「クリーントーンにサステインを加え、和音、単音、弦の違いによる不揃いな音量差を安定させる」という基本的な機能を重視したモデルです。

コントロールはAttack、Release、Level、Ratio、BlendノブとBrightスイッチとなっています。コンプレッサーの数々の機能を調整できるノブに加え、クリーンミックスも調整可能。またRatioを最大にするとリミッターとして動作するということです。BrightスイッチはON時に煌びやかな音になるとのことです。

Foxpedal Refinery V2 使いやすい良質コンプレッサー! フォックスペダル リファイナリーブイツー 国内正規品 クリーンミックス可能!

内部はこんな感じ。ファズ、コンプレッサー両モデルとも電池駆動には対応せず、ON/OFFのフットスイッチはクリックレスなタイプとなっています、。

サンプルムービー

サンプルムービー2

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-09-04

「Bearfoot Guitar Effects Emerald Green Overdrive」「Candiru Fuzz」!ベアフットからVox系オーバードライブとゲート感の調整ができるファズが登場!

BearFoot Guitar Effects Emerald Green Overdrive ベアフットギターエフェクツ エメラルドグリーンオーバードライブ 国内正規品 BearFoot Guitar Effects Candiru Fuzz ベアフットギターエフェクツ カンディルファズ 国内正規品

BJFEのエフェクターや、BJFEペダルを元に発展させたスタイルのエフェクターを制作するBearfoot Guitar Effectsから新しいオーバードライブとファズが登場です。

BearFoot Guitar Effects Emerald Green Overdrive

まずはオーバードライブから。このペダルは、元々Voxのトップブーストサウンドを再現するBJFEのEGDMのベアフットバージョン、Emerald Green Dist. Machineをローゲイン化したものということですね。

ゲインステージのサチュレーションとコンプレッションポイントを変更、そのサウンドにあわせ、EQを調整しなおしたものということです。コントロールはVolume、Drive、Voice、Treble。Voiceはローエンドの出方を調整するものです。

サンプルムービー

BearFoot Guitar Effects Candiru Fuzz

続いてファズ。こちらはBJFの代表的なモデルでBearfootで多少の変更が加えられたCandy Apple Fuzz Gatedのゲート感をコントロールできるノブを搭載したモデルです。

Volume、Fuzz、Nature、TrebleとGateコントロールを搭載。「シリコントランジスタを使用し、シャープで歯切れのよいトーン」が特徴で、ゲートを挙げれば少しジリっとしたサウンドになるということです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-08-28

「Jim Dunlop FUZZ FACE Japan Limited MOR50-F1」!モリダイラ楽器創業50周年記念モデルが発売!

アメリカの定番エフェクターブランド、Jim Dunlopから、長年日本の正規代理店を務めるモリダイラ楽器の50周年を記念した限定モデルが登場です。

この「Jim Dunlop FUZZ FACE Japan Limited MOR50-F1」は、EJ-F1 ERIC JOHNSON FUZZ FACEをベースにトランジスタを変更したバージョンです。トランジスタは前段にシリコントランジスタBC183、後段にテスラのヴィンテージゲルマニウムトランジスタを使用したモデルです。

シリコンとゲルマニウムを合わせたハイブリッドなスタイルで、開発はもちろんジョージ・トリップス。

「シリコントランジスタ特有の高ゲインかつアグレッシブなサウンドと、深く温かみのあるゲルマニウムトランジスタを掛け合」せたモデルです。以前から予約は行われており、ほぼ全て完売状態でしたが、実際に発売となり、店頭にも出始めたようです。

コントロールはもちろんVolumeとFuzz。旧来のファズフェイス筐体を使用しています。

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

「Fuzz Goddess DANK MEME」!Fuzz Goddessのローファイファズペダルがリニューアル

デヴィ・エヴァー氏の新しいエフェクターブランド、Fuzz Goddessのファズペダル、SICK MEMESが新しくなりました。

新しいペダルは「DANK MEME」。以前の大きめな筐体にレトロなデザインから、コンパクトサイズになって以前のDevi Everに近いスタイルになりました。

インプットとアウトプットが全て右側面にあって、フットスイッチに近い方がインプットです。DCインプットも右側面にあるので、横置きにするとトップマウントなスタイルになります。電池駆動はできません。

Devi Ever時代の「FORTUNE」を元にしたモデルで、明るいオーバードライブ〜ディストーション的な要素も含み、適度なコンプレッションのサウンドを作るペダルということです。トレブルヘヴィなブーストから金切り声のような発振までを作るとのことです。

Devi Ever FORTUNEのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy