ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-08-23

「Electro Harmonix Cock Fight Plus」!ワウ/トーキングワウ+ファズペダル!

アメリカの定番エフェクターブランド、Electro-Harmonixの個性派ペダル、Cock Fightのプラスバージョンが登場です。

この「Electro-Harmonix Cock Fight Plus」は、フットペダル型筐体を採用したバージョンとなっています。

コントロールはTone、Bias、Drive、Vol、Bot、CRY/TALKスイッチ、FUZZ PRE/X/POSTスイッチを搭載。BOTはBOTTOMコントロールですね。CRY/TALKはスタンダードなワウ(Crying Tone)とトーキングワウの切り替え、PRE/X/POSTはファズの位置をフィルターの前か後ろか、またはOFFにするかを切り替えます。

ペダルバージョン(Cock Fight)のサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-07-24

「EMMA DiscumBOBulator V2」!エマのオートワウがバージョンアップ!

デンマークのハンドメイドエフェクターブランド、EMMAのオートワウペダルが新しくなりました。

EMMA DiscumBOBulator V2」。ブースター搭載のアナログオートワウです。

コントロールはSense、Attack、WidthとBoost。およびフィルタの咆哮を切り替えるスイッチとなっています。

ハイレンジ、ヘッドルームの高いサウンドが特徴。ブースターは+10dB程度、ベースソロなどで役に立つということです。ギターで歪みと合わせたりするときにも使えそうですね。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-06-20

「Subdecay Proteus MkII」! サブティケイのオートワウ/ランダムフィルターがアップデート!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Subdecayが制作するオートワウ/ランダムフィルターペダルが新しくなりました。

この「Subdecay Proteus MkII」は、エンヴェロープフィルターとステップシーケンスによるランダムフィルター(サンプル/ホールド)の2モードを搭載したペダルです。

オートワウモードではアタックに合わせてフィルターがかかる、いわゆるタッチワウとなります。Resonance、Depth、Frequencyのコントロールでフィルターのかかりや深さを調整し、BP/LP切り替えスイッチでバンドパスとローパスフィルターを切り替えることができます。

左側のタップテンポスイッチを4回踏めば、サンプル/ホールドモードとなり、ランダムにフィルターがかかってロボットボイスのような音を作るモードとなります。このモードでは、1/2/4スイッチでタップテンポに対する倍率を設定可能。4倍にすると超速でフィルターが変化するモードとなります。

ちなみにMkIIになって新たに追加されたのが、Resonanceコントロール。フィルターのQを設定するものですね。BP/LPスイッチも追加されていますが、実は後期の旧モデルでは内部にこのスイッチがあったりします。初期モデルにはありませんでした。

18V駆動にも対応し、手軽な操作で面白い効果が得られるペダルとなっています。ちなみにMiku Stompと一番相性がいいのはこのペダルだと個人的に思っていますw

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-03-20

「 Noah'sark gachaxx 」! Gacharic Spin、F チョッパー KOGAのシグネチャーモデル!ベースディストーション+エンヴェロープフィルター!

実力派ガールズバンド、Gacharic SpinのリーダーでありベーシストのF チョッパー KOGAモデルがNoah'sarkから登場です。

Noah'sark gachaxx」。ベース用のディストーションとエンヴェロープフィルターをまとめたペダルですね。

秋葉原の工房にて完全手作業で制作されるペダル。コントロールはVolumeとSensitivityのシンプルな構成です。歪みとフィルターをまとめたことで、歪みをかけた際にもフィルタの動作を安定させる形としています。インプット部でエンヴェロープフォロワを入れて、実際のフィルタは歪みの後にかけるような構造ではないかと思います。なのでクリーン時と変わらないフィルタリングが歪みをかけた状態でも可能となるという感じですね。

内部にトリムポットがあり、歪みのブレンドを調整可能。どの程度歪みを加えるかで音を変えることができます。初期設定は本人の設定に合わせた形となっているということですね。

また、限定モデルとなっていて、購入者のみが参加できる限定イベント参加チケットが付属しています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-06

「 Electro Harmonix Blurst 」! シンセライクな音を作るアナログオートフィルター!

人気の老舗エフェクターブランド、Electro-Harmonixから、NAMMでも発表された新製品が登場です。

この「Electro Harmonix Blurst」は、オートフィルターペダルです。

厳密な話は別として、一般的にオートワウというと自動でフィルターが動くモジュレーテッドフィルターと、タッチワウと言われることもある、ピッキングに追従するエンヴェロープフィルターがあります。エンヴェロープとはADSR、つまりアタック、ディケイ、サステイン、リリースを合わせた波形そのもののことで、波形に追従(フォロー)するエンヴェロープフォロワーを使ってフィルターを動かすのがエンヴェロープフィルターです。要するにピッキングに合わせて動くタイプのタッチワウがエンヴェロープフィルターです。

で、今回のモデルはオートフィルター。すなわち、ピッキングとは関係なく動くフィルターです。例えばトレモロとかコーラスのように、自動で動くモジュレーションエフェクトがありますが、あんな感じで自動でフィルターが動くタイプのオートフィルターです。

コントロールはVol、Rate、Blend、Resonance、そしてRangeコントロールを搭載。フィルターを動かすモジュレーションのスピードはタップテンポでも設定可能で、波形は3種類から選択できます。タップテンポは付点8分、4分、3連符から選択できます。

さらにエクスプレッションペダル端子を装備していて、Range、Rateコントロール、およびフィルターを直接エクスプレッションペダルから操作できます。フィルターを操作するモードは、通常のワウのようにペダルでフィルターを動かします。

サンプルムービー

上手く設定すればギターにサイドチェインをかけるみたいな効果を作ることもできそうです。もちろん実際のサイドチェインとは構造が違いますが・・・。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2016-11-09

「 Subdecay Vocawah 」!人の声からインスパイアされたフィルタペダル!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Subdecayから、新しいフィルターペダルが登場です。

この「Subdecay Vocawah」は、人の声、母音に似た音を作るヒューマンボイスフィルターペダルです。エンヴェロープフォロワで逆方向に動く2つのレゾナントフィルタを並列に組み合わせた構造のペダルで、人の声のような音を作ります。2つのワウペダルを同時に動かすような効果が得られるということですね。

難しそうなペダルに思うかもしれませんが、コントロールはシンプル。フィルタの動き始めを設定するManualと動く深さを調整するDepthノブ、およびBandpass/Lowpass切り替えスイッチとなっています。フルアナログ回路で、高いレスポンス、高解像度、広いヘッドルームを確保。エレキギターとエレキベースに合わせた作りとなっているということです。

サンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin

2016-09-16

「Mojo Hand FX Wonder Filter」!モジョハンドから多彩な機能のオートワウ/エンベロープフィルターが登場!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Mojo Hand FXから新しいフィルターペダルが登場です。

この「Mojo Hand FX Wonder Filter」は、細かく音を作っていくことのできるオートワウ/エンベロープフィルターです。

コントロールはBoost、Gain、Attack、Mix、PeakノブとRange、Driveスイッチ、および5モードのフィルター切り替えスイッチとなっています。Boostは音量のブースト、Gainはフィルターのゲイン、Peakはフィルターのピークで、Attackはフィルターのレスポンスを調整し、Mixで原音をミックスできます。RangeはフィルタのQを切り替えるスイッチで、ハイレンジとローレンジを選択可能。Driveはフィルタの動く方向で、アップ/ダウン切り替えとなっています。そして5モードのロータリースイッチはノッチフィルター、ハイパス、バンドパス、ローパスフィルター、およびフィルターをバイパスし、ブーストペダルとして使えるノーフィルターモードを選択できます。

サンプルムービー

ベースでのサンプルムービー

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy