ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2018-02-23

「Jim Dunlop CBM535Q Cry Baby Mini 535Q Wah」!多機能な535Qワウペダルがミニサイズで登場!

クライベイビーシリーズやファズフェイスなどのエフェクト、さらに様々な小物類なども製作するJim Dunlopから、新しいコンパクトワウが登場です。

Jim Dunlop CBM535Q Cry Baby Mini 535Q Wah」。多くの機能を備えたクライベイビー、「535Q CRYBABY MULTI-WAH」のミニバージョンですね。

コンパクトなワウペダルですが、側面にはプッシュ式のBoostスイッチ、4モードのスライド式Rangeスイッチ、VolumeとQコントロールを搭載。Rangeスイッチはそれぞれ270-1.3k、320-1.65k、360-1.84k、420-2.1kの範囲で設定可能。低め〜高めまで選べる感じですね。オリジナルの535QはRangeスイッチが6モードのロータリースイッチで、最低が250、最高が2.2kの範囲でしたが、そこはちょっとだけ変わっている感じですね。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2018-01-15

「Xotic EP-Booster Red」「SL Drive Red」「SP Compressore Red」「XW-1 Red」!エキゾチックのミニペダル各種と人気ワウに限定レッドカラーバージョン!

アメリカの人気エフェクターブランド、Xoticから、限定モデルが登場です。

Xotic EP-Booster Red

まずはこちら。定番のブーストペダルであり、「エコープレックスのプリアンプ」を元にした系エフェクターを定番化させたモデル、EP Boosterの限定モデルです。ディスクリート回路により、最大+20dBまでのブーストが可能。内部DIPスイッチでブースト周波数と高域の出方を切り替えることも可能です。

通常モデルのサンプルムービー

通常モデルのレビュー(One Control GGBの比較としてレビュー)

Xotic SL Drive Red

続いてこちら。プレキシサウンドを作るペダル、SL Driveの限定バージョンです。

SL DriveはMarshall 1959 Super Leadのサウンドを再現。4つのDIPスイッチでSuper LeadだけでなくSuper Bassのサウンドなども作ることができます。Volume、Drive、Toneコントロールを搭載。

通常モデルのサンプルムービー

通常モデルのレビュー

Xotic SP Compressor Red

続いて、OTAベースのミニサイズコンプ、SP Compressorの限定バージョン。

Blend、VolumeコントロールとHi/Mid/Loのコンプの強さを切り替えるスイッチを搭載。ナチュラルコンプから強めのコンプまで作ることができ、内部スイッチでアタックを切り替え可能。ブーストもできるペダルです。

通常モデルのサンプルムービー

Xotic XW-1 Red

続いて、こちらも人気の高いワウペダル、Xotic XW-1の限定バージョン。

967〜1968年に製造されたイタリア製のVox Clyde McCoy Wahを元にし、通常のワウよりも小型の筐体を使用したペダル。Bias、Wah-Q、Treble、Bassの4つのコントロールを搭載し、さらに内部には4つのDIPスイッチとトリムポットがあります。スイッチではワウを奥まで踏み込んだときの高域、インプットゲイントリマの有効/無効、プレゼンスの出方とローの強調を切り替えることができ、トリムポットはインプットゲイン。フットスイッチはトゥルーバイパスとなっています。

通常モデルのサンプルムービー

 

全て赤いカラーで登場。赤い機材を使っても3倍速くプレイできるわけではないですが、テンションは上がりそうですね。3倍くらい。

ワウは世界600台、他は1000台のみの限定モデルとなります。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-11-05

「Shin’s Music FREEZE FLAME WAH」!30台限定、選りすぐったパーツでヴィンテージサウンドを再現するワウ!

長年ハンドメイドエフェクターを制作する国産ブランド、Shin's Musicから限定ワウペダルが登場です。

この「Shin’s Music FREEZE FLAME WAH」は内部パーツにこだわったスタイルのヴィンテージワウ再現ペダルです。

  • 60年代後期〜70年代初期のTelefunken BC109Bトランジスタ。
  • 70年代後期のDucati Polystyrene コンデンサ。
  • 60年代後期〜70年代初期のMullard Tropicalfish コンデンサ。
  • 70年代後期のSprague Little Lytic 30D Redtop電解コンデンサ。
  • 50年代後期〜70年代初期のカーボン抵抗。
  • 50年代後期〜70年代初期の配線材。
  • 60年代後期のイングランド製ハンダ。

を使用。さらにインダクタはHaloレプリカ、ポットはヴィンテージピクチャーワウのものを再現したICAR Special POTとなっています。

フットスイッチはトゥルーバイパス、LED搭載、DCジャックを搭載し、今のスタイルに合わせたモデルとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-08-10

「Dunlop GCB-95G 50th Anniversary Cry Baby」!クライベイビー50周年記念モデル!

Jim Dunlopの定番ワウペダル、Crybaby

もともとはジムダンの制作ではありませんが、1967年に発売されてから今年で50周年となります。

67年、VOXがイタリアのJENに委託して制作されたClydeMcCoy。その外観違いとして発売されたのがCrybabyです。

1972年にはThomas Oraganの制作となり、その後JENがCrybabyの商標を取得。80年代にJim Dunlopがその商標を買い取るという流れで、現在はDunlopがCrybabyを発売しています。

この「Dunlop GCB-95G 50th Anniversary Cry Baby」は、その歴史をたたえ、24金メッキを施したバージョン。中身は通常のCrybabyと同じとなっています。

通常モデルのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-08-04

「JHS Pedals Dunlop Cry Baby Mini Super Mod」!小型クライベイビーのJHSモディファイ!

アメリカの人気エフェクターブランド、JHS Pedalsから、小型ワウペダル、Crybaby Miniのモディファイペダルが登場です。

この「JHS Pedals Dunlop Cry Baby Mini Super Mod」。

LED付のトゥルーバイパススイッチとし、VolumeとQコントロールを搭載。オリジナルモデルのLow、Vingate、GCB95選択スイッチも機能するということです。

通常筐体のモディファイのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-07-21

「MORLEY DJ ASHBA SKELETON WAH SKW1」!モーリーからDJアシュバのシグネチャーワウペダルが登場!

独自の筐体で演奏性の高いワウペダルを数多く制作するMORLEYから、シックス:A.M.、そしてGuns N' Rosesのギタリストも務めたDJアシュバのシグネチャーモデルが登場です。

「MORLEY DJ ASHBA SKELETON WAH SKW1」。本人のためにカスタマイズされた音色で、足を置くとONになる光学式スイッチレスワウペダル。塗装が蓄光になっています。内部にWah Boost Levelトリムポットがあり、アウトプットレベルをコントロールできます。また、WAH OFF DELAYトリムポットにより、足を離してからワウが切れるまでの時間をコントロールすることもできます。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-06-25

「Mooer Free Step」!小さすぎない小型ワウ/ヴォリュームペダル!

多くの小型ペダルで知られる中国のエフェクターブランド、Mooer。すでに超小型のワウペダルWahterをラインナップしています。

そんなMooerから、新しいワウ/ヴォリュームペダルが登場です。

この「Mooer Free Step」は、154.5mm(D)×73mm(W)×53mm(H)のサイズのペダルです。MXRサイズがちょっと長くなったくらいのサイズです。

ワウペダルとしては小型、ですが超小型ではなく小さすぎないサイズのペダルですね。

ワウペダルとボリュームペダルのモードを内蔵。WAHモードではワウペダルのみとして機能します。このモードでは、Qコントロールとスイッチのモードを切り替え可能。足を載せるだけでON/OFFできるセンサーモードと、奥に踏み込んでON/OFFを切り替えるスイッチモードを選択できます。

VOLUMEモードではヴォリュームペダルとして機能します。Min Volコントロールを搭載し、最小音量を設定できます。

W&Vモードでは、通常はヴォリュームペダルとして機能し、奥に踏み込むことでワウペダルになる、いわゆる「Mister Crybaby」の動作をするモードです。このモードではMin VolコントロールとQコントロールがは効きますが、スイッチは奥に踏み込むことで切り替わるスイッチモードのみです。

Mooerカスタムインダクターを使用したワウペダルとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy