ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト- このページをアンテナに追加 RSSフィード


ウェブサイトはこちら

きにおも@Twitter
Facebookアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ニコニコで弾いてみたリスト

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります




きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル


※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
一部、当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、当サイトとは一切関係がありません。

2017-02-22

「 TRIAL New Old D.I. 」! シンプルかつ必要な機能を凝縮したコンパクトDI!

兵庫のハンドメイドエフェクターブランド、TRIALから、新しいDIが登場です。

この「TRIAL New Old D.I.」はコンパクトペダルサイズのDIです。インプット、パッシブのスルーアウト、バッファードアウト、そしてアンバランスドアウトを搭載。グラウンドリフトと0dB/-20dBのPADスイッチを備えています。

Phantom電源、または9〜18Vアダプターで駆動。あえて音に多少の味付けを付けることも可能となっています。

シンプルながら必要そうな機能をまとめた、使いやすそうなDIです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 Gibson Les Paul Premium Quilt 2017 」! 2017年モデルのキルトトップレスポール!

定番ギターメーカ−、Gibsonの定番モデル、レスポール。その2017年モデルにキルトトップモデルが登場です。

この「Gibson Les Paul Premium Quilt 2017」は、AAAグレードのキルトメイプルをトップ材に使用したモデルです。

ボディのバックにはAAキルトメイプルを使用しています。ボディはマホガニー。なのでサンドイッチのような構造になっています。ボディはウルトラモダンウェイトリリーフ。2017年モデルの軽量化が施されています。

そしてラウンドプロフィールのマホガニーネック、ローズ指板22F仕様。

ピックアップはBurstbucker Proです。コントロールはトラディショナルに2Vol、2Tone、3Wayセレクター。そしてストップテイルピース+TOMブリッジとなっています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-21

「 Effect Gear Fat Bottom 」! ギタリスト谷川史郎氏監修のヴィンテージアンプライクなボトムを持つミニサイズブースター!

変わったスタイルのエフェクターを多く製作するEffect Gearから、シンプルなミニサイズ1ノブブースターが登場です!

この「Effect Gear Fat Bottom」は、谷川史郎氏が監修したヴィンテージライクなブースターです。

特にヴィンテージアンプの持つボトムサウンドにこだわったペダルで、「前後のペダルやアンプでどんなに歪ませて線が細いサウンドになってしまったとしても、

ひとたび本機を踏み込めば、シグナルが本来持っていた太さを引き出してくれ」るというペダル。

コントロールはLevelのみ。内部で18Vに昇圧することで高いヘッドルームを持ち、音のクリアさを確保したままボトムを太くすることができるというペダルですね。

たしかにローエンドって大切なんですよね。ギターでもローの出方で全然音の印象が変わります。ファットブースターはいろいろ出ているんですが、このペダルはコンセプトがおもしろいと思います。このサンプル等はまだ無いみたいですが・・・どんな感じか試してみたいです。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 VitalAudio VA-08 Mk-II 」!バイタルオーディオのスタンダードパワーサプライが進化!

昨年10月に発売された、Vital Audioのパワーサプライ「Vital Audio POWER CARRIER VA-08」がMkIIになりました。

VitalAudio VA-08 Mk-II」は、8つの出力端子を搭載したパワーサプライです。

まず、9/12/18V、500mAの端子が2つと、9V、500mAの端子が1つ。これらは1グループとして独立。そして完全に独立した9V、500mA端子が2つ。さらに9V、500mA端子3つをグループとして独立させた端子を搭載。9Vが6つ、9/12/18Vが2つという構成ながらグループごとに独立させることでより様々なシステムに対応したモデルとなっています。

相変わらず、電圧を組み合わせられるY字ケーブルも搭載。24V、36V等という出力も可能となります。2000mA、12Vの専用アダプターが付属しています。(なので総電流容量は2000mAまでです。)

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-20

「 JOYO JF-332 MOONBASE 」「 JF-331 F.O.H 」! ジョーヨーのミニペダル、Ironmanシリーズにベース用ODとDIが登場!

JOYO ベース用エフェクター IRONMAN オーバードライブ MOONBASE JF-332 JOYO ベース用エフェクター IRONMAN ベースDI F.O.H JF-331

手頃な価格の中国ブランド、JOYOから、ベース用のオーバードライブとDIペダルが登場です。

JOYO JF-332 Moonbase BASS OVER DRIVE

まずはこちら。ベースオーバードライブです。「JAZZ、BLUES など様々なスタイルのサウンド」に対応するベースODです。

Color、Level、Driveコントロールを搭載。ミニサイズでカバー付の独特の筐体を使用したベースオーバードライブです。厚みのある暖かなトーンが特徴ということです。

サンプルムービー

JOYO JF-331 F.O.H

そしてこちら。珍しいミニサイズベースDIです。Level、Mix、Treble、Bassコントロールを搭載しています。Dr.J SPARROW DRIVER&DI For BASSを元にした回路ということですね。

アウトプットがTRS端子で、バランスアウトプットとなっています。つまりTRS-XLRケーブルでラインアウトができる形となっています。

元になったモデルのサンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 HATA SUS304ステンレス 4点止めジョイントプレート 」!ステンレス削り出しのジョイントプレート!

畑精密工業が制作するパーツ、HATAブランドから、ボルトオンネックのジョイントプレートが登場です。

SUS304ステンレスを削り出して作られた4点止めのジョイントプレートです。3Dデザイン研磨で作られています。見た目はもちろん、重量、強度も高く、音に芯をもたせる感じになると思います。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-19

「 Gurus Amp SINUSOID 」! 60s“アメリカンアンプ”のトレモロ(ヴィブラート)と本物のスプリングリバーブをまとめたアナログペダル!

イタリアのハンドメイドエフェクターブランドでアンプの制作も行うGurus Ampから、ヴィンテージアメリカンアンプに搭載されたエフェクトを再現したペダルが登場です。

Gurus Amp SINUSOID」。

60年代のアメリカンアンプに搭載されたヴィブラートとリバーブをまとめたペダルです。もっと言えば、1963 Vibroverbに搭載されたエフェクトを再現しています。VibroチャンネルはIntensity、Speedコントロール、ReverbチャンネルはReverb、Volumeコントロールを搭載。

Gurus Amp SINUSOID

ヴィブラートレートとリバーブレベルはマジックアイで視覚的に表示されます。完全アナログペダルで、リバーブはACCUTRONICSの本物のスプリングリバーブタンクを搭載しています。ヴィブラートチャンネルは12AU7真空管を搭載したオプティカルトレモロ。LDR素子を使い、当時のままの真空管動作を再現しているということです。

デザインも変わっていて中央の窓から真空管が見える形となっていますね。

サンプルムービー

リバーブのアウトプット部に1.2Wのアンプを内蔵し、それを駆動するため動作電流は大きめ。9〜12V対応で、9Vなら300mA、12Vなら400mAの消費電流となります。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 WALRUS AUDIO Bellwether 0916 Limited 」! ウォルラスオーディオの多機能アナログディレイに限定デザインモデル!

アメリカの人気エフェクターブランド、Walrus Audioの多機能なアナログディレイに限定デザインを施したモデルが登場です。

WALRUS AUDIO Bellwether 0916 Limited」は最大1000msまでのディレイタイムに対応するアナログディレイ。

Level、Tone、Repeats、Timeで基本的なディレイをコントロール。またタップテンポにも対応しており、Tap Divコントロールで4分音符、8分音符、付点8分、3連符のテンポ設定に対応。4分音符のテンポでタップを踏めば、自動的に設定された音符の長さでディレイタイムが設定されます。

さらにモジュレーションを搭載しており、Rate、Depthコントロールでモジュレーションを設定。トグルスイッチでモジュレーションのON/OFFが可能です。

内部はこんな感じです。

1インプット、2アウトプットのステレオアウトに対応し、Exp端子にエクスプレッションペダルを接続すればTime、Repeatsコントロールをエクスプレッションペダルで操作できます。さらにディレイサウンドにのみエフェクトをかけることのできるエフェクトループも搭載。まさに全部入りのアナログディレイです。

通常モデルのサンプルムービー

通常モデルのサンプルムービー2

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-18

「 Crews Maniac Sound To Be Do Good 」! クルーズマニアックサウンドから野村義男のシグネチャーモデル!フランジャー+トレモロ+オクターブの飛び道具!

様々なエフェクターなどを制作するCrews Maniac Soundから、野村義男のシグネチャーモデルが登場です!

「Crews Maniac Sound To Be Do Good」。モデル名のTo Be Do Goodは飛び道具から取られた名前ということですね。

フランジャー、トレモロ、オクターブを1台にまとめたペダルです。フランジャーは「80年代のアナログフランジャーをベース」としたエフェクトで、Feedback、FX Mix、Speed、Depthコントロールを搭載。Rate LEDが点滅して現在のスピードが表示されます。

トレモロはShape、Speedコントロールを搭載。Speedコントロールノブにはカバーがかけられていて、足でスピードを可変できるようになっています。60年代のブリティッシュサウンドからマシンガントレモロということなので、VOXリピートパーカッション的な回路なのかなと思ったりします。

そしてオクターブ。オクターブ下を作る「トラッキングスピードの早いアナログオクターバー」です。2つのVolumeコントロール(OctとDryみたいな感じだと思いますがラベルがVolumeしか見えない・・・w)で、原音とオクターブ下の音量をそれぞれコントロールできます。

おもしろそうなペダル。サンプル等はまだ無いみたいですが、混ぜ合わせるといろいろ変わったことが出来そうですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 Barefoot Buttons Version 1 」! 機械式や同タイプのフットスイッチに取り付けて踏みやすくするボタン!

フットスイッチの頭を大きくして踏みやすくする。F.A.Tなどのエフェクターでも見かけたりするスタイルのフットスイッチカバーが登場です。

Barefoot Buttons Version 1」。F.A.Tと比べると薄く幅広なスタイルのボタンですね。

様々なカラーを展開。構造はこんな感じで、3ヶ所からネジで留めてフットスイッチの頭に固定する形となります。

Barefoot Buttons [ベアフットボタン] Version 1 (Orange)

3PDT用、という書き方をしていますが、要するに機械式の一般的なスタイルのスイッチであれば付けることができます。もちろん同様の形であれば電子スイッチでも使えます。例えばこの画像だとSinvertek Distortion No.5は電子スイッチですが取り付けられています。


6角レンチが付属しています。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-17

「 Walrus Audio RED 」! ウォルラスオーディオのハイゲインディストーション!

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Walrus Audioから、ハイゲインディストーションが登場です。

この「Walrus Audio RED」は、「1990年代初期のヘビィ・ロックやシューゲイザー的なサウンド」を作るというハイゲインディストーションです。

コントロールはVol、Gain、Bass、Mid、Trebを搭載。およびTextureスイッチが付いています。ダウンチューニングやミュートのリフに合わせてチューニングされています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 Marshall 2525H MINI JUBILEE 」「 2525C MINI JUBILEE 」! マーシャルのシルバージュビリーに20Wの小型モデルが登場!

Marshall / 2525H MINI JUBILEE 20wギターアンプヘッド ミニジュビリー マーシャル
Marshall / 2525C MINI JUBILEE 20wギターコンボアンプ ミニジュビリー マーシャル

英国の老舗アンプメーカー、Marshallから20W出力の“シルバージュビリー”が登場です。

2015年に復刻されたシルバージュビリーの、新たなモデルですね。もちろんオリジナルシルバージュビリーには無かったモデルです。ヘッドとコンボが出ています。

Marshall 2525H MINI JUBILEE

まずはこちら。ヘッドです。20Wのアンプヘッドですね。プリアンプはECC83が3本、パワーアンプはEL34が2本。2Ch仕様の20Wアンプです。Input Gain、Treble、Middle、Bass、Presenceコントロール、およびOutput MasterとLead Masterコントロールを搭載。Input Gainは引き上げることでリズムクリップとなります。

オリジナルシルバージュビリーアンプ同様、リード用マスターヴォリュームを搭載したタイプの2chアンプです。最近のハイゲインアンプではリード用のマスターヴォリュームは珍しくありませんが、ツインマスターヴォリュームを搭載したアンプは1987年のオリジナルシルバージュビリー当時は珍しいスタイルでした。

背面には1×16、1×8/2×16、1×4/2×8Ωのスピーカーアウトとエフェクトループ、フットスイッチ端子、そしてDI端子を搭載しています。

Marshall 2525C MINI JUBILEE

こちらはコンボモデル。アンプ部は変わらず、12インチのCelestion G12M-25スピーカー×1を搭載しています。

サンプルムービー

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017-02-16

「Tone City Large Pedals」! トーンシティからブースト付AIABペダルが登場!

中国のエフェクターブランド、Tone Cityから、アンプサウンドを収録したいろいろなブースト付ペダルが登場です。

5機種、モデル名順にそれぞれ見てみましょう。

TONECITY Model B

まずはこちら。B。「カリフォルニア系ハイゲイン」ということで、Mesa Boogieなトーンを収録したペダルです。Volume、Gain、Low、Middle、High、BoostコントロールとVintage/Modernスイッチを搭載。クラシックブギートーンということで、レクチよりマークなスタイルかと思います。

サンプルムービー

TONECITY Model E

続いては「E」。Eとは・・・Englかと思ったら、どうやらこれ、EVHらしいです。国内説明文ではEUハイゲインアンプタイプのディストーション/プリアンプって言ってるので、そのへんなんか錯綜してる感じですね。海外の説明文ではEVHって書いてありました。

Volume、Gain、Low、Middle、High、Boostコントロールと、Middleコントロールの周波数を3モードで切り替えるMidrangeスイッチを搭載しています。

 

TONECITY Model M

続いて、M。ブリティッシュ系スタック・サウンドをイメージしたモデルです。言うまでも無くMarshallペダル。

Volume、Crunch、High Gain、Tone、Boostコントロールに、Modelスイッチを搭載。改造プレキシとモダンマーシャルサウンドを切り替えて使うことができます。

サンプルムービー

TONECITY Model S

続いてはS。90年代に一世を風靡したハイゲインアンプ、Soldanoサウンドを作ります。

コントロールはVolume、Gain、Low、Middle、High、Boost。そしてCrunch/High Gainスイッチを搭載しています。

サンプルムービー

TONECITY Model V

最後にVです。ブリティッシュ系コンボアンプサウンド。つまりVoxですね。Volume、Crunch、High Gain、Tone、Boostコントロールに、Modelスイッチを搭載。AC30のクランチサウンドとトップブーストサウンドをModelスイッチで切り替えることができます。

サンプルムービー

全モデルサンプルムービー

ということで、Tone CityのAIABなペダルでした。ブースト搭載で、それぞれ機能的なスタイルのペダルとなっています。全体的にけっこう良さそうな雰囲気。ちょっと試してみたいですね。

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「 JOYO Pedal Carpet 」! バックパック付ソフトなペダルカーペット!

手頃の価格で様々なモデルを制作するJOYOから、おもしろいソフトタイプのペダルボード(?)が登場です。

この「JOYO Pedal Carpet」は、660×150×(5+5)mmのソフトカーペットとバックパックをセットにしたペダルボードです。

JOYO ソフトペダルバッグ & ペダルカーペットセット PC-1

JOYO ソフトペダルバッグ & ペダルカーペットセット PC-1

カーペットはこんな感じ。横長でけっこうエフェクターを置くことができるカーペットです。

JOYO ソフトペダルバッグ & ペダルカーペットセット PC-1

そして、バックパックはこちら。中にカーペットは折りたたんで入れる感じです。バックパックの左右にはワウなどペダルタイプのエフェクトを入れることが出来るケースが付いています。

 

これはおもしろいスタイルのボードですね。バックパックってのが面白いです。ギター本体はハードケースとかコロコロとかで運ぶスタイルならありかも。ギグバッグを背負うかこっちを背負うか、ちょっと迷う感じですねw

 

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加




にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy