Hatena::ブログ(Diary)

真夏に悪い夢を見る このページをアンテナに追加 RSSフィード

[]最近読んだ本 最近読んだ本を含むブックマーク

隅角の検査行ってない。ToDoメモとして優秀だな……。明日人間ドックだし、その結果が出たらそれも兼ねて眼科に行ってこよう。

ところで唐突ですが最近読んだ本のメモです。こういう本を読んだというのをメモっておきたいけど、ちゃんとした感想を書こうとすると途端に腰が(手が?)重くなるので、ささっとはっておくといいのかなと思い始めました。読んだけどそっと伏せておきたいものもあるんですけどね。まあやってみるということで。

がんを告知されたら読む本

こちらの記事を読んでKindle版を購入しました。ものすごく細々とですがアフィリエイトリンク経由で買うことでちょびっとでもAmazonポイントに変わればいいなと思って。

がんについて理解し、どんな治療を受けるにしても心の安定が大事であるということを丁寧にかみくだいて説明してくれる本。役に立たない細胞の塊が身体の機能を阻害して臓器などの機能を低下させること、がんと免疫の関係についてなどが書かれています。「そもそもがんとは何なのか」みたいなことを初めてちゃんと理解しようとした気がする。

心療内科を訪ねて

心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す (新潮文庫)

心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す (新潮文庫)

これまたはてこさんの記事から。「椅子がこわい」も同じく夏樹静子さんの著書として紹介されていたけど、Kindle版があった「心療内科を訪ねて」にした。

語弊ありまくりの表現で恐縮ですがものすごく面白かったです。えっえっみたいな展開で症状が丁寧に解きほぐされていく。この中に抜毛症に関する記述があって、疾患の説明がすべてきれいに幼少時の自分に当てはまってて、あーこれは精神的なものだったのか、母親もそういってはいたけどほんとだったのか、と腑に落ちた。何歳のころだったかちょっと覚えてないのですが確かに自分の髪を抜いていた時期があったのです。あと、これすごく言いたくないけど30年以上前の話だからまあいいやと思って書くんですが、部屋の隅にだ液を吐く……というか丁寧に?出すという癖もありました。どちらも「やっていたな」という記憶はあるんですが、どういう心境でそういう行動に至ったのか全く覚えてない。母親は特にめちゃくちゃ叱るということはなく、ただ「やったらだめよ」と軽い注意をしてだ液を拭くなどしてくれるのですが、その注意すらどのような心境で受け取っていたか覚えてない。たとえば強迫観念にかられたとか、追い詰められてやったとか、そういうことすら覚えていないのです。

小学校中学年のころにはもうやっていなかったはずので、割と自然にやめたんじゃないかなと自分では思っているんですが、なにしろ自分の記憶なのでまったくあてにならないですね。ある程度大きくなってから母親に「こういうことそういえばやってたよね」と聞いたことがあって、母親は「いろいろあってストレスになっていたかもしれない、申し訳ない」みたいに言われたけど、それもあんまりよくわからない。ただ、客観的に見ればいろいろあっただろうね、ということは一応あったので、まあそういうことなのかもしれません。

むしろ同時期におねしょが治らなかったことの方が私にとってはプレッシャーでしたね。両親ともにまったく怒らず、言外に責めるような態度をとるでもなく、ただ「濡れたので干しましょう」くらいのスタンスでいてくれたんだけど(今振り返るとすごいな)、寝る前とか夜中とかにトイレに行ってもだめだった、という経験が割とあったので。でもこっちは夜尿症ってほどのシリアスさはなかったな。

ぼーっとしている人が「自分の人生と向き合う」ためのQ&A30

発売時(2015年12月)ではなく2016年2月になぜか買っています(Amazonはこういうの教えてくれるのすごい)。割とぼーっとしがちなので発言小町の人気トピを読むがごとく楽しく読んでいます。あともうちょっとで読了。たぶん書かれていることは、本当に人生の基本のような内容なんじゃないかと思うんですが、どうも振り返るといろいろアウトローな感じで今まできちゃったので、世間様ではこのような感じでQが生まれるのだな……と、QもAも参考になっております。「会話が盛り上がらない」のところは心底なるほどと思いました。なかなかうまくいかないけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toya/20160427

[]健康 健康を含むブックマーク

そうだ隅角の検査行かないとだ……。開いて思い出した。

先週はお腹が痛くてイブクイックとロキソニンを反復横跳びし(ロキソニンばかり飲むと薬物乱用頭痛になりそうだったので)、今週は突如のどが痛くなってそこから鼻、目、せき、頭ぼーっと、という具合に風邪の諸症状が回って通算2週間くらい調子が悪い。調子は悪いがばったり寝込むほどではないので仕事に行くし、行ったら行ったでそれなりに身体への負担はかかるので治りが悪い。1日すぱっと休んで治すというのはもちろん考えるけど、どうせ風邪なので1日寝込んだところで後々も引きずるのは目に見えている。

明らかに気温・気圧の乱高下の影響だと思うが、これなんとかならないのかな。どうせずっと気圧は上下するんだから人間がなじむように進化してほしいが。

調子の悪い1日のうち、本当に本当にもうだめだと思って早退した日があった。病院に行ってもうろうとする頭と震える手で問診票を埋め、運良くすいていた診察室にふらふらと入ってなるべく正確に症状を伝えようと努めたところ、お医者さんはいくつかの根拠とされる事象を述べて同情してくれた。やぶ医者でもいいや、と思って行ったのにとても親切にしてくれてありがたかった(しかしその後どうしても必要だった薬は一番近い薬局になく、ふらふらと別の薬局に歩かねばならず倒れるかと思った)。どうしても電車に乗れる気がしなくてタクシーに乗って帰った。

ということを書いておかないと後々健康について振り返れないと思ったので思い出すまま書いてみた。来週は人間ドックで、またあのぷしゅっとなる眼圧検査を受けねばなりません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toya/20160415

[]隅角(ぐうかく)の検査に行った 隅角(ぐうかく)の検査に行ったを含むブックマーク

SMAPのことばっかり、しかも読んでいて気持ちよいものにならなそうなことを書きそうなので別のお話。

2年前の人間ドックで目が引っかかり、近所の眼科に行きました。そしたら引っかかったほうは「たまたま」という感じで、全然違う「遠視気味で眼圧が高い」との所見をもらいました。そんなにいきなり何か起きるわけではないけど、緑内障リスクが高まる。1年に1回くらい検査に来てね、と言われたので、昨年末にのんびり行ってきたのです。

ちょうど疲れ目っぽかったこともあり、もしかしてそろそろ老眼かな……とびくびくしていたら、そちらはいまのところ全く問題なく、まだ気にしなくて大丈夫とのこと。しかし再度眼圧のことを指摘され、「ぐうかくが狭いのが気になっている、一度緑内障に詳しい先生がいる病院で診てもらうのはどうか」と言われ、紹介状を書いてもらいました。ぐうかくぐうかくって言われても全く脳内変換することができず、偶角?なんで思って調べてみたところ、「隅角」だそうで。確かに「ぐう」だけども読めん。

仕組みなどは以下をご覧ください。

スマホで検索して割と上の方に出てきた信頼に足りそうなページで、この病院に行ったわけではありません)

緑内障 | 医療法人社団 済安堂 井上眼科病院グループ

視力検査、眼底検査(確か)を経て、眼の超音波検査というのをやりました。眼にエコーのあの機械くっつけるのか……と思ったけど意外になんともないというか、おもしろかったです。人間ドックの眼圧検査のあのぷしゅってやつよりいいわ!あれこわいわ!って毎年力説してるんだけど同意してくれる人少ない……。

隅角が狭くて問題があるようだとレーザーで穴を開ける必要が出てくるそうなんですが、眼科の先生方総出で超音波画像を見て、これはレーザーだと解消できない、手術にはただリスクだけある状態なので、このまま定期的にかかりつけ医で眼圧を測っていきましょう、ということになりました。地域の病院との連携ってやつだななるほど!と思ったり、それでもそこの病院の緑内障に詳しい先生を指名して診てほしい人がたくさんいるのだな……と思ったり(貼り紙あった)。超音波検査のときに3人くらいで「狭いなー」「これは狭いですねー」と言い合っていたのでついふいてしまって、そのことを聞いてみたら「眼科医はどうしても隅角が狭いといろいろなリスクを考え始めるのでぴくっとしちゃうんですよねー」とおっしゃってました。気さくでいい先生だった。

緑内障の話題が今回出て、もっとずっと先のことかと思ってたけど私ももう年なんだな……みたいな感慨に一瞬浸ったけど、そもそも昔(小学生あたり)からずっと遠視気味ではあるようなので、ずっと同じリスクあったんですよね。見えすぎるのも考えものだけど自分ではどうしようもないしなー。避けといた方がいいことありますか?って聞いたら、うつ伏せ寝は圧力高まることがあるから避けた方がいいかもしれないですね、とのことでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toya/20160123

[]どうしてこうなったみたいな どうしてこうなったみたいなを含むブックマーク

SMAP解散騒動は前回記事の通り胸の痛むことではありますが(今日はデレステをダウンロードして慎吾ちゃんのドラマ見たよ!)、あの事務所がやることにしてはどうも詰めが甘いというか、これまでと違うな?と思ったことがあります。解散報道そのものがやけに早い段階で週刊誌・そのスクープをつぶすためのスポーツ紙に伝わったことです。文春でのメリーさん叱責記事という前振りがあったとはいえ。そもそも叱責記事自体も世に出ること自体が不思議でした(ちゃんと読んでいないので断片的ですが)。

ファンはジャニーズ所属タレントから語られる情報でジャニーさん、メリーさんを認識します。例えばYouをはじめとするジャニーさんエピソードは、私はSMAPTOKIOV6KinKi Kidsの番組やコンサートなどを通じて聞くことが多かった。メリーさんは実はあまり話を聞いた記憶はないですが、V6の衣装がメリーさんとその娘のジュリーさんによるものというのはなんとなく知っています。本人たちが表に出て何かを言う、タレント以外から語られる、を結構長いこと経験してきませんでした。週刊誌を全部チェックしてれば何かしらあったのかもしれませんが。

昨年あたりから、ジャニーさんもメリーさんも名前や話題が露出する機会が増えました。それは飯島さんとの確執があったからなのかもしれないし、単に方針を変えただけなのかもしれません。にしても、SMAPを筆頭に(マッチや少年隊と素直に言えないのが悲しい)人気タレントを多く抱える事務所が、しかもさまざまな「圧力」を持つとされる事務所が、その圧力を発揮する場であるはずのメディアに出てきているのが、どうにも不思議でなりませんでした。黙っていてこその圧力じゃないか、と思っていたわけですね。

それが今のメディア戦の有り様といったら、とっとと事務所に都合のいい感じで終わらせることだって今まで見てきたらあったというのに、その「都合のいいこと」が定義できなくなってるのかな、と思いました。報じられているメリーさんの叱責記事が本当だとして、メリーさんの意に沿った結論は「飯島さんとSMAPが出ていくこと」で、それを強権発動してもいいんでは、と思うんですが、事務所全体で見るとやっぱりそこまでばっさりは切れない(そりゃそうだろうと思う)。で、メンバーのドラマやら広告やら映画やらがまだ残ってたり進んでたりするのに、レコード会社のビクターにさえ知らせないまま報道されるがままになってしまっているというのが、なんだかこれまでと違うのだなぁ、と違和感を覚えるところです。

これまでにないことをしようとしているとか、SMAPの影響力がでかいからだとかだったらまだいいんですけどね……。影響力とか何も考えずに圧力を発動している様子(これはジャニーズ事務所だけでなく、他の歌手やタレントも同じような仕打ちを受けていますよね)を見てきた経験からすると、メリーさんの暴走を止められる人がもう誰もいないか、メリーさん自身が高齢で性格などが変化してしまったか、事務所の力がそもそも弱ってきてるのか、どれなんだろう、みたいなことを考えてしまいます。

これらはまるっきりメタな視点で考えたことであり、メタから降りてくれば「世界に一つだけの花がないからOtherside買おうと思ったのにどこにもCDそのものがなくて買えないんすけど」「とりあえず本人たちの口から説明されるまではどうにもならん!昨日のサムガールスマップで中居くんが踏ん張るって言ってたし私も踏ん張る!!」とかなんですが、もしSMAPが消えたとして、事務所の後輩グループはちゃんとマネジメントしてもらえるのだろうか……という点でも不安になる話だったのでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toya/20160117

[]がんばりましょう がんばりましょうを含むブックマーク

新年いろいろ書きたいことはあったし、「日記」としても書くかなぁ、みたいなことをつらつら考えていたところに降ってわいたSMAP解散騒動。私はV6ファンで、SMAPに関してはデビューあたりからなんとなく視界には入ってるけどスマヲタさんと比べるともうとてもとても……みたいな気持ちでした。しかしSMAPの解散を煽る記事には、ジャニヲタ的には慣れっこだったわけです。だいたいどのグループもありますよね。V6だって何度あったかわからない、しかも本人たちだって20周年の未来を見ていなかった。

で、騒動が起きて、まあ本人たちが自由なタイミングで自由なこと言えるような事務所じゃないから、公式待ちっすね、というスタンスでいたところ、剛くんが生放送で何にも言わずに笑顔だけはりつけてたのを見て「あっ、これやばいやつや」って思いました。そして「事務所側弁護士」のコメント。ガチやん。しかも最初の記事といい事務所側弁護士といい事務所サイドからの情報ですやん。そして本人たちは実際の意思はどうあれ公式に何かを言えるタイミングまで何も言えないのは明らかです。そのあたりでTwitterで見ていたスマヲタさんたちも一斉に立ち上がって、「#世界に一つだけの花」の購買運動が始まって、これは参加しなければならぬ、ああ私も訓練されたスマヲタのはしくれだったのだ、年末のツートップのツーショット写真に度肝を抜かれたのはスマヲタだったからなのだ、という自覚を持ちました。

そこからは結構早かったですかね。ネット通販で一通り見たけど入手できなさそうだったので、昼休みに最寄りHMVまで行ってみたものの、ローソンコラボなので古い曲置いてない。終業後に渋谷寄って探すか、と思い夫にその旨メールしたところ、ネットでその運動見たので自分も行くと。私より1時間終業が早い夫が先にタワレコを見たものの売り切れのようで、HMVに移動したら、SMAPの棚を狙って話しかけるめざましテレビのクルーがいたそうで。お前ら今朝は解散前提の報道してたそうじゃねーかこれまでさんざんSMAPで視聴率取ってきたテレビ局のくせにふざけんな、と思いましたが、とりあえずHMVで落ち合い、SMAPの棚をざっと眺める。ない。取り寄せお願いしたら店員さんが困惑していました。電話待ってるから!

しょうがないので、自宅でレコチョクから自分の好きなシングルも含め5曲くらい購入し、通販で「世界に一つだけの花」と私がいまのところ一番好きなアルバム「SMAP 005」をぽちりと。到着は1週間以上先、みたいな表示が出てました。まあそうですよね。

いろんなスマヲタさんが言っていましたが、トリプルミリオンを達成しようがしまいが、ジャニーズ事務所に対してファンから何かを働きかけることはできません。トリプルミリオンに届いたから解散しないということなんて誰も期待していないし、トリプルミリオン達成しても、SMAPが芸能界から干されてしまえばおしまいです。誰も何も触れない、さながら脱退から10年くらいの森くんのように、ただ単純にアーティスト名と曲名として処理されるだけ。はなはだ理不尽な世界ではありますが、よく訓練されたスマヲタなので、そこは冷静なのです。

ただ、その理不尽な世界でなぜか権威ある数字として扱われている理不尽なオリコンランキング、これを利用しない手はありません。ジャニーズ事務所はCD売上のために我々ジャニヲタに苛烈な試練を与えてきました。V6のベスト盤、私が買ったのは16,666円のものなんですけど、それ以外に種類が5つくらいあって、そのうち1つは正規ルートではもう入手することはできません。シングルCDはジャケット違い、バージョン違いなんて当たり前。V6「over」を1枚買うのにどんなに悩んだことか。それくらい権威を持つとされるオリコンランキングでそこそこの記録を達成すれば、それがもしもう本人たちが歌うことも踊ることもなくなったとしても、記録は数字として残り続けます。なぜか発売後13年経ったシングルが、2016年にトリプルミリオンを達成した、という出来事とともに。誰か抜いてみやがれってんだ。

事務所が儲かるだけだ、何の意味があるんだ、そんなこと百も承知です。もしもう彼らを取り返すことができなかったとしたら、この先出るCDの枚数なんてたかがしれています。売れなかった頃からずっとSMAPの曲を出し続けてきてくれたビクターさんと、こんなにも人口に膾炙する曲を提供してくれた槇原敬之さんの恩義に報いるために、何の後悔がありましょうや。

事務所のお家騒動で解散するとか、これまで脱退やら事件やらあっても25年存続してきたグループの解散理由としてあまりにも寂しいじゃないですか。木村くんは「信じてついてきて」と言った。中居くんは「今年は踏ん張ります」と言った。よく訓練されたスマヲタとして、ツートップがいうことはちゃんと聞かないといけません(しかしここまでの報道における稲垣・草なぎ・香取の存在感のなさってなんなの?)。

オリジナルスマイルセロリを歌いながらかっこわるい毎日をがんばりましょう。買っていきますよ「世界に一つだけの花」。

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toya/20160116
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |