Hatena::ブログ(Diary)

  富山勤労者山岳会 山行報告

2017-04-23 火打山2461m

火打山2461m

★山行日

2017年4月23日(日)晴れ

★メンバー

スキー講師Y田、沢ヤかY、勝さん、しげっち、ひかり号、オギ社長、

Mさん(会員外)、Nさん(会員外)、

★コースタイム

6:30 笹ヶ峰駐車場 1300m- 7:35柱状節理 1653m -9:00 黒沢岳稜線 2110m- 9:35 高谷池ヒュッテ -11:08 火打山2461m-11:25 下山 11:30 コル 2342m- 11:44-12:06 1856m休憩-惣兵ェ落合-12:18鍋倉谷出合 1493m-12:45 笹ヶ峰駐車場

登り 4時間38分 平均速度 250m/hrs

下り 1時間  平均速度 1161m/hrs

★スキー板

スキー講師Y田:ATOMIC Sugar Daddy 、

沢ヤかY :TRAB TOUR RIDE、

勝さん :DINAFIT BROAD PEAK、

しげっち :TRAB Maestro、

ひかり号 :ROSSIGNOL T4、

オギ社長 :TRAB tour rando、

【コメント】

 ひかり号の古巣、長野県の山岳会のメンバー二人と、富山労山6人の計8人で火打山に行ってきた。

 当日は、快晴でたぶん家に居たら後悔するような天気であった。笹ヶ峰駐車場まで、除雪されておりアクセスはノーマルタイヤでも問題ない。ここからスキーにシールを付け、登山道に沿うようなルートをたどる。途中、左手対岸に見事な柱状節理が目に入る。立山杉の太い幹を数十倍にしたような見事としか言えない。黒沢を詰め、起伏が大きいところは、シールが滑るのでクトーを装着して富士見平への斜面を登る。稜線から高谷池ヒュッテまでは、シールを外して黒沢岳の西斜面をトラバースする。天狗の庭から、火打山の東尾根に取りつく。クラストしておらずクトーで十分対応できるくらいの硬さである。ここで別の会の男性から声を掛けられて話を聞くと、しげっちの使用しているブンリンオリジナルのクライミングサポート+30は、作られた年度によってゴム紐の色が違うそうだ、しげっちのは、青と白の縞模様で、彼の愛用品は昨年モデルで 黒色だそうだ。彼のビンディングもしげっちと同じ、SUPERLITE2でクライミングサポートの低さから彼もしげっちと同じブンリン製のサポート+30との結論を導き出したのだと理解した。

  頂上の記念撮影も程々にして、下山を開始した。南斜面ということもありかなり緩んできており、ターンする度に雪面の薄い氷板が剥がれ、斜面を転げ落ちてゆくが雪崩を誘発するほどではなく、滑りとしては上々の雪質である。火打の南斜面は広大であり、富山県にはこのような斜面がある山は少ないと他のメンバーが言っていたが共感できた。大滑降を1856mの台地で一旦やめ、ラーメンタイムを取り、ここでの展望を満喫する。ここでテント泊をしたいなど会話が弾む。このあと、谷に行くかそのまま尾根上に進むか迷ったが惣兵ェ落合に進むこととした。この谷は特に割れてもなく、無難に進むことができ、林道に出たところでシールを付けて、駐車場まで戻った。



富士見平への登り

f:id:toyama-rouzan:20170425001151j:image:w800

 火打山 高谷池ヒュッテから

f:id:toyama-rouzan:20170425001150j:image:w800

 天狗の庭

f:id:toyama-rouzan:20170425001149j:image:w800

 いつもの面々

f:id:toyama-rouzan:20170425001148j:image:w800

 長野ロック&ブッシュの皆様と

f:id:toyama-rouzan:20170425001147j:image:w800

 大斜面を滑り終えて

f:id:toyama-rouzan:20170425001146j:image:w800

 GPSトレース 

f:id:toyama-rouzan:20170425001152j:image:w800

2017-04-18 大鷲山817m

大鷲山817m

★山行日

2017年4月16日(日)晴れ

★メンバー

スキー講師Y田、ピークハン長、K社長、沢ヤかY、勝さん、しげっち、西部警察、ちいちゃん、よっぴ〜、

tada♀、Iさん(会員外)、機関車

★コースタイム

8:00 市振道の駅 発-8:10 登山口5m -8:25 鉄塔 160m -9:30 林道交差500m -10:35 大鷲山山頂 817m

12:00 下山開始 -13:30登山口-13:40 市振道の駅

登り 2時間25分 平均速度 336m/hrs

 下り 1時間30分 平均速度 541m/hrs


f:id:toyama-rouzan:20170418062415j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418062416j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220643j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418062417j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220644j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220645j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220646j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220647j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220649j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220648j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170418220650j:image:w300

2017-04-08 仁王山

仁王山

★2017年4月8日

★オギ社長、勝さん、しげっち、スキー講師Y田

★コースタイム:

7:00 大長谷温泉(標高550m)- 10:30 仁王山頂上(標高1516m)

10:40 下山開始 -11:50 大長谷温泉

   登り 3時間30分 標高差 966m 平均速度 276m/hrs

   下り 1時間10分 平均速度 828m/hrs

★スキー板 :オギ社長=TRAB tour rando

        勝さん =DINAFIT BROAD PEAK

       しげっち=TRAB Maestro

        講師Y田=ATOMIC Sugar Daddy

 

★コメント

 大長谷温泉から、雪は残っておりスタート地点からシールを付けて登る。ただ、

この時期の麓の積雪表面は泥や木屑なのが細かく散乱し、シールの粘着面が汚れ

そうだ。21世紀の森の登山道を横切りながら急峻な斜面を登る。雪は湿気を

たっぷり含みシールは時折滑り、しげっちのスキーは他のメンバーのトレース

たどる事はできず細かくキックターンを余儀なく入れる。稜線上に出ても1000m

近辺までは藪がうるさく登りは何とかなったものの下りはこの稜線上は避け、

下山は谷部へ降りた。頂上からの滑りは、湿った雪で重たく、時折黄砂の影響か

ブレーキがかかるがなんとかターンをしながら春のひと時を楽しんだ。

  GPS軌跡

f:id:toyama-rouzan:20170409060349j:image:w800

f:id:toyama-rouzan:20170408181757j:image:w800

f:id:toyama-rouzan:20170408181744j:image:w800

2017-04-02 西穂高西尾根

[春山登山]西穂高西尾根

★山行日

2017年4月2日(日)晴れ

★コバ隊長、沢ヤか?Y、ボーダーT、富山の鉄人、よっぴ〜、機関車


f:id:toyama-rouzan:20170406000312j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170405190924j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170406000313j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170405190927j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170406000314j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170405190926j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170406000315j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20170405190928j:image:w300

2017-04-01 大毛無山

大毛無山

★山行日

2017年04月01日(日)曇り

★メンバー 7名

スキー講師Y田、ミスターピークハン長、勝さん、オギ社長、コボちゃん、しげっち(L)

★コースタイム

7:00 車デポ(ため池横)より出発→ 7:20 登山口 (橋の手前)274m→ 9:00 要山(828m)→ 10:36 リフト終了点(1297m)→ 11:10 大毛無山(1429m)→ 11:40 滑降→ 12:10 要山(828m)→ 12:40 登山口 (橋の手前)274m→ 12:50 車デポ(ため池横)

 登り 4時間10分

 下り 1時間10分

★コメント

 アライスキー場跡地は立ち入り禁止のため、スキー場を巻くように要山経由としました。このコースは、アップダウンが余りなく登り返しが少なく、藪が少ないので滑降は快適であるが、藪が少ないということは雪崩易いと言うことでもあるので注意が必要である。

 4月に入り、下界は暖かくなってきたが稜線上は、樹木に白い花が咲いたように霧氷(エビの尻尾)がつき、時折パラパラと落ち、花びらが散ったようだった。頂上から要山までは、スキーは沈まずザラメ雪が適度にありターンしやすく快適だった、要山からの下りは、トラバースするたびに表層雪崩が発生するなど緊迫する場面もあった。後は重たい雪と、ときおり雪面状態が変わりブレーキがかかりバランスを崩しながら春の雪山を堪能した。 

f:id:toyama-rouzan:20170401170529j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170401170531j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170401170530j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170401170532j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170401170533j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170401171207j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170401171208j:image:w640

f:id:toyama-rouzan:20170402173420j:image:w640