Hatena::ブログ(Diary)

  富山勤労者山岳会 山行報告

2018-10-16

青海黒姫山

★山行日

2018年10月13日(土)晴れ

★メンバー

勝さん、ピークハン長

★コースタイム

清水倉登山口8:07…黒姫山10:46〜11:25…登山口13:16


f:id:toyama-rouzan:20181013103948j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20181013104624j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20181013104634j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20181013112634j:image:w400

2018-10-13 焼岳

焼岳

★山行日

10月13日(土)晴れ

★メンバー

みっちゃん(単独)

★コースタイム

中ノ湯登山口(8:00)➡焼岳北峰(10:10)➡上高地(14:00)ぶらぶら散策

タクシーにて中ノ湯登山口(17:00)

久々の秋晴れのこの日、これは山日和でしょう紅葉日和でしょうてなわけで紅葉の穴場を求めて焼岳に行ってきました。噴火する前に行っておきたかったですし。今日とゆう日に噴火しないことを祈って…

f:id:toyama-rouzan:20181015074940j:image

ピークは先週だったようで…樹林帯の紅葉はほぼ終わってました(涙)ピーク時は涸沢カール

紅葉にも劣らないらしいです。

でも山の上のほうには紅葉の絨毯…いいですねえ。

f:id:toyama-rouzan:20181015074943j:image

f:id:toyama-rouzan:20181015075228j:image

f:id:toyama-rouzan:20181015075230j:image

f:id:toyama-rouzan:20181015075225j:image

中ノ湯温泉から2時間ちょっとで登頂。山頂は人だらけ。人口密度高っ!

f:id:toyama-rouzan:20181015075412j:image

景色は最高です。

f:id:toyama-rouzan:20181015075417j:image

変わった岩もあるし。

f:id:toyama-rouzan:20181015075422j:image

1時間ほど山頂でぼけっとしてから上高地に向かって下山開始。沢路でこれはこれで楽しい♬

f:id:toyama-rouzan:20181015075407j:image

f:id:toyama-rouzan:20181015074552j:image

上高地に到着。いつ来てもいい所だ。

f:id:toyama-rouzan:20181015074557j:image

上高地からは今最も行きたいスポット穂高連邦が…かっけえー!

ちなみに上高地から中ノ湯温泉までのタクシー料金は3800円でした。日帰りでいろいろ堪能できるいいコースでした。

2018-10-08 僧ヶ岳(宇奈月尾根)1855m

僧ヶ岳

★山行日

2018年10月8日(月)曇りのち晴れ

★メンバー

スキー講師Y田、沢ヤか?Y、ピークハン長、勝さん、しげっち、みっちゃん、機関車

★コースタイム

第三登山口駐車場(1043m)7:45⇒烏帽子尾根合流点(1580m)9:33⇒僧ヶ岳(1855m)10:45〜11:48⇒登山口14:13



f:id:toyama-rouzan:20181008074333j:image:w400

魚津の集合時には土砂降りの雨だったが第三登山口に到着すると晴れていた

駐車場は10数台停める事が出来、バイオトイレも設置してある

f:id:toyama-rouzan:20181008075756j:image:w400

林道を数分歩き梯子から登り始める

f:id:toyama-rouzan:20181008083828j:image:w400

尾根に上がると眼下に宇奈月ダム湖が見えた

f:id:toyama-rouzan:20181008085809j:image:w400

標高1200mくらいから広葉樹が色づき始める

f:id:toyama-rouzan:20181008093317j:image:w400

小2時間?で烏帽子尾根と合流

f:id:toyama-rouzan:20181008101722j:image:w400

山頂まであと僅かだが、のんびりと仏が平で一休み

f:id:toyama-rouzan:20181008101609j:image:w400

休んでいる内に山頂部に掛かっていた雲も取れてきた

f:id:toyama-rouzan:20181008103819j:image:w400

山頂直下の登り

f:id:toyama-rouzan:20181008114840j:image:w400

山頂に到着。知り合いの方(元会員)ともお会いし、話しをする事が出来た

f:id:toyama-rouzan:20181008112656j:image:w400

山頂には1時間ほど滞在。雲が多かったが一瞬だけ駒ケ岳の全容を見る事が出来た

f:id:toyama-rouzan:20181008114136j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20181008114913j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20181008115608j:image:w400

2018-09-24 高妻山2353m

高妻山

★山行日

2018年9月23日(日)晴れ

★メンバー

スキー講師Y、オギ社長、tada♂、しげっち、勝さん、ボーダーT、tada♀、よっぴ〜、みっちゃん、機関車

★コースタイム

戸隠牧場7:40⇒五地蔵岳10:00⇒高妻山山頂11:45〜12:10⇒一不動避難小屋14:20⇒八方睨み16:15⇒戸隠奥社17:35


f:id:toyama-rouzan:20180923073606j:image:w400

牧場入口からスタート

f:id:toyama-rouzan:20180923080020j:image:w400

案内板に導かれ弥勒新道の登山口から登り始める

f:id:toyama-rouzan:20180923082401j:image:w400

尾根上に造られた登山道はアップダウンも無く効率よく高度を稼ぐ事が出来た

f:id:toyama-rouzan:20180923093020j:image:w400

背後には飯綱山

f:id:toyama-rouzan:20180923100502j:image:w400

右手には黒姫山

f:id:toyama-rouzan:20180923100555j:image:w400

一不動からの合流点の六弥勒(五地蔵岳)

f:id:toyama-rouzan:20180923101208j:image:w400

数字の後ろに仏の名前を組み合わせたピーク名が山頂まで続く

f:id:toyama-rouzan:20180923101534j:image:w400

頚城の山々、右から妙高山火打山、焼山

f:id:toyama-rouzan:20180923102904j:image:w400

はるか遠くには北アルプスの峰々

f:id:toyama-rouzan:20180923104557j:image:w400

アップダウンを繰り返し登って行くと高妻山が目の前に、しかし直下の急登がきつかった

f:id:toyama-rouzan:20180923121949j:image:w400

此処が山頂ではありません

f:id:toyama-rouzan:20180923114058j:image:w400

ようやく本当のピークが見えた

f:id:toyama-rouzan:20180923114345j:image:w400

遠く見つめ 次はあの山 登るぞと

f:id:toyama-rouzan:20180923120624j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923121647j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923133612j:image:w400

朝に比べ色付いてきたが曇って来た

f:id:toyama-rouzan:20180923135139j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923143151j:image:w400

戸隠縦走に向けて一不動避難小屋をあとにする

f:id:toyama-rouzan:20180923151914j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923153844j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923160117j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923161653j:image:w400

このコース最難関の下山路が見えてきた

f:id:toyama-rouzan:20180923162954j:image:w400

自信の無い人は鎖を利用してエスケープしましょう

f:id:toyama-rouzan:20180923163510j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923163616j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923163840j:image:w400

危険個所はまだまだ続きます

f:id:toyama-rouzan:20180923171048j:image:w400

f:id:toyama-rouzan:20180923174133j:image:w400

奥社に着いたのは日没直前だった

f:id:toyama-rouzan:20180924101038j:image:w400

2018-09-23 木地屋渓谷、荒城川 

木地屋渓谷、荒城川

★山行日

2018年9月23日(日) 曇り 

★メンバー

キヨさん、ひかり号, 沢ヤか?Y、

★コースタイム

7:45入渓(木地屋大橋の奥100m)−9:40二股、右股に入る−10:56二俣、左へ(すぐに藪沢)−11:20林道(コルまで)−11:27藪沢再突入−12:10・200mナメ滝(懸垂4回)−14:10本流に出る−林道歩き−15:10 駐車地 

f:id:toyama-rouzan:20180923080123j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923081028j:image:w300

f:id:toyama-rouzan:20180923081701j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923082530j:image:w300

前日までの雨のせいか、水量が多い。沢というより、川歩きです。

f:id:toyama-rouzan:20180923085107j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923085913j:image:w300

小滝や瀞、釜もあり、夏場ならさぞかし楽しいでしょう。

f:id:toyama-rouzan:20180923093144j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923093729j:image:w300

キヨさん思わずスキップ。           約1時間、二俣が見える。

f:id:toyama-rouzan:20180923094014j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923093954j:image:w300

二俣の右岸にある小屋。       ここから右股に入った。ここも壮観なナメ。

f:id:toyama-rouzan:20180923094240j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923105157j:image:w300 

延々を続くナメの廊下          お手手繋いで歩きましょう。

f:id:toyama-rouzan:20180923112043j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923112529j:image:w300

二又を左に入り、藪沢を経て林道に出る。 林道はコルまでつづき、そこから藪に突入

f:id:toyama-rouzan:20180923121320j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923123133j:image:w300

下り始めて40分。核心のナメ滝に出た。滝口から下を覗くと果てしなくナメが続いている。

f:id:toyama-rouzan:20180923131311j:image:w300 f:id:toyama-rouzan:20180923132643j:image:w300

一部でクライムダウンもできたが、ほとんど懸垂下降した。支点は立ち木で計4回。

f:id:toyama-rouzan:20180923134508j:image:w300 

最後は7m直瀑。このあともナメが続き、滝上から2時間で本流にでた。

f:id:toyama-rouzan:20180924180757j:image:w600