Hatena::ブログ(Diary)

調剤薬局の仲間たち

2018-09-27

9月に遅めのお盆休みがあったので、ロシアウラジオストクに行ってきました。
ウラジオストク成田から2時間ちょいくらいで行ける極東の街で、去年から電子ビザだけで入国か可能になっています。残念ながらチェックインカウンターで前にいた3人組の1人は名字と名前を逆に申請していたようで、1人だけ入国できないと言われていました。ご愁傷様です。そんな3人を尻目に飛行機に乗り込みます。
f:id:tp5366:20180915165206j:image:medium:left
サンドイッチは噂通りパッサパサでしたが、時間の都合上昼ご飯を食べ損ねた身には美味しく感じました。人間の身体って便利ですね。
ウラジオストク空港に到着後、知らん3人の日本人のオッサンと相乗りタクシーで市内まで移動しましたが、誰一人自己紹介をする事もなく今まで行った国と何しにロシアへ?を話している内に各自宿泊先のホテルへと送られていきました。


f:id:tp5366:20180916094538j:image:w360
翌日ホテルで朝食を済ませた後、てくてくと歩いてウラジオストク駅へ。アジア系の人は大体中国人団体か韓国人なので、日本人だとわかるとレアポケモン発見したみたいなリアクションをするロシア人が多かったです。
f:id:tp5366:20180917111517j:image:w360:left
そして街中を更に15分ほど歩いてニコライ2世凱旋門へ。門自体は非常にご立派なのですが、如何せん看板もなければいきなり公園内にどどん!と鎮座しているので気を付けて見ないと普通にスルーしてしまいそうな位置にあります。
ちょっと疲れたので公園内のベンチで休んでいると、現地のホームレスらしきお爺さんがでかでかと韓国国旗がプリントされたTシャツを着て目の前を横切っていき、チベットナギツネのような顔になりました。


昼食はロシア料理を堪能したい!という事でアルセニーエフ博物館の前にあるロシア料理店へ。残念ながら店の名前は忘却の彼方へ行ってしまいましたが、階段を下りた地下にある店なのですぐわかりました。
f:id:tp5366:20180916122730j:image:w360
f:id:tp5366:20180916121602j:image:w360
ボルシチペリメニを注文。美味しいです。個人的にはロシア料理は結構日本人の口に合うんじゃないかなと思います。

f:id:tp5366:20180917122359j:image:w360
坂を登って鷲ノ巣展望台へ。ケーブルカーがあったのはパンフレットで知っていたのですが、結局最後まで見つけられずに、己の脚力を信じて膝に優しくない坂道を歩きましたが、案の定筋肉痛に見舞われました。もし訪れる際には着圧レギンスのご用意を。


f:id:tp5366:20180916151501j:image:w360
今度はバスに乗って沿海州水族館に参ります。余談ですが、ウラジオストク市内のバスは一律21ルーブル(42円)なので、金額であたふたする心配はありません。
バスに揺られて50分ほどすると、大きなカニさんが出迎えてくれました。思わず2度見する大きさです。

f:id:tp5366:20180916152044j:image:w360
f:id:tp5366:20180916152456j:image:w360
f:id:tp5366:20180916153542j:image:w360
可愛いとか綺麗の類を取っ払ったかのような水族館でした。日本の子供だったらまず泣くでしょうが、これで笑えるんですから、ロシアのちびっこは強いですね。水族館内の後半にはちゃんとアザラシペンギン、魚が展示されているのでご安心を。


そして夕食は怖いもの見たさで現地の北朝鮮レストランへ。大学の友人には再三止められましたが、好奇心には勝てませんした。店の入り口からしてそんな感じです。残念ながら店員さんは撮影NGでしたが、美人さん揃いでした。
f:id:tp5366:20180916200014j:image:w360:left
f:id:tp5366:20180916202614j:image:w360:left
f:id:tp5366:20180916204016j:image:w360:left
冷麺ジャガイモチヂミと、写真撮り忘れしたが牛肉とキノコの炒めを注文。味は普通でした。
割とウラジオストクは治安がいい印象だったので、もし旅行先に迷っているようであれば、是非ご参考に。

2018-08-14 ガッツのお墓

世間お盆休みである。
先祖の霊を迎えに行けてないので
その代わりに少し前に行ったガッツ石松のお墓の話を。

もちろん本人はまだ生きていらっしゃいますが、
あの方の出身地、粟野(現鹿沼市)にお墓は建立されています。

すでに観光地化しているようで、ネットで簡単に検索できます。
現地につくと「ガッツ石松の墓⇒」みたいな看板が立っていて、
ていうか4区画分ぐらいの面積を占有しているのですぐに判ります。
f:id:tp5366:20180610143810j:image:w640
実際は2区画+その前を塞がないように
さらに2区画を永代使用しているようです。

墓石もいくつかあり、結構笑えるものも(苦笑)。
f:id:tp5366:20180610143846j:image:w360
石碑、割と良いことが刻まれてます。
f:id:tp5366:20180610143904j:image:w360


それでは皆様、良い夏休みを。

2018-05-10 聖地巡礼 〜あの花編〜

♪ 君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望忘れない
  10年後の8月 また出会えるの信じて ♪

で始まる、というか終わるアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
聖地巡礼秩父まで行ってきました。

最初の目的地「秩父観光情報館」でレンタサイクルを借り出している間に
ラッピングバスがお出迎え。
f:id:tp5366:20180506090807j:image:w360
今月中旬まではスタンプラリーをやっているのですが、聖地とは関係ないところばかりなので、まずは印象的なシーンで登場する「定林寺」を目指しました。
が、なかなか見つからない。行き過ぎたところで象徴的なシーンに登場する「旧秩父橋」を発見しました。
f:id:tp5366:20180506102643j:image:w360
f:id:tp5366:20180510121644j:image
橋の下もこんな感じ。
f:id:tp5366:20180506102044j:image:w360
f:id:tp5366:20180510121658j:image
もう一度「定林寺」を探すためチャリでフラフラしていると「定林寺入口」のバス停を発見、やっと見つけた。
境内の絵馬はすべて「あの花」バージョン。1枚800円で購入・お持ち帰りが可能です。(娘はめんま絵馬をお買い上げ、私はめんまのお守りを購入)
f:id:tp5366:20180506105243j:image:w360
f:id:tp5366:20180510121904j:image
市内観光を兼ねてスタンプラリーに復帰。「ちちぶすぽっと情報館」では「あの花ヲタ」向けの商品が陳列され、声優さんたちのサイン色紙や、アニメ最終話に出てくる「めんまのお手紙」が飾られていました。
(お手紙は後の実写版向けに作られたものかも)
f:id:tp5366:20180506112154j:image:w640

レンタサイクルの返却時間が迫ってきたので急いで残り4か所巡りました。
お駄賃はステッカー&A5サイズのクリアファイル。お土産買って帰りました。
f:id:tp5366:20180506154124j:image:w360


超平和バスターズ、めちゃめちゃ行動範囲が広いぞ。
これから行こうとしている人は覚悟をしてくださいませ。
秩父は山間部、坂が異様に多いの)

お家に帰って塩ラーメン溶き卵入りを作りました。
めんま風に・・・「今日はみんなで遊びました、たのしかったです」


あ、花火の打ち上げ台を見るの忘れてた。もう一度行くにはチト遠いぞ。

2018-04-14

神ゲームアプリ

皆さんはスマホでどのようなゲームアプリで楽しんでいますか?
今回は神ゲームアプリをひとつ紹介したいと思います。
それは「ニッポン城めぐり」です!!

f:id:tp5366:20180414155658p:image:w360

「ニッポン城めぐり」は、日本100名城・続日本100名城をはじめとする、主に戦国時代に日本全国に実在した3,000の城をGPS位置情報を使ってめぐるスタンプラリー(位置ゲーム)です。お城や歴史、戦国時代好きな方から初心者まで、皆さんが楽しめるアプリです。スタンプラリー以外にも、日本全国3,000城の、基本データ・写真・口コミを閲覧できたり、戦国武将コレクションといって、お城と同時にご当地戦国武将も収集できます。織田信長伊達政宗真田信繁など、全国1,000人以上の戦国武将を集めることもできます。

f:id:tp5366:20180414155800p:image:w360

その他にも、築城気分が味わえる「城アバター」、戦国時代や城に関する問題に毎日挑戦できる「歴史クイズ」、

f:id:tp5366:20180414155907p:image:w360

「異名・官位機能」、目的地に狼煙を繋ぐ「狼煙ミッション」など、スタンプラリーの枠にとどまらない長く楽しめる機能が充実しています。すべて無料で楽しめます。Google Play レビュー 4.4の高評価です。
外出した時にポチっと「城攻め」、旅行した時にポチっと「城攻め」、職場に着いた時にポチっと「城攻め」、すべてがポチっと「城攻め」です。

f:id:tp5366:20180414155724p:image:w360

行軍距離(移動した距離)が所持金の両として獲得できます。行軍して城を攻略し、石高を増やし、武将を登用し、お金を貯めて城を強固にしていこう!!そうですあなたは城主なのです!!
ぜひ一度お楽しみください!!

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kanamei&hl=ja

2017-12-29

色について

 耳鼻科の隣で働いていて、よく聞く言葉に「黄色いハナ」とか「アオッパナ」というのがある。 私、例によって趣味での塗装が多いため色についてはチトこだわりがあるのですが、、、。主にエアブラシでの塗装なのでスプレー缶を使うよりも塗料のミストが細かくなり、マスクを装着しても全く役に立ちません。黄色を塗れば鼻の中は真っ黄色に、青(ブルー)を塗った後に鼻をかめば文字通りの「アオッパナ」となるわけで。患者様がハナの色について発言されるとそれが脳裏をよぎる私ってやっぱり変?

 で、今年は新旧のF1マシンを作っていたわけですよ。昔はよかったなあなんてことを思いながら。今のF1は同じような形になってしまい面白みに欠けると思います。昔は感性(思いつき、ともいう)でデザインされたのでいろんな形があってデザイナーの個性が表れて「いかにも」って感じで。
f:id:tp5366:20170921133030j:image:w360
ライトブルーのマシンはフランス人のデザイン、白×緑はイギリス人のデザインです。
今どきのマシンは形の違いが判らん、どうせなら同じ形で違うマシンを作ってしまえ、というわけで今年最後の完成品は異母兄弟マシン、RB6とSTR5でした。
f:id:tp5366:20171202140130j:image:w360
これらを塗装して4色のアオッパナと緑のハナが・・・・。
時代を行き来しつつ、来年中ごろには94年に急逝した黄色いヘルメットの人のプラモデルに手をつけることになりそうです。84年型のTG184、1/20で出ないかなぁ。

ついでにひとつ、私にしては珍しくキャラクターモデルも作ってました。
f:id:tp5366:20171229170248j:image:w360
このバイク(?)プラの地色は黒、色に華がないので大昔に買ったパールレッドの缶スプレーを成仏させるため使ってみました。といっても一筋縄ではいかない。発色を良くするためにベースにシルバー、シルバーのベースに艶ありブラックという無駄にクオリティの高い塗装、さらに表面の艶出しのためにグロスクリアーで仕上げてみました(今度は透明なハナが・・・)。