Transparence

2012-05-27 第65回カンヌ映画祭・星取表

ミヒャエル・ハネケの『Love』がパルム・ドールを受賞して、今年のカンヌ映画祭が終了しました。今回は期間中に合計58本の映画を見ることが出来ました。(追記:パリでの再上映と公開済みの作品5本を追加したので、計63本になっています。)

f:id:transparence:20120517021216j:image:w400

【コンペティション部門】

ウェス・アンダーソン『Moonrise Kingdom』(アメリカ)[☆☆☆]

ジャック・オーディアール『De rouille et d'os』(フランス)[☆☆☆]

アラン・レネ『Vous n'avez encore rien vu』(フランス)[☆☆☆]

・レオス・カラックス『Holy Motors』(フランス)[☆☆☆☆]

ケン・ローチ『The Angel's Share』(イギリス)[☆☆1/2]審査員賞

デヴィッド・クローネンバーグ『Cosmopolis』(カナダ)[☆☆]

・リー・ダニエルズ『The Paperboy』(アメリカ)[☆☆]

・アンドリュー・ドミニク『Killing Them Softly』(オーストラリア)[☆1/2]

・マッテオ・ガローネ『Reality』(イタリア)[☆☆1/2]グランプリ

・ミヒャエル・ハネケ『Love』(オーストリア)[☆☆☆☆]最高賞パルムドール

ジョン・ヒルコート『Lawless』(アメリカ)[☆☆]

・セルゲイ・ロズニツァ『In the Fog』(ウクライナ)[☆☆]国際批評家連盟賞

・クリスチャン・ムンギウ『Beyond the Hills』(ルーマニア)[☆☆☆]脚本賞・女優賞

ジェフ・ニコルズ『Mud』(アメリカ)[☆☆☆]

・カルロス・レイガダス『Post tenebras lux』(メキシコ)[☆☆☆1/2]監督賞

ホン・サンス『In Another Country』(韓国)[☆☆☆1/2]

・イム・サンス 『Taste of Money』(韓国)[☆1/2]

・ウルリッヒ・サイドル『Paradise:Love』(ドイツ)[☆☆☆]

【ある視点部門】

・ファン・アンドレス・アランゴ『La Playa』(コロンビア)[☆☆]

・カトリーヌ・コルシニ『Trois Mondes』(フランス)[1/2]

・グザヴィエ・ドラン『Laurence Anyways』(カナダ)[☆☆1/2]ある視点女優賞

・ミシェル・フランコ『Despues de Lucia(After Lucia)』(メキシコ)[☆☆☆]ある視点グランプリ

・ジョアキム・ラフォーズ『Aimer a perdre la raison(Our Children)』(ベルギー)[☆☆]ある視点女優賞

・ダルジャン・オミルバエフ『Student』(カザフスタン)[☆☆1/2]

・パブロ・トラペロ『Elefante Blanco』(アルゼンチン)[☆1/2]

・シルビィ・ベレイド『Confession of a Child of the Century』(フランス)[1/2]

・ロウ・イエ『Mystery』(中国)[☆1/2]

・ベン・ザイトリン『Beasts of the Southern Wild』(アメリカ)[☆☆☆1/2]カメラ・ドール/国際批評家連盟賞

・Aida Begic『Djeca(Children of Sarajevo)』(ボスニア・ヘルツェゴビナ)[☆☆]ある視点特別賞

・Adam Leon『Gimme the Loot』(アメリカ)[☆☆☆]

・Gilles Bourdos『Renoir』(フランス)[☆]

【コンペ外招待作品】

・クロード・ミレール『Therese Desqueyroux』(フランス)[☆]

ベルナルド・ベルトルッチ『IO E TE』(イタリア)[☆☆☆1/2]

【特別上映作品】

ファティ・アキン『Der Mull im Garten Eden』(ドイツ)[☆☆1/2]

・レーモン・ドゥパルドン『Journal de France』(フランス)[☆☆☆☆]

・ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス『A musica segundo Tom Jobim』(ブラジル)[☆☆☆]

・ゴンザロ・トバル『Villegas』(アルゼンチン)[☆☆]

アピチャッポン・ウィーラセタクン『Mekong Hotel』 (タイ)[☆☆1/2]

【監督週間】

・Pablo Stoll Ward『3』(ウルグアイ)[☆1/2]

・ブルノ・ポダリデス『Adieu Berthe』(フランス)[☆☆]

・Elie Wajeman『Alyah』(フランス)[☆☆]

・ノエミ・ルヴォヴスキ『Camille redouble』(フランス)[☆☆☆1/2]

・Yulene Olaizola『Fogo』(メキシコ)[☆]

・William Vega『La Sirga』(コロンビア)[☆☆]

・Nicolas Wadimoff『Operation Libertad』(スイス)[☆1/2]

・Rachid Djaidani『Rengaine(Hold back)』(フランス)[☆☆1/2]国際批評家連盟賞

ミシェル・ゴンドリー『The We and the I』(アメリカ)[☆☆☆]

・Pablo Larrain『No』(チリ)[☆☆☆]

・Ben Wheatley『Sightseers』(イギリス)[☆☆]

【批評家週間】

・Antonio Mendez Esparza『Aqui y alla』(メキシコ)[☆☆☆]批評家週間グランプリ

・Louis-Do de Lencquesaing『Au galop』(フランス) [☆]

・Meni Yaesh『Les Voisins de Dieu』(イスラエル) [☆☆]

・David Lambert『Hors les murs』(ベルギー)[☆☆]

・Alejandro Fadel『Los Salvajes』(アルゼンチン)[☆]

・Ilian Metev『Sofia’s Last Ambulance』(ブルガリア) [☆1/2]

・Alice Winocour『Augustine』(フランス)[☆☆1/2]

・サンドリーネ・ボネール『J’enrage de son absence』(フランス)[☆]

【ACID】

・Ami Livne『Sharqiya』[☆☆]

・Namir Abdel Messeeh『La Vierge, les coptes et moi』[☆1/2]

・Hicham Lasri『The End』[☆☆]

・Nathan Nicholovitch『Casa Nostra』[☆]

・Fleur Albert『Stalingrad Lovers』[1/2]

【マーケット】

・ブリランテ・メンドーサ『Captive』[☆1/2]