OBOROGE INTRODUCTION このページをアンテナに追加

March 05(Wed), 2008 OBOROGE-TO-OMOIDE

travelation2008-03-05

[]潜水服は蝶の夢を見る/ジュリアン・シュナーベル(2007) [http://www.chou-no-yume.com/:title=潜水服は蝶の夢を見る/ジュリアン・シュナーベル(2007)] - OBOROGE INTRODUCTION を含むブックマーク [http://www.chou-no-yume.com/:title=潜水服は蝶の夢を見る/ジュリアン・シュナーベル(2007)] - OBOROGE INTRODUCTION のブックマークコメント

いわゆる「喪失」と「再生」の物語

その二つの落差が大きいほど「感動」が生まれるのなら、

この作品はおすぎ御大も賞賛するほど「感動」に溢れている。

でも、それ以上に「想像力」と「記憶」の大切さと、その2つの豊潤さが人生に彩りを与えることを知る。

想像力」と「記憶」は、絶望の淵にいた主人公が「自分を憐れむことを止める」きっかけにしたキーワードである。

(この瞬間、映画の「視点」も「主人公のみ」から「主人公のまわり」に変わり、一気に世界観が変わる)

そうか、

己の「絶望」をコミュニケーションツールにする卑小さより、

己の「希望」をコミュニケーションツールにする寛大さこそ、

『蝶の夢を見る』ために必要な心構えなのだろう。

そうすれば自ずと、「想像力」と、その糧になる「記憶」が豊潤さを持ち始める。

そしてその後の人生も彩りを持ち始める。

普通の毎日から激変した毎日を過ごさざるをえなくなったとき、

こういう振る舞いが出来る「強さ」と「ユーモア」も大事なんでしょうな。

ネタバレですが、流氷山脈が崩れるシーンと崩れた流氷山脈が元に戻る(現実にはありえない)シーンの対比こそ、

想像力」と「記憶」の大切さを教えてくれるメタファーだと。

December 31(Mon), 2007 音を楽しむ

travelation2007-12-31

[]『OTOGI TOPICS 俺的音楽2007』 『OTOGI TOPICS 俺的音楽2007』 - OBOROGE INTRODUCTION を含むブックマーク 『OTOGI TOPICS 俺的音楽2007』 - OBOROGE INTRODUCTION のブックマークコメント

閉塞感がある時代こそサブカルチャーの強度は増すそうだが、

その現象が如実に感じられた俺的音楽2007でございまする。

一番聴いたのは脳内ダンスミュージックレイ・ハラカミの「JOY」かな。


【1】スウィング時代/曽我部恵一

http://www.sokabekeiichi.com/shop/r0053_blue.html

大きな物語」が失効した時代こそ3分間のストーリーに身を委ねる。

それってロックンロールのアティチュードでもある。唸り上げるほど、名曲。



【2】Jigsaw Falling Into Place/Radiohead

http://jp.youtube.com/watch?v=E-RllNyZt90

不穏なベース音に絡み付くジャージーでダンサブルな音の位相。そして言葉

またもやポップミュージックのアップデートを成し遂げた奇跡の一曲。




【3】≪世紀の爆笑≫/七尾旅人

http://www.tavito.net/

月面着陸、世界大戦、憲法、アパシー9.11とその50年後の世界

過去と今と未来が交差する現実と心を音楽で奏でようとする天才の詩。




【4】I.P.P(Ink Punk Phunk) /InK

http://jp.youtube.com/watch?v=p9rljmpGCSM

ダンスミュージックの本懐を知っている卓球と川辺によるユニットの新作。

クリックグライムもエレクラも飲み込んだグローバルサウンドに痺れる。




【5】Little bit/Lykke Li

http://jp.youtube.com/watch?v=mUC0ezAlHwE

甘いベッドルームで苦い朝日を待つ恋人達の蜃気楼のような心情を、

オーガニックなプロダクションで包んだ逸品。メランコリーだけじゃないのがいい。




【6】MotivationTHA BLUE HERB

http://www.cisco-records.co.jp/docs/topics/techno/thablueherbphase3blackt.php

衝撃的な前作「SELL OUR SOUL」がヘタレHIP HOPへの絶縁状だとしたら、

今作「LIFE STORY」はまさにその後の己の生活を綴った音楽。濃密過ぎる。




【7】Pogo/Digitalism

http://jp.youtube.com/watch?v=QhvMGxSlkto

JUSTICE、KLAXONSと並んでいわゆる新御三家と言われている彼ら。

この曲の地に足着かないチープな感じが、アイロニカルでいい。




【8】ボニー & クライド/HiGE(髭)

http://jp.youtube.com/watch?v=kjSG8F_9lHA

俺たちに明日はない」に気付けない俺たちを梯子外しする毒性の強い曲。

歌詞も明るいデカダンスとしてのサイケデリック感に溢れてる。




【9】シャングリラチャットモンチー

http://jp.youtube.com/watch?v=92WPS6tU1NM

希望の光なんてなくったっていいじゃないか」というフレーズに満ちた

新しい感覚。語るべき言葉を持ったバンドに成長した証の一曲。




【10】Atlas/Battles

http://jp.youtube.com/watch?v=IpGp-22t0lU

CANを超えた?トリップミュージックの新星。粗暴で精密でカッコ良過ぎる。

この得体の知れない感じは懐の深さを感じずにいられない。ライブ観たいな。

December 09(Sun), 2007 ムービー・ムーブメント

travelation2007-12-09

[]知に働けば蔵が建つ/内田 樹(2005) 知に働けば蔵が建つ/内田 樹(2005) - OBOROGE INTRODUCTION を含むブックマーク 知に働けば蔵が建つ/内田 樹(2005) - OBOROGE INTRODUCTION のブックマークコメント

記号的な想像力は「すでに知られているもの」を繰り返し複製することはできるけれど、新しいものを創造することはできない。

「未知のもの」につながるのは「強い想像力」だけである。

強い想像力だけが現実を変成する力を持っている。