Hatena::ブログ(Diary)

キーボード配列についてのあれこれ RSSフィード

2006-10-07

オアシス配列(4)

追記 - 2007/05/13

Fedora Core 6 用は、こちらをクリック

gnome-keyboard-properties でオアシス風の後退キー位置を選択できるようにしてみました。

f:id:tree3yama:20061008020453p:image

f:id:tree3yama:20061008020639p:image

RPM ファイル

Fedora Core 5 用の RPM ファイルを作ってみました。

http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/FC5/RPMS/xorg-x11-xkbdata-1.0.1-7.1mm.noarch.rpm

RPM のアップデート方法
$ su -
# wget -nc http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/FC5/RPMS/xorg-x11-xkbdata-1.0.1-7.1mm.noarch.rpm
# rpm -Uvh xorg-x11-xkbdata-1.0.1-7.1mm.noarch.rpm
# exit
設定方法

1. 画面上部のメニューから、「デスクトップ」-「設定」-「キーボード」を実行。

2. 「キーボードの設定」が開かれるので、「レイアウトのオプション」を選択。

3. 「Japanese Keyboard Options」のクリック。

4. 「NICOLA-F style Backspace」にチェックマークを付ける。

5. 「閉じる(C)」をクリックして終了。

ログイン画面では、通常の配列のままです。

/etc/X11/xorg.conf を直接編集すれば、いいんですが、設定ファイルをいじらなければならないのが、いまいちですね。

JISかな配列向けの修正

NICOLA-F 型のオプション追加以外に、NICOLA-F 型のオプションがオフの時の配列で、106/109日本語キーボードで「ろ」が刻印されているキーは、シフトなしで '_' が入力されるようにしてあります。

ソース RPM

http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/FC5/SRPMS/xorg-x11-xkbdata-1.0.1-7.1mm.src.rpm

SCIM-AnthyNICOLA-F 設定ファイル

http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/scim-anthy/nicola-f.sty

設定方法

1. ファイルの設置

$ su -
# cd /usr/share/scim/Anthy/style
# wget -nc http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/scim-anthy/nicola-f.sty
# exit

2. 画面上部のメニューから、「デスクトップ」-「設定」-「他の個人設定」-「SCIM入力メソッドの設定」を実行。

3. 「SCIM入力メソッドの設定」が開かれるので、左側の「Anthy」をクリック。

5. 「一般」をクリック。

6. 「入力方式」は「親指シフト入力方式」を選択。

7. 「かな入力」をクリック。

8. 「親指シフト配列」の「レイアウト」は「NICOLA F型配列」を選択。

9. 「OK」をクリック。

ashieashie 2006/10/08 11:00 すばらしいです:D

maple_magicianmaple_magician 2006/10/08 14:38 コマンドシェル操作が苦手な人にも優しく、項目自体も「そこにあるべき設定項目」として溶け込んでいて、美しいですね。

tree3yamatree3yama 2006/10/08 21:17 FC5用のRPMパッケージを作ってみました。
対応キーボードは、106/109日本語キーボード、FMV-KB231、FKB8579-661 です。
ハードは共通化して、ソフトでさまざまな配列を実現する事を考えた場合、次の様なキーボードが欲しくなります。
http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/keyboard/layout/tenkeyless-plathome.html

gicchongicchon 2006/10/08 21:55 素晴らしいの一言です。早速試してみます。

gicchongicchon 2006/10/08 22:20 早速試しました。再起動も必要なく、ここに書かれているように入力するだけで、すぐに使えるようになりました。大感激です!

英文でも「:」がバックスペースで使える感覚を久しぶりに味わいました。これはすごい。ただ、「:」をどこで入力したら良いか迷ってしまいました(笑)。

tree3yamatree3yama 2006/10/08 22:34 gicchon さん、早速テストしていただきありがとうございます。
「:」は、SCIM-Anthy 用の NICOLA-F 設定を親指ノートと共通化できるように位置決めしてあるので、NICOLA-J 型に慣れてしまった人は、逆にとまどうかもしれませんね。
http://www.saccess.co.jp/oasys/mobile.html

gicchongicchon 2006/10/08 22:53 あと問題は読点が入力できなくなったことです。これもよろしくお願いいたします。

tree3yamatree3yama 2006/10/08 23:21 「SCIM-Anthy 用 NICOLA-F 設定ファイル」の設定もお願いいたします。

tree3yamatree3yama 2006/10/08 23:35 http://nicola.sunicom.co.jp/info2_1.html
上記、NICOLA-F 型に従うと、「:」 の位置は「P」の隣になるので、これに従っています。
SCIM-Anthy の NICOLA-J型配列は、「@」キーに「、」が割り当てられているので、別途 SCIM-Anthy 用に NICOLA-F型配列を用意したという訳です。

gicchongicchon 2006/10/08 23:56 ファイルの設置までやったのですが、その後を忘れていました。これで問題解決です。実用的に使えるようになりました。大感謝です。

ashieashie 2006/10/09 06:42 NICOLA-F型配列をscim-anthyに取り込もうと思います。ありがとうございます(-人-

tree3yamatree3yama 2006/10/10 01:37 ashieさん、よろしくお願いいたします。