Hatena::ブログ(Diary)

Lazy Technology

2007-04-26

[][]update_atやcreated_atカラムの自動更新を無効にする方法

created_atやupdated_atは便利なカラムではあるが、データ移行にARを使う時にただデータを移したいだけなのに勝手にデータを更新してしまってちょいありがた迷惑な感じに。


ググってもやり方が出てこなかったのでARのソースをGrepする。

それっぽい箇所がtimestamp.rbにあった。

record_timestampsっていうクラス変数をfalseにすれば自動更新が無効になる。

base.cattr_accessor :record_timestamps, :instance_writer => false
base.record_timestamps = true

#(中略)

def create_with_timestamps #:nodoc:
  if record_timestamps
    t = self.class.default_timezone == :utc ? Time.now.utc : Time.now
    write_attribute('created_at', t) if respond_to?(:created_at) && created_at.nil?
    write_attribute('created_on', t) if respond_to?(:created_on) && created_on.nil?

    write_attribute('updated_at', t) if respond_to?(:updated_at)
    write_attribute('updated_on', t) if respond_to?(:updated_on)
  end
  create_without_timestamps
end

def update_with_timestamps #:nodoc:
  if record_timestamps
    t = self.class.default_timezone == :utc ? Time.now.utc : Time.now
    write_attribute('updated_at', t) if respond_to?(:updated_at)
    write_attribute('updated_on', t) if respond_to?(:updated_on)
  end
  update_without_timestamps
end

参考リンク

404 Not Found


2008/2/13 追記

クラス変数はサブクラスでも共通 - Lazy Technologyは抑えておかないと思わぬところでハマるので注意。

2008/3/25 追記

update_without_timestampsメソッドを使うと、その時だけupdated_atやcreated_atの更新を無効に出来る。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/trench/20070426/1177579033