Hatena::ブログ(Diary)

ニッキとモバイルとケンチクと このページをアンテナに追加

2009-03-07

[]思うこと

最近すっかりスマートフォント呼べるものはiPhoneだけを持ち歩いている状況特に不便を感じなくなりました。

自分の使い方であれば特にWMと差はないし、メインがMacである自分のデスクトップを考えればiPhoneの方がiアプリケーションとの連携もいいし、何より見やすい画面と使いやすいUIをもってして、他のものを使わなければならない理由も見つからない状態です。

まあ、飽きっぽい自分の性格だし、モバオタ特有のセットアップマニアという趣味が半減(というか激減)するのでいつまで持つかわかりませんがw。

しかし、iPhone使い始めて圧倒的に変わってきたことがあることに気がつきました。まあ、上の話とも関連するんですが、

・管理ということを全く考えなくなった

ということです。

以前はデータの保守やらバックアップ、それこそファイルディレクトリの管理や何やらと、使っている時間と同じくらい管理の時間がかかっていたように感じます。

それが全くなくなってしまった。

使う、iPHoneを使う、いや、ネットを使う、アプリを使う、ということだけになっていることに気がつきました。

これって実は大変に驚愕的に凄いことなのではないでしょうか?

まあ、当たり前と言ってしまえばそれまでなんですけど。

結局自分の趣味としてもモバオタ活動はその大半がガジェット弄りと称したメンテナンス趣味で、セットアップ趣味だったようであり、本当にガジェットを「使う」ことで何が出来るのか、何をしたいのか、が考えられる領域に来ていると感じます。アプリも充実しているし、新しいアイディアによる新しい利用方法もどんどんWEBにアップされているし、そもそも本来自分が欲しかったモバイルの意味とか可能性が、ここに来てやっと萌芽してきたなんて感じでしょうか?

別に自分はモバイルエクセルの書類作りたいわけではないわけだし、仕事したいわけではないし、そんなことより、コミュニケーションだの、クリエイティブだのアイディアだの、モバイルという環境と道具で自分が何が出来るのかを改めて次の段階で考えることが出来るツールを手にしているようです。

iPHoneを使う上で、何も慎重になるべきことはないし、データは全てiTunesGoogleが管理・運用してくれるし、まさにコンピューティングの可能性、我々の知覚や記憶、能力の拡張という本当にツールとなっているのではないでしょうか?

WMで出来ていなかった自分の能力の低さを別にごまかしているわけではなく、もちろん優れたユーザーの皆さんには、WMや他のツールが素晴らしい道具であることは、数多あるWEBを拝見するに、十分感じておりますが、自分にとっては、iPhoneで初めてそこまで来れたかなあ、なんていう感覚を持っています。

そして自分の発想力の低さやクリエイティビティの無さに今さらながら愕然とし、この年になって何でも一から勉強し直さないと、なんて焦燥感と無力感と戦っていたりする昨今だったりです。

所詮道具に使われる、ありもののサービスをあるがままにしか使えない、WEBで見た情報を見たままにしか記憶できない、または次に使えない、そんな程度の低い自分の頭に活を入れるべく、何をすべきかをよくよく悩んでみるいい時期みたいです。ちょうど仕事も暇だし、時間はあるので、iPhoneを手にThink Differentを自分の命題にすべき具体的なアクションを取っていかないと。

まずは、モバイラーたるものモバイルガジェットもって行動を!ですね。